NAZI INTERNATIONAL

NAZI
INTERNATIONAL
国際ナチス

1 naziinter
The Nazis’ Postwar Plan to
Control the Worlds of Science,
Finance, Space, and Conflict
科学、金融、宇宙、そして紛争の世界を
操作するためのナチスの戦後の計画

by Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著

ACKNOWLEDGEMENTS
謝礼文

PREFACE
前書き

PART ONE:
第一部:
BACKGROUND AND THE STRATEGIC EVACUATION
背景と戦略的な撤退

1 FICTION AND MYTHOS: THE NOVELS OF WILHELM LANDIG, AND THE ESOTERIC CONNECTION
1.作り話と神話:ウィルヘルム・ランディッグの小説、そして秘儀的な関連性
A. The Surrenders
A. 降伏
1. The Japanese Surrender Instrument
1.日本の降伏の道具(書類)
2. The German Surrender Instruments
2.ドイツの降伏の道具
B. The Neo-Nazi Science Fiction Novels of Wilhelm Landig
B. ウィルヘルム・ランディッグのネオ-ナチスの Sci-Fi 小説
1. Landig’s First Novel: Götzen gegen Thule
1.ランディッグの最初の小説: Götzen gegen Thule
2. Landig’s Second Novel: Wolfszet um Thule
2.ランディッグの2冊目の小説: Wolfszet um Thule
3. Landig’s Third Novel: Rebellen für Thule
3.ランディッグの3冊目の小説: Rebellen für Thule
C. Unusual “Corroboration:” The Nazi UFO Mythos and Baron Rudolf Von Sebottendorff
C. 異例的な「協力」:ナチスの UFO 神話とルドルフ・ヴォン Sebottendorff 男爵
D. The Curious Incident: Reinhard Schmidt’s Contact with German-Speaking UFO Occupants
D. 奇妙な出来事:ラインハルド・シュミットの、ドイツ語を話している UFO の乗組員との接触
1. Reinhold Schmidt’s Actual Account.
1.ラインハルド・シュミットの実際の説明
a. The Malfunctioning Ignition and a Nazi and Fascist Parallel
a. 誤作動している点火装置
b. The Pencil Thin Beam of Light
b. 鉛筆程細い光のビーム
c. “Inside the Ship”
c. 「その船の中」
d. An Interesting Interest and Intriguing Observation
d. ある興味深い関心と好奇心をそそる観測
e. Departure
e. 出発
f. The Authorities Get Involved
f. 権威が関わる
g. Schmidt Arrested and Committed
g. シュミットが逮捕され、監禁される
2. The Rosin Affidavit: An Interpretive Context
2.ローシンの宣誓供述書:解釈的なコンテキスト(文脈)
E. Conclusions
E. まとめ

2 THERE’S NAZIS IN THE BUSHES: THE PATTERN OF PREWAR CORPORATE-NAZI COOPERATION
2.茂みの中にナチスがいる:戦前の企業-ナチスの協力のパターン

A. Wall Street and the Rise of Hitler
A. ウォール街とヒトラーの台頭
1. Putting it into Perspective: The Presumptive Goals of the International Elite in Funding Communism and Nazism
1.全体像へとそれを入れてみる:共産主義ナチス(国家社会)主義を資金援助する事における、国際的なエリートの仮定的な目標
2. A Case in Point: Hitler’s Reichsbank President: Dr. Hjalmar Horace Greeley Schacht
2.要点の件:ヒトラーの帝国銀行の総裁:ヒャルマー・ホレイス・グリーリー・シャクト
3. International Cartel and Licensing Agreements Between I.G. Farben and American Corporations
3.国際的なカルテルと、I.G. ファーベン社とアメリカの企業の間の(特許)ライセンスの同意
a. The Dawes and Young Plans
a. ダウズとヤングの計画
4. I.T. & T. and Nazi Germany
4.I.T & T. とナチス・ドイツ
B. A Brief Note About Prescott Bush, Union Banking Corporation, and Fritz Thyssen
B. プレスコット・ブッシュとユニオン銀行企業、そしてフリッツ・タイセンについての簡単なメモ
C. Conclusions
C. まとめ

3 RAINDROPS KEEP FALLING ON MY HEAD: OPERATIONS REGENTRöPFCHEN, ADLERFLUG AND BORMANN’S STRATEGIC EVACUATION PLAN
3.雨粒が私の頭の上に落ち続ける: REGENTRöPFCHEN 作戦、Adlerflug とボーマンの戦略的な撤退の計画

A. The Beginnings of Evacuation: Operation Fireland
A. 撤退の始まり:ファイヤーランド作戦
B. Operation Bernhard
B. バーンハルト作戦
C. The Hotel Maison Rouge Meeting: Operations Regentröpfchen and Adlerflug
C. メイソン・ルージュ・ホテルでの会合: Regentröpfchen 作戦と Adlerflug
1. The Growth of Bormann’s Power and International Network
1.ボーマンの権力の成長と国際的なネットワーク(人脈)
2. Bormann and I.G. Farben
2.ボーマンと I.G. ファーベン
3. The Hotel Maison Rouge Meeting and Their Grand Design
3.メイソン・ルージュ・ホテルでの会合と、彼等の大規模なデザイン
4. Allied Efforts to Roll Up The Bormann Flight Capital Plan
4.ボーマンの資本逃避の計画を丸め上げる共同の努力
D. Conclusions
D. まとめ

4 THE POSTWAR SURVIVAL OF THE UNHOLY TRINITY: THE ESCAPE OF BORMANN, MüLLER, AND KAMMLER
4.非-神聖な三位一体の戦後の生き残り:ボーマン、ミューラー、そしてカムラーの脱出

A. The Escapes of Nazi Party Reichsleiter Martin Bormann and Gestapo Chief Heinrich Müller
A. ナチス党のライヒスライター(全国指導者)、マーティン・ボーマンと、ゲシュタポの主任、ハインリッヒ・ミューラーの脱出
1. Bormann, Müller, and the Geli Raubal Affair
1.ボーマン、ミューラー、そして Geli Raubal 事件
2. The Ladislas Farrago-Paul Manning Scenario
2.ラディスラス・ファラゴ-ポール・マニングのシナリオ
a. Argentine Documents: Escape Via Genoa
a. アルゼンチンの書類:ジェノア経由の脱出
b. Allen Dulles’ Comment to Paul Manning
b. ポール・マニングへのアレン・ダレスのコメント
3. The Carter Hydrick Scenario
3.カーター・ハイドリックのシナリオ
a. And the Connection to the German Surrender
a. そしてドイツ降参への関連性
b. Geoffrey Brooks’ Scenario: Invisible U-Boats
b. ジェフリー・ブルックスのシナリオ:目に見えない U-ボート(潜水艦)
c. Hydrick on the Surrender of German A-Bomb Secrets & Enriched U-235: “Invisible” U-Boats Reconsidered
c. ドイツの核爆弾の秘密 & 濃縮ウラン235の引き渡しについてのハイドリック:「目に見えない」 U-ボートの再検証
(1) The Official Versions, and Their Problems
(1)公式なヴァージョン、そしてそれらの問題
(2) Obfuscating the Data and Confusing the Trails: Doubles
(2)データを不透明にし、足取りを混乱させる:影武者達
(3) The Hydrick Scenario
(3)ハイドリックのシナリオ
(a) The Movements of Martin Bormann and Heinrich Müller
(a)マーティン・ボーマンの行方とハインリッヒ・ミューラー
(b) The Movements of the U-234
(b)ウラン234の行方
4. The Velasco Scenario
4.ヴェラスコのシナリオ
5. A Reconciliation and Reconstruction
5.和解と再構築
B. The Escape of SS Obergruppenführer Hans Kammler
B. SS の親衛隊大将、ハンツ・カムラーの脱出
1. Agoston: The Priest Disguise and a Bormann Parallel
1.アゴストン:神父の変装とボーマンの平行線
2. Nick Cook and the Luftwaffe’s Kampfgeschwader 200: The Escape of Kammler and the Bell Courtesy of Martin Bormann
2.ニック・クックとルフトヴァッフ(ドイツ空軍)の Kampfgeschwader 200:マーティン・ボーマンの御蔭のカムラーとザ・ベルの脱出
C. Conclusions: A Possible Scenario
C. まとめ:一つの可能なシナリオ

5. HACIENDAS AND HOTELS FOR HITLER: CONFRONTING THE FüHRER’S SUICIDE STORY
5.ヒトラーのためのハシエンダとホテル:総統の自殺の逸話に大胆に立ち向かう

A. The 1964 Police Gazette Article
A. 1964年の警察ガゼッタの記事
B. Will the Real Adolf Hitler Please Die?
B. 本当のアドルフ・ヒトラーは死んでくれませんか?
1. The Nexus Magazine Series by Giordan Smith
1.ジョーダン・スミスによるネクサス・マガジンの連載
2. Two Possibilities
2.2つの可能性
C. Back to Velasco’s Story: Hitler’s Escape, and Eva Braun’s Death
C. ヴェラスコの話しに戻る:ヒトラーの脱出、そしてイーヴァ・ブラウンの死
1. Analysis and Reconciliation of Scenarios
1.分析とシナリオの和解
2. Corroboration from Argentina
2.アルゼンチンからの協力

6. THE RODENTS AT THE OTHER END OF THE RATLINES: JUAN DOMINGO PERóN AND THE VATICAN CONNECTION
6.ラットライン(脱出経路)の反対側のねずみ:ホァン・ドミンゴ・ペロンとヴァチカンの関連性

A. The Colonels, the Colonel, and the Beginning of a Courtship
A. 大佐達、その大佐、そして交友の始まり
1. Historical Background
1.歴史的な背景
a. Perón in Europe
a. ヨーロッパにおけるペロン
b. Argentina and the Axis
b. アルゼンチンと三国同盟
2. The Argentine Special Envoy and Von Ribbentropp
2.アルゼンチンの特別な公使とヴォン・リーベントロップ
3. An Unusual Encounter Between Representatives of the SS and Allen Dulles
3.SS の代表とアレン・ダレスの間の異例な話し合い
4. The Colonels’ Coup
4.大佐達のクーデター
5. Perón’s “Third Position”: Its International Geopolitical Implications
5.ペロンの「第三の位置」:その国際的で地政学的な示唆
6. The Argentine Declaration of War on Germany, and Perón’s Hidden Purpose
6.アルゼンチンのドイツに対する宣戦布告と、ペロンの隠された目的
B. The Ratlines and Argentina’s Role
B. ラットラインとアルゼンチンの役割
1. The Ustashi-Vatican Dress Rehearsal
1.ウスタシ-ヴァチカンの事前リハーサル
2. The Three Argentine Ratline Routes
2.アルゼンチンのラットラインの3つのルート
3. Bormann’s and Perón’s Joint Bank Account
3.ボーマンとペロンの共同の銀行口座

PART TWO:
第二部:
THE DIALECTICAL MANIPULATION OF CONFLICT FOR FUN AND PROFIT
楽しみと利益のための紛争の弁証法的な操作(両立ての操作)

7. BORN-AGAIN NAZIS FIND ALLAH: WARTIME AND POSTWAR NAZI COLLABORATION WITH ARAB STATES AND RADICAL ISLAM
生まれ変わったナチスがアラーを見つける:アラブの国々と急進的なイスラム(過激派)との、戦時中と戦後のナチスの協力

A. Nazi Germany’s Penetration of the Muslim World
A. ナチス・ドイツのムスリム世界への侵入
1. Iraq
1.イラク
2. Iran
2.イラン
3. Afghanistan
3.アフガニスタン
B. The Grand Mufti of Jerusalem, Al-Husseini, and Nazism
B. エルサレムのグランド・ムフティ、アル-フセイニ、そしてナチス主義
1. Hitler and Al-Husseini at Tea
1.お茶会におけるヒトラーとアル-フセイニ
2. The First Suicide Squads and the Muslim Waffen SS
2.最初の特攻隊とムスリムの SS 親衛隊
3. Cousin Yasser Arafat
3.従兄弟ヤサー・アラファット
C. The “Third Position” and the Egyptian Venture: Skorzeny, Schacht, Voss, and Nasser
C. 「第三の位置」とエジプトの事業:スコルツェニーシャクト、ヴォス、そしてナサール
1. Wilhelm Voss and Otto Skorzeny in Gamel Abdul Nasser’s Egypt
1.アブドゥル・ナサールのエジプトにおけるウィルヘルム・ヴォスとオットー・スコルツェニー
2. Schacht’s Little Deal: The Jeddah Agreement
2.シャクトの小さな取引:ジェッダの同意
3. The Ultimate Geopolitical Goal: The “Third Position” Again
3.究極の地政学的な目的:「第三の位置」再び
a. An International Terrorists’ Summit
a. 国際的なテロリスト達の会議
b. The Neo-Nazi Connection to the Assassination of Pope John-Paul II
b. 教皇ジョン-ポール2世の暗殺(未遂)への、ネオ-ナチスの関連性
c. Mohamar Qaddafi’s “Perónism”
c. モハマー・カダフィーの「ペロン主義」
d. The Historical Parallels and Geopolitical Implications of the “Third Position”
d. 「第三の位置」の歴史的な平行線と地政学的な示唆
(1) Rapallo: The Pariahs Make a Deal
(1)ラパロ:のけ者達が合意を行う
(2) Frederick the Great and the Partitions of Poland
(2)大フレデリックとポーランドの分割

8. WIEDERVEREINIGUNG: GERMANY REVIVES SOME OLD TRADITIONS
WIEDERVEREINIGUNG: ドイツが幾つかの伝統を復活させる

A. A Curious Incident: The GSG-9 and the Rescue of Andreas Strassmeir
A. 奇妙な出来事:GSG-9 とアンドレアス・ストラスマイヤーの救出
1. Reunification: Kohl. Günter Strassmeir, and Nazi Anniversaries
1.再統一:コール、グンター・ストラスマイヤー、そしてナチスの記念日
2. Implications of the Incident: U.S. Complicity or Not?
2.その出来事の暗示:米国の共謀か否か?
3. Kohl’s Neo-Nazi Connections and the Neo-Nazi Push for Reunification
3.コールのネオ-ナチスの関連性と再統一のために後押しするネオ-ナチス
4. The Shotgun Wedding
4.散弾銃(手あたり次第)の結婚式
5. The Ugly Side of Reunification
5.再統一の醜い側
a. The Rostock Incident
a. ロストック事件
b. The Post-Reunification Surge of Terrorism
b. 再統一後のテロリズムの台頭
B. Flexing Muscle and Other Old Traditions of the Third Position
B. 第三の位置の筋肉とその他の古い伝統をちらつかせる
1. The Soviet Implosion
1.ソヴィエトの内部崩壊
2. German Investment Strategy
2.ドイツの投資の戦略
3. Breaking Free of NATO
3.NATO からの開放
4. Germany and the Arms Trade
4.ドイツと武器商売
5.Germany and Saddam Hussein’s WMDs and Secret Police
5.ドイツとサダム・フセインの大量破壊兵器と秘密警察
6. “Third Position” German Initiatives in Eastern and Central Europe
6.東欧と中央ヨーロッパにおける「第三の位置」ドイツの主導権
a. Revising Versailles Once Again: Germany and the Crackup of Czechoslovakia
a. 再びもう一度、ヴェルサイユ(条約)を再検証する:ドイツとチェコスロヴァキアの分裂
b. Silesia, “Kaliningrad,” and Poland
b. サイリージア、「カリニングラード」、そしてポーランド
c. Revising Versailles Yet Again: Germany, Croatia, and the Crack-up of Yugoslavia
c. 更に再び、ヴェルサイユを再検証する:ドイツ、クロアチア、そしてユーゴスラヴィアの分解
7. The First Post-Unification Chief of the Bundeswehr and the “Mobile Strike Force”
7.ドイツ連邦軍と「機動攻撃部隊」の統一後の最初の長官
C. Deep History and “Deep Politics”: Connecting the Dots
C. 深い歴史と「深い政治」:点と点を繋げる
1. The New Corporate Ambassadors: Rudel and Skorzeny as Bormann’s Nazi Party Liaison Officers to Siemens and Krupp
1.新たな企業的な大使達:シーメンズ社とクルップ社に対する、マーティン・ボーマンのナチス党の連絡将校としてのルデルとスコルツェニー
2. Gehlen: The Key Connection of the Scenario
2.ゲーレン:そのシナリオの鍵の関連性

PART THREE:
第三部:
THE DEVELOPMENT AND CONTROL OF NEW ENERGY TECHNOLOGIES
新たなエネルギー科学技術の開発と操作(支配)

9. DON’T CRY FOR ME ARGENTINA: DR. RONALD RICHTER AND PERóN’S CONTROLLED FUSION PROJECT AT HUEMUL ISLAND
9.私のために泣かないで、アルゼンチン: Huemul 島におけるロナルド・リヒター博士とペロンの操作された核融合計画

A. And Now, a Word from President Perón
A. そして此処で、ペロン大統領からの言葉
B. The Argentine High Commission’s Report and Dr. Richter’s Strange Behavior
B. アルゼンチンの高等弁務官事務所の報告と、リヒター博士の奇妙な振る舞い
1. Dr. Richter’s Claims to Have Found a New Principle of Physical, Nuclear Action
1.物理的、原子的な運動の新たな原則を発見したと言う、リヒター博士の主張
2. The Nature of the Principle: Precession
2.原則の本質:歳差運動
3. Dr. Richter’s Extremely Anomalous Behavior
3.リヒター博士の極度に異例的な振る舞い
4. A New Anomaly and the Argentine Advisory Review Commission’s own Anomalous Behavior
4.新たな異例とアルゼンチンの助言的な検証委員会自体の異例的な振る舞い
5. The Heavy Water Production Facility and Odder Behavior from Dr Richter and His Team
5.重水産出施設と、リヒター博士と彼のチームからのもっと奇妙な振る舞い
C. Richters’ Replies and The Commission’s Ripostes
C. リヒターの返答と、委員会の突き返し
10. BALLS, BELLS, BORMANN, AND BARILOCHE: A SPECULATIVE RECONSTRUCTION OF RICHTER’S BARILOCHE FUSION PROJECT
10.ボール、ベル、ボーマン、そしてバリロチェ:リヒターのバリロチェの核融合計画の推理的な再構築

A. Perón Gets Help from a Bilderberger
A. ペロンが、一人のビルダバーガーから助けを得る
1. And America’s Little-Known Ambiguity toward Dr. Richter
1.そしてアメリカのリヒター博士に対する、あまり知られていない曖昧さ
2. Richter’s Paperclip File Air Intelligence Report Summary of His Wartime research in Germany
2.リヒターのペーパークリップ(作戦)の書類は、ドイツにおける彼の戦時中の研究の諜報工作の報告のまとめを明かす
B. A Strange Presence in Bariloche After the Affair
B. その状況の後のバリロチェにおける一人の奇妙な存在
1. A Look Around Bariloche
1.バリロチェの周りを見てみる
2. Bariloche’s Prestigious Visitor-Resident(s)
2.バリロチェの名声ある訪問者-住人
C. Dr. Richter’s Theoretical Explanations
C. リヒター博士の理論的な説明
1. The Origins of the Huemul Project: Gerlach and Diebner
1.Huemul 計画の起源:ゲェァラックと Diebner
2. Richter’s Conceptions and American Interest
2.リヒターの概念とアメリカの関心
a. His Conceptions as Recorded by the Argentine Investigative Commission
a. アルゼンチンの調査委員会によって記録されたとしての彼の概念
b. Richter’s Paperclip File and American Ambiguity
b. リヒターのペーパークリップの書類とアメリカの曖昧さ
3. Another Strange Parallel, Dr. Philo Farnsworth’s Plasmator, and Another Strange Nazi Connection: IT&T
3.もう一つの奇妙な平行線、ファイロ・ファーンズワースのプラズメーター、そしてもう一つの奇妙なナチスの関連性
4. Fusion, Torsion, and Stars: The Work of Dr. Nikolai Kozyrev
4.核融合、トーション、そして星々:ニコライ・コザレフ博士の研究
5. Richter, Ram Jets, Shockwaves, and Aurora
5、リヒター、ラムジェット(空気圧縮エンジン)、衝撃波、そしてオーロラ
6. Ball Lightning, The A.E.G and Richter
6.稲妻ボール、A.E.G. 社、そしてリヒター
7. The Bell Flies to Argentina: Brooks, Ball Lightning, A.E.G., and the Bell
7.ベルがアルゼンチンへと飛ぶ:ブルックス、稲妻ボール、A.E.G.、そしてザ・ベル
8. A Possible Corporate Connection to Argentina’s Huemul Project: A.E.G., and Back to the Bell
8.アルゼンチンの Huemul 計画への企業的な関係の可能性:A.E.G.、そしてベルまで戻る
D. The Conclusions Imply a Possible Scenario
D. その結論は、一つの可能なシナリオを示唆する

PART FOUR:
第四部:
THE CONTROL OF SPACE
宇宙の操作(支配)

11. MASONS, MAGICIANS, AND NAZIS: RICHARD C. HOAGLAND AND MIKE BARA ON NASA’S SECRET HISTORY
11.メイソン達、魔術師達、そしてナチス: NASA の秘密の歴史についての、リチャード C. ホーグランドとマイク・ベラ

A. Ancient Names and Ritual Alignments
A. 太古の名前と儀式的な配置/配列
1. NASA and NACA: “Never A Straight Answer” from “Not A Civilian Agency”
1.NASA と NACA: 「決してまともに答えない」から「民間機構ではありません」へ
2. Masons, Magicians, and Nazis
2.メイソン達、魔術師達、そしてナチス
3. Mission Patches, Ancient Names, and Ritual Alignments
3.作戦のつぎ当て、太古の名前、そして儀式的な配置/配列
a. Mission Patches
a. 作戦のつぎ当て
b. Ancient Names
b. 太古の名前
c. Ritual Alignments
c. 儀式的な配置/配列
d. The Biggest “Ritual Alignment” of them All
d. それら全ての「儀式的な配置/配列」の最大級
4. A Stunning and Chilling Scenario: The Implications of the Dark Mission Conclusions Regarding the Nazis
4.驚きで、背筋がぞっとする様なシナリオ:ナチスに関するダーク・ミッション(本)の結論の示唆
B. The Real Apollo Missions
B. 本当のアポロ計画
1. Hoagland’s Conclusions
1.ホーグランドの結論
2. Some Implications of Their Remarks in a Wider Context
2.より広いコンテキストにおける彼等の記述の幾つかの示唆
3. The Wider Implications
3.より広い示唆

12. CONCLUSIONS: AN INTERESTING TIMELINE AND A POSSIBLE SCENARIO
12.まとめ:一つの興味深い時系列と可能なシナリオ

A. 1920s-1930s: Alchemy, Esotericism, The SS and the Unified Field Theory Craze
A. 1920年代-1930年代:錬金術、秘儀主義、SS 、統一フィールド(場)理論の流行
B. 1943-1945: Strange Events from the Middle to the End of World War Two
B. 1943-1945年:第二次世界大戦中記から終わりまでの奇妙な出来事
C. 1946-1961 and Beyond: Postwar Shenanigans
C. 1946-1961年そしてその後:戦後の悪ふざけ

APPENDICES
付属物
BIBLIOGRAPHY
参考文献
Joseph P Farrell, Nazi International, Part 1

COVERT WARS AND BREAKAWAY CIVILIZATIONS II

A. マトリックス

以前の章の中で概要されたパターンはまた、戦後のエリート達の様々な部門派閥の間の相互関係の調整されたネットワーク(人脈)を示唆します。これに関して私達は、このネットワークの「ヨーロッパ」側において、アメリカの諜報工作と軍需産業複合体、そして更に金融的な部門、そして生き残った企業(財閥)とナチスのエリート達の間の、戦時中に発達させられた関係の一連が戦後も保たれ、その関係を私達はその他の場所(以前)に記述しました。⁵その方程式のアジア側において、この一連は - 日本のエリートに対して関連性を確立する事におけるマッカーサー将軍の役割と共に、以前の章によって示唆された様に、そしてニクソンの M-資金の扱いによって明かされた様に、その(日本の)エリートとアメリカ側の間の結びつきは - その戦後のすぐ後に始まりました。
_____
⁴ このマトリックス(母体)を呼び起こすにおいて、私は意図的に、キャロル・クイグリーのマトリックスの類推と同時に、数学的な類推を頭に入れています。
⁵ 私のベルの SS 同胞団(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2006年)、75-79ページ、国際ナチス(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2009年)、377-390ページ、バビロンの金融マフィア達(フェラル・ハウス出版、2010年)45-75ページ;LBJ (リンドン・ジョンソン)とケネディーを殺す陰謀(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2011年)、55-58、151-187ページ;、そして円盤、逆卍、そして心理作戦(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2011年)、141-175ページを参照して下さい。

故に、金融的な構成要素によって示唆された、この離脱文明の派閥的な構造の全体像は、3種の一般的なグループを構成します:

1)特に私達が第四章の中で機能していると目撃した、企業(財閥)、金融(財閥)、軍事(財閥)、そして諜報工作の秘密裡の作戦と国家安全保障の間の接点によって体現された、アメリカの構成要素で;

2)戦後のヨーロッパの国際的なファシスト、またはナチスの構成要素で、企業的、そして金融的なヨーロッパ、そして私がその他の場所で示唆した様に、犯罪的な地下組織、またはマフィアの麻薬取引と深く拘わっており;

3)日本の天皇家(財閥)、日本の政治的、そして企業的なエリート達、そして犯罪的な地下組織の間の関係の同じ一連に大々的に構成された、戦後のアジアのエリートでした。⁶

此処に体現されたのは、2つの方法における戦後の三極的な構造の発達で:(1)その構造の中の、継続的で一貫的な地政学の関心を体現する、日本、アメリカ、そしてヨーロッパのファシストの要素の、その利用と関わりの平行線(横並び)の感覚において三極的で、そして(2)それが楯並び的な感覚で三極的なのは、(a)権力の頂点にあるので、その活動は「一般人」の世界の監視を超えていますが(b)その3つの派閥はそれぞれ、以前の章の中で概要された、金融の寄生虫的なシステムが、正に中央銀行と主要な銀行を通してその(一般の)世界と関連性を保たなければならず;そして(c)その3つの派閥のそれぞれが、国際的に組織化された犯罪と麻薬取引地下世界に対するそれら自体の独立的な関係を保ちます。そのヨーロッパ、アメリカ、そして日本のファシストの構成要素を共にする - この構造の国際的な特徴は - デーヴィッド・ロックフェラーと国家安全保障の助言者、ズビグニュー・ブレジンスキーによる三極委員会の確立によって十数年後に公式に認識されました。

加えて、私達が思い出さなければならないのは、この構造と、金融の一般的な世界の重要な接点の一つがヴァチカン銀行を通してで、そして私達がその銀行と犯罪的な地下世界 - そして秘密結社との - 間の関係の長い歴史を検証出来無かった間、これがその構造の要素の一つであると思い起こされるべきです。
_____
⁶ 私達は、黄金の百合作戦、日本の天皇家、企業(財閥)、そして政治的なエリート達と、ヤクザの関係と、その戦争の間の麻薬取引のその行いへは、深く検証しませんでした。この問題のためには、スターリングとペギー・シーグレーヴの、黄金の戦士達を参考にして下さい。

ヴァチカン銀行は、簡単に云うと、ルシオ・ゲルリのファシストのメイソン・ロッジ、ロッジ・プロパガンダ・ドゥエ(P2)、マフィアの銀行家、ミケーレ・シンドナの「キャリア」、ヨーロッパのナチスとその他のヨーロッパのファシスト達を救出する(脱出させる)ラットライン作戦に関係しており、そして、私達が目撃した様に、それ(ヴァチカン銀行)自体が工業規模の証券詐欺に拘わっていました。加えて、レドル博士へのユージーン Tisserant 枢機卿の発言が示唆する様に、ヴァチカンは「離脱文明」自体の工業規模の詐欺を知っていた様なので、米国はヴァチカンが詐欺を行っていると非難しないと、ヴァチカンは知っていました。更に加えて、天皇博仁の個人的な口座とヴァチカン銀行の間には、直接の関係が有ったので、ヴァチカンは黄金の百合作戦の規模を知る位置にいました。

特にこれから続く章において、理解する事が重要、否 - 重大なのは - アメリカの構成要素が明らかにこの構造において圧倒的な構成要素である間、それぞれの派閥が独立的に、それ自体の目的と目標を追求する事が可能で、そしてそうしたと言う事です。私達が扱っているのは、端的に - 人工衛星や核兵器を共にする - 国際的なマフィアの一種で、それぞれの派閥が「テーブルについていて」、それらの派閥は、それらの関心が脅かされていると感じた時に、その他の派閥に対して戦争を起こす事が可能で、そしてそうします。

以前の章の中で概要された金融的なアレンジメント(調整)によって示唆された部門/派閥を私達が見た時、その概要は国際的に成った「アメリカの安全保障の組織」の一種の体現を示唆し、以下の部門によって構成されています:

1)金融的な構成要素(i.e. 中央銀行と主要な銀行)で;

2)企業的な構成要素(i.e. 後の章の中で概要される調査/研究を行っている企業)で;

3)以前の章において概要された、金融的な活動における、エド・ランスデールのような人物の、多大な存在感によって体現された、諜報工作と秘密裡の作戦の構成要素で;そして、

4)軍事的な構成要素です。⁷

B. 無記名債の示唆

今と成れば明らかな様に、無記名債スキャンダルの膨大な示唆と、バーンハルト(偽札)作戦の工業規模の偽造詐欺は、秘密裡の作戦の構成要素としての政府の機関、そして中央銀行自体⁸ による詐欺的な証券(株式債券)の発行によって、戦後に「公式に」制度化されました。
_____
⁷ これらの要点に関しては、私の円盤、逆卍、そして心理作戦、142-143ページを参照して下さい。

これが暗示するのは、以下の示唆が可能である事で、そして故に、それらの示唆自体が離脱文明の活動の象徴に成り、そして故に、それらは今後の章の中で私達の調査に情報を与えます:

1)存在しているゴールドのブリオンの総量の不透明化は、このゴールドが、それに対してとても奇妙なデザインの証券が発行される秘密裡の準備金として使用される事を許し、一つの段階においてそれらは、それらの正真正銘性と売却の可能性に納得させられた大手の銀行やとても裕福な個人達に販売される事が可能で、そしてもう一つの段階において、その奇妙なデザインは、発行している銀行、または機関が、正にそれらの奇妙さのために、それらを売却しようとしている所有者が、離脱文明の指示に従わないと、それらが偽造であると主張する事を許し;加えて、その「証券」は値引きされて売却される事が可能、または、私達が第二部の中で見る様に、秘密裡に回収され、破壊され、そして発生した詐欺を隠すために、合法的な証券と入れ替えられ;

2)この秘密裏の準備金は、それらの奇妙な証券の幾つもの異なった一連を発行するための土台として使用され、言い換えると、この秘密裏の準備金は、私が信じるに、何度も、何度も再担保化され、現実において、それに対して複数の異なった所有権、または先取特権が存在していると言う事です。故に、その秘密裡の準備金自体が、離脱文明のための莫大な資金供給をテコするために、詐欺的に使用されました。⁹ これが示唆するのは、上述された様に、この金融の秘密裡のシステムは、独立的な存在に成り、その離脱文明の多大な独立性を可能にしましたが、パラドックス(矛盾/逆説)的に、それは今、世界経済の大きな部分で、これは離脱文明の構造を、今まで以上に「オーヴァーワールド(表向きの世界)」に、更に強く結びつけていて;
_____
⁸ 私達が記述した様に、これに関して、アメリカの債券のための無記名債スキャンダルの示唆が、人は実際に存在し無い物を偽造しない、または、それがもし大々的な値引きにおいてでも、人は売却出来無い何かを偽造しないと言う原則が繰り返し述べられました。私達は日本における田中(角栄)首相の(昭和)「57年債」の特定的な例について記述し、そしてこの本の第二部において、9.11(事件)の離脱文明の要素の探求と共に連動して、アメリカの債券に関して、莫大な規模において、この原則に続かれていると言う更なる証拠を現します。
⁹ 私との彼女のインターネット上のラジオ番組のインタヴューの中で、キャサリン・オースティン・フィッツは、これが「テコされた世界の買収」の一種で、既に確立されていますが未だに隠されている世界政府の隠された金融的な土台として機能していると言うコメントを残しました。(Solari Report、2012年9月6日。このインタヴューは、彼女のウェブサイトの購読者達に視聴可能です)。

3)この膨大な隠されたシステムをテコする能力は、コンピューター(操作された)アルゴリズム(演算法)的な、高速で高質量の株式債券の取引、そしてプロミスの様なソフトウェアとその他のデリヴェティヴ(派生物)の進歩と共に劇的に増大し、その金融の秘密裡のシステムとそれを支えている取引は、リアル・タイムにおいて監視される事が可能に成り;

4)加えて、プロミスのために主張された能力は(そして故に、その派生物とアップ・グレードは)、合法的な取引が、数秒間、または数分間遅れさせられる事を許し、その間、その他の取引を行うために、他人のマネーを内密に利用する事を許し、その利益は離脱文明の増大し続ける軍資金に入ります。それらの能力は当然、ヴァーチャル(デジタル上の)証券の提供まで延長され、その様なヴァーチャルな証券が販売され、安売りされ、または - それらの実際のペーパーの反対相手の様に - 偽造であると宣言され、思いのままに消去され;

5)その様な能力は、9.11の悲劇的な出来事の後に元々聞かれた逸話である、関わった航空機会社のために市場において大量のプット(オプション/株価が下がると言う賭け)が入れられ、そして誰がそれらの取引を入れたのか、誰も正確に知らないと言うを与えました。再び、その様なソフトウェアによる金融部門への浸透は、その取引が追跡される事が可能である事を意味します。私達が第二部の中で見る様に、9.11にまつわるその様な取引が追跡された時、それらは再びもう一度、離脱文明の構造の様々な知られている派閥に関連していると、繰り返し特定された機関に繋がり;

6)以前の章の中で検証されたものの更にもう一つの示唆は、あらゆる本質の大規模な出来事の前の、異例的な取引、または政治的な明言、もしくはその両方が、離脱文明のサイン(指紋)を示唆すると言う事です。これは、もし、その様な取引、または政治的な明言が、制度、または国家に直接影響する「自然的」な出来事の前に起こる(事前知識)なら特に真実で、その取引、または政治的な明言によって示唆されます。もし例えば、この構造の中の一つの派閥を代理している政治家が、この構造の中のもう一つの派閥に対して脅かしの明言を行い、そして数日後に、そのもう一つの派閥が地震、津波、台風、そして竜巻等々の被害に会えば、それは使用されているかも知れない科学技術の可能性の明らかなサインです。もしそれらの種の出来事が、問題の派閥に影響している異例的な取引の活動に先行されるなら、隠された科学技術が使用されている可能性を更に大きくします。このフォーミュラ(方程式) - (1)メッセージそして/または取引の活動に続く(2)大災害規模の「自然的な出来事」は - 私達が第二部と第三部の中で見る様に、その離脱文明の活動と秘密裡の戦争のサインです。そして着目するためにとても重要な点は、このフォーミュラ、または心理的な戦争と秘密裡の戦争のサインが、その意図された標的は、この惑星上であれ、そうでないのであれ、その標的に拘わらず、その構成要素、または基準的な方法論です。

7)無記名債スキャンダルの最後の、そして重要な示唆は、この構造のアメリカと元三国同盟の構成要素の間の戦後の共謀です。この構造を与えられると、それを行っているのは主にアメリカの構成要素ですが、3つの派閥の全てがその金融の隠されたシステム、そして関わっている詐欺の規模の知識に内通しているのは明らかです。以前の章の中で示唆された様に、ナチスと日本軍の略奪の全てがアメリカの諜報工作の努力によって独立的に回復されたのでは無く、そして故に、アメリカの構成要素が回復されていない略奪を使用するためには、元三国同盟の敵国との共謀とパートナーシップを必要としました。この協力は銀行家達が「コンディショナリティー(条件付き)」と呼ぶものと共に現れ、または私達が以前の章の中で見た様に、特別な目的のためにそれをイヤーマーク(耳標)にした土台においてのみ、利用可能でした。それらの目的の違反は - マフィアにおいての様に - 拘わっている派閥の対応が必用でした。この全ての示唆は、それ自体が奇妙だった米国議会によって通された膨大な(銀行)救済(2008年)の一年以内に、定期的で頻繁に起こった無記名債スキャンダル(2009年)が、金融の詐欺的で秘密裡なシステムに内通している一つ、またはそれ以上の派閥が、その構造の全体を暴露する事を脅していた事を示唆します。

端的に、私達が概要したこの金融の隠されたシステムは、離脱文明のものです。それは、私の意見において、ブラック(秘密裡)な計画と研究と兵器の全て、そして原則的に、人類の幾らかの小さな部分を既に間惑星的な宇宙へと連れて行ったかも知れない科学技術のためのブラックな予算の秘密裡の源泉です。それは、その様な膨大な帝国的な事業のために人が予測するに十分な規模の資金源なのは、政府のあらゆる規制、または「オーヴァーワールド(表向きの世界」の監視から、完全に解放されているためです。

もし読者が、その様な概念の周りに、彼、または彼女のマインド(頭脳/理解)を巻き付ける事に対して難しさ(拒否反応)を有しているなら、するとその問いは恐らく、少々異なって明言される事が可能でしょう。

あなたは本当に、ペンタゴン(国防省)が、$25,000のトイレの座席や、$8,000のレンチ(スパナ)の様な単純な会計のトリック(誤魔化し)だけで、それらのブラック・プロジェクト(秘密裡の計画)の全てを支払っていると信じますか?・・・

ですが私達は、此処で、もう一つの示唆へと戻りましょう:

ブラックヒース卿の、IRA (アイルランド共和国陸軍/テロリスト)の£1,000,000,000のマネー(軍資金)についてのコメントは、テロリズムの資金援助が(1)人工的で、そして(2)とても大規模で、テロリストの「金融(資金確保/援助)は、対テロ戦争の終わりは、現在の世界的な金融のシステムの終わりと共にのみ可能である程、世界の金融的な構造の中へと密接に編み込まれています。

離脱文明のための、金融的な隠されたシステムは、何か他の事を示唆し:秘密裡の研究の必要性が続く限り、必要とあらば武力を持ってそれを支えるために、金融の詐欺的なシステムを保つ必要性があります。これが示唆するのは、はっきり(単純に)言うと、マネーの「完全、または自由」な市場、またはオープン(透明)なシステムは - それが借金(利息)の無い不換紙幣(フィアット・マネー)であれ、ブリオン基準(金本位制)であれ - 不可能なのは、その様なシステムが、開発されている科学技術の秘密主義の健全さを妥協させるためで;端的に述べると:秘密裡の科学技術は、資金の秘密裡では無く、そしてオープン(透明)な源泉によって援助される事が出来ないためです。更にもっと端的に云うと:「(一般人にとって)サイエンス・フィクション」の科学技術は、少なくともその離脱文明が、「オーヴァーワールド(表向き)」の社会との、その関連性を保つ何らかの必要性に限って、「架空」、または詐欺的なシステムを必要とします。

この洞察は離脱文明の構造に対する成り行きを示唆し、つまり、金融的なオリハルヒ(オリガーキー)はその離脱文明の接面点には必要な間、内的な中核には必要では無く、そして、この本のこの部分に概要された事実 - そして特に第四章が示唆する様に - 個人的で国際的な銀行家達が恐らく、彼等自身の周りを固めたテクノクラーツ(コンピューター科学技術に詳しい官僚達)の意志に翻弄されているのは、彼等が、順を追って、彼等の合法的、そして違法的な、金融的な活動を監視する科学技術を管理するためです。彼等(オリガーキー)は影響力を持っていますが、離脱文明の格子ネットワーク(人脈)を構成している派閥的な構造の主要な中核ではもうありません。この点を少々言い換え、そして無記名債スキャンダルの深い示唆が何であるかのコンテキスト(文脈)において更に直接的に云うと、無記名債スキャンダルの様な詐欺の方法によって、企業的、または個人的な超-お金持ちを騙す正にその行動が意味するのは、彼等(お金持ち/オリガーキー)がもう、完全、または完璧な操作(支配)を持っていないと言う事です。派閥的な内紛は、言葉を変えると、この構造のヨーロッパ、アメリカ、そして日本の派閥の中においてのみ起こるのではなく、その金融的、そしてテクノクラート的な構成要素の間でもまた起こります。昔の金融的なオリガーク達が保つ事の出来るその様な影響力は、彼等に対してテクノクラーツが持つ(コンピューターの)知識と優位性に、恐喝して圧力をかける方法の事実によってのみ可能で:それは、端的に、マフィアに類似した構造で、大々的に書くと:全ての「組」または派閥は、その他全ての派閥の弱みを握っており;それはつるぎの休戦、または停戦で、そして故にその腐敗において自己-永続的なシステムであり、そして永続的な紛争のシステムです。

この全ては、どの様に機能するのでしょう?私達が検証してきた構造のまとめの一種として、無記名債スキャンダルによって示唆された構造の以下の図を考慮してみて下さい:

この図が示唆するのが何かと言うと、つまり、三国同盟の略奪の、軍部と諜報工作による直接の回復、そして第二次世界大戦の終わりにおいてそれらの部門がそれらに一致する三国同盟の反対相手との直接の接触と共に、中央銀行の昔からの独占が壊されたと言う事です。金融的な舞台において、新たなプレーヤーが台頭し、そしてこの新たなプレーヤーは「国家安全保障の組織」で、それは、その略奪の隠された準備金へのアクセス(利用)、そして通貨と株式債券の原板、そしてその様な証券をデザインしている企業へのアクセス(侵入)と共に、その中央銀行と主要な銀行に侵入し、私達が見た様に、ジョン J. マクロイや、アレン・ダレスの様な強い権力のウォール街の弁護士達の拘わりは、高度な金融的権力の知識と同意においてこれが行われた事を示唆しますが、彼等(銀行)の知識と協力があった、無かったに拘わらず、その様な株式債券(証券)が発行されました。

この離脱文明と、それが利用可能な科学技術の、秘密裡の活動の検証に私達が此処で向き合う際に、私達が、実際に、扱っているのは唯のカバール(組織)、または陰謀だけでなく、正にリチャード・ドーラン氏の感覚で言う、離脱文明で、そしてそれが示唆するのは私達が第三部の中で発見する様に、その地球上的な秘密裡、そして心理的な作戦と戦争の規模は計り知れませんが、彼等の主要な関心は、この惑星上では全く無いかも知れません・・・

COVERT WARS AND BREAKAWAY CIVILIZATIONS

COVERT WARS AND BREAKAWAY CIVILIZATIONS
秘密裡の戦争と離脱文明

1 4646175.jpg

The Secret Space Program,
Celestial Psyops and
Hidden Conflicts
秘密の宇宙計画、
天体的な心理戦略と
隠された争い

by Joseph P. Farrell
ジョセフ P. ファレル著

http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrell

Table of Contents
目次

Preface: The Matrix of a Breakaway Civilization: Geopolitics,
National Security, Nuclear Weapons, Covert Operations, Space
and UFOs ix
前書き: 離脱文明の母体:地政学、
国家安全保障、核兵器、秘密裡の作戦、宇宙と未確認飛行物体 6

A. Culture, Definitions, and Questions xii
A. 文化、定義、そして問い 12

1. Geopolitical, Strategic, and Technological Imperatives of the
Culture of the Breakaway Civilization xii
1.離脱文明の文化の地政学的、戦略的、そして科学技術的な必須条項 12

a. The Culture of Secrecy: Covert Operations, and Their
Implications xii
a. 秘密の文化: 秘密裡の作戦、そしてそれらの示唆 12

b. The Total Culture of Total Power and Full Spectrum
Dominance xviii
b. 完全な権力の完全な文化と完全スペクトル(範囲)の圧倒 18

B. Plausible Deniability: Covert Operations and Wars, the
Engineering of Perception, and the UFO xx
B. 否定の可能性(言い訳):秘密裡の作戦と戦争、知覚(認識/知識)の技術開発、そして未確認飛行物体 20

1. Historical, Structural, and Factional Analysis of Components
xxii
1.構成要素の歴史的、構造的、そして派閥的な分析 22

2. A Crucial Common Surface, or Interface: The Office of Policy
Coordination xxvi
2.重要で共通な表面、またはインターフェース(接地表面):政策調整のオフィス 26

PART ONE:
第一部:

SEQUERE PECUNIA:
奇妙な一連:

FINANCING FICTION, AND FICTITIOUS FINANCING,
OR, COUNTERFEITING FOR FUN, PROFIT AND WORLD DOMINATION
架空の金融、そして架空的な金融、
または、楽しみ、利益と世界征服のための詐欺

1. Counterfeiting, Covert Ops, and Konzentrationslagern: The
Possible Postwar Survival of Operation Bernhard 1
1.詐欺、秘密裡の工作、そしてKonzentrationslagern:
バーンハルド作戦の戦後までの継続の可能性 1

A. Operation Bernhard 2
A. バーンハルド作戦 2

1. Naujocks and the Beginning of Operation Bernhard 2
1.Naujocks とバーンハルド作戦の始まり 2
2. Heydrich’s Directive 5
2.ヘイドリックの指示 5
3. Industrial Scale Production and the Implications: A Permanent
Counterfeiting Bureaucracy 7
3.工業的な規模の製造と示唆:
永続的な詐欺の官僚組織 7
4. A Modern Historical Precedent, and Further Implications 7
4.現代の歴史的な前例、そして更なる示唆 7
5. Production and Quality Control 9
5.生産と質の操作 9
a. Reverse Engineering the Sterling Banknote Paper 11
a. スターリング(英国)銀行紙幣を逆技術開発(偽造)する 11
b. The Watermark, the Fonts, and the Plates 12
b. すかし、筆記形体、そして(印刷の)プレート 12
B. The International Distribution Networks and Uses of State-
Sponsored Currency Facsimile Production 17
B. 国際的な流通のネットワークと、国家に保障された通貨のコピー(偽札)の産出の使用 17
1. Friedrich Paul Schwend 17
1.フレデリック・ポール・シュヴェンド 17
2. The Postwar Ties and Possibilities 20
2.戦後のコネクションと可能性 20
C. Conclusions 21
C. まとめ 21

2A. Bearer Bonds, Bullion, Bishops and Banksters: Or, Cosa Nostra
Con Men, Counterfeiters and Cardinals, Part One 23
2A. 無記名債、ブリオン(延べ棒)、司教達と金融マフィア達:
またはコーザ・ノストラ(マフィア)、詐欺師達、偽造者達、そして枢機卿達、パート1 23

A. The Bearer Bonds Scandals 24
無記名債のスキャンダル 24

「Tisserant はそれを手招いて退けました。彼は全く心配しておらず、彼がこれについて相談した人達も心配していないと彼は述べました。彼等は全員、アメリカの政府は、ヴァチカンが意図的に、偽造された株式や国債を取引しているとは、決して非難しないと同意しました。」
- リチャード・ハマー¹

次の三章の役割は、工業規模の偽造行為 - または、ヘイドリックのもっと正確な描写を使うと、マネーと株式債券の「探知不能なコピーの、許可されていない産出」が - 離脱文明の秘密裡の研究と作戦の独立した金融の、好まれた方法に成るために、第二次世界大戦後も生き残った可能性を論議する事です。その文明自体と同様に、この金融のメカニズムは、深く詐欺的である間、それはピーター・デール・スコット教授が、現代の「深い政治」と呼ぶものの一部に成るまで、「現実」世界の公な制度と共に接面しています。

この点を更に簡潔にするために、バーンハルド作戦は、少なくとも概念的に、それに生を与えたファシストのイデオロギー(思想)がそうした様に、第二次世界大戦以後も生き残りました。しかしながら、以下のページの中で示唆される様に、それが戦後の国際ナチスの構成要素として第二次世界大戦以後も生き残り、そしてアメリカの軍需産業-諜報工作-金融複合体の中の、半-独立的、または悪党化したグループによって行われた、類似した作戦と接面していて、国際的な犯罪の地下組織によって行われている偽造作戦がある可能性があります。

これは、その離脱文明の主要な金融的構造が、金融的な補強に限って述べると、以下に続く要素の構成であると言う事です:

1)上述された様に、アメリカの軍需産業-諜報工作-金融複合体の中の、「悪党化した」、または「深い政治」の要素です。

_____
¹リチャード・ハマー、ヴァチカン・コネクション、212ページ。

この派閥の国籍的な構成は優勢的にアメリカ人で、世界的な地政学の中の米国の圧倒的な役割を反映していますが、この派閥は英国内の類似したオリハルヒ(オリガーキー)的な関心に強く結びつており、アングロ-アメリカのエリートとして言及出来るでしょう。この派閥のすぐ隣りの構造として、人はまた、完全性のために、このエリートは - その地政学、経済、そして文化的な関心がアングロ-アメリカの派閥と一致すると見られる - 日本、ドイツ、フランス等々の - その他の国々のエリート達と接面を持っていると言え;
2)国際的な犯罪の地下組織、またはコーザ・ノストラ、もしくはマフィアで;
3)国際的なファシストの要素、または「国際ナチス」です。

この章と次の二章の中で、大規模な金融的な関心と委任を体現しているこの金融的な構造が、以下の検証によって明らかに成るでしょう・・・

1. The Japanese Bearer Bonds Scandal 24
1.日本の無記名債のスキャンダル 24
a. General Comment 24
a. 一般的なコメント 24

「無記名債のスキャンダル」と、それらの膨大な示唆の、私達の検証の初めに、幾つかの原則を頭に入れておく事は重要です。

一時的に、偽造詐欺師達のグループのメンバーである誰かが - 全ての偽造詐欺師達がそうする様に - 偽造された紙幣を使って小さな商品を購入し、そしておつりとして「本物」の通貨を受取り、マネーを稼いだと仮定しましょう。そのテクニックは簡単で:その偽造グループは少量の20ドル、50ドル、または100ドル札を偽造し、そしてその後、それらの偽札を使い小規模な買い物をして、そしてレジからおつりを受け取ります。故に偽造詐欺師達はマネーを稼ぎます。人は唯一、本物の何かを偽造する、または真似ます。

この種の概要はその中に、あらゆる偽造詐欺の策略の3つの本質的で手法的な前提を含んでいます:

1)人は、取引の媒体として、現在存在していない、または交換出来無いものを偽造しません。例えば、テキサス共和国が存在していた短い期間の間に、3ドル紙幣は一時期発行されていましたが、現在はそれらが法的な通貨では無いので、3ドル紙幣を産出(偽造)する努力の全ては無駄に成ります。同様に人が4ポンド紙幣や7円札を産出しないのは、その様な通貨のお札が存在していないためです。

2)類似して、人が500ドル、1000ドル、5000ドル、または一万ドル札を偽造しないのは、その様なお札は本物で流通していますが、2つの理由が、その様な大きな金額のお札を、典型的な偽造詐欺のグループが偽造する事から控えさせます。最初に、偽造詐欺の要点全体が、偽造された偽札を使い買い物をして、本当の通貨をおつりとして得る事なので、一般的な買い物はその様な大きな金額の偽札の使用をその理由のために排除し、そして加えて、その様な大きな金額の一般的な使用は、広く広まってはおらず、そして注目を集めます。大きな金額の紙幣は法貨(法的な通貨)で、流通されていますが、それらは一般的には流通されていません。それらの使用は疑いを引き寄せるでしょう。第二に、大きな金額のお札は、標的にされたグループの通常の使用の外側にあります。人が500ドル札を使ってお肉と少々の野菜を買って、簡単におつりをもらえるとは考えにくいでしょう。人は、標的のグループに対する取引において、人が使用出来るだろうと推測するものだけを偽造するので、故にその偽造の機能を、標的の資産の規模に見合ったものにしなければならず、そして疑いを派生させる事無しでそうしなければなりません。

3)その2つの上述の思考から続くのは、人が、その標的のグループに疑われる事の無い、十分な質の「産物(偽札)」を産出しなければならないと言う事です。人は、それらが

a) 存在していない、または
b) 標的のグループと取引するには大きすぎる金額のお札、もしくは
c) 取引されるには、質において粗雑過ぎるもの

は、使用される事が出来ない詐欺的な産物を産出するために、出費も努力もしないと言う事です。

その点を言い換えて明言すると、それが本物では無くても、標的(被害者)によって「一目見て」受け入れられる位に、十分に高い質でなければならないと言う事です。

b. Special Considerations of Industrial Scale Counterfeiting
25
b. 工業規模の偽造の特別な吟味 25

前の章の中で見られた様に、そのコンテキスト(文脈)が、「工業規模(大規模)な偽造」である時、その状況が少々変わるのは、典型的な偽造詐欺の行いが出会わない流通の問題が派生するためです。加えてもし、その標的のグループがとてもお金持ちだと、その状況は変化します。この場合、とても大きな金額のお札/紙幣等々、通常は - 株式、国債などなどが - 好まれた媒体であり、道具と成ります。ですが、ある問題が派生します。とてもお金持ちの人達は、彼等の(本物の)マネーを手渡す事について、より更に注意深く、そしてその偽造詐欺の道具の金額が、高ければ高い程、その標的のグループは、注意深く成るためです。加えて、富裕層の標的のグループは、一般人の殆どの人達が、存在するとさえ知らない道具(債券等々)の存在に、内々に関与していて、情報の確認のために個人的な諜報工作の資源(弁護士/会計士/専門家など)を呼ぶ事が出来るでしょう。そうであれ、その原則は同じのままで:人は、存在していないものは偽造せず、そして可能な限りその「産物(偽造物)」が本物である様に見せなければなりません。しかしながら、この時点において、更に重要で考慮しなければならない事があり:この場合、人はもっと大きな金額の道具を偽造しているので、より広い大衆に、通常利用可能では無い様々な債券等々についての情報への類似した知識によってのみ、そうする事が可能です。一万ドル、二万ドル、五万ドル、または百万ドル、もしくは五億ドルや十億ドルの道具における取引は、極少数の珍しいレベルにおいてのみ利用可能なので、そして故にこのレベルにおいて行われるあらゆる偽造詐欺は、その取引と、取引される道具についての情報を同様に、知っていなければなりません。ですが原則は同じままで:

人は、存在していないものを偽造しません。
または、その点をもっと細かく言うと:
人は、とてもお金持ちが、存在する事を疑う、または存在していないと知っているものを偽造しません。

これ等の思考を頭に入れると共に、私達はこれから、最初の無記名債のスキャンダルを検証してみましょう。

c. The Japanese Bearer Bond Scandal 26
c. 日本の無記名債スキャンダル 26

2009年6月18日に、アジア・ニュース.it-enは、以下のニュースを報道しました:

ポンテ・キアッソ(イタリア)で押収された「偽物の」1345億ドル(13兆4500億円)にまつわる謎

1 asia italia.jpg
拡大:

「ミラノ(アジア・ニュース) - スイスとの国境を境にするイタリアの町、ポンテ・キアッソにおいて、イタリアの金融警察(Guardia di Finanza)によって押収された米国政府国債は、「明らかに偽物」だと、米国公共借金庁(財務省)の広報担当官、スティーヴン・メイヤーハルトが述べているのが、ブルーンバーグ・ニュースの報道において引用されました。アジア・ニュースは、ポンテ・キアッソの管轄を含む、コモ(地域)のイタリアの金融警察に連絡しましたが、説明は未だに一切されていません。

「数日間、この事件はマスコミを騒がせました。重要な点は、その国債(無記名債)が押収された時、その米国政府債と米国連邦準備銀行債が、本物か、または偽物か判断する事が可能では無かった事です。

「その押収の直後、コモの金融警察の隊長、メカレリ大佐は、少なくともともその債券の幾つか、特に「ケネデイー国債」については、それらが本物かについて、幾らかの疑いがあると述べました。その他については、それらがとても精巧に造られているので、本物か否かを判断しかねないと述べました。

「その押収は、2週間前に行われました。その債券は、日本のパスポートを持つ、2人の50代の東洋人達の所有にありました。その2人の男達は、主にイタリア人の労働者達が、スイス国内の仕事のための通勤に利用する地元の電車を使用して、ミラノから、スイスのキアッソに向かう途中でした。

ヤマモト・アキヒコ & ワタナベ・ミツトシ

3 Yamaguchi_Wanatabe.jpg

「関税の事務所において、両方の男達は、宣言する物は何も無いと述べましたが、金融警察の捜査官によって調べられると、彼等のそれぞれのスーツケースには、偽の底があり、それぞれが大金の米国債を含んでいました。

「その中にまた、その捜査官達は、その債券についての、大量で、詳細な元々に銀行明細(書類)を見つけました。

「もし、その後者が本物なら、その2人の東洋人達は(必ずしも彼等が所有権を持っていたとは限りませんが)大量の米国の借金を所有しており、それは彼等を(世界)第四位の、米国に対する債権者(貸し主)にしました。

「米国の財務省の広報担当者のメイヤーハルトが言う事に拘わらず、コモのイタリアの金融警察から更なる情報が来るまで、アジア・ニュースにとってそれは謎のままです。

「イタリアの法律の下で、警察が偽の債券や偽造された紙幣を押収した時、彼等はその持ち主を逮捕する責任があります。そして横領を防ぐために、その物件証拠を押収した機関が金融警察の場合、その速やかな破壊(i.e. 焼却)が行われなければなりません。

「しかしながら、本物の債券の場合、債券の所有者が確認された後、その金融警察は、没収と、この件の場合、380億ユーロ(534億ドル/5兆3400億円)の額の罰金を公表した後、彼等を直ぐに釈放しなければなりません。この件において、その2人の男達は、何故、罰金を科せられる事無しで、直ぐに釈放されたのでしょう?

「これは、唯一の矛盾ではありません。米国財務省の広報担当のメイヤーハルトと、イタリアの金融警察による明言がどの様に一致させられるのかが明らかではありません。前者にとって、その国債は「明らかに偽物」で;この事件の初めに語っているその後者にとって、幾つかの債券は、その質と詳細において、本物と区別出来なかったためです。

「イタリアの金融警察は、高度に特務化した金融的な専門家の警察機関であると高く評価されています。それが、それ程簡単に騙されてしまったのは何故でしょう!そしてもし、その国債が「明らかに偽物」だったなら、何故、米国政府は、それを見つけ出すまで2週間もかかったのでしょう?

「もう一つの矛盾は、その債券と共に、それらの正真正銘の証拠として、元々の、そして最近の銀行明細が押収された事実です。

「もし、メイヤーハルトが言う事が事実なら、主要で金融的な機関の幾つかが、2人のアジア人の男達によって運ばれた債券によって騙されたと言う事です。これは大問題で、どれだけ多くの銀行の資産が、実際に、メイヤーハルトが「明らかな偽物」と呼ぶ債券によって構成されているかと言う、深刻な問いを浮上させるためです。

「もし、その様な高度な質の、偽造された債権が流通しているなら、米国は言うまでも無く、世界の金融的なシステムが、危険にさらされています。国際的な貿易と取引が停止させられるかも知れません。

「それが偽造されたマネーであれ、マネーの洗濯であれ、その起こった事は、国際的なシステムの安定性に対して、イランの選挙の結果よりも、もっと危険な可能性を秘めています。

「もし、その債権が本物であるなら、それが意味するのは、沢山の現金を持っている誰かが、もう、基準通貨として米国のドルを信用していないと言う事です。もしこれがそうなら、それはブレトン・ウッズのシステムの終わりを綴り、そして恐らく、世界貿易にマイナスの衝撃を与えるでしょう。

「残念ながら、国際的な報道機関と主要なテレビ・ネットワークは、幾つかの例外を除いて、この事件全体を無視しました。近頃は、これが、実際の本当のニュースです。」²

アジア・ニュースが、その話を取り上げた唯一のメディアの情報源では無かったのは、ヨーロッパを通してそれが繰り返されたためですが、奇妙な事に、それは、アメリカのメディアにおいて殆ど全く報道されませんでした。大メディアにおいては端的に触れられただけで、それは直ぐに忘れられましたが、オルタナティヴな調査のコミュニティーにおいては確かにそうは行きませんでした。その関心は膨らみ続け、オバマ大統領でさえが、報道会見の中で、発見された債券が偽物以外の何ものでもないと強調する事を余儀なくされました。この章と、次の二章が示唆する様に、それらが偽物では無かったと疑うための、深く秘密裡の理由があったのかも知れません。

_____

²http://www.asianews.it/news-en/Mystery-surrounding-134.5-%E2%80%9Cfake%E2%80%9D-billion-US-dollars-seized-in-Ponte-Chiassoremains-15556.html

d. My Own Personal Coverage of the Story 28
d. その逸話に対する私自身の個人的な調査 28

アジア・ニュースと、その他がそのニュースを報道している際に、私には問題がある様に見え、そして私は、私のウェブサイト上でこのニュースを追求し、其処で私は日本の、そしてその後の、スペイン、イタリア、そしてフィリピンの、無記名債スキャンダルのついての記事を投稿しましたが、それらを此処で再検証してみましょう。

「日本:幾つかの点を繋げてみましょう」と題された記事の一連において、私は日本の無記名債スキャンダルの異例性が何であるのかを概要しました。アジア・ニュースと、その他によって記述された様に、その基本的な逸話は以下に続くものでした:

「2009年6月3日、イタリアの金融警察、the Guardia di Finanza が、国境付近の町、ポンテ・キアッソにおいて、スイスに向かう早朝の電車によって移動をしていた2人の日本人男性達を逮捕しました。その2人の男達は、仕事のためにスイスに通勤する、イタリア人の労働者達で満員だった電車で移動していました。その2人の男達は、500,000,000ドル(500億円)の額の無記名債249枚に加えて、それぞれが聞かれた事の無い、1,000,000,000ドル(1000億円)の額の「ケネディー債」と呼ばれるもの10枚を含んでいた、偽底を持つブリーフケースを運んでいた処を逮捕されました。500,000,000ドルの無記名債の幾つかは、1934年まで遡るものでした。³この日付けは、私達がこの章の後と、そして再び第4章の中で見る様に、そのニュースの重要な構成要素です。

「報道においてそのニュースが展開する際に、様々な米国政府の情報源が、5億ドルの金額の無記名債は、米国政府によって今まで全く発行されていないと明言しているのが引用されました。ですが、メディアの報道によると、それらの明言(否定)は成されたけれども、「イタリアの権威(政府)は、その逮捕の時点で、それらが本物かどうか、米国の証券取引委員会からの宣言を待っていました。」⁴これは、私はその当時知りませんでしたが、イタリアの権威が実際に何かを知っていたかも知れないと言う、重要な手掛かりでした。

「実に、そのニュースの異例性は深まるばかりでした。ブルーンバーグと、ドイツの Der Spiegel 誌アジア・ニュースを含むその他の幾つもの情報源は、その無記名債の殆ど「ヘイドリッヒの様な」質は「全てとても巧妙に造られていて、それらは『本物から見分けがつかない』」と報告しました。その他の者達も、そのニュースの異例性と矛盾に気付き始め、その中には J.S. キムもいました(私は完全性のために、彼の重要なインターネット上の記事を此処に再掲載します):

_____
³ジョセフ P. ファレル、「日本:幾つかの点を繋げてみましょう、パート1:無記名債の奇妙な事件」2011年4月25日、http://gizadeathstar.com/2011/04/japan-connecting-some-dots-part-one-hestrange-case-of-the-bearer-bonds/
⁴ Ibid. (同書)
⁵ Ibid.

1345億ドルの無記名債の謎における奇妙な矛盾

「此処にあるのは、米国の金融的なメディアによって実質的に隠蔽された、更にもう一つの膨大な金融的ニュースです。表面上においてこのニュースは、大事件では無い様に現れますが、もし私達がこの事件について公表された幾つかの事実を考えれば、あなたは何故私が、このニュースが巨大であると考えるかを理解するでしょう。6月8日にアジア・ニュースは以下の逸話を報告しました:

「イタリアの金融警察(Guardia Italiana di Finanza)は、イタリアとスイスの間の国境のキアッソ(ミラノから40キロ)において2人の日本人国籍(の男性達)から、1345億ドルの価値の米国債を押収しました。それらが含んでいたのは、それぞれが5億ドルの額の米国連邦準備銀行債249枚に加えて、それぞれが10億ドルの価値のケネディー国債とその他の米国政府債10枚でした。イタリアの権威は未だにそれらが本物か、偽物かを判断していませんが、もしそれらが本物であれば、それらをスイスへと持ち込もうとする試みは、歴史上最大の、金融的な密輸の作戦で;もしそれらが偽物なら、それらが更に頭を混乱させるものなのは、何故なら偽造の技術の質が凄すぎて、その偽物の債券が本物から見分けがつかない程であるためです。」

「以下は、この事件についての幾つかの興味深い事実です(少なくとも、現段階において「事実」として報道されたものです):

(1)報道においてその密輸者達は、「日本国籍」として公表されましたが、その密輸者達が実際に日本人だったのか、またはその他の国籍だったのかは、未だに確認されていません。その密輸者達の国籍を確認する事がどれだけ難しく、そして何故、この情報が秘密裡に保たれているのでしょう?

(2)そのブルーンバーグのニュースはまた、それぞれが10億ドルの金額の、密輸者達のスーツケースから発見された10枚のケネディー債の、主張された存在は知られていないと報告しました。再び、この発見は、あらゆる理論的な説明に矛盾します。何故、偽造の専門家達は、本物から見分けがつかない、それぞれ5億ドルの金額の無記名債を249枚造り、そしてその後、更にその様な債券を20枚造る代わりに、わざわざ全く存在していない無記名債のデザインにおいて、それぞれが10億ドルの金額の10枚の無記名債を造る判断に至ったのでしょう?仮定された偽造者達は唯単に、怠け者過ぎて、ケネディー債が過去において合法的に発行された債券かを、確認しなかったのでしょうか?再び、この逸話は全く理解不可能です。

(3)このニュースに関するブルーンバーグの短い記事によると、押収された無記名債は、1934年の日付けまで遡ると主張されます。イタリアの警察は、SEC (米国証券取引委員会)からのその債券の正真正銘性に関する宣言を未だに待っていますが、5億ドルの金額の無記名債は、1934年において存在しなかったとして、その無記名債は偽物であるとされます。この宣言について、正に「違和感のある」何かがあります。偽造されたとされる無記名債がとても巧妙で、それらは「本物から見分けがつかない」とされるのに、どうしてその偽造とされるものに拘わった人達は、偽物だと直ぐにばれない様に、その無記名債に、もっと最近の年代を付けなかった程、とても無知だったのでしょうか?もっと最近の年代と共にその無記名債に日付をつける事はどれ程難しかったのでしょう?同等の類推を述べてみると、ある芸術の偽造の専門家が、巧妙にピカソのオイル画を再現し、間違って他の芸術家の名前をサインした様なものです。このニュースは全く矛盾だらけです。

(4)2009年3月30日に米国の財務省は、その問題化した資産救済計画[TARP]の中に1345億ドル残っていると発表しました。押収された無記名債の明言された額も1345億ドルでした。偶然でしょうか?

(5)その2人の正装をした日本人の男性達は、通常、スイスに通勤しているイタリア人の肉体労働者達で満員の地元の電車でキアッソに向かう選択をしました。もし彼等が、偽造であれ、本物であれ、それらの無記名債を密かに密輸する事を意図していたなら、何故、彼等は2本の腫れた親指の様に目立つ事が文字通り不可能な、移動のルートをもっと慎重に選ばなかったのでしょう?再び、その逸話のこの部分も、全ての論理に反します。

(6)その無記名債は、関税の審査の後、ブリーフケースの隠されたコンパートメントから発見されました。再び、もしその債権が実際に本物で、そして国家によって所有されていたなら、関税の審査の対象と成らない外交的な封筒に入れて移動できたはずで、発覚を避けて輸送する事を保証できました。故に、上述された矛盾して、非論理的な点の全ては、無記名債の総額が、3月30日に発表されたTARP の残高に正確に一致する偶然は除いて、押収された無記名債が偽造であっただけでなく、加えてその密輸人達は逮捕される事を意図していた事を示唆します。私が続ける前に、無記名債の目的を再検証してみましょう。

「此処にあるのは無記名債についての、ウィキペディアの定義です。

「『無記名債は、株式企業、または政府の様な、ビジネスの組織によって発行された債務証券(借金の担保)です。それは、登録されておらず - 所有者、または所有権に拘わる取引の記録が残されない点において - より一般的な種類の出資証券から異なります。その債券が発行された紙を物理的に持つ人が、その道具(債券)を所有します。これは、匿名を守る事を望む投資家達のために、とても便利です。不利な点は、消失、または盗難の場合において、無記名債は取り戻す事が極度に難しく成ります。』

「ロバート・デ・ニーロとアル・パチーノ主演の、マイケル・マン監督の映画「ヒート」をもしあなたが思い出せば、大胆な真昼の武装強盗の間に、その犯罪者達は、正に上述された無記名債の、後に辿る事がとても難しいと言う性質のために、数百万ドルの無記名債を特定的に標的にしました。再び、無記名債の性質のために、盗まれてしまえば、それらが永遠に失われてしまう事をほぼ保障するので、もしそれらが本物であったなら、2人の男達が護衛も無しで、1345億ドルの無記名債を輸送していたのは、とても可能性が低い様に思われます。

「此処までに、この巨額の謎に関して様々なニュースの情報源によって報道されたものとして、信用可能な様に現れる唯一の情報は、5億ドルの金額における249枚の押収された無記名債の驚く程の精密性(現物性)です。もし報道されているあらゆるその他の事実が少しでも正確なら、するとその無記名債は偽造である可能性が高いです。それでも、この逸話の興味深い点は、少なくとも私にとって、その密輸人達がその偽造された債券と共に、逮捕される事を意図していた様に見えるためです。これは私を、私の以前の疑問に導き戻します。その密輸人達が逮捕される事を望むために、どういう可能な理由があったでしょう?通貨をサボタージュ(工作)して、通貨に死をもたらす一つの簡単な方法は、偽札の効力に耐えるためのその能力についての正当な問いを浮上させる事です。偽造が、可能なだけで無く、高度に(偽札の)可能性が高いと証明されれば、サボタージュされた通貨の世界的な信用度は、疑う余地無く急落するでしょう。

「実際に、正しくこの戦略は第二次世界大戦の間に、当時、流通にあった本物の英国のポンドの全てのほぼ15%に当たる数である、専門技師によって偽造された1億3200万英国ポンドを、1945年までに産出する事によって、英国の経済をクラッシュさせる試みにおいて、ナチスがバーンハルト作戦を開始した時に応用されました。その偽造ポンドは、バーンハルト・クルーガーと言う名の SS の士官によって監督された、印刷と彫刻の専門家達によって産出されました。連合軍もまた、ナチスに対して反偽札計画を行う事を考えていた歴史的な資料も存在します。この同じ期間に、イタリア銀行が、同じ登録番号とコードの一連と共に、同じ証券を2度発行する事によって、彼等自身の通貨を偽造したと主張されました。この偽造の目的は、一般大衆に対する透明性や、説明責任無しで秘密裡に金融的な供給を拡張(緩和)する事でした。恐らく、すると、この1345億ドルの無記名債の謎は、世界の基準通貨としての米ドルの位置における、世界の信用を揺るがそうとする、ある国家の試みだったのかも知れません。

「ロシア、ブラジル、中国、そして特定の湾岸の国々における、世界の発展途上の経済が、世界の西洋の国々と、それらの経済的な連合と共に、今日、経済戦争にあるのは、論議するまでも無いでしょう。今日戦われている通貨戦争は、表向きの戦略と同時に秘密裡に行われる戦略と共に、近い将来に更にもっと醜く成るでしょう。現在、もし通貨戦争がポーカーのワールド・シリーズであるなら、米国と英国は、世界のその他の国々を押さえつけるために、2のツー・ペアを持ち、全くのハッタリに頼っています。対照的に、中国と、大きな財政黒字を持つその他の発展途上国は、ストレート、またはロイヤル・フラッシュを手に持ち、そしてある時点において「全額賭け」に出る様に静かに動いているでしょう。

スイスとの国境のイタリアのキアッソにおける、2人の日本国籍(の男性達)のスーツケースの中における1345億ドルの無記名債の発見が、歴史上の密輸作戦の最大級の一つである事が与えられ、そしてその様な行いの様々な示唆と関わっているかも知れないプレーヤー達を与えられると、この膨大なニュースに関する沈黙は、単純に驚きです。それは、偽造の作戦自体として巨大な逸話なのでは無く、膨大な通貨の偽造作戦の非難と暴露が過去にも起こったためです。それはむしろ、その逸話の矛盾の全てと、それらの矛盾を説明出来るかも知れない説明の可能性のために、膨大な逸話です。手の内にある、そのより長い逸話は、関わっているプレーヤー(国々)は誰なのか、そしてこの偽造戦略の可能性の意図が何であるか?と言う事です。多分、未来においてそれらの問いに対する答えは明かされるでしょう。ですが、そうならないかも知れません。」

キムが記述する様に、どうして、一方でその無記名債が、本物から全く見分けがつかない程精巧なのに、偽造された金額はアメリカの証券の専門家達によると、今までに存在していなかったのでしょう?更に加えて、キムが記述する様に、10億ドルの「ケネディー債券」は、全く存在していると知られていなかったので、ですからそれらに関して、もっと大きく類似した問題が派生します。「本物と見分けがつかない」程に巧妙に偽造された無記名債に含まれた10枚の偽の「ケネディー」10億ドル債券は、その他の債券が偽物である可能性に注意を引き寄せるだけです。キムは論理的な問いを尋ねます:

「・・・(この)発見は、論理に矛盾します。何故、偽造の専門家達は、本物から見分けがつかない、それぞれ5億ドルの金額の無記名債を249枚造り、そしてその後、更にその様な債券を20枚造る代わりに、わざわざ全く存在していない無記名債のデザインにおいて、それぞれが10億ドルの金額の10枚の無記名債を造る判断に至ったのでしょう?仮定された偽造者達は唯単に、怠け者過ぎて、ケネディー債が過去において合法的に発行された債券かを、確認しなかったのでしょうか?再び、この逸話は全く理解不可能です。

その他の人達は、素早くその他の異例性を指摘しました。例えば、2009年3月30日に、イタリアの権威がその密輸者達を逮捕する60日前に、米国の財務省はその問題化された資産救済作戦(TARP)の残高が、正にイタリアにおいて押収された金額、1345億ドルと同じだと公表しました。

この時点において、私は以下の様にコメントしました:

「この事実は、幾らかの人達が、実際には、それらの無記名債が - ケネディー債も含み - 本物で、それらが、アメリカ政府における構成要素(誰か)によって、米国の経済を救うために。秘密裡に発行されたと推測させました。その他の人達は、偽造の逸話を主張し続けました。更にその他の人達は、2009年3月の財務省の公表が、その偽造者達に正確な金額の無記名債を偽造する2か月間を与え、そして泥臭い経済的な戦争の策略において逮捕される事を許したと、主張し始めました。

・・・

_____
⁶ J.S. キム、「1345億ドルの無記名債の謎における奇妙な矛盾」、2009年6月16日、http://seekingalpha.com/article/143462-strangeinconsistencies-in-the-134-5-billion-bearer-bond-mystery

「しかしながら、その逸話には見過ごされた一つの事実があり、そして誰もそれを指摘しなかったのに私は驚かされました:その金額が決して存在していなかったと私達がそう伝えられた、10億ドルの金額の「ケネディー債」と呼ばれるものです。彼の大統領任期の間に、40億ドル強の借金の無い米国政府紙幣を発行する大統領令によって、連邦準備銀行(個人私有銀行)の「権力」に挑戦したアメリカの最後の大統領の一人が、その大統領令に署名した、たった五カ月後に暗殺された凄まじい皮肉を考えてみて下さい。私達は「ケネディー債」に(後に)戻りますが・・・何故なら、私の意見において、それらがその逸話の鍵を握るためです。

「これは、私の考えにおいて、2つの可能性を浮上させます:(1)もしそれらの「ケネディー」債が合法的、または少なくとも合法的ですが秘密裡に発行された「ケネディー」債の偽造なら、するとこれが意味するのは、その他の人達も指摘した様に、アメリカ政府内の誰かが、秘密裡に証券を発行していて、そしてそれが意味するのは、その策略の背後にいるのが誰であれ、並外れた秘密の知識を持っており、そしてそれがまた意味するのは、アメリカ政府内の誰かが、少々ひょうきんな皮肉の感覚を持っており、その様な巨額の債券の奇怪な「メッセージ」において、ケネディーの肖像と共に印し;(2)もしそれらが、現実に基づいていない率直な偽造なら、再びその債券の上のイメージとしてのケネディーの選択は、少々ひょうきんな「メッセージ」です。

「これらの可能性は、避ける事の出来ない一つの結論に焦点を当てます:もし私達が、それらの債券の全てが偽物であったと仮定するなら、それらが素晴らしい質で - 殆ど本物から見分けがつかない – 本物の模範なら、その偽造作戦の背後にいるのが誰であれ、究極的に、本物を所有している国家でなければならないと言う事です。本物だけが、偽造者達に真似するための見本を供給する事が可能で、そして故に、究極的に、この作戦の背後のある時点において、(本物の)米国債の所有者がいたはずです。これが意味するのは、加えて、それによってケネディー債を解釈するコンテキスト(文脈)が劇的に変化するのは、もしその偽造が秘密裡の見本に基づいているなら、それらを秘密裏に発行した、アメリカの隠れた政治的な権力構造における内輪が誰であれ、明らかなメッセージが送られているためです:「我々は、そのゲームを知っている」です。そしてもし、そのケネディー債が全くの偽物でも、殆ど変わりはありません。

「尋ねられるべきは、その偽造の背後の国が、何処であろう?と言う事です。明らかに、彼等はアメリカの借金の大きな額の所有者で、殆ど完璧な債券を偽造する能力を持ち、科学技術的な先進性を示唆しています。」⁷

_____
⁷ジョセフ P. ファレル、「日本:幾つかの点を繋げてみましょう、パート1:無記名債の奇妙な事件、」2011年4月25日、(次のページの続きのフットノートを参照)

言い換えると、その偽造の背後にいたのが誰であれ、オリジナル(本物)に関する「内輪の知識」を持っていなければならず、そして「無許可の複製(偽物)」を造るために、科学技術的な能力を有していなければなりません。

私達は此処において、私がこの事件について最初に検証した時とは、多少異なった分析の可能性を明言してみましょう:もしその債券、またはそれらの一部が本物だったなら、何故、2人の男達がそれらと共にスイスへ向かっていたのでしょう?その答えはあからさまで:スイスはその様な無記名債を扱う事に成れていて、出自を確認出来る国際的な銀行を有し、そして相手側として待っていた顧客が誰であれ、そしてそれがたたき売りであれ、その様な売却を行う論理的な場所だったためです。もし、もう一方で、その債券、またはそれらの一部が実際に偽造であったなら、するとそれらの2人の男達は、意図的に注目を集めようとしていた様に現れます。その問題は、何故?です。その問いへの答えは、同じテーマのスペイン、イタリア、そしてフィリピンの無記名債スキャンダルのそれぞれの種類の、私達の検証の後の、この章の後の時点まで待たなければなりません。

どんな場合であれ、私の分析の最も重要な点は、これ等の章の中核のテーゼのままで:金融の秘密裡のシステムは、その無記名債によって体現され、そしてこのテーゼは、私達が発見する様に、人がその逸話の詳細を、より詳細に見るにつれ、強く成るだけです。実際に、これに関して、イタリアの権威に対して、彼等が押収した債券が偽物であると、米国の役人達が公に宣言するまで2週間かかったと言う事に着目する事が重要です。もし、その「偽物」がとても良い出来で、それらが深刻な問いを浮上させなかったなら、何故、それ程時間がかかったのでしょう?または、もしそれらが本物だったなら、誤魔化しの逸話が造られ、そしてその債券をどうしようか、対応策が同意されなければならなかったのでしょうか?⁸もしくは、もし、それが「偽物」なら、全ての偽造と複製がそうである様に、それらは現実世界の何らかの見本に基づいており、その見本は、理由が何であれ、その金融的な権力が、知られて欲しく無かった物だったのでしょうか?⁹

_____
http://gizadeathstar.com/2011/04/japan-connecting-some-dots-part-one-thestrange-case-of-the-bearer-bonds/
⁸ ジョセフ P. ファレル、「日本:幾つかの点を繋げてみましょう、パート3:無記名債の逸話についての更なる異例、」2011年4月27日、http://gizadeathstar.com/2011/04/japan-connecting-some-dots-part-three-moreanomalies-about-the-bearer-bonds-story/
⁹ その逸話のもう一つの難しさは、私がその記事の中で観測した様に、何故、イタリアの権威(警察)が、その日本人達を泳がせ、そして単純に彼等を監視下に置き、彼等の交渉相手が誰であるかを調査しなかったのだろう?と言う事です。言葉を変えると、イタリアの金融警察は、理由が何であれ、諜報工作活動の中心的な原則を破ったと言う事です。

e. The Billion Dollar Fake Kennedy Bonds, and a Message
from Japan, and from Space 36
e. 数十億ドル規模の偽のケネディー国債と、日本と宇宙からのメッセージ 36

上記に引用された日本の無記名債スキャンダルについての、私自身の記事からの引用の中で示された様に、私が信じるにその逸話の鍵は、矛盾的にも、「ケネディー」債と呼ばれる、明らかな偽物である債券にあります。

そのニュースの少々後に、その「ケネディー国債」のサンプルと主張されるものが、インターネット上で、流通し始めました:

1 Kennedy-Bearer-Bond-Image-2.png
偽の10億ドルケネディー国債

私が、私のウェブサイト上で提供した分析の再掲載に進む前に、それらが実際にイタリアの権威によって押収された「ケネディー国債」の写真であると実証する証拠、または証明は、インターネット上で全く出て来なかったと認識する事が重要です。結果的に、私達には2つの少々異なったシナリオと解釈の土台を示唆する、2つの可能性が残されます:(1)その写真は、イタリアにおいて実際に押収された債券に全く関係が無い、または(2)その写真は、Guardia di Finanza (金融警察)によって、実際に押収された国債のものです。私が、私の元々の分析を書いた当時、私は分析の目的のために、2番目の場合を仮定しました:

「さて、その表面上において、これ(ケネディー国債)は、全くの偽造の様に見えます。この写真を私達が考慮する前に、私達はそれを、公式な5億ドル米国財務省無記名債の写真と比較してみましょう:

2 bond.jpg
この写真の拡大は、ネットから削除されている様です。PDF の37ページを参照して下さい)

2 D45183601A_recto

此処で私達は比較をしてみましょう。(1)直ぐ上の公式な国債には、題名表面の右側に、米国財務省の赤いはんこがはっきりと押され、その記述の下にはクーポンが明らかに見え;(2)このはんこは、「ケネディー国債」からは明らかに無く、それらの債券が全くの偽物であると言う公に明言された評価に信用を与えています。

ですが、私達は再び、もう一度、その「ケネディー国債」が偽物であると言う見解の示唆を考えてみましょう。最初に、何故、誰かが、何らかの本物に明らかに関連の無い、その様な偽物の債券を発行した、またはその偽造の本質の可能性に注意を引くだけである、米国財務省のはんこの複製を付けたのでしょう?第二に、何故、誰かが、購入する可能性のあるあらゆる人達が、その債券の確認を直ぐに求める事を実質的に保障する様に、その様な極度に高額な、偽の債券を発行したのでしょう?

この債券によって送られた、あるメッセージがあり、そしてそれは、人がこの奇妙な担保の道具を本物である、または偽物であると見解するに拘わらず機能するメッセージなのは、その債券の裏側に着目すると:私達は月の鮮明なイメージを有し、発射しているスペース・シャトルの明らかなイメージを持ち、そしてその表側には、大統領、ジョン F. ケネディーの姿と、ある種の赤いはんこがあるためだと、私は提案しましょう。ですから、此処において送られたイメージとメッセージを考えてみて下さい。米国財務省の赤いはんこは唯一、米国政府によって直接、そして借金無しで発行された - 米国(政府)紙幣 - アメリカの通貨紙幣の上に現れます。ケネディーは、その様な通貨の発行を命令した最後の大統領でした。彼はまた、勿論、1960年代が終わる前に、有人着陸の標的として月を行先に定めた、1960年代におけるアメリカの宇宙開発の目標を設定した大統領でした。

ですから、私の考えにおいて、その無記名債の事件において送られている、もう一つのメッセージがあり、そしてそれは、宇宙と共に何らかの関係があります。此処における重要な問いは:何故、その債券が本物か、偽物かは別にして、その債券密輸の作戦が、その様な道具を密輸していたのかで、そして私の結論は、その債券の題名自体の裏側にはっきりとイメージされた「見返り(担保)」と共に、私達は、膨大で秘密裡の宇宙計画のための、資金確保のメカニズムの一部を目撃しているのかも知れないと言うもので:宇宙と、その外で見つけられるあらゆるもののためです。故に - 借金の無い通貨を意味する - 赤いはんこは、重要なのかも知れません。私達は、端的に、秘密裡の宇宙活動と開発のための資金供給のメカニズムを見ているのかも知れず、そして故に、正に文字通り、月を担保とする、実に本物の債券を見ているのかも知れません。私達は、言うなれば、リチャード・ドーラン氏のアイデアである、「離脱文明」のための隠された資金確保のメカニズムさえを目撃しているのかも知れません。もしそうであるならば、アメリカのメディアにおけるその事件のニュースの報道の、実質的に完全な欠落と、そして世界のその他のメディアにおけるニュースとしての、その実質的な消滅を説明するかも知れません。もしこの、完全に推理的である事は言うまでも無く、勿論、ワイルドで急進的なシナリオの全てが本当なら、それは何故、米国が公に月に戻っていないのか、そして何故、その他の国々が、其処に向かおうとしているのかの、隠された理由なのかもしれません。

この全てが、日本の政治的なコンテキストを再び奇妙な背景に置くのは、日本の宇宙開発機構、JAXA が、月の写真を公表し始めたためです・・・

インドのチャンドラヤーン月面探索衛星によって撮影された、この奇妙な写真を考えてみて下さい:

代理写真:JAXA デジタル・アーカイヴ

または、PDF 39ページ参照。

私達は、日本の計画が収集した高画像のテレビ・イメージが、同等に印象的である事を簡単に想像出来ます。¹⁰

ケネディー10億ドル無記名債が、偽造詐欺師達自身によって偽造されたと言う見解の上で、するとその偽造の背後にあるものとして、実際の現実が何であったにせよ、そのメッセージは宇宙全般に、そして更に特定的に、月と、月面上にあるかも知れない何かに関係していた様に現れます(もし、月面上には人工的で、恐らく太古の構造物が存在すると言う、幾らかの人達の主張が真実なら、その可能性の示唆は膨大です)。加えて、もっと基本的なメッセージが存在し、つまり、金融の隠された断層が存在し、極度に大量の金額の無記名債の金額によって体現されており、その量が示唆するのは、その様な債券の所有者達は、富、権力、そして知識のエリートの内輪にいると言う事です。

しかしながら、ケネディー10億ドル無記名債が、偽造詐欺師達以外の誰かによって流通された単なるイメージと言う見解の上においても、そのメッセージは同じままの様に現れ、そしてそれぞれの場合において人が扱っているのは、排他的で隠された知識を所有する人達の様です。

その様な推理に協力証言する、何らかの合理的な証拠はあるでしょうか?

存在するのですが、それを理解するために人は、そのケネディー無記名債をより慎重に、検証しなければなりません:

_____
¹⁰ ジョセフ P. ファレル、「日本:幾つかの点を繋げてみましょう、パート4:無記名債の事件についての様々な異例性、」2011年4月28日、http://gizadeathstar.com/2011/04/japan-connecting-some-dots-part-fourmiscellaneous-anomalies-about-the-bearer-bonds-story/

此処において私達が着目するのは、はっきりと「マネー・ワールド」と表記する、その債券の表面の中央右の大きな印で、そしてそれは、ネット上の元々のイメージにおいて、赤い色で、米国(政府)紙幣の上の、米国財務省のはんこの赤い色を思い出させます。

マネー・ワールドのウェブサイト、http://www.moneyworld.com.sg/ への訪問は以下を明かし、そして私はそれを、私の友人が更にもう一つのインターネットの記事を私の注意へともたらした後に、再検証しました:

「マネー・ワールド・アジアは、通貨のコレクタブル(収集品)と記念品的な商品を扱う古銭の会社として、始めに設立されました。私達の地味な始まりは、イングランド銀行、米国造幣局、オーストラリアとニュー・ジーランドの準備銀行と同時に、シンガポールの通貨コミッショナーの執行部(BCCS)を含む、世界の主要な中央銀行と、親密な関係を築く事を可能にしました。

「マネー・ワールド・アジアは、アジア太平洋を渡る7か国において事務所を構え存在感を持つ、その地域における最も信頼されて、頼りがいのある、為替取引と送金のディーラー(仲介)の一つです。私達は、為替取引と電子ファンド送金の世界における先駆けで、常に私達のお客様達のために、新たな商品と新たな方法を開発し、発明しています。

「重要な達成地点は、1997年における中華人民共和国に対する香港の返還における、私達の活発な参加で、其処で私達は、この記念的な機会を印すために、記念的な紙幣を調整(印刷)しました。

「マネー・ワールド・アジアは、外国為替取引のオペレーター(仲介)で、個人とビジネスが国境を渡った送金を可能にするための、現金取り扱いサービスを専門としています。私達のお客様には、多国籍企業、教育的な機関、政府機関、仲買業、免税店、そしてホテルが含まれます。

「1991年における私達の設立以来、マネー・ワールド・アジアは、マネーの世界における私達の事業のフォーカス(集中)を拡大しました。私達は2つの分岐した事業を確立し:マネーの両替と送金サービスと、古銭の商品販売です。

「マネー・ワールドは今日、中国の RMB (元)、マレーシアのリンギット(MYR)、そしてインドネシアのルピアー(INR)の様な特殊な通貨における専門性と共に、世界的なフォレックス市場において、それ自体をしっかりと埋め込んでいます。これ等の通貨は(当時)、取引可能では無いので、それらの国々の中の、マネー・ワールドのそれぞれの事務所は、一貫的に利用可能なこれ等の通貨をお客様に供給し、お客様が素早く、問題無しで、これ等の通貨において、お客様の事業パートナーとの送金を許します。」¹¹

言い換えると - 中華人民共和国の様な - (当時)取引可能では無かった通貨を持つ国家との、国際的な通貨の取引において特化した、マネー・ワールドの様な企業は、大きな金額の無記名債によって体現された、金融の隠されたシステムについて知っていると考えられる事が可能で、そして実際に、これはその逸話に対する中国の拘わりに、私達が出くわす唯一の場面では無いのは、第四章において、この中国の拘わりの驚きの協力証言があるためです(そしてそれは、その様な債券が実際に、現実世界の本物の見本の何らかの形状の上に基づいていると言う仮定への協力証言として浮上します)。何であれ、その様な会社はまた、恐らく大きな金額の無記名債を扱うのに馴れているでしょう。最後に、その様な会社はまた、その様な債券によって体現された、金融の隠されたシステムについて知っている位置にあるでしょう。

故に、偽のケネディー債のイメージが、イタリアの権威によって押収された実際の道具から由来せず、その他の誰かから由来したと言う見解の上においても、その「その他の誰か」は、とても情報通の様に現れます。

イタリアの権威によって逮捕された、2人の日本人の男性達はどうなったのでしょう?信じられない事に、彼等は釈放され、そして日本に帰国し、その事実はそれ自体の推理を招待します。何故、偽物と主張される証券の形状における莫大な金額と共に逮捕された2人の個人達が、その後、すんなりと釈放されたのでしょう?通常の状況下なら、偽造の疑いがかけられた人達は、1345億ドル(13兆4500億円)よりも遥かに少ない額でさえ、通常、裁判まで拘束されます!

_____
¹¹ ジョセフ P. ファレル、「日本の無記名債についての更なる情報、」2011年5月4日、http://gizadeathstar.com/2011/05/more-information-on-thejapanese-bearer-bonds/

彼等が釈放されたのは、彼等が何かを知っていて、権威側を脅迫したためだったのでしょうか?または、究極的に、彼等が米国に対してさえも脅迫したためだったのでしょうか?もしくは、彼等が釈放されたのは、日本、またはその他のアジアの政府からの外交官特権を有していたためだったのでしょうか?もしくは、最後に、彼等が釈放されたのは、現実において、押収された証券の全てが、全く偽造では無かったためでしょうか?

これ等の問いへの答えに拘わらず、私達が有するのはすると、以下に続く事実と、仮定的な結論と示唆のセット(ひとくくり)です:

1)この最初の無記名債のスキャンダルには、以下を通したアジアとの関連があり
a) 2人の日本人とされる男性達が拘束され、その後、釈放され、そして
b) アジアと中国の事業において明らかに経験のある、通貨と証券の取引会社、「マネー・ワールド」とのケネディー国債を通した関連で;

2)拘わっていたマネーの量は、もし膨大とは言わずとも、大金で:1345億ドルで;

3)このマネーは、(それぞれ)5億ドルの金額の無記名債、そしてケネディー債の場合、それぞれ10億ドルの額の道具(債券)として含まれ;

4)それらの債券の幾つかは、1934年の日付けが付けられ、私達が見る様にそれは重要な日付けで、私達が最終的に目撃する様に、類似した事件において一貫的なパターンの一部に成るためで;

5)米国政府は、その事件の2週間後に、それらの債券の全ては本物では無く、10億ドルの金額の無記名債は今までに発行された事が無いと否定しました。そうであれ、イタリアの権威は、その様な否定が確認されるまで、2週間、待たねばならず、そして最終的にその2人の日本人男性達を釈放し、もし実際に彼等が偽造詐欺組織、または密輸組織の一員として疑われていたのなら、それ自体が説明不可能で、その事実は、その「偽造債券」の少なくとも幾らかの要素が、実際に本物であった事を示唆し;

6)最後に、あらゆる見解の上で、その事件は、メッセージを送るためにデザイン(計画)されたのは明らかな様に現れ、つまり、隠されてはいますが、世界においてとても大きな金融のシステムの隠された断層が存在し、そしてそれは地域的な外宇宙と、その中に存在する全てに何らかの拘わりがあり、そして実際に、私達はこの構造の構成要素として、外宇宙が担保化されたと言う示唆を目撃し、それが示唆しているのは、勿論、化学的なロケットと少量の運搬量(利益)以上の、それ(外宇宙)に対する一貫的な利用の方法です。

これらの仮定的な示唆と結論を手にし、私達は此処で、その他の無記名債スキャンダルを検証してみましょう。

2. The Spanish Bearer Bonds Scandal 43
2.スペインの無記名債スキャンダル 43

2009年の日本の無記名債スキャンダルが、唯一のものであったなら、「偽物」の背後にあるあらゆる実質を否定しようと試みる勢力にとって、間違い無く、もっと楽だったでしょう。

ですがそれは、その様な事件の唯一のものではありませんでした。実際に、スペインにおいて、そしてその後再び、イタリアにおいて、事件が繰り返され、そして両方において天文学的な総額の「偽造された」証券が拘わり、それらの事件は国家安全保障の問題にまで発展しました。これは、それ自体において、私達が発見する様に、示唆を浮上させますが、それらが思考される事が出来る前に、スペインとイタリアにおける事件の再検証が必要で、そのスペインの事件の始まりは、日本のスキャンダルと同様に。その同じ年、そして同じ月に発覚し:2009年の6月でした・・・

3. The Italian Bearer Bonds Scandal 58
3.イタリアの無記名債スキャンダル 58
Intermission 63
休憩 63

2B. Bearer Bonds, Bullion, Bishops and Banksters: Or, Cosa Nostra
Con Men, Counterfeiters and Cardinals, Part Two 71
2B. 無記名債、ブリオン(延べ棒)、司教達と金融マフィア達:
またはコーザ・ノストラ(マフィア)、詐欺師達、偽造者達、そして枢機卿達、パート2 71

「『秘密裡の』二次的(別々)な市場の存在に関して、その様な概念は理性を否定します。そして特に、その様な資金の全体が、秘密裡の参加者達以外の誰にも説明可能な利益を産出しないので、参加者達の出費を増やすだけの、その様な市場のための土台は存在しません。投資企画の書類(債券)の主要な発行者が、その金融的な義務をその様な市場の酔狂の対象にするなど、馬鹿馬鹿しい事です。」
- ジェームズ E. Byrnes 教授 ¹

此処までに再検証された無記名債スキャンダルと共にもう一つの問題があり、そして読者はそれが何か、気付いたでしょう:ゴールド(現物)です。これ等の債券は、思い出されるでしょうが、10億ドルの金額、または、もっと多かったのは、クーポン券を共にした、それぞれが5億ドルの額で、そしてその債券は、更に加えて、「ゴールドの証明書」で、i.e. それらはゴールドによって後ろ楯されたとされ、もしくは、むしろ、担保義務としてのゴールドに対して発行されました。つまりそれは、様々な無記名債スキャンダルにおいて出回っている、ゴールドに後ろ楯されたとされる無記名債の総量が、その規模の秩序において(世界に)存在している全てのゴールドと殆ど同量、もしくは超えてしまっている事を示唆する様に現れると言う事です。この状況についての一時の思考は、私達の台頭してきているシナリオのために、これが特定の膨大な「示唆」を体現すると明かし、そしてそのいずれも、全く心地良いものではありません。しかしながら、それらの示唆の私達の検証は、一旦、待たなければなりません。現時点において、私達の注意は、その場面上のこの新たな主役である、ゴールド自体と、以下に集中しなければなりません:

_____
¹ ジェームズ E. Byrnes 教授、「プライム銀行投資詐欺の神話、」(マリーランドのモントゴメリー・ヴィレッジ:国際銀行業法と実施のインスティチュート株式会社出版、2002年)、ジェームズ E. Byrnes 教授編集、プライム投資銀行詐欺の神話、24ページより。ファレル博士のイタリクス。

4. The Strange Allegations of Lord Blackheath and Some
Strange Behavior from Dr. Hjalmar Horace Greeley Schacht
72
4.ブラックヒース卿の奇妙な訴えと、
ハジャルマー・ホレイス・グリーリー・シャクト博士からの奇妙な振る舞い 72²

その無記名債スキャンダルがメディアにおいて出回り始めると、様々な「コメンテーター達」によって、もう一つのミームがそれらに対して素早く関連させられ、彼等は直ぐにそのスキャンダルを、アングロ-アメリカのエリートの、底無しの様に腐敗したオリガーキー(オリハルヒ)に対して、秘密裡であり、内密で金融的な戦争を行っている秘密結社、またはアジアにおいて基づいた結社の、主張された活動と約束に「関連させ」ました。簡単に云うと、その逸話のそれらのヴァージョンによると、この秘密裏のアジアのオリガーキーは、ある種の制度的な「メシア(救世主)」として介入し、西洋のエリートが油を注いだ金融的な火事を消す事を文字通り約束しました。

私がこれ等のシナリオを信用してはいない間、本当の根底にあるミームが何であるかに着目するには価値があります:

1)本質的に、アングロ-アメリカの金融的なオリガーキーと、アジアに関連があるとされる何らかの秘密裡のグループの間に、隠された、または秘密裡の経済的な戦争が存在し;

2)その逸話全体が、無記名債スキャンダルによって体現される、金融の隠された断層、またはシステムに関連していて;そして、

3)その逸話全体は、膨大な量のゴールド(現物)に拘わっています。

それらのミームは終に、英国貴族院(上院議会)にまで届き、其処でブラックヒースのデーヴィッド・ノエル・バーロン(男爵)・ジェームズは、存在していると現れるゴールドの量は、不透明にされている様に現れると言う、ハンサード(国会議事録)の中に記録された発言を行いました。³

_____
² 私達は第二 A 章の中に残した、正に同じ概要を再開している事に着目して下さい。
³ ハンサードは、議会議事録の英国版で、i.e. 貴族院に出席している議員によって、議会で成された全ての発言の公式な書き出しです。

a. David Baron James of Blackheath’s Remarks of Nov 1,
2012 to the House of Lords 72
a. 2012年11月1日の、(英国貴族院)上院議会における
ブラックヒースのデーヴィッド・バーロン・ジェームズによる発言 72

ブラックヒース卿は、その無記名債スキャンダルが発覚した一年後に、貴族院における2010年11月1日に彼が行った発言の中で遠回りな方法でその問題に対して最初に注意を引きました。彼の発言の中で、彼はまた、国際的なテロリズムの金融的な要素に対しても触れました。以下は彼の発言の、実際のハスナード(国会議事録)の書き出しです。私は、私達が後に関心のある発言部分をイタリクス化しましたが、私は此処において、ブラックヒース卿がそれらを明言した、元々のコンテキスト(文脈)においてそれらを掲載します。加えて、私はこの引用に続く分析において補佐するために、カッコに挟まれた数字を加えました:

At this point, I am going to have to make a very big apology to my noble friend Lord Sassoon, because I am about to raise a subject that I should not raise and which is going to be one which I think is now time to put on a higher awareness, and to explain to the House as a whole, as I do not think your Lordships have any knowledge of it. I am sorry my noble friend Lord Strathclyde is not with us at the moment, because this deeply concerns him also.

この時点において私が、私の尊敬される友人、サスーン卿に多大な謝罪をしなければならないのは、何故なら私が提示するべきでは無い題材を提示する寸前であるためで、そしてそれは、私が考えるに、此処でより高い認識へと入れられるものに成り、そして私は、あなた方、貴族院の議員の皆様が、それについての知識を全く持っていないと考えるので、全体として議会に説明されるべきものです。私はこれが、私の尊敬される友人、ストラスクライド卿にもまた深く関係しているので、彼が現在、出席していない事を残念に思います。

For the past 20 weeks I have been engaged in a very strange dialogue with the two noble Lords, in the course of which (1) I have been trying to bring to their attention the willing availability of a strange organisation which wishes to make a great deal of money available to assist the recovery of the economy in this country. For want of a better name, I shall call it foundation X. That is not its real name, but it will do for the moment. Foundation X was introduced to me 20 weeks ago last week by (2) an eminent City firm, which is FSA controlled. Its chairman came to me and said, (3) “We have this extraordinary request to assist in a major financial reconstruction. It is megabucks, but we need your help to assist us in understanding whether this business is legitimate”. I had the biggest put down of my life from my noble friend Lord Strathclyde when I told him this story. He said, “Why you? You’re not important enough to have the answer to a question like that”. He is quite right, I am not important enough, but the answer to the next question was, “You haven’t got the experience for it”. Yes I do.(4) I have had one of the biggest experiences in the laundering of terrorist money and funny money that anyone has had in the City. I have handled billions of pounds of terrorist money.

過去20週間の間、私はその2人の尊敬される貴族議員達と、とても奇妙な対話を行っており、その過程において(1)この国における経済の回復を補佐するために利用可能な大量の資金を準備する事を望む、奇妙な組織の利用可能な意志に、彼等の注意をもたらそうと試みて来ました。上手い名前が必要なために、私はそれを財団 X と呼びましょう。それは、その本当の名前ではありませんが、現時点では十分でしょう。財団 X は、20週間前の1週間前に(2)FSA の監督下にある著名な(ロンドン)シティーの企業によって私に紹介されました。その社長/会長は、私の下に訪れこう述べました、(3)「私達は、大規模で金融的な再構築において補佐をするためのこの驚きの申し入れを有します。それは、膨大な金額ですが、私達はこの事業が合法的なのかを理解するにおいて、貴方の手助けが必要です。」この話を私が、私の尊敬される友人、ストラスクライド卿にお伝えした時、私は人生最大のお叱りを彼から受けました。彼はこう言いました、「何故、貴方なのですか?貴方はその様な問いに答えるために十分に重要では無いでしょう。」彼はとても正しく、私は十分に重要では無いのですが、その次の問い、「貴方には、そのための経験が無いでしょう、」への答えは、いいえ、私には(経験が)あります、です。(4)私は、何者かがシティーにおいて有していたテロリストの資金と、出処の怪しいマネーの洗濯における、最大の経験の一つを持っています。私は何十億ポンドもの、テロリストのマネーを扱いました。

Baroness Hollis of Heigham: Where did it go to?

ヘイグハムのホリス男爵夫人:それは何処に行ったのですか?

Lord James of Blackheath: Not into my pocket. My biggest terrorist client was the IRA and I am pleased to say that I managed to write off more than £1 billion of its money. I have also had extensive connections with north African terrorists, but that was of a far nastier nature, and I do not want to talk about that because it is still a security issue. I hasten to add that it is no good getting the police in, because (5) I shall immediately call the Bank of England as my defence witness, given that it put me in to deal with these problems.

ブラックヒースのジェームズ卿:私の懐の中へ、ではありません。私の最大のテロリストの顧客は IRA (アイルランド共和国陸軍)で、そして私は、そのマネー(軍資金)の10億ポンド以上を帳消しにする事に成功したと言える事を喜ばしく思います。私はまた、北アフリカのテロリスト達との深い関連を持っていましたが、それは更にもっと酷い本質で、そしてそれは未だに安全保障の問題なので、それについては語る事を望みません。念のために加えておきますが、警察に拘わらせてもよい事が何も無いのは、(5)それらの問題に対処するために私を任命したのがイングランド銀行だったので、私は直ぐに、私の弁護の証言者として、イングランド銀行に連絡するためです。

The point is that when I was in the course of doing this strange activity, I had an interesting set of phone numbers and references that I could go to for help when I needed it. So people in the City have known that if they want to check out anything that looks at all odd, they can come to me and I can press a few phone numbers to obtain a reference. The City firm came to me and asked whether I could get a reference and a clearance on foundation X. For 20 weeks, I have been endeavoring to do that. (6) I have come to the absolute conclusion that foundation X is completely genuine and sincere and that (7) it directly wishes to make the United Kingdom one of the principal points that it will use to disseminate its extraordinarily great wealth into the world at this present moment, as part of an attempt to seek the recovery of the global economy.

主要な点は、私がこの奇妙な活動を行っている時、私には、必要とあらば手助けのために利用可能な、興味深い電話番号と内通者達の一括りを持っていました。ですから、そのシティーの人達は、もし彼等が不信に思う事を調べたいと思えば、彼等は私の処に来て、そして私は幾らかの電話連絡をして、内通者の意見を得る事が出来ました。そのシティーの企業は、私の処に来て、財団 X への紹介を私が得られるだろうかと尋ねました。20週間に渡り、私はそれを行おうと試みて来ました。(6)私は財団 X が正真正銘で切実であると言う完全な結論に至り、そして(7)それは、世界経済の回復を求めるための試みの一部として、現在において世界へと、驚くほどの大いなる富を注入するための主要な地点として英国を利用しようとしていると言う結論に至りました。

I made the phone call to my noble friend Lord Strathclyde on a Sunday afternoon-I think he was sitting on his lawn, poor man-and he did the quickest ball pass that I have ever witnessed. If England can do anything like it at Twickenham on Saturday, we will have a chance against the All Blacks. The next thing I knew, I had my noble friend Lord Sassoon on the phone. From the outset, he took the proper defensive attitude of total scepticism, and said, “This cannot possibly be right”.(8) During the following weeks, my noble friend said, “Go and talk to the Bank of England”. So I phoned the governor and asked whether he could check this out for me. After about three days, he came back and said, “You can get lost. I’m not touching this with a bargepole; it is far too difficult. Take it back to the Treasury”. So I did. Within another day, my noble friend Lord Sassoon had come back and said, (9) “This is rubbish. It can’t possibly be right”. I said, “I am going to work more on it”. Then I brought one of the senior executives from foundation X to meet my noble friend Lord Strathclyde. I have to say that, as first dates go, it was not a great success. Neither of them ended up by inviting the other out for a coffee or drink at the end of the evening, and they did not exchange telephone numbers in order to follow up the meeting.

私は日曜日の午後に、私の尊敬すべき有人、ストラスクライド卿に電話連絡したと思いますが - 私が思うに彼は芝生の上に座っていて、そして彼は私が見た中で最速のボールのパスを行いました。もし、イングランド代表が土曜日に、トゥイックナム(競技場)でその様な事(ボール・パス)が出来れば、私達はオール・ブラックス(ニュー・ジーランド代表)に対して勝てるチャンスがあるかも知れません。次に気付いた時には、私は、私の尊敬すべき友人サスーン卿と電話していました。始めから彼は、完全な疑いの全くの防衛的な態度を取り、こう言いました、「これは、正しいと言う可能性は無いでしょう。」(8)その後に続いた数週間において、私の尊敬すべき友人は、こう述べました、「イングランド銀行に話に行きなさい」。ですから私は総裁に連絡し、彼が私のためにこれについて調べてもらえるかを尋ねました。三日ぐらいたった後に、彼からの連絡があり、そして彼はこう言いました、「君はどっかに行ってしまえ。私はこれには全く関わりたくない:それは難し過ぎる。財務省に戻しなさい。」ですから私はそうしました。その日の内に、私の尊敬すべき友人、サスーン卿が私のもとに来てこう言いました、(9)「これはくだらない。正しいはずが無い。」「私はもっと調べようと思います」と、私は伝えました。その後、私は、私の尊敬すべき友人、ストラスクライド卿に会うために、財団 X からの代表の一人を連れて来ました。初対面としてそれは、大成功では無かったと、私は言わなければなりません。彼等のどちらも、会合の後にコーヒー、またはお酒の一杯に誘う事無く、次の話し合いのために、電話番号の交換もする事がありませんでした。

I found myself between a rock and a hard place that were totally paranoid about each other, because the foundation X people have an amazing obsession with their own security. They expect to be contacted only by someone equal to head of state status or someone with an international security rating equal to the top six people in the world. This is a strange situation. My noble friends Lord Sassoon and LordStrathclyde both came up with what should have been an absolute killer argument as to why this could not be true and that we should forget it. (10) My noble friend Lord Sassoon’s argument was that these people claimed to have evidence that last year they had lodged £5 billion with British banks. They gave transfer dates and the details of these transfers. As my noble friend Lord Sassoon, said, if that were true it would stick out like a sore thumb. You could not have £5 billion popping out of a bank account without it disrupting the balance sheet completely. But I remember that at about the same time as those transfers were being made the noble Lord, Lord Myners, was indulging in his game of rearranging the deckchairs on the Titanic of the British banking community. If he had three banks at that time, which had had, say, a deficiency of £1.5 billion each, then you would pretty well have absorbed the entire £5 billion, and you would not have had the sore thumb stick out at that time; you would have taken £1.5 billion into each of three banks and you would have absorbed the lot. That would be a logical explanation—I do not know.

私が、お互いに対して完全に疑心暗鬼だった、固い場所と岩の間に私が板挟みされていると見つけたのは、何故なら財団 X の人達が、彼等自身の安全について、驚きの警戒心を持っていたためです。彼等は、国家元首と同等の地位の誰か、または世界の頂点の6人の人達と同等な、国際的な安全保障の規模を要求しました。私の尊敬すべき友人達、サスーン卿とストラスクライド卿は両人とも、何故これが真実では無く、そして私達がそれを忘れてしまうべきなのかの、決定的な論議に成るはずだったものと共に主張しました。(10)私の尊敬すべき友人、サスーン卿が指摘したのは、それらの人達がその前年、英国の銀行に50億ポンド送金した証拠を持っていると言う主張でした。私の尊敬すべき友人、サスーン卿が言った様に、もしそれが真実なら、それは腫れた親指の様に目立ちます。バランス・シートを完全に混乱させずに、銀行の口座に突然、50億ポンドを送金する事など出来ません。ですが、それらの送金が行われたのとほぼ同じ時期に、尊敬されるべき貴族院議員、メイナーズ卿が、英国の銀行業のコミュニティーのタイタニック号の上のデッキチェア(甲板の上の折りたたみいす)を再アレンジする彼のゲームに没頭していた事を私は覚えていました。もし彼が当時、それぞれ15億ポンドの(資金)不足の3つの銀行を持っていたなら、すると50億ポンド全体が十分に吸収されたかも知れず、その当時、腫れた親指の様に目立たなかったかも知れず;それぞれの3つの銀行に15億ポンドが送金され、そしてその全部を吸収してしまったのかも知れません。それは、論理的な説明には成るでしょうが - 私には解りません。

(11) My noble friend Lord Strathclyde came up with a very different argument. He said that this cannot be right because these people said at the meeting with him that they were still effectively on the gold standard from back in the 1920s and that their entire currency holdings throughout the world, which were very large, were backed by bullion. My noble friend Lord Strathclyde came back and said to me that he had an analyst working on it and that this had to be stuff and nonsense. He said that they had come up with a figure for the amount of bullion that would be needed to cover their currency reserves, as claimed, which would be more than the entire value of bullion that had ever been mined in the history of the world. (12) I am sorry but my noble friend Lord Strathclyde is wrong; his analysts are wrong. He had tapped into the sources that are available and there is only one definitive source for the amount of bullion that has ever been taken from the earth’s crust. That was a National Geographic magazine article 12 years ago. Whatever figure it was that was quoted was then quoted again on six other sites on the internet-on Google. Everyone is quoting one original source; there is no other confirming authority.(13) But if you tap into the Vatican accounts-of the Vatican bank-you come up with a claim of total bullion-

(11)私の尊敬されるべき友人、ストラスクライド卿は、とても異なった意見を提示しました。彼は、これが正しいものである事が出来ないのは、彼との会合において、それらの人達が実質的に、1920年代以来の金本位制を保っていると述べたためで、そしてとても大規模である彼等の通貨の保有の全体が、世界中を通して、ブリオン(延べ棒)によって後ろ楯されていると主張したためだと言いました。私の尊敬すべき友人、ストラスクライド卿は連絡仕返し、そして彼は私に、彼は専門家にそれを分析させていて、それがノンセンスでなければならないはずだと述べました。主張された彼等の準備金をカバーするために必要なブリオンの量は、世界において今までに採掘されたブリオンの価値全体以上に成ると、彼等(専門家達)が報告したと、彼は言いました。(12)残念ながら、私の尊敬すべき友人、ストラスクライド卿は間違っていて;彼の分析者達は間違っています。彼は利用可能な情報源に照らし合わせていて、そして今までに地球の地殻から採掘されたブリオンの量のための定義的な情報源は一つしかありません。それは12年前のナショナル・ジオグラフィック誌の記事でした。当時引用された数字が何だったにせよ、それはインターネットのグーグルのその他の6つのサイトで、再び繰り返されました。全員が、一つの元々の情報源から引用していて;その他の情報確認の権威はありませんでした。(13)ですが、もし、あなたが - ヴァチカン銀行の - ヴァチカンの口座を調べて、ブリオンの総量の主張を見つけ出せば - 

Lord De Mauley: The noble Lord is into his fifteenth minute. I wonder whether he can draw his remarks to a conclusion.

デ・マウリー卿: 尊敬されるべき貴族院議員は、彼の(持ち時間の)15分目です。私は彼が、彼の発言のまとめを行う様に願います。

Lord James of Blackheath: The total value of the Vatican bank reserves would claim to be more than the entire value of gold ever mined in the history of the world. My point on all of this is that we have not proven any of this. Foundation X is saying at this moment that it is prepared to put up the entire £5 billion for the funding of the three Is recreation; the British Government can have the entire independent management and control of it-foundation X does not want anything to do with it; there will be no interest charged; and, by the way, if the British Government would like it as well, if it will help, it will be prepared to put up money for funding hospitals, schools, the building of Crossrail immediately with £17 billion transfer by Christmas, if requested, and all these other things. These things can be done, if wished, but a senior member of the Government has to accept the invitation to a phone call to the chairman of foundation X—and then we can get into business. This is too big an issue. I am just an ageing, obsessive old Peer and I am easily dispensable, but getting to the truth is not. We need to know what really is happening here. We must find out the truth of this situation.⁴

ブラックヒースのジェームズ卿: ヴァチカン銀行の準備金の総額は、世界の歴史において今までに採掘されたゴールドの価値全体を超えると主張します。この全てについての私の要点は、私達がこれに関していずれも証明していないと言う点です。財団 X は現時点において、再構築のための3つの事を資金援助するために、50億ポンド全体を準備する用意があると言っていて;英国政府は全く独立的な監督機関を持つ事が可能で、財団 X は、それに拘わるつもりは全く無く;金利の追加はゼロで;そして、ついでに、もし英国政府が望むなら、もしそれが助けに成るなら、それ(財団 X)は、もし要求されるならば、クリスマスまでに170億ポンドを送金すると共に、病院、学校など、その他全てのインフラの建築のための資金を用意する準備があると述べています。これ等の物事は、もし望まれるなら、達成される事が出来ますが、政府の高官が、財団 X の会長に対して電話連絡する招待が受け入れられなければならず - その後、私達はその事業を開始する事が出来ます。これは、(無視するには)大き過ぎる問題です。私は年を取った執念深い貴族院議員で、そして私は簡単に不要にされるかも知れませんが、真実はそうではありません。私達は此処において実際に何が起こっているのかを知る必要があります。私達はこの状況の真実を見つけ出さなければなりません。⁴

では、私達は、ブラックヒース卿の発言の、イタリクス化された部分のそれぞれを取り上げ、それらをもっと詳細に検証してみましょう。

b. Analysis of Lord Blackheath’s Remarks of Nov. 1, 2010
76
b. 2010年11月1日のブラックヒース卿の発言の分析 76

人が、貴族院におけるブラックヒース卿のとても奇妙な発言の基本的な要点をまとめた時、人はそれらの示唆において、正に頭を混乱させる明言の一連を派生させます:

1)世界において以前には知られていなかった、大量の資金を持った秘密裡なグループが存在し、それをブラックヒース卿は「財団 X 」と呼び、もし実際に表向きの顔を持っているなら、少なくともその表向きの顔においてその組織は、財団です(上述に引用された要点(1)で);

2)この財団、または秘密裡のグループは、英国の金融的な地区(特区)であるロンドンのザ・シティーに何らかの関係を持っており、予測される様に、膨大で、今まで知られていなかった資金を持つ秘密裡のグループが、主要で金融的な中心(ロンドン)と関係を持っている事を示唆し(上述の引用の(2)の点);

3)この秘密裏のグループは、殆ど制度的な救世主として、英国を「入国の港」として使用する事によって、ヨーロッパと英国の金融的な問題を解決するために介入する事を申し入れていて(上述の引用の(3)と(7)の点);

4)彼自身が認める様に、ブラックヒース卿は、アイルランド共和国陸軍(IRA)の軍資金を押収していたイングランド銀行のためのエージェントとして、明らかに活動していて、IRA のマネーの洗濯に拘わっていたので、彼自身が金融的な「地下世界」との幾らかの経験があり(上述の引用の(4)の点);

_____
⁴ ブラックヒースのデーヴィッド・バーロン・ジェームズ、http://www.publications.parliament.uk/pa/ld201011/ldhansrd/text/101101-0003.htm#10110215000101 ファレル博士によって加えられた強調。

5)それらの活動に対する証言するための弁護の証人として、ブラックヒース卿は、イングランド銀行に連絡が可能であると言うのは奇妙な発言で、あたかも彼は、貴族院における彼の告白が捜査に繋がり、そして起訴と裁判に繋がる可能性があると恐れている様に現れ(上述の引用の(5)の点);

6)彼が決して詳細を明かさない - 彼の調査に基づいて、ブラックヒース卿はその秘密裡のグループ、または財団 X が、「完全に正真正銘で切実」であり、i.e. 実際に存在すると主張し(上述の引用の(6)の点);

7)同僚の貴族議員、サスーン卿に、イングランド銀行に問い合わせる事を薦められた時、イングランド銀行の総裁は、3日後に、ブラックヒース卿にこう伝え「貴方は忘れるべきです。私はこれを、竹竿を使ってでさえも触りたくありません;それは難し過ぎます。財務省に持って帰ってください、」(上述の引用の(8)の点)、イングランド銀行が、財団 X の正体、またはその膨大な富と、英国とヨーロッパを助ける能力を確認出来無かった事を示唆する、または暗示し、そしてまた、恐らく、それ(イングランド銀行)が、財団 X が体現したものの実態を知っていて、関わる事を拒んだ、または秘密を保ちたかったのかも知れず;

8)ブラックヒース卿がそれを財務省(i.e. サスーン卿)へ戻した時、それ(サスーン卿)はこう反応し:「これは、馬鹿馬鹿しい。正しいはずが無い、」(上述の引用の(9)の点)、それが示唆するのは、その秘密裡のグループ、そして/またはその主張が本物では無いと言う事のどちらかです。此処において、ある一つの重大な点に着目して下さい:個人企業であり、独占的な中央銀行である、イングランド銀行が、その主張を肯定も否定もせず、唯一「それは難し過ぎる」と述べた間、英国の財務省が、それは馬鹿馬鹿しい(ゴミだ)と答えた事です。これがどの様に、無記名債スキャンダルにおいて此処までに明かされたパターンに当てはまるかを慎重に観測してもらいたいのは、公式な米国政府の広報担当者が、その様な金額の債券は(特に1934年において)決して発行されていないと否定し、その間、メディアは同時に、その(全く存在しないと主張された債券の)「偽物」の幾らかはとても巧妙過ぎて、本物と殆ど見分けがつかないと報道したためで、そしてその債券が、米国の財務省によって発行されたと主張されたのではなく、個人企業の中央銀行である、米国連邦準備銀行によって、直接発行された事に着目して下さい。コンテキスト(文脈)は異なりますが、パターンは同じです。

9)表面化してきた「難しさ」は、その秘密裡のグループ - 財団 X が - 英国の銀行に£5,000,000,000預金したと主張し、「送金の日付けと送金の詳細(書類)」提供しましたが、サスーン卿の発言のブラックヒース卿の記憶によると、サスーン卿は明らかに、もしその様な金額が英国の銀行に送金されれば、それはバランス・シート上に現れ、「腫れた親指の様に目立つ」と明言しました。この発言が示唆するのは、その金額がバランス・シート上、または英国財務相に現れていない(上述の引用の(10)の点)と言う事で、そしてこれが示唆するのは、その預金が全く行われ無かった、またはそれらが詐欺的であった(イングランド銀行の反応を思い出して下さい)、もしくはそれらが意図的に帳簿から外されていたかのいずれかです。イングランド銀行の対応が、不透明以外の何ものでも無かったので、人が妥当に結論出来るのは、最初の2つの選択肢のどちらでも無く、サスーン卿も知らなかった金融の隠された断層が機能していて、ブラックヒース卿がとても明らかに踏み込んでしまったものです。結局、この全てが、莫大な資金源を持つ秘密裡のグループに関連していると、元々明言した人が彼だったので、ブラックヒース卿の発言の基本的な示唆は、中央銀行はそれについて知っていますが、政府の省庁や官僚達が知らない、金融の隠されたシステムがあると、人は結論出来るかも知れません。このパターンは再び、此処までで検証された無記名債スキャンダルにおいて台頭したパターンに当てはまり;

10)その謎は、ストラスクライド卿が、財団 X の主張がノンセンスでなければならないのは、その主張がゴールドによる後ろ楯に基づいており、そしてその様な莫大な量の資金は、<b<世界において今までに採掘されたブリオン(延べ棒)よりも多い主張に繋がると指摘した時、益々深まりました(上述の引用の(10)の点)。故に、財団 X は、無記名債スキャンダルに、その本質においてとても類似していて、その全体のパターンに当てはまる主張をして:英国の銀行に預けられたと主張された、担保の何らかの形状の、ゴールドの後ろ楯で;

11)世界に存在するゴールドの(総量の)数字の情報源は、ブラックヒース卿によると、ナショナル・ジオグラフィック誌の記事で(上述の引用の(12)の点);そして最後に、

12)ヴァチカン銀行の数字が確認された時、存在するコールドのブリオンの異なった量が明らかに得られました(上述の引用の(13)の点を参照)。故に、私達は - どの様に、または何故、それが当てはまるかの説明なしで - その逸話におけるもう一つの主役、ヴァチカンの紹介を有します。

私達がこの章の後に見る様に、それが何のためで、そしてどの様に「離脱文明」の概念へと、それが全て当てはまるのか、金融のこの隠された断層の本質を理解するために、それを管理するヴァチカンが、重要な鍵に成ります。ですが、現時点において、私達はブラックヒース卿と共に、まだ終わったわけではありません。

c. David Baron James of Blackheath’s Remarks of Feb. 16,
2012 to the House of Lords: “Something is Very
Seriously Wrong” 79
c. 2012年2月16日の上院議会に対する
ブラックヒースのデーヴィッド・バーロン・ジェームズの発言:
「何かが深刻におかしい」 79

ブラックヒース卿の発言にまつわる元々の、そして典型的なインターネットの陰謀論と世紀末を扇動する大騒ぎが静まった後(彼が「自殺させられた」、または「心臓発作に倒れた」、もしくは唯単に暗殺されたと言う噂に引き続き)、ブラックヒース卿は2010年11月の発言に続いて、2012年2月16日の貴族院において成された発言において、更にもっと奇妙で驚きの発言を行いました。再び、私はハンサード(国会議事録)の書き出しを引用し、私達の分析において関係する彼の発言の部分をイタリクス化しました。前述の様に、私はカッコの中の数字を加え、それらは、この引用に続く分析において補佐するでしょう。


2012年2月16日、英国上院議会において:

Lord James of Blackheath: My Lords, I hope the minute that that has taken has not come off my time. I do not wish noble Lords to get too encouraged when I start with my conclusions but I will not sit down when I have made them. I will then give the evidence to support them and, I hope, present the reasons why I want support for an official inquiry into the mischief I shall unfold this afternoon. I have been engaged in pursuit of this issue for nearly two years and I am no further forward in getting to the truth.

ブラックヒースのジェームズ卿:我が主君達、私は過ぎた時間が私の持ち時間から取られ無い事を望みます。私は、私の結論を始めた時に崇高な主君達が、影響され過ぎる事を望みませんが、私がそれら(結論)を述べた時、私は席に戻らないでしょう。私は、その後、それら(結論)を補佐する証拠を与え、私が望むに、この午後に私が明かす犯罪へと、何故、私が公式な捜査が及ぶ事を補佐したいのかの理由を実証します。私はこの問題への調査を、ほぼ、2年間に渡り行い、そして私は、真実を見つけることにおいて、程遠い状況にあります。

There are three possible conclusions which may come from it. First, there may have been a massive piece of money-laundering committed by a major Government who should know better. Effectively, it undermined the integrity of a British bank, the Royal Bank of Scotland, in doing so. The second possibility is that a major American department has an agency which has gone rogue on it because it has been wound up and has created a structure out of which it is seeking to get at least €50 billion as a pay-off. The third possibility is that this is an extraordinarily elaborate fraud, which has not been carried out, but which has been prepared to provide a threat to one Government or more if they do not make a pay-off. These three possibilities need an urgent review.

それから起因する結論には、3つの可能性があります。一つは、善悪を知っているべきである主要な政府によって、膨大なマネーの洗濯が行われたかも知れない事です。結果的に、そうする事において、英国の銀行であるスコットランド王立銀行の名前を汚したかも知れません。第二の可能性は、主要なアメリカの政府機関には、悪党化した部署があるかも知れないのが何故なら、少なくとも見返り(裏金)として、500億ユーロを得る(奪う)事を求め、盗んだ構造(組織)を創造するに至ったためです。第三の可能性はこれが究極的に大規模な詐欺で、それは未だ行われて(成功して)いませんが、もしそれらが支払われないなら、一つ、または複数の政府に対して脅しを供給するために準備されました。これらの3つの可能性は、速やかに調査される必要があります。

In April and May 2009, the situation started with the alleged transfer of $5 trillion to HSBC in the United Kingdom. Seven days later, another $5 trillion came to HSBC and three weeks later another $5 trillion. A total of $15 trillion is alleged to have been passed into the hands of HSBC for onward transit to the Royal Bank of Scotland. We need to look to where this came from and the history of this money. I have been trying to sort out the sequence by which this money has been created and where it has come from for a long time.

2009年の4月と5月に、その状況は、英国における HSBC 銀行への、5兆ドル(500兆円)の移動と共に始まりました。7日後に、更に5兆ドルが HSBC に届き、そして3週間後に、更なる5兆ドルが送られました。合計15兆ドル(1500兆円)が、HSBC を介してスコットランド王立銀行へ送られました。私達は、このマネーが、何処から由来したのか、そしてこのマネーの歴史を調べる必要があります。私は、このマネーがどの様に創造され、何処から由来したのかの一連を、長い間調べようと試みて来ました。

It starts off apparently as the property of Yohannes Riyadi, who has some claims to be considered the richest man in the world. He would be if all the money that was owed to him was paid but I have seen some accounts of his showing that he owns $36 trillion in a bank. It is a ridiculous sum of money. However, $36 trillion would be consistent with the dynasty from which he comes and the fact that it had been effectively the emperors of Indo-China in times gone by. A lot of that money has been taken away from him, with his consent, by the American Treasury over the years for the specific purpose of helping to support the dollar.

それは、世界一の大金持ちとして考えられると言う幾つかの主張を持つ、ヨハネス・リヤディーの所有物として、明らかに始まります。もしそのマネーの全てが彼の物なら、彼は世界一の富豪に成るでしょうが、私は彼が銀行に、36兆ドル(3600兆円)を有していると言う口座明細を確認しました。それは馬鹿馬鹿しい程の量のマネーです。しかしながら、36兆ドルは、彼が由来する王朝に伴っては相応しく、そして実際にそれは元々、インドシナの皇帝の家系だったためです。ドルを補佐する特定の目的のために、長年に渡り米財務省により、彼の同意と共に、彼から大量のマネーが取り上げられました。

Mr Riyadi has sent me a remarkable document dated February 2006 in which the American Government have called him to a meeting with the Federal Reserve Bank of New York, which is neither the Federal Reserve nor a bank. It is a bit like “Celebrity Big Brother”. It has three names to describe it and none of them is true. This astonishing document purports to have been a meeting, which was witnessed by Mr Alan Greenspan, who signed for the Federal Reserve Bank of New York of which he was chairman, as well as chairman of the real Federal Reserve in Washington. It is signed by Mr Timothy Geithner as a witness on behalf of the International Monetary Fund. The IMF sent two witnesses, the other being Mr Yusuke Horiguchi. These gentlemen have signed as witnesses to the effect that this deal is a proper deal. There are a lot of other signatures on the document. I do not have a photocopy; I have an original version of the contract.

リヤディ氏は私に、2006年2月付けの驚くべき資料を送り、その中で米国政府は、連邦準備でも銀行でも無い、ニュー・ヨークの連邦準備銀行との打ち合わせに招待しました。それは表現するために3つの名前(連邦-準備-銀行)を有しますが、いずれも真実ではありません。その打ち合わせにあったとされるこの驚きの書類は、ワシントン(DC)の本当の連邦準備銀行の総裁であると同時に、ニュー・ヨーク連銀の総裁として署名した、アラン・グリーンスパンによって証人されています。それは IMFを代理して、ティモシー・ガイトナー氏によって署名されています。IMF は2人の証人を送り込み、もう一人はユースケ・ホリグチ氏でした。これらの紳士達は、この取引が正当な取引であるとして、証人の署名をしています。その書類の上にはその他の多くの署名があります。私はコピーを持っているのではなく;私はその契約書の原稿を持ています。

Under the contract, the American Treasury has apparently got the Federal Reserve Bank of New York to offer to buy out the bonds issued to Mr Riyadi to replace the cash which has been taken from him over the previous 10 years. It is giving him $500 million as a cash payment to buy out worthless bonds. That is all in the agreement and it is very remarkable. Establishing whether I have a correct piece of paper is just two phone calls away-one to Mr Geithner and one to Mr Greenspan, both of whom still prosper and live. They could easily confirm whether they signed it. Mr Riyadi, by passing these bonds over, has also put at the disposal of the US Treasury the entire asset backing which he was alleged to have for the $15 trillion. I have a letter from the Bank of Indonesia which says that the whole thing was a pack of lies. He did not have the 750,000 tonnes of gold which was supposed to be backing it; he had only 700 tonnes. This is a piece of complete fabrication.

その契約の下、アメリカの財務省は明らかに、過去10年以上に渡り、リヤディー氏の現金との入れ替わりのために彼に対して発行された(米)国債を買い取る申し入れをニュー・ヨーク連銀にさせました。無価値の国債を買い取るためにそれ(契約書)は彼に5億ドル(500億円)を与えています。その全ては、その同意の中にあり、そしてそれはとても驚きです。私が正式な紙の一切れを持っているかどうかを確かめるためには、両者が未だに健在で生きておられるので、ガイトナー氏とグリーンスパン氏への2本の電話だけで十分です。彼等はそれに署名したかどうか、簡単に確認出来るでしょう。リヤディー氏は、それらの国債を手渡す(売る)事によって、15兆ドルのために彼が後ろ盾たと主張する資産全体を、米国財務省の処分の対象にしました。その事の全体が、嘘の塊であると言う、インドネシア銀行からの手紙を、私は持っています。それを後ろ盾ていると主張された750,000トンのゴールドを彼は所有しておらず;彼は700トンしか持っていませんでした。これは完全なでっち上げです。

Finally, I have a letter from Mr Riyadi himself, who tells me that he was put up to do this, that none of it is true, and that he has been robbed of all his money. I am quite prepared to recognise that one of the possibilities is that Mr Riyadi is himself putting this together as a forgery in order to try to win some recovery. But it gets more complicated than that because each of the $5 trillion payments that came in has been acknowledged and receipted by senior executives at HSBC and again receipted by senior executives at the Royal Bank of Scotland. I have a set of receipts for all of this money. Why would any bank want to file $5 trillion-worth-$15 trillion in total-of receipts if the money did not exist? The money was first said to have come from the Riyadi account to the Federal Reserve Bank of New York and from there it was passed to JP MorganChase in New York for onward transit to London. The means of sending it was a SWIFT note which, if it was genuine, ought to have been registered with the Bank of England.

最後に、私は、リヤディー氏自身からの手紙を持っていて、彼はこのために利用され、その全ては真実では無く、彼は、彼のお金の全てを盗まれたと、私に訴えています。リヤディー氏自身が、幾らかの取り戻しを試みるために、詐欺としてこれを一つにまとめているかも知れないと言う事は、私は一つの可能性であると受け入れる準備が出来ています。ですがそれが更に複雑に成るのは、送られて来たそれぞれの5兆ドルの支払いが、HSBC と、そして再びスコットランド王立銀行の代表取締役達によって認識され、レシートが書かれたためです。私は、このマネーの全てのためのレシートの1セットを持っています。もしそのマネーが存在していないなら、5兆ドル - 合計15兆ドルの - レシートを書類化したい銀行などあるでしょうか?そのマネーは、元々リヤディー氏からニュー・ヨークの連邦準備銀行に届き、其処からニュー・ヨークのJ.P. モーガン・チェイス銀行を介して、ロンドンへと送金されたと言われます。それを送金した方法は SWIFT の紙幣(note)で、もしそれが正真正銘なら、イングランド銀行に伴って登録されてなければなりません。

When this came about, I took it to my noble friend Lord Strathclyde and asked what we should do with it. He said, “Give it to Lord Sassoon. He is the Treasury”. So I did, and my noble friend Lord Sassoon looked at it and said immediately, “This is rubbish. It is far too much money. It would stick out like a sore thumb and you cannot see it in the Royal Bank of Scotland accounts”. He went on to say, “The gold backing it is ridiculous. Only 1,507 tonnes of gold has been mined in the history of the world, so you cannot have 750,000 tonnes”. That is true. The third thing he said was, “It is a scam”, and I agree with him. The problem is that at that point we stopped looking, but we should have asked what the scam was instead of just nodding it off.

これが出現した時に、私はそれを、私の高貴な友人、ストラスクライド卿の処へ持って行き、私達はどうするべきかを尋ねました。彼は、「サスーン卿が財務長官なので、彼の処に持って行きなさい」と言いました。ですから私はその様にして、そして私の高貴な友人、サスーン卿はそれを一目見て、「これはゴミです。そのマネーは多過ぎます。それは腫れた親指の様に目立ち過ぎて、スコットランド王立銀行の口座において、あなたはそれを見つける事は出来ないでしょう。」と言いました。彼は更に、「それを後ろ盾してるゴールドなど、馬鹿馬鹿しい限りです。世界の歴史において、たった1,507トンのゴールドしか採掘されていないので、750,000トンを有するのは不可能です。」と述べました。それはもっともです。彼が言った3つ目の事は、「それは詐欺です」で、私は彼と共に同意します。問題は、私達がこの時点において調査を止めた事で、眠りに落ちる代わりに私達は、その詐欺が何であったのかを尋ねるべきだったと言う事です。

We have never resolved it. Today, I have this quite frightening piece of paper, which is my justification for bringing it into this meeting. It is available on the internet and I am astonished that it has not already been unearthed by the Treasury because every alarm bell in the land should be ringing if it has. It is from the general audit office of the Federal Reserve in Washington-the real Federal Reserve-and its audit review to the end of July 2010 on the Federal Reserve Bank of New York. It has on it some 20 banks listed to which $16.115 trillion is outstanding in loans. That is the sore thumb that was being looked for by my noble friend Lord Sassoon. But more particularly there are two other interesting things. The first is that Barclays Bank has $868 billion of loan, and the Royal Bank of Scotland has $541 billion, in which case one has to ask a question, because they could have earned back in three weeks their entire indebtedness and could pay off the taxpayers of Britain. Why have they not done so and could we please ask them to put a cheque in the post tonight for the whole $46 billion?

私達はそれを全く解決しませんでした。今日、私はこのとても恐ろしい紙の一切れを持ってきましたが、それはこの国会へとそれをもたらすための、私の正当化です。それは、インターネット上で確認可能で、そして私が財務省が既にそれを見つけ出していない事に驚かされるのは、もしそれが見つけていたなら、この国における全ての警戒のベルが鳴らされていたはずであるためです。それは - 本当の連銀である - ワシントンの連銀の会計審査の部署のもので、それは、2010年7月の終わりまでの、ニュー・ヨーク連銀についての審査の再検証です。その上には、貸し出しにおいて返済されていない16兆1150億ドル(1611兆5000億円)に対してリストに上げられている、約20行の銀行があります。これは、私の高貴な友人、サスーン卿によって指摘された、腫れた親指です。ですが特に、もう2つの興味深い物事があります。その最初は、バークリー銀行は、貸り入れにおいて8680億ドル(86兆8000億円)有しており、スコットランド王立銀行は5410億ドル(54兆1000億円)有していますが、この場合、人が尋ねなければならない問いがあるのは、何故なら、それらが3週間の内にそれらの借金の全部を返済し、そして英国の納税者達に、支払返せたためです。それらは何故、そうしていないのか、そして私達はそれらに対して、今夜中に460億ドルの全部を小切手にして送り返す事をお願い出来るでしょうか?

The next thing that is wrong with it is that every bank on this list, without exception, is an MTN-registered bank, which means that they are registered to use medium-term notes to move funds between themselves with an agreed profit-share formula, in which case these banks are investing this money and, most extraordinarily, not a penny of interest does the Federal Bank of New York want paid on that vast amount, $16 trillion. Anyone who knows what the IMF rules are will immediately smell a rat. The IMF has very strict rules for validating dodgy money. There are two ways of doing it. You either pass it through a major central bank like the Bank of England, which apparently refused to touch this, or you put it through an MTN-trading bank, which is then able to use the funds on the overnight European MTN trading market where they can earn between 1 per cent and 2.5 per cent profit per night. The compound interest on that sum is huge. If it is genuine, a vast profit is being made on this money somewhere.

それについて次におかしい事は、このリストの上の銀行は、例外無く、MTN に登録された銀行であり、それが意味するのは、同意された利益共有のフォーミュラと共に、それらの間で資金を移動するために、中期的な紙幣(notes)を使用する様に登録されていると言う事で、その場合においてそれらの銀行はこのマネーを投資していて、そして最も驚愕なのは、その膨大な額、16兆ドルに対して、ニュー・ヨーク連銀が、金利を1ペニーも支払っていない事です。IMF のルールが何であるかを知っている人は直ぐに腐った臭いを嗅ぎつけるでしょう。IMF は、怪しいマネーを評価するためのとても厳しいルールを持っています。それを行うためには、2つの方法があります。あなたは、明らかにこれ(マネー)に触れる事を拒んだ、イングランド銀行の様な主要な中央銀行を通してそれを送金するか、またはあなたは、MTN の取引している銀行を通してそれを送金し、その後それ(銀行)は、ヨーロッパのMTN の夜間の取引市場の上でその資金を運営し、其処でそれらは毎晩1%から2.5%の利益を上げるかのどちらかです。その金額に対する複利は膨大です。もしそれが正真正銘なら、何処かでこのマネーに対して膨大な利益が上げられていると言う事です。

I believe that this is now such an important issue that I have put everything that I have got on the subject on to a 104-megabyte memory thumb. I want the Government to take it all, put it to some suitable investigative bureau and find out the truth of what is going on here, because something is very seriously wrong. Either we have a huge amount of tax uncollected on profits made or we have a vast amount of money festering away in the European banking system which is not real money, in which case we need to take it back. I ask for an investigation and for noble Lords to support my plea.

これは現在、とてつもなく重大な問題であると私は信じるので、私は、私がこの題材に関して有している全てを、104メガバイトの USB メモリーに保存しました。私は政府がその全てを取り扱い、何らかの相応しい調査機関にそれを渡し、そして此処において何が行われているかの真実を見つけ出す事を私が望むのは、何故なら何かが深刻におかしいためです。私達は、その利益に対して取られていない膨大な額の税金を有しているか、または私達は、本当のお金では無いものが、ヨーロッパの銀行業において、腐っている膨大な額のマネーがあるかのどちらかで、その場合、私達はそれを取り戻す必要があります。私は調査を行う事を求め、そして高貴な友人達が私の願い出を補佐する事を求めます。

クロンダールのリア卿: 我が貴族議員様達、私は、尊敬されるべき貴族議員、ブラックヒース卿の述べた全てを信じる事にとても満足です。私は、もし、尊敬されるべき貴族議員、ラノックのペアソン卿が、どの様にしてこの全てが、ブリュッセル(ベルギー/EU 本部)による陰謀であると説明出来ないなら、とてもがっかりさせられるでしょう。大臣は、もしあなたが、世界全体を買い占めたいなら、あなたは数京(ドル/ポンド)必要であると認めますか?それが最新の数字です。

この議論は、12月9日に起こった事が、何らかの謎であると言う仮定と共に始まりました。それは謎のままです。尊敬されるべき貴族議員、カー議員によって提示された問い、何故、私達は、その運命に満ちた夜に立ち去ったのかに対する答えとして、それ以外に提供された説明が無いので、私が唯一推測出来るのは、夜の間にデーヴィッド・キャメロン(首相)の電話がルーパート・マードックによって盗聴されていたと言う事です。その夜の出来事は、日刊テレグラフ紙と日刊メイル紙を含む翌日の新聞に、とても便利なブルドッグの見出しを供給しました。1922年の委員会の会長によって引用された、その問われていたブルドッグは、勿論、ウィンストン・チャーチルでした。そのブルドッグの背景に対して、彼はそれを1930年代の後期に記述しましたが、1956年に成って、やっと出版された、チャーチルの英語を話す人達の歴史の第3巻から引用するのが相応しいでしょう。彼はこう記述しました:

「ですが、トーリー(保守党)は此処で、(ヨーロッパ)大陸的な介入に対して、乱暴な反応の彼等のムードの中にありました。」

これは、私達が今いる状況です。⁵

d. Analysis of Lord Blackheath’s Remarks of Feb 16, 2012
83
d. 2012年2月16日のブラックヒース卿の発言の分析 83

それらの発言は、此処において実証される様に、更にもっと重要性を共にしてはらんでいます:

1)ブラックヒース卿は、彼が2年間調べていたその逸話全体を「悪さ」と明言する事によって、彼の発言を始め、そして彼は(上述に引用された1の点を参照)以前よりも解決に全く近づけていなかったと言うのは重要な認識で、2010年11月1日の貴族院における彼の発言が、ブラックヒース卿は、英国の王立の財務省とイングランド銀行内の両方の連絡先に電話する事が出来た事を明かしたためです。私達が以前に目撃した様に、イングランド銀行の対応は、その問題を不透明にする事で、そしてブラックヒース卿を王立の財務省へと戻す事で、それ(財務省)は単純にそれを馬鹿馬鹿しい(ゴミだ)と言い、財団 X によって成された主張を後ろ楯するために、世界には十分なゴールドが存在していないので、その様なゴールドに後ろ楯されたと言う主張は単純に、事実では無いと、単純に明言しました。私達が目撃する様に、世界において存在するゴールドの量について、大規模な不透明性がある様に現れ;

2)それらの認識が明言された上で、ブラックヒース卿は、彼の2年間に渡る調査に全く成果が無かった事を明かし、「善悪を知っているべきである主要な政府」によって、大規模なマネーの洗濯があった事を最初に明言するためです(上述の引用の2の点)。私達は、再び足を止め、その示唆する事を考えてみましょう。私達は、此処において検証されたブラックヒース卿の発言の両方のセットが成された時までに、明らかに台頭していた無記名債スキャンダルが、以下の上に基づいていた事を見ました

a)ゴールドに後ろ楯された無記名債で、

b)それらは、とても高い質で、殆ど本物から見分けがつかない程で、

c)米国の役人達は、その様な金額(5億ドルと10億ドル)の債券は、特にそれらの無記名債の殆どが日付けされた1934年において、今まで一度も発行されていないと否定し;

d)その債券は、しかしながら、米国政府によって発行されたのでは全く無く、米国の個人的に所有された中央銀行連邦準備銀行によって発行されたものでした。

_____
⁵ ブラックヒースのデーヴィッド・バーロン・ジェームズ、http://www.publications.parliament.uk
/pa/ld201212/ldhansrd/text/120216-0002.htm#column_1016 ファレル博士に加えられた強調。

彼の調査において、ブラックヒース卿によって必然的に発見されたであろう、利用可能な情報の全てのコンテキストの中で、彼の発言は米国と、その中央銀行を示唆していると理解される事を意味していると、私達は結論し;そしてイングランド銀行に対して成された質問の中で彼が以前に出くわしたこの問題を与えられると、イングランド銀行は、ある段階までは、このアメリカのマネーの洗濯について知っていたと示唆する様に現れます。此処で私達は最後の点に着目しましょう:ブラックヒース卿と無記名債スキャンダルの両方が、大量のマネーを含みました。その問いは此処で:その無記名債スキャンダルが示唆する、その膨大な工業規模の偽造と、そしてマネーの洗濯の間の関係は何か?に成ると言う事です。既に与えられた手掛かりは、その「ゴールド」が幾つかのコンテキストにおいては、ブリオン(延べ棒)を意味せず、麻薬だと言う事です。結果的に、人は部分的に、麻薬によって後ろ楯された無記名債を見ているのかも知れません。

3)ブラックヒース卿はその後、彼が「悪さ」と言及した「善悪を知っているべき政府」による、膨大なマネーの洗濯を含むものが、スコットランド王立銀行の誠実さを脅かし(上述の引用の3の点を参照して下さい。スコットランド王立銀行は、英国の王家が主要な大株主とされる銀行で、そして故に、スコットランド王立銀行に対する攻撃は、英国王室に対する攻撃である事に着目して下さい)、そして故に、私達はイングランド銀行が、この隠された金融的なシステムについて知っていた様に現れると示唆しましたが、それはまた、この構造(イングランド銀行/中央銀行)の構造内の一つの要素、または派閥が(スコットランド王立銀行を通して)、もう一つの部分を攻撃している様に現れ;

4)ブラックヒース卿の発言の題材が、米国であると言う事は、その状況の上の、文字通りにメガトン級の主要で金融的な爆弾の落下であると言う発言によって確認されます。此処で再び彼の発言の一言、一言を引用する事が最善でしょう:「2番目の可能性は、主要なアメリカの省庁のある機関(CIA/ナチス)が悪党化し、少なくとも支払い(恐喝)として(500億ユーロを)求める構造を創造するに至りました」「主要なアメリカの省庁が、悪徳化した機関を持っている」と言う表現に着目して下さい。これは彼が、危険な領域の中にいると知っている人の、慎重で意図的に暗号化された言語です。「省庁」が明らかに、それがアメリカの口語において、連邦政府の官僚達が言及される方法なので、政府の省庁が示唆されている事に着目して下さい。彼はその後、この省庁が、「悪党化」した機関(CIA/ナチス)を持っていると述べます。

この明言を分析するためには2つの基本的な方法があります。一つ目は、ブラックヒース卿の発言が、金融的な問題に拘わっていて、そしてそれらの中に探知される金融的な扱いのパターンが、実質的に無記名債スキャンダルと同じで、i.e. ゴールドに後ろ楯された、膨大な金額のマネーなので、中央銀行の拘わりと、そしてその様な債券は存在しないと言う政府的な機関による否定で - すると、私達が推理しなければならないのは、ブラックヒース卿が意味するのが米国の財務省で、そしてその「機関」とは、連邦準備銀行であると言う事で(それは実際に、特定の大まかな方法で、財務省の一つの機関として理解される事も出来ますが、それは完全に別々のもので、個人企業です)、または、更にもっと典型的な感覚で、米国連邦造幣局の可能性もあります。連邦準備銀行が、此処において明らかで論理的な対象者なのは、無記名債スキャンダルは - 特にスペインとイタリアの場合 - 明らかに、連邦準備銀行の「偽造された」債券を含んだためです。ブラックヒース卿の発言は故にその一部においてそれらのスキャンダルの彼自身の個人的な調査の上に基づいていて、そしてそうであるなら、彼は奇抜な結論に行きつき:米国政府の何らかの機関、または米国政府に関係した組織が悪党化し、そして金融的な詐欺の膨大なシステムを準備していて、そしてその機関が連邦準備銀行自体かも知れないと言う事でした。ブラックヒース卿がそれらの発言を、(麻薬)マネーの洗濯を述べる事によって始めた事に着目するのは重要です。

しかしながら、ブラックヒース卿の発言を解釈する、もう一つの可能な方法があります。以前のページの中で私は、偽造された債券がどれだけ馬鹿馬鹿しく見えようとも、人は、存在していないものを偽造しないと主張しました(例えば、10億ドルのケネディー国債です)。故に、私がまた主張したのは、その様な偽造を発行している何者かは、その場合の本質によって、内通者の情報を持っていたと言う事でした。この情報は必然的に、官僚的な権力の上部から由来していなければならないはずで、そして恐らく諜報工作の機関から由来するはずで、そして故に、ブラックヒース卿の言葉の選択は、最もよく知られた顔:中央諜報工作機関(CIA)を通したアメリカの諜報工作の機関を示唆しているのかも知れません。この見解の上で、ブラックヒース卿の発言は、隠された金融の膨大なシステムが存在し、その土台はある意味、または度合いにおいて詐欺的で、そしてアメリカの諜報工作の機関の中には離脱し、悪党化した何らかの要素が存在し、此処において仮説化されて論議された、隠された金融的なシステムに、密接に拘わっていると意味するように受け取られる事も出来ます。

そして最後に、両方の解釈が事実であると言う可能性があり、つまり、連邦準備銀行と米国財務省の両方の繋がり、そして米国の諜報工作機関のコミュニティ―の中の何らかの要素が、離脱し、悪党化し、そして今、台頭している様に現れる金融の隠されたシステムに親密に関係していると言う事です。それは、第三章と第四章の中で提案される様に、この最後の可能性は、実際に、ブラックヒース卿の発言だけでなく、この金融システムの背後の組織の実際の構造について、最も可能性の高い解釈に成り;

5)ブラックヒース卿が、2012年2月16日に彼の発言の中で述べた事の解釈の次の可能性は、「一つ、または複数の政府に対して、それらに支払いを要求する」脅迫として行われた「異常に大規模な詐欺」で(上述の引用の5の点)、私達がこれから見る様に、既に列挙された可能性から無関連にされる必要のない可能性です。つまり、私達は、以下を目撃しているのかも知れないと言う事で

a) 金融の膨大で隠されたシステムの背後の、米国の中の悪党化した機関で、様々な中央銀行には、少なくともその知識がある、またはそれにおいて共謀していて、そしてこのグループは様々な政府に対して圧力を試みていて - その示唆によって英国に対して - その問題を秘密に保つために、口止め料を要求していた;または、

b) その悪党化したグループは、詐欺に基づいた、金融の膨大なシステムを行っていて、そしてその悪党化したグループの外側何者かがそれについて知っていて、関係している全ての関係者達に、口止め料を要求していたと言う事です。これ等の2つの可能性 - 政府を脅迫している、悪党化し、離脱している米国のグループ、またはそのシステムについて知っていて、それを秘密裡の経済的な戦争と脅迫の形状において利用している、もう一つのプレーヤー、または派閥で、それを体現するのは誰なのか、そしてそれは何のためなのか、この金融の隠されたシステムを概要するために、残りの章の中で私達が進む際に、頭の中に入れておきましょう;

6)ブラックヒース卿はその後、ロンドンに本部を構え世界規模の存在感を持つ、とても大きな英国の銀行であり、株式会社であるHSBC への、それぞれが$5,000,000,000,000(5兆ドル/500兆円)の金額の送金を述べました(上述の引用の6の点)。この銀行は1991年に、香港と上海の銀行コーポレーションによって設立され(故にHSBC の頭文字です)、そして約1,000億スターリング(英国)ポンドの資金を有しています。この銀行は故に、私達に更にもう一つのアジアへの結びつきを与え、その結びつきは、私達が思い出せば、ヴァチカンに関係したニュース・サービス(!)である、アジア・ニュース・サービスが、日本の無記名債のニュースを明かした時に、最初に出くわし;

7)そのアジアとの関連は、ブラックヒース卿が、膨大なブリオン(延べ棒)の富を持つとされる、太古のインド-チャイナ(インドシナ)の王朝の代表であるとされた、ヨハネス・リヤディの名前を口にした時に再び強調され(上述の引用の7と8の点);

8)リヤディは、その拘わりを証明する、(米)連邦準備銀行のニュー・ヨーク支店からの書類を持っていると主張しました。その書類は、(連邦準備銀行システムの元会長)アラン・グリーンスパン氏と、(第一次オバマ政権の間の米国財務省長官)ティモシー・ガイトナーによって署名されました。そして注目すべきは、ブラックヒース卿が、この書類は更に2人の証人達によって署名されている事を強調し、その一人はホリグチ・ユースケ氏で、更にもう一人の明らかな日本人で、再びアジアとの結びつきです(上述の引用の8の点)。そのパターンの一貫性に再び着目して下さい:連邦準備銀行と、そしてアジア(日本)との関連性で;

9)この書類の内容は、リヤディ氏に対して発行された債券を、ニュー・ヨークの連邦準備銀行が買い戻す同意の様に現れます。此処で注目してもらいたいのは、ブラックヒース卿が、こう明言する事です:「それ(ニュー・ヨークの連邦準備銀行)が、価値の無い債券を買い戻すために、彼に5億ドルの現金の支払いを与えていると言う事です。」(上述の引用の9の点を参照)。それらの債券が「無価値」であると述べた事が、無記名債スキャンダルに対するとても強い関係を示唆するのは、それらの債券が、偽造であると明言されたので、実際に「無価値」であったためです。ですから何故、再び此処で、もしそれらが本当の本物、または少なくとも、その悪党化した要素が知られて欲しく無い、本物の何かを体現しないなら、、価値の無い債券を実際に買い戻す申し入れをしたのでしょう?⁶

10)ブラックヒース卿は再び、リヤディの主張の合計の全体が、ゴールドに後ろ楯されていると主張し - 再びアジアです!が - インドネシア銀行は、リヤディが750,000トンのゴルードを所有しているなら、その量が、ゴールドの存在のあらゆる現存しているゴールドの公式な報告の2倍の量を超えている事を意味するので、「それ全体が全くの嘘」であるとします(上述の引用の10の点)。再び、人が出くわすのは、何が起こっているのであれ、ゴールドの後ろ楯への主張で、そして再び、人が出くわすのは - 私達が無記名債スキャンダルにおいて既に出会った - 後ろ楯によって示唆されたゴールドの量と、公式に存在していると言われるゴールドの量の間の矛盾です。例えば、ブラックヒース卿が、サスーン卿によって与えられた一つの数字と、ヴァチカン銀行から明らかに得た、もう一つの数字を述べた事を思い出して下さい!

この「ゴールドの小さな問題」は、ブラックヒース卿が、サスーン卿が彼に、今までの世界の歴史において採掘されたゴールドは1,507トンしか存在しないと教えた時(上述の引用の12の点)、ブラックヒース卿の貴族院における発言の最後の方に向かって再び表面化します。私達はもう直ぐ、もう一つの頼りに成る公式な情報源から、全く異なった数字の報告を得るので、これを頭の中に入れておきましょう。現時点において、ブラックヒース卿はサスーン卿が、その事の全体が詐欺であると結論し、そして彼、ブラックヒース卿も、その結論に同意したと明言します。

_____
⁶ 米国政府と連邦準備銀行によって昇進された「公式の」説明と、無記名債の謎を調べた様々な独立的な研究者達によって示唆された可能性は、それらの偽の道具(債券)が、銀行からのクレジット(信用貸し)の正当な文字(書類)を得るために使用されたと言う事でした。この可能性は、仮説として、第三章と第四章の中に現された事実を考えた時に、劇的に減少するでしょう。

しかしながら、彼は、あらゆる調査を止める代わりに、彼等はその詐欺が実際に何を体現していたのかを見つけ出すべきだったと述べます。

11)この全ての後に、その後、ブラックヒース卿は、リアディが「これを行わされた(利用された)」事を明かし、隠れたプレーヤー達がいた事を明かしましたが(上述の引用の11の点);「ですが・・・

12)「・・・それは更にもっと複雑に成り「何故なら正に、5兆ドルの送金が3度、香港上海銀行コーポレーション(HSBC)と、スコットランド王立銀行の執行部によって認識されたためです!(引用の12の点を参照)。言い換えると、HSBC とスコットランド王立銀行が考える限り、そのマネーは本物で、そして送金/預金が成されたと言う事です。故に、もしブラックヒース卿が上述の10の点で述べた様に、その事の全体が詐欺であるなら、とても大規模な銀行が騙された、またはその詐欺に加担していたかのどちらかでした;

13)それが詐欺では無いかも知れないと言う事は、しかしながら、HSBC とスコットランド王立銀行に預金されたのと殆ど同じ量の16兆1150億ドル(1611兆5000億円)のローン(借り入れ)を明記する(米)連邦準備銀行の監査の書類を引用したブラックヒース卿によって示唆され(上述の引用の13の点);

14)この16兆1150億ドルの一部を受け取った、連邦準備銀行の監査のリストの上に載っていたそれぞれの銀行は、MTN の銀行で、つまり、それらに対して発行された紙幣を、中期間に取引する事が許可された銀行でした。再び、ブラックヒース卿の発言を慎重に着目して下さい:「IMF(国債金融ファンド)のルールを知っている人なら直ぐにネズミ(犯罪者)を嗅ぎ分けます。」何故でしょう?何故なら、彼が指摘する様に、あらゆるその様な取引は、「これに触れる事を明らかに拒んだ、イングランド銀行の様な」中央銀行、またはそれは、MTN の銀行を通らなければならないためで(上述の引用の14の点);

15)最後に、彼の発言の終わりに向かい、ブラックヒース卿は2つの一般的な示唆を口にします(15の点を参照):

a) 世界の金融システムにおいて、莫大な利益が造られている、膨大な金額のマネーが存在しているか、または、

b) 「本物では無い」莫大な金額のマネーが、世界の金融のシステムにおいて存在しているかのどちらかです。

2012年2月16日の、(英国)貴族院におけるブラックヒース卿の発言の直後に、彼もまた、何らかの詐欺の被害者に成ったと示唆する、インターネット上の記事が現れたと着目するには価値があります。その記事、「ブラックヒース卿が、歴史的な金融詐欺の可能性を暴露する」は、2012年2月19日に、キーラン・ボールダーソンによって投稿されました。それは、リヤディ氏に関する(米)連邦準備銀行システムの警告を引用する事によって始まりました:

「連邦準備銀行は、ヨハネス・リヤディ、そして/またはウィルフリード・サウリンの名前を使った個人達、またはそれらの2人の男達を代理していると主張する人達を含んだ、詐欺的な策略に気付いています。この詐欺の典型的なヴァージョンにおいて、リヤディ氏、そして/または彼の代理が、リヤディ氏に対して発行された、数十億ドルに相当する幾つもの米国債を、ニュー・ヨークの連邦準備銀行支店の預金として所有していると、彼等は偽って主張します。

「この詐欺的な金額の書類を、クレジット(信用貸し)、または資産に基づいた金融のその他の種(ローン)の担保として提供されたので、世界中の何人ものブローカー(仲介取引業)や金融的な機関から、ニュー・ヨークの連邦準備銀行は、その証明のために連絡を受けました。その詐欺的な計画は、ベン・バーナンキ会長を含む様々な連邦準備銀行の役人達の署名のある複数の書類が含まれるとされました。

「幾つかの例においては、この詐欺的な計画に拘わった個人達が、連邦準備銀行の役人達に会い、主張された口座が存在すると確認したと主張されました。私達がまた学んだのは、その詐欺が、紹介しているブローカーによる特定の書類の購入を含んでいるかも知れないと言う事でした。

「もしこの詐欺に関する情報をあなたが持っているなら、ニュー・ヨーク連邦準備銀行の特別捜査員、ロバート・アメンタ、または国家安全保障、移民と関税強化局の、シニア特別捜査官、エリック・ローゼンブラットに連絡して下さい。」⁷

この警告に拘わらず、思い出されるのは、ブラックヒースが詐欺の拘わりを否定するのでは無く、むしろ、米国政府の機関に明らかに指を指し、そして更に加えて、それら(米国政府)の中に詐欺を行っている「悪党化した要素」が存在する事を示していて、そしてその詐欺が、世界の金融的なシステムに入り込んだ事を指摘していた事です。この可能性をボールダーソンは、その記事の中で認めます:

「明らかに、膨大な規模の詐欺が、此処において行われています。そのゴールドは明らかに存在せず、その債券は故に明らかに本物ではありません。これを完全なでっち上げであるとするのは簡単でしょう。しかしながら、ブラックヒースによると、合計15兆ドル(1500兆円)に相当する5兆ドルの送金が実際に HSBC と RBS (ロイアル・バンク・オブ・スコットランド)の帳簿の上に現れました!」

_____
⁷ キーラン・ボールダーソン、「ブラックヒース卿が、膨大な金融的な詐欺の可能性を暴露する」、2012年2月19日、http://wideshut.co.uk/lord-blackheath-exposespossible-monumental-financial-fraud/

『もしそのマネーが存在しないなら、何故、銀行が15兆ドルに合計する、5兆ドルのレシートに署名したのでしょう?』と、彼は、彼の同僚の議員達に尋ねました。」⁸

その記事は、とても正確に、ブラックヒース卿の書類はいずれも確認されておらず、利用可能にされてさえもいないと記述しました。

しかしながら、この件において私が大胆に提案するのは、重要なのはその書類では無く、台頭したパターンで、膨大な金額を含むマネーを含むパターンで、米国政府によると、決して存在した事の無い金額の債券で、それらの債券は、更に加えて、此処までに検証されたスキャンダルによると、米国の財務省によって発行されたものでは全く無く、むしろ連邦準備銀行によって直接発行されており、そしてゴールドに後ろ楯されていました。加えて、ブラックヒース卿が指摘したのは、HSBC 銀行、IMF の日本人代表、そして謎めいたリヤディ氏自身を通したアジアとの関係でした。そして最後の詳細の一つとしてブラックヒース卿はまた、私達がスペインの無記名債スキャンダルにおいて目撃した様に、その詐欺において少なくとも示唆された、J.P. モーガン・チェイス(銀行)の拘わりでした。ですが、現時点において、私達はブラックヒース卿の発言のもう一つの構成要素:ゴールドの量の不一致を検証しなければなりません。

e. The Gold Discrepancy: The House of Lords, Der Spiegel
Magazine in Germany, and Dr. Hjalmar Schacht 91
e. ゴールドの不一致: 上院議会、ドイツのダー・スピーゲル誌
そしてハジャルマー・シャクト博士 91

(英国)貴族院(上院議会)に対するブラックヒース卿の発言の中の数多くの詳細な主張の中にあったのは、思い出されるでしょうが、王立財務省の彼の友人、サスーン卿から、彼が引用した数字で、つまり、現存しているゴールドは、たった1,507トンしか無いと言う事でした。その後、思い出されるでしょうが、ブラックヒース卿はリヤディ氏の主張に関して調べるために、インドネシア中央銀行に相談し、そしてそれ(インドネシア中央銀行)は、手元には700トンのゴールド(現物)しか無いと明言しました(それは、ブラックヒース卿の発言において言及された、サスーン卿によって述べられた数字によると、インドネシア中央銀行を、世界のブリオン(延べ棒)供給の、ほぼ50%の所有者にしました!)。

此処において、読者が頭に入れておくべき、重要なコンテキスト(文脈)があります。

無記名債スキャンダルが「発生し」、そしてその後、様々なメディアによって「無視され」、そしてブラックヒース卿が2010年から2012年にかけて、貴族院において発言していた際に、もう一つの現象が起こっていました:

_____
⁸ ケイリーン・ボールダーソン、「ブラックヒース卿が膨大な金融的詐欺を暴露する」、2012年2月19日、http://wideshut.co.uk/lord-blackheath-exposespossible-monumental-financial-fraud/

幾つもの国々が - その金庫の中に殆どの国々のゴールドの準備金(現物/延べ棒)を保管していると主張する中央銀行である - ニュー・ヨークの連邦準備銀行(支店)に対して、彼等のゴールドの準備金(延べ棒)を、彼等の国々へ、物理的に本国に送り戻す事を静かに要求し始めました。ヴェネズエラのヒューゴ・チャベスが最初でしたが、とても直ぐに、その準備金の完全な監査を要求したドイツによって続かれました。

ですが再び、その逸話は、その様な単純なまとめが示唆するよりも、もっと泥臭いものでした:

「ドイツは、約3,400トン弱のゴールドの準備金(延べ棒)を有し、それは米国に続いて世界第二位の準備金です。その殆どはドイツ国外の中央銀行の金庫に保管されており、特に、米国のニュー・ヨーク連邦準備銀行においてです。その様な貴重な資産、約1330億ユーロ(1700億ドル/17兆円)の行方に対してドイツ政府は、厳しい監視を保つと、人は考えるでしょう。ですが現在、異なったドイツの機関(制度)の間で、どれだけその準備金が厳しく監査されるべきか、奇妙な論争が起こっています。

「ドイツ政府の金融的な行いを監視する、ドイツの連邦的な監査の事務所、the Bundesrechnungshof は、ドイツの中央銀行である、ブンデシュ銀行が、そのゴールドの監視を保つ方法に不満足です。メディアの報道によると、その監査人達は、フランクフルトにおけるゴールドの準備金が、国外に保管されたものよりも、厳しく監視される方法に不満を表しました。

「ドイツ国内においてゴールドの延べ棒が、保管された場所にある事を確かめるために、定期的な監査が行われます。ですが、ブンデシュ銀行を代理して、米国のニュー・ヨーク連邦準備銀行、ロンドンのイングランド銀行、そしてフランスのバンク・デ・フランスに保管されたドイツのゴールドに関しては、そのドイツの中央銀行は、そのゴールドがあるべき場所にあると言う、その国外の相手の言葉に頼らなければなりません。それらの3つの国外の中央銀行は、ブンデシュ銀行に対して準備金の大きさを確認する明言を毎年行いますが、ドイツ人達は通常、それらの延べ棒の物理的な監査は行いません。

「疑いはありません。」

「ドイツのメディアの報道によると、the Bundesrechnungshof (監査機関)は現在、2011年のブンデシュ銀行の機密の年次監査において、ドイツの中央銀行が、その国外のゴールドの準備金を、毎年監査する事を薦めました。

「ですが、ブンデシュ銀行はその要求を拒否し、中央銀行は、通常、お互いの準備金を監査しないと主張しました。『the Bundesrechnungshof が要求する監査の規模は、中央銀行の間の通常の行いに一致しない』と、ブンデシュ銀行は、フランクファーター Allgemeine Zeitung 紙によって引用された明言の中で述べました。

「それらの国外の保管所の信用と評判について、疑う余地はありません。」⁹

再び、今では親しみのあるパターンに注目して下さい:

・米国連邦準備銀行の拘わりで、そして更に特定的に、ニュー・ヨークの連邦準備銀行で;

・情報公開を求める、政府(ドイツ)の公式な機関の拘わりで;

・(ライク銀行、またはもし人が好むなら、異なった名前の下で、昔の帝国銀行の後継者であるブンデシュ銀行と言う)個人企業の中央銀行です。

ブンデシュ銀行は、イングランド(中央)銀行と同様に、これが信用(創造)の侵害を示唆するので、物理的にそのゴールドの準備金を監査する事を、かたくなに拒む事によって、その対応をうやむやにしました。ですがそれは、物理的な監査のための要求によって正に体現されたものでした。各国が、その殆どがニュー・ヨーク連邦準備銀行にある、彼等のゴールドの準備金の監査を呼びかけ始めたのは、その理由が何であれ、それらの国々が疑いの原因を持ち始めた明らかな事実を、端的に指摘していました。

言い換えると、英国からドイツまでの、公式な機関(役所)と政府の高い地位の人達の振る舞いは、(ブラックヒース卿のはっきりとした明言の効果によって、または物理的な監査のための要求によって、それぞれの政府と中央銀行の間の信用関係が壊れている事、そして特に米国連邦準備銀行、そして更にもっと特定的に、ニュー・ヨークの連邦準備銀行に対する不信をシグナルしていました。そしてこの全ては、再び、当時、発生していた無記名債スキャンダルと同時で、そして故に、それらの出来事が関連していると言う事を強く示唆しました。

ニュー・ヨークの連邦準備銀行における、国家的な口座のゴールドの準備金についての疑いが発生したのが、歴史上初めてであると私達が考えない様に、私達は1920年代の後期の間の、あまり知られていない出来事を見直す必要があり、その当時、ライク(帝国)銀行の総裁、ハジャルマー・ホレイス・グリーリー・シャクト博士は、当時、ニュー・ヨークの連邦準備銀行の会長だった、彼の友人、ベンジャミン・ストロング・ジュニアの下に訪れ、そしてストロングによってその銀行の金庫の、個人的なツアー・ガイドを与えられました。以下は、彼の自伝からの、この訪問についてのシャクト自身の言葉です:

_____
⁹ 著者不明、「ドイツ人達は、彼等の国外のゴールドの準備金について心配する」、ダー・シュピーゲル誌、2012年5月15日、http://www.spiegel.de/international/germany/debatebreaks-out-in-germany-over-foreign-gold-reserves-a-833289.html

「ライク銀行が、ニュー・ヨークの連邦準備銀行に、少量では無いゴールドの準備金を預けていたと言う事実から、もう一つの面白い出来事が派生しました。ストロングは、その建物の最下層にある金庫を私達に見せる事が出来る事に誇りを持ち、そしてこう述べました:

「『さあ、シャクトさん、貴方は今、ライク銀行のゴールドが保管されている場所を見るでしょう。』

「担当者が、ライク銀行のゴールドの保管場所を探す間、私達はその金庫を通って行きました。私達は数分の間待ち、そしてその後、こう伝えられました:『ストロングさん、私達はライク銀行のゴールドを見つける事が出来ませんでした。』

ストロングは茫然とさせられましたが、私はこう言って、彼を落ち着かせました『気にする事はありません:貴方がゴールドは其処にあると言うなら、私は貴方を信じましょう。もしそれが無いとしても、貴方はそれの代わりを用意すると信頼出来るでしょう。』」

ある「面白い出来事」!?そして、ライク銀行の総裁自身が、彼の国のゴールドが何処にあるのかを知りたくは無かった?

最も可能性が高いのは、後者において再び、ニュー・ヨークの連邦準備銀行が関連しているためで、そして此処で、ゴールドの量が不透明なだけで無く、単純に、ゴールドが消失していました。誰が考えても馬鹿では無い - シャクトが - 何が起こっていたのかを、よく知っていて、その出来事を彼の自伝の中で公表する事によって、彼がニュー・ヨークの金融的な権力に、メッセージを送っていた可能性を人は考慮する必要があります。着目するに値するのは、ダー・シュピーゲル誌の記事が、その正に同じ態度が、現在の後継者であるブンデシュ銀行においてもあると示唆している事です!

5. The Filipino Bearer Bonds Saga, and Some Miscellanies 94
5.フィリピンの無記名債の逸話と、幾つかの寄せ集め 94
6. Summary and Implications 98
6.まとめと示唆 98

B. An Earlier Episode: The Vatican, the Mob, Industrial-Scale
Counterfeiting, and More Connections 100
B. より以前の逸話:ヴァチカン、マフィア、
工業規模の偽造、そして更なるコネクション 100
1. De Lorenzo and Rizzo 100
1.デ・ロレンゾとリッゾ 100

そのヴァチカンの関係は、その中において、ニュー・ヨーク市警の、マフィアの活動への捜査が、直ぐにマフィアの大規模な偽造詐欺の組織に繋がり、そしてヴァチカン市国自体の中の高い地位で、強力な権力者達まで繋がった、1971年から1973年までの事件によって、最もはっきりと描写されるでしょう。その事件の詳細な表しは、此処では可能では無い間、その事件には注目する価値のある、特定の要素があります。

マテオ・デ・ロレンゾは、1970年代の間のマフィアのボスでそのシンジケート(組織)のマネーを合法的な投資へと移動する事に特化していて、そしてこれが意味していたのは、株式や債券、そしてその他の企業的、そして政府的な証券でした。この投資のポートフォリオ(口座/書類)の日常的な活動の監督をしていた男は、ヴィンセント・リッゾでした。その著書、ザ・ヴァチカン・コネクションが最初にこの複雑な逸話を詳細した、リチャード・ハマ―は、このポートフォリオをこの様に観測しました:

「・・・(それは)10億ドル(1000億円)に近く、そしてそれは、米国財務省の証券、国債、そして紙幣、連邦中間クレジット(信用貸し)銀行と連邦国家担保アソシエーションの債券、国立航空会社、ユニショップ株式会社、ジェネラル・ポートランド・セメント社、国際ビジネス・マシーン社、ベネフィシャル金融会社、カリフォルニア・コンピューター会社、第一ユニオン株式会社、資産ホールディング企業、ロサンジェルスのコカ-コーラ・ボトリング会社、オクシデンタル(西洋の)石油企業、ノートン・サイモン株式会社、アメリカン電話 & 電報会社、ジェネラル・エレクトリック(GE)企業等々の様な大企業の一般的な株式と債券への、より取り見取りな、ブルー・チップ(優良)な投資で満たされていました。」¹⁸

ですが、ハマーが指摘する様に、「合法的」は、普通の社会にとって一つの事を意味しますが、犯罪組織の親分達の秘密裡の世界にとっては、全く別のものを意味します:

「株式債券の取引と、合法的な事業の彼等の定義は、もしそれが、彼等自身によって書かれたもので無いなら、辞書の中に見つけられる事は出来ません。彼等は、銀行からのブローケージ・ハウス(取引部門)を通した一般的な方法において、彼等の株式、債券、紙幣と証券を買っていませんでした。彼等は、米国郵便サービスの手紙の袋、個人的な自宅、マニュファクチャラー・ハノーヴァー信託会社、バンカーズ信託会社、セキュリティー太平洋銀行、コンチネンタル・イリノイ信託会社、ブレア & Co. 社、シェアソン・ハミル社、メリル・リンチ社、ピアース・フェンナー・スミス社、そしてその他多くから、それらを収集し(盗み)、そして、彼らの友人達、同僚達、そして部下達の、個人的な彫刻板(偽造)と印刷機から得ていました。

・・・

「彼等は全ての中に、彼等の手を突っ込んでいました。彼等は、盗まれた、または偽造されたアメリカの証券の、世界中における流通を操作していた人達でした。」¹⁹

国際的な麻薬の密輸と武器弾薬売買と、密接に、そして必然的に関連したその延長(魔の手)である、その世界規模の延長によって、マフィアはまた、偽造された証券と通貨における世界的な取引を行える能力のある、数少ない組織の一つでした。効果的に、それはそれ自体が、離脱文明の一種で、それ自体のヒエラルキー(命令系統)と官僚組織と共に、それ自体の「法律」と「モラルのコード」を持ち、そして「普通の」一般大衆の世界との接面点を持つものでした。

何であれ、デ・ロレンゾとリッゾは両方とも、ジェノヴィーゼ犯罪組織の組員で、そしてこれがまた、第二次世界大戦後に台頭した、離脱文明の構造、そしてその構造がどの様に、順を追って、その金融に関連しているかの、あらゆる思考のために、重要ですが、少々あからさまな示唆を生み出します。全ての秘密裡の官僚制度と組織的な構造と同様に、その組織は政治的な社会における管轄の、公に目に見える区分に平行線を描き;それぞれ全てのドイツ人の Länder に、政府的な人物がいただけでなく、一致していたナチス党の Gauleiter がいて、ロシアの Oblosk の全てに一致した共産主義者の Kommisar がいた様に、マフィアには、全ての街、または州に、一致したその縄張りのキャポ(隊長)、または「ボス(組長)」がいました。

_____
¹⁸ リチャード・ハマ―、ザ・ヴァチカン・コネクション:マフィアと(カトリック)教会の間の十数億ドルの偽造証券の取引の驚きの説明(ホルト、ラインハート & ウィンストン出版:1982年)、2ページ。
¹⁹ Ibid.(同書)、2-3ページ、加えられた強調。

ニュー・ヨークのその強力なジェノヴィーゼ犯罪組織は、順を追って、第二次世界大戦まで遡る、ジェノヴィーゼ犯罪組織のボス、ラッキー・ルチアーノと、CIA の前身、オフィス・オブ・ストラテジック・サービス(the OSS)のワイルド・ビル・ドノヴァン将軍との間の、アメリカの諜報工作との、親密で深い拘わりを持っていました。

何であれ、警察の純粋に地元の問題であったものへの対応として、地元のマフィアの一員達に対する盗聴の一連を通して、ニュー・ヨーク市警は直ぐに、ヴィンセント・リッゾに対する監視を通して、それ自体がその件を調査しなければならないと見つけ、それは直ぐに国際的な規模に成りました。²⁰リッゾが慎重に、ニュー・ヨークのシンジケート²¹の低レベルな兵士の一員であると言うイメージを作り上げた間、リッゾを監視し、報告していたニュー・ヨーク市警の捜査官達には、彼がもっと大物であった事が直ぐに明らかに成ったのは、彼が頻繁に、マフィアの最高位のボス(組長)達の仲間内に目撃されたためです。²²マフィアのボス達を、ウォール街における取引によって、膨大な利益を得られると説得したのは、もう一人のデ・ロレンゾ、アンソニーで - そして、勿論、盗まれた、または偽造された証券ですが - この活動の全てを統制していた兵士、またはポイント・マン(仲介)が、ヴィンス・リッゾでした。²³

リッゾはまた、ジェノヴィーゼ犯罪組織のもう一つの活動に拘わっていて、そしてそれは南米に対する武器弾薬の密売で²⁴、マフィアとその大陸(南米)における戦後の「国際ナチス」の間に何らかの関係が存在していた事実を示唆すると同時に、その地域におけるアメリカの諜報工作の、武器弾薬と麻薬の密売を示唆しました。

何であれ、ニュー・ヨーク市警はリッゾの監視を続け、それは直ぐに彼が、よく知られた有能な偽造者で、偽造された、または盗まれた証券、特に盗まれた、または偽造された飛行機のチケットの売人である、ウイリアム・ベンジャミンと頻繁に会合している事が解り、その事実は素早く彼等の市警の操作を、連邦の管轄へとしました。²⁵FBI (連邦捜査局)は、しかしながら、当初、その件に関心を示さず、²⁶ニュー・ヨーク市警が対応出来る限りに、その問題を任せました。

リッゾの追跡と監視は直ぐに、異様な場所と、異様な会合に繋がりました。

_____
²⁰ リチャード。ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、4ページ。
²¹ Ibid.(同書)、35ページ。
²² Ibid.、42-43ページ。
²³ Ibid.、39ページ。
²⁴ Ibid.、39-40ページ。
²⁵ Ibid.、51ページ。
²⁶ Ibid.、54ページ。

その場所は、ドイツのミュンヘンでした。²⁷

ニュー・ヨーク市警は直ぐに、ミュンヘンの彼等の反対側(警察)と共に連係して、リッゾのホテルの部屋の盗聴を用意し、そして直ぐに、アメリカのマフィアの「ハンドラー(責任者)」、リッゾと、ウィニフレッド・エンセの間の奇妙な会話を聞いていました。ドイツの警察は早急に彼等の記録を調べ、彼(エンセ)が「怪しい評判のビジネスマンである事を見つけました。彼は、18カ月前に盗まれた100,000ドルの米国債の、ブリュッセル(ベルギー)における転売に対する彼の関連について、尋問されていました。彼はまた、ヨーロッパ中で、盗まれた株式と債券を広める(転売する)事において深く拘わっていると疑われていました。」²⁸

リッゾがミュンヘンを訪れた目的は、エンセと彼の仲間の一人、アルフレッド・バーグが、マフィアから借りた350,000ドルを回収するためだったと、警察は直ぐに学びました。バーグとリッゾは、リッゾのホテルの部屋で会う事に同意し、その部屋は、勿論、盗聴されていました。

2. Dr. Leopolad Ledl and “Ricky” Jacobs 103
2.レオポラッド・Ledl 博士と「リッキー」ジェイコブス 103

その会合が起こった時、ニュー・ヨークとミュンヘンの警察は直ぐに、リッゾの目的が、ニュー・ヨークの彼のボス達に対する350,000ドルの借金を回収するだけでなく、謎めいた「同意」を結ぶ事であったと発見しました。³⁰ 監視と操作の働きにおいて、我慢は頻繁に最も結果を出す美徳で、この場合も同じ事が真実だったのは、リッゾを監視していたアメリカとドイツの警察が直ぐにリッゾは、盗まれた、または偽造された証券を扱う彼の怪しい活動を共にした、ドイツのビジネスマン、エンセと言う奇妙な同僚を保っていただけでなく、再びもう一度、マフィアのよく知られた偽造師、ウイリアム・ベンジャミンと、新たに参入したとても悪名の高い人物、「レドル博士」であった事を見つけたためでした。

ウィーン(オーストリア)出身のレオポルド・レドル「博士」は口当たりがよく、洗練されたヨーロッパのペテン師と詐欺師のイメージの典型でした。偽造された学術的な学位、貴族の称号、更に外交的な免除の証明書の売人であるレドルは、それらの方法によって彼の周りに仲間達と同僚を集め、そして直ぐに、ローマ大学とヴァチカン市国大学からの名誉博士号を含む、正真正銘の学術的な学位の称号を得ました。

_____
²⁷ Ibid.
²⁸ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、67ページ
²⁹ Ibid.、68-69ページ。
³⁰ Ibid.,73-73ページ。

それらの称号は、その後、著名な制度(大学)からの彼自身の称号の詐欺のための土台と成り、それらを彼は、相応しい価格のために・・・誰にでも売る事が出来ました。³¹ 彼は故に、私達が直ぐに目撃する様に、彼の仲間達と知り合いのネットワーク(人脈)の中に何人もの有力な人達を数える事が出来ました。

リッゾとドイツの「ビジネスマン」エンセとの間の会話を警察が聞いていた際に、レドルの名前が最初に漏らされ、そして盗聴していた捜査官達が、耳を疑うようなコンテキスト(文脈)において、その名前が漏らされました。エンセは、リッゾと話している間に、謎めいた「同意」の特定の詳細を突然漏らしました:

「そしてリッキーは、1度や、2度や、3度では無く、20回、俺にこう尋ねた、『あいつにもう一度聞けよ。ローマのヴァチカンの、あいつの友人達が、偽造書を欲しがっていると言うのは、あいつは本当に確かなのだろうな?』そしてレドル博士はこう答えた、『連中は、俺が手に入れられる全てを欲しがっている。俺が唯一言える事は、そう、それが連中の欲しがっているものだと言う事だ。』」³²

ヴァチカン。無制限の量の偽造書。マフィア。

これは、アメリカの連邦レベルを遥かに超えて、そのハードルを高くしました。

その事件は、国際的に成っただけでなく、レドル博士と「リッキー」の名前が漏れた時点で、「危険」で「成層圏」的な分類へと移行しました。

私達は既にレドル博士について端的に触れ、そして再びそうしますが、「リッキー」についてはどうなのでしょう?

「リッキー」は、高レベルなマフィアの証券の「トレーダー(仲買人)」で、ロサンジェルスとシカゴのマフィアのキャポ(隊長)達、ジョニー・ロゼリとサム・ジャンカーナに親しい、マニュエル・リチャード(リッキー)・ジェイコブスでした。³⁴ そのシンジケート(犯罪組織)の取引(密売)にとって「リッキー」はとても強力で不可欠だったので、連邦の最小管理刑務所において服役していた間でさえ、ジェイコブスは彼の「ビジネス」を続ける事が可能で、その事実は少なくともある度合において、彼の(犯罪)活動において、連邦政府が不本意な同意をしていた、または大目に見ていた事を示唆し、それが奇妙な事だったのは、「リッキー・ジェイコブスが、米国と世界中に現れた、数百万ドルの価値の盗まれた、または偽造された、アメリカの企業と政府のブルー・チップ(優良)な証券の、背後にいた人物である」と、FBI が納得していたためでした。³⁶

_____
³¹ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、203-204ページ。
³² Ibid.、74ページ。
³³ Ibid.、95ページ。
³⁴ Ibid.、96ページ。勿論、ロゼリとジャンカーナと共に、その他の出来事に対する、その他の関係があります・・・
³⁵ Ibid.、97ページ。
³⁶ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、98ページ。

言葉を変えると、FBI が、ジェイコブスは、マフィアに支援された工業規模で、世界規模の偽造詐欺組織の重要な人物であると指摘する間、ジェイコブスは、刑務所で服役している間も、彼の行いを続け;それはいつも通りのビジネスでした。

困惑させられたアメリカとドイツの警察が、この奇怪な人物達と活動の一括りの点を線に繋げ始めた際に、彼等は一つの結論に辿り着きました:彼等が踏み込んだのは、ヴァチカンとの何らかの謎めいた関連を共にする、国際的で工業規模の偽造詐欺の組織で、「ドイツの詐欺師達と、ドイツに駐屯された軍部において、その昔、奉仕した、またはミュンヘンに頻繁に出入りしたアメリカ人達でした。」³⁷ その様な膨大な偽造の努力は、私達が以前にも主張した様に、ある程度の内通的な諜報工作の情報と同時に、大規模な諜報工作のネットワーク(人脈)の利用を必要とします。この場合、マフィアは、CIA との接触から、何らかのその様な情報を得ていた、または対照的に、ミュンヘンのすぐ郊外のプラックにおけるドイツの諜報工作の本部(ゲーレン機関)との、何らかの同意を通して得ていたのかも知れません。

何であれリッゾは、ミュンヘンにおける彼の「ビジネス」と、その謎めいた「同意」が明らかに結ばれると、ニュー・ヨーク市へと戻りました。ニュー・ヨーク市警の、リッゾの頻繁なたまり場に対する盗聴において、その詐欺と偽造の地下世界の更にもう一つの関連が発覚したのは、ニュー・ヨークに戻り、彼等がマフィアのボスと口の達者な英国の詐欺師、トニー・グラントとの間の電話を盗聴した時でした。³⁹ グラントの活動の本拠は当時、アルゼンチンで、その事実は、それ自体興味深く、明らかな問いを浮上させます。⁴⁰ リッゾとエンセの間の、その後に盗聴された会話はまた、グラントがどうにかして、マフィア、レドル博士、そしてヴァチカンの間の、ミュンヘンにおける「同意」に関連している事を明かしました。⁴¹

警察の盗聴が続き、点と点が更に結び付けられた際に、もう一つの驚きで、恐ろしい事実が直ぐに鮮明に成りました:リッゾ、ベンジャミン、ジェイコブス、そしてレドル博士の間で行われた「同意」の主役は、その正に鍵で主役として、膨大な規模における、米国債の偽造でした。⁴²

ですが、警察がその問題の闇の中心と、彼等が対処していたものの正にすさまじい規模を発見したのは、彼等が悪名高い国際的なペテン師、レドル博士に集中した時でした。

3. Dr. Ledl, Bishop Paul Marcinkus of the Vatican Bank,
Michele Sindona, and Eugene Cardinal Tisserant 106
3.Ledl 博士、ヴァチカン銀行のポール・マルチンクス司祭、
ミシェル・シンドナ、そしてユージーン・Tisserant 枢機卿

レドルは、ローマにおける彼の人脈を通して、権力のとても顕著な内輪の幾人かの中で社交し、教皇ポール4世のための警備の主任で、アメリカ人の司祭、ポール・マルチンクスとの直接の接触に、彼を位置させる内輪を含んでいました。⁴³ マルチンクスは、順を追って、ヴァチカン銀行、そして彼がまた、(後の教皇)ジョン・ポール2世の代理へと向かわせた制度(インスティチュート)である、宗教的な働きのためのインスティチュートとの親密な結びつきを保っていました。⁴⁴ 工業規模の偽造詐欺を行っていたマフィアとの関係を持つ、知られていたペテン師と詐欺師と、ヴァチカン銀行との間の接触は十分に悪かったのですが、マルチンクスは順を追って、悪名高い、マフィアに関係した、とても非道な銀行家で、私達がそれについては第二部において多くの事を述べる、悪名高いイタリアのメイソン的なロッジ、プロパガンダ・ドゥエ(P2ロッジ)の会員、ミシェル・シンドナの親密な仲間であったと知られていました。マルチンクスとシンドナは、とても親密に関係していて、その2人の銀行家達は、バハマにおいて共有された個人番号の銀行口座を分かち合っていました。⁴⁵ ヴァチカン銀行の頭取として、そして教皇の安全保障の主任として、マルチンクスは文字通り教皇の門番で;誰が教皇に面会を許され、誰がそれを拒否されるのかを決定していたのは彼でした。⁴⁶ 彼は、言うなれば聖職的なマーティン・ボーマンの別ヴァージョンで:その指導者の忠実な「秘書」で、ボーマンと同様に、想像可能な金融的なパイの全ての中に指を突っ込んでいました。

ですがレドルのヴァチカンにおける人脈は、唯のポール・マルチンクス司祭よりも、更にもっと遠く、そして高く延長しました。リチャード・ハマーが記述する様に、レドルと枢機卿(ローマ教皇の最高顧問で新教皇を互選する; 緋の衣と緋の帽子を着ける; 称号としても用いる)の団体の首席司祭、ユージーン・ティセラント枢機卿との間には、特別な結びつきが構築され・・・

_____
⁴² リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、171ページ。それらの安全保障の一部は、ハマーが記述する様に、「パナマの経済的な略奪」のために利用され(172ページ参照)、そしてその当時、任期にあり、元 CIA の長官だった米国の大統領、ジョージ H.W. ブッシュ政権の下で、その国に対して15年弱後に行われた米国による侵略の見解において、更にもっと薄暗く、疑わしい関係に成ります。
⁴³ Ibid.、206-207ページ。
⁴⁴ Ibid.、208ページ。
⁴⁵ Ibid.、208-209ページ。
⁴⁶ Ibid.、208ページ。

・・・未だに、信仰の伝播のための社会を活動的に運営していて、資金をその(カトリック)教会の国外の布教に分配していました。彼の、長く白い髭と、貴族的な姿で一目瞭然に認識可能な、学者的で洗練された、フランス生まれのティセラントは恐らく、教皇ポール4世に最も近い枢機卿で、レドルによって魅了された様で、そして恐らく彼の中に、後々上手く利用可能な男を見出したのかも知れません。⁴⁷

ティセラント枢機卿はまた、私達が着目する様に、長年、ヴァチカンの記録資料を管理する枢機卿で、そして私達が目撃する様に、数々のその他の「活動」に拘わっていました。

ユージーン・ティセラント枢機卿
1 568907543.jpg
_____
⁴⁷ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、210ページ。

レドルが最終的にその話を FBI とその他の役人達に伝えた様に、一度、彼等がその件において関わると最終的に決定されると、彼とユージーン・ティセラント枢機卿は、彼等と共に - 枢機卿の助手だった - 匿名の大司祭だけを共にして、1971年において会合しました。レドルによると、ティセラント枢機卿は、「その早急な金融的問題の幾つかと同時に、イタリアの問題を解決する方法を、その教会が見つけるための、何らかの提案、またはアイデアは無いか」と彼は尋ねられました。⁴⁸ レドルはアイデアを持っていましたが、「ローマのカトリック教会の心臓部において、ティセラント枢機卿の様な人に提案可能な」種類のものでは全くありませんでした。⁴⁹
_____
⁴⁸ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、211ページ。
⁴⁹ Ibid.、211ページ。

この時点において、その会話は、とても奇妙な方向へと展開しました:

「『良いアイデアは全く無いのかね、ウィーンからの我が友よ?』ティセラントは要求しました。

「レドルは、それらのアイデアに声を与えるまで、彼自身をもたらせられませんでした。

「ティセラントはため息をつき、その大司祭の方を見ました。間違いなく、レドルは、その様な件における彼の膨大な経験の全てと共に、ヴァチカンとイタリアの国家を補佐するであろう、大規模な数の証券をどの様に得られるのかを知っているはずであると、彼は述べました。

「レドルは、どの様な種類の証券なのか?と尋ねました。

「ティセラントは笑いました。『第一級の証券で、勿論、アメリカの大企業のもの』と彼は述べました。

「レドルはその会話の意味を感じましたが、彼はそれが確かに成る事を望みました。彼は、その様な書類を確保するのは難しいかも知れないと答えました。

「『もし、それらが偽造なら?』ティセラントは穏やかに尋ねました。

「此処で、レドルは確信しました。彼は、その枢機卿が、どの程度の量を語っているのかについて質問しました。

「10億ドル近くと、ティセラントは言いました。正確には、彼等が考えていた金額は、9億5,000万ドルでした。半分は、マルチンクスの投資の結果として、ヴァチカンが被った損害の幾らかを補うために、マルチンクス司祭とヴァチカン銀行を通してチャンネル(送金)されるだろうと、彼は述べました・・・」⁵⁰

私達が今、その問題の心臓部の一つへと、詐欺の上に基づいた、金融システムの何らかの隠された層の間の接触の鍵の地点の一つに至ったのは、あらゆる離脱文明と「現実」世界のために、宗教と信心の陰影がその行いの上に照らされると共に、ヴァチカン市国の様な主権国家の直接の助力である個人銀行が、何らかの証券の偽造、または(再びヘイドリックの専門用語を使用すると)「無許可の産出」を、クレジット(信用貸し)の正真正銘の線を延長する方法として、または、代わりに、知識の無い顧客達に本物のマネーとして売却する事において、利用(悪用)する位置にあるためです。

ですが、この台頭してきた構造の概要の示唆は、其処に留まりません。レドルがその後に、権威(警察)側に伝えた様に、ティセラント枢機卿との彼の会話は、続きました:

「その枢機卿とその他の人達は、ヴァチカンが偽造されたアメリカの証券を扱っていたと発見されたとして、何が起こるかも知れないかについて、全く心配していないのか?と、レドルは尋ねました。その様な危ない橋を渡る事へと冒険するのは、ビジネスマン、または大企業にとって、一つの可能性です。ですが、ヴァチカンのような制度がそうする事は・・・
_____
⁵⁰ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、211-212ページ、加えられた強調。

ティセラントは仰ぐ手振りで、それを否定しました。彼は全く心配していないし、彼がこれを相談した者達の誰も心配していないと、彼は言いました。彼等は全て、ヴァチカンが意図的に、偽造された株式や債券を扱っていたとは、アメリカの政府は非難しないだろうと同意しました。実際に、もしその様な(偽造)書類が、ヴァチカンにおいて存在していたとしても、米国は、その教会が、何らかの悪質な詐欺師達に騙されていたと間違いなく信じ、そしてその損害を補うために、秘密裡に介入するためです。

「もし実際に、彼がその様な第一級の、偽造された商品を見つける事が可能だとして、その教会はどれだけ支払う意志があるのか?と、レドルは尋ねました。

「その枢機卿と彼の友人達は、レドルがそう出来る事を疑いませんでしたが、もし彼が、その様な配達をする事が可能なら、ヴァチカンとイタリア銀行は、彼と彼の源泉(仲間)に、その表面上の額の65%、または約6億2,500万ドルを支払うと、ティセラントは述べました。勿論、レドルと彼の仲間達は、この計画を立てたティセラントとマルチンクス、そしてその他の者達に、その金額の1/4、または約1億5,000万ドルをキックバック(賄賂)する事を了承すると理解しなければなりませでした。それでも、それは、レドルと彼の仲間達に、約4億7,500万ドルを残しました。それは、彼等の働きにが十分な支払でした。」⁵¹

レドルに対するティセラント枢機卿の - アメリカの政府は、偽造された証券においてヴァチカンが扱っている事に決して非難せず、そしてその様な偽造された書類が明るみに出る様な事が有れば、「損失を補うために秘密裡に介入する」と言う明言は - 空論の様に響きます。

もっと可能性が高いのは、その提案の全体が、「公式な偽造詐欺のゲームを2人がプレー出来る」と言う分類で、そして米国の権威(政府)に対するヴァチカンに基づいた作戦のあらゆる暴露は、「もしあなた(米国)がそれを行えるなら、私達(ヴァチカン)もそう出来ますよ」と言うメッセージを伝える本質の物だったはずです。端的に、ティセラント枢機卿は恐らく何かを知っていて、そしてその何かは、私達がこの章の以前に、ブラックヒース卿の発言と、再発していた無記名債スキャンダルの私達の検証の中で真実を断言した様に、米国連邦準備銀行と米国財務省の中で、その名の下で、莫大な詐欺が行われていたと言う事でした。

そして・・・

・・・ユージーン・ティセラント枢機卿について、覚えておかなければならない、一つの最終的な事があります・・・

彼は、彼が奉仕した教皇、ポール4世 - ジョヴァンニ・モンティーニ枢機卿と共に - ヴァチカンのパスポートを利用し、イタリアのファシスト達、ドイツのナチス、クロアチアの Ustashi、ベルギーの Rexists、そして全ての種類の戦争犯罪者達が、ヨーロッパからアルゼンチンを通って南米へと逃れた、ヴァチカンのラットライン作戦に、親密に拘わっていたと言う事でした・・・⁵²
_____
⁵¹ リチャード・ハマー、ザ・ヴァチカン・コネクション、212ページ、加えられた強調。

ポール・マルチンクス司祭、教皇ポール4世の後期と、教皇ジョン・ポール2世の初期の間の、ヴァチカン銀行の頭取
1 22130

ポール・マルチンクス司祭の親密な同僚で、悪名高いイタリア人の国際的な銀行家で、P2 ロッジの会員、ミケーレ・シンドーナ 
2 michele-sindona.jpg
_____
⁵² ウキ・ゴニの、本当のオデス:どの様にペロンが、ナチスの戦争犯罪者達をアルゼンチンへともたらしたのか(グランツ出版:2002年)、99ページ参照。

3. Secret Agents, Secret Bonds, Secret Algorithms, and Secret
Finance: Sam Israel, Danny Casolaro, The Inslaw Octopus and
Quantum Mechanics 113
3.秘密工作員(スパイ)、秘密の債券、秘密のアルゴリズム、
そして秘密の金融:サム・イスラエル、ダニー・カソラロ、インスロウ社の
オクトパスと量子力学 113

「アメリカのドル、世界的な経済、その全ては一つの膨大なネズミ講として見る事が出来ます。」
- ガイ・ローソン¹

「あなたも解るでしょうが、私は何故、プロミスが利用されたのかについてのもう一つの論説を持ちました。そしてそれは、プロミスがまた、マネーの洗濯を辿るために、改竄可能と言う事でした。」
- ジョン・コーヘン²

私達が此処で考えなければならない、この工業規模の偽造詐欺のもう一つの現代的な要素があり、それは更に、その構造の根底を考えるために、何故、私達が公式な否定、中央銀行の不透明化、そして唯一、諜報工作の機関から由来する、地下組織の犯罪的な要員達と、その示唆された内通者の知識の同じパターンに出くわし続けるのかを考えるために、再び第二次世界大戦に戻る前に、「離脱文明」の隠されたシステムの、関連した構造と主要なプレーヤー達を明かしている、更にもっと薄暗いものです。これは、大活躍したウォール街のヘッジ・ファンドの管理者で、ブローカー(取引人)のサム・イスラエルの件で、彼が露知れず踏み込んだ、蛸の足(連鎖)の抱擁です。

この場合、彼が踏み込んだ蛸の足は、明らかであるべき金融のこの隠された構造の構成要素を強く示唆し:人がどの様にしてそのシステムの中の、追加的で疑わしいマネーの全てを追跡出来るのかを示唆します。明らかに、コンピューターと、データベース(情報)管理のソフトウェア(プログラム)の発達はその問題を大々的に単純化し、そして加えて、特定の「調整」と共に、その様な隠されたシステムのご主人様(プログラマー)達に、彼等のマネーを追跡するだけでなく、競争相手達をスパイし、そして一つのボタンを押すだけで、彼等自身の帳簿、または競争相手の帳簿を改竄出来ます。

これ等の可能性は、サム・イスラエルの件に当てはまります。
_____
¹ ガイ・ローソン、オクトパス(蛸):サム・イスラエル、秘密裡の市場、そしてウォール街の最もワイルドな詐欺(ニュー・ヨーク:クラウン出版、2012年)、167ページ。
² シェリー・シーモア、最後の輪:オクトパスとプロミス・ソフトウェアのスキャンダルに対するダニー・カソラロの調査(トライン・デイ出版、2010年)、197-198ページ。

イスラエルは1959年に、コーヒー、砂糖、貴金属等々を扱う、ニュー・オーリンズの仲買業者の中産階級の家庭に生まれました。³ 彼は現在、懲役22年に服役しており、そのうちの2年は、詐欺に対する20年の懲役を逃れるために、彼自身の自殺を演出したためでした。ですがこれは、一般的な詐欺の事件とは異なり、そして実際に、私達が見る様に、その事件の要素は、秘密裡の債券と、秘密裡の市場の、今ではよく知られたパターンに一致します。実際に、その事件全体について問われるべき最初の問いは、何故、連邦の検察が、その事件の証拠の殆どを機密にしたのかです。⁴ この証拠の幾つかが何であったのかは、その話が展開する際に台頭します。

イスラエルが、著名なウォール街のブローカーで、ヘッジ・ファンドの管理人に成るずっと前に、彼は、彼の家族がどの様に商品の買いだめ - 例えばココアを - ミシシッピー川のバージ(船)の上に隠し、そしてその偽の(人工的な)品不足が、取引価格を釣り上げた時に、その買いだめを放出し、大儲けをする事を学びました。⁵ しかしながら、イスラエルがその莫大な可能性を理解し始めたのは、1980年代において台頭し始めた、ウォール街におけるコンピューターに援助されたハイ・フリクエンシー(超高速)の取引の高度な環境においてで、そして彼がそれらに気付いたなら、その他の者達もまた気付いていたと、人は確信する事が出来るでしょう。

A. High Frequency Trading, Computers, and Quantum Mechachics
114
A. 超高速(コンピューター自動)取引、コンピューター、そして量子力学

ハイ・フリクエンシー(コンピューター・プログラムによる、超高速な取引/売買)の本質は、市場におけるわずかな(価格の)変化に対応して極一瞬で、大量に、とても素早く取引する事です。これらの取引の種は、コンピューターへと事前にプログラムされ、それは、そのプログラムの中へと書き込まれた、事前に設定された状況に沿って、特定の証券のための売買の注文を出します。故に、一つのコンピューターの中に複数の取引がプログラムされる事が可能で、そしてそれらは全て、もし市場の状況が整ったなら、もしそのコンピューターによって監視された状況が、事前にプログラムされた状態において引き金を引かせるなら、1分、もしくは数秒で、売買の注文を出し:特定の株式、または株式の種類のための特定の価格の下まで下がる、または上まで上がると、売買の注文が発動し、そしてそれらは、そのコンピューターが処理可能な高速度と高い量において行われ、それは、勿論、株式債券市場の取引のフロアにおいて、買い注文と売り注文の書類を手の中でヒラヒラさせている、人間のトレーダー(仲買人)達よりも、遥かに高速です。
_____
³ ガイ・ローソン、オクトパス:サム・イスラエル、秘密裡の市場、そしてウォール街の最もワイルドな詐欺(ニュー・ヨーク、クラウン出版:2012年)、1ページ。
⁴ Ibid.、xiページ。
⁵ Ibid.、9ページ。

少し考えれば、その様な取引は、コンピューターによって唯一行う事が可能で、それらのプログラマー-トレーダーのために、極短期間において、膨大な利益を上げさせる、または莫大な損失を被らせると理解出来るでしょう。同等に、少し考えれば、その様な取引が、実際の市場と金融的な状況から、完全に歩幅がずれていると解るでしょう。人は、言うなれば、現実(実体経済)におけるその固定が、とても希薄な可能性のヴァーチャル市場架空経済)の一種を見ていて、そしてその状況において、前もって設定されているかも知れない、何らかの隠された構造を利用(悪用)するための、正しい種類の先進的なプログラミングの知識を人が持っているなら、その隠された金融的なシステムは、繁栄し、成長する事が可能です。

少々、更にもう少し考えれば、それが可能にするこの行為と科学技術は - サム・イスラエルの様な - 個人的なトレーダーがもし、その様な取引を数分でも事前に知っていれば、大量の利益を上げる事が可能で、そして故に、ハイ・フリクエンシーの大量な取引はまた、その場合の本質によって、i.e. 数分間だけであっても、事前の知識の上に基づいた市場の取引と操作である、「インサイダー・トレーディング(内通者取引)」の誘惑を引き入れます。⁶

最後に、考えてみれば、その様なシステムには、2つの内在的な危険性が存在しています。一つは、コンピューターに制御されたハイ・フリクエンシー(超高速)で大量の取引の行いが一般的に成ると殆ど同時に、記述され始めました。そのイスラエルの事件の素晴らしい調査を私達が此処で検証するガイ・ローソンは、それをこの様な方法で記しました:

「1987年の秋において、新たなプログラムされた取引システムは、内在的な問題を含んでおり - その矛盾は大失態に繋がる可能性があると、報道において騒がれ始めました。その問題はとても明らかで、地球上で最も賢いとされるトレーダー達によって気付かれていなかったのは、信じられない事でした。もし、全てのコンピューター・プログラムのトレーダー達が、下落している市場において、彼等の機械を売りに設定していたなら、当然、市場が下落した時に、全てのコンピューター・プログラムの取引は、同時に売り注文を出し、クラッシュ(大暴落)を創造し得ました。」⁷

ですがその様なシステムには、もう一つの内在的な危険があり、そしてそれは、プログラマーが銀行とブローケージ・ハウス(取引仲買部署)のコンピューター・システムの中にハック(侵入)する事を許す秘密裡の裏口を通して、その様な取引のプログラムを意図的に操作する危険性で:バブルと、その後の崩壊等々の様な特定の状況を派生させるためにもってこいの取引のプログラムでした。この可能性は私達が発見する様に、人がイスラエルの事件を、より深く調べると、大きく、更に大きく膨らみます。
_____
⁶ ガイ・ローソンのオクトパスの、16-17ページの端的な論議を参照。
⁷ Ibid.、42ページ。ローソンが記述する様に、これが正に、1987年のクラッシュ(大暴落)に、連邦準備銀行が直接介入した時に起こった事でした。(43ページ参照)

彼がコンピューターに補助された取引の驚きを考えた際に、しかしながら、サム・イスラエルはこれらの(内在的な問題の)可能性のいずれにも気づいておらず、むしろ、その様な(コンピューター)プログラムが、ある意味、文字通り「未来のアルゴリズム」を体現する可能性によって取り付かれ、そしてそれにおいて彼が同様に知覚したのは、当時の多くのその他の様に、これが示唆した金融と物理学の間の、深い関連性でした。ドイツの物理学者、ヨーガン・Ehlers の熱心な読者に成り、イスラエルは、Ehlers の『「隠されたシメトリー(左右均一性)」と「フレーム(枠組み)理論」の予測の可能性と、「あたかも株式が光の粒子の様に、どの様にして量子力学が、市場における動き(上下動)において、人に予測出来る様にするかも知れないのか」の研究』に魅惑されました。⁸ トレーダーとしての彼の長年の経験と、彼の新たに見つけられた「経済物理学」に対する愛情を融合させ、イスラエルは、彼が「前向きの伝播」と名付けた、彼自身のコンピューター取引のプログラムを開発しました:

「その前向きと言う言葉は、そのソフトウェア(プログラム)の予測力を語りました。伝播は、波理論、生物学的な繁殖、そして宗教的な福音主義(キリスト教原理主義)を融合する事を目的とし、全ては数学的な神秘主義の香りが漂うものでした。フラクタルと同様に、海岸線において起こる自己-類似的な増幅している(多発している)幾何学(立体)的な形、雪の結晶、そして稲妻の、一貫的では無い様に見えるデータの中には、分類される事の出来る形が存在しているとイスラルは主張しました。幾らかの繊細な調整と共に、その機械は、株式市場におけるそれらの隠されたパターンを見る能力を、彼に与える事が出来ました。」⁹

この道具を手に入れると共に、イスラエルは1996年において、彼自身のヘッジ・ファンド、ベイオウを設立し、そして故に詐欺への彼の没落、そして「オクトパス」との彼の共謀が始まりました。

1. Bayou’s Good Start 116
1.ベイヨウの良いスタート 116

たった600,000ドルと、彼等を導くための「前向きな伝播」のプログラムと共に始め、サムと彼の同僚達は当初、その予測に親密に従い、最初の3か月半において、17.6%の利益を上げ、そして1年間的な土台においてこれは「50%を超えた利益」を意味し、「驚きの活躍」でした。¹⁰

この活躍がとても驚きだったので、レッドストーン資本企業と呼ばれるパーク・アヴェニューの投資企業がサムと彼の同僚達に接近し、そのファンドを公式にし投資家達にそれ(株式)を売る可能性についての話を持ち込みました。レッドストーンの職員の一人は、商品(株式債券)の取引を予測するそのプログラムの能力を宣伝する手紙を投資家達に送る事さえしました。¹¹ その手紙によると、そのプログラムは、人工衛星によってそれ(プログラム)に与えられた市場についての情報の流れを分析する事によって機能し、そしてその予測において、86%の正確性だとされました。¹² そのプログラムを使用し、そして厳しくモラル的な縛りの中に留まる事によって、イスラエルと彼の同僚達は数か月の内に、彼等のマネーをほぼ2倍にする事が出来ました。

2. Problems and the Decision to Cook the Books 117
2.帳簿を偽造する問題と判断 117

その詐欺へのなだれ込みは、サムの同僚の一人が、「十数年において発見された最大級のゴールドの鉱脈(黄金の百合)」への大多数の関心(株式債券)を得る事に対して、インドネシアの独裁者、サハルトとの同意において公表されたばかりだった、ゴールドの会社、バリック社の株式を購入する事を強く勧めた時に始まりました。¹³ 以前の大統領、G.H.W. ブッシュが、バリック社の執行部にいた事と共に、サムはそのインドネシアの独裁者が耳を傾けるのは確かと考え、そして故に、間違いない投資だと考えました。

残念ながら、「汚職/収賄と市場(人工)操作」の予測可能な非難の中で、もう一つの会社が提訴しました。¹⁴ バリック社は、そのインドネシアのゴールドの権利を会得する事が出来ず、その市場の資本は50%暴落し、そして勿論、ベイヨウ・ファンド社は問題に陥りましたが、サムと彼の同僚達は、そのファンドが「損失を出している時にでさえ、繁栄していると」彼等のパートナー(顧客)達に伝え始めました。¹⁵ イスラエルと彼の同僚達がどの様にして元々、詐欺を行い「帳簿を改竄する」判断に至ったのかの詳細は興味深い間、それらは此処において私達は考慮する必要がありません。¹⁶
_____
¹⁰ Ibid.、58ページ。
¹¹ Ibid.
¹² ガイ・ローソン、オクトパス、58ページ。
¹³ Ibid.、59ページ。
¹⁴ Ibid.、60ページ。
¹⁵ Ibid.、61ページ。
¹⁶ 56-57ページの、ベイヨウ・ファンドの企業的な構造と、62-63ページの、この構造がどの様にして投資家達から損失を隠すために使用されたのかの、ローソンの説明参照。

彼等が未来の取引において損失を回復出来る適切な時まで、投資家達から彼等の損失を隠すために、彼等は2つの別々の帳簿を保つ判断をし - 一方は本物の方で、そしてもう一つは投資家(顧客)達に見せる為のもので - 「有能で利益を上げているイメージ」を体現するために、その会社のための偽の事務所を構え、未来の投資家達、またはそのファンドに既に投資して、疑問を尋ねていた投資家達に見せるために、そのファンドに対して「監査」を行う、偽の企業的なロゴを共にする、偽の会計会社さえも設立したと述べるだけで十分でしょう。¹⁷

この戦略(詐欺)は、損失が増え続き、2001年9月11日まで続きました。この時点において、そのファンドは、70,000,000ドル(70億円)まで成長しましたが、損失は12,000,000ドルで、既にいた投資家達の一括りに支払うために、もう一括りの投資家達が見つけられなければなりませんでした。9月11日の前の金曜日に、イスラエルの「前向きな伝播」のコンピューター・プログラムは、「サクランボの一列が並んだスロット・マシーンの様に光が灯りました。通常、そのコンピューターは、幾つかの買いと、幾つかの売りを指摘する矛盾的なデータを提供しました。ですがその金曜日において、そのコンピューターの光(指標)の全ては同じ方向を示していました:長期に行けでした。」¹⁹ イスラエルと、彼の追い詰められた詐欺における同僚達にとってそれは、損失を回復し、帳簿を整頓し、その詐欺を終わらせる絶好機の様に現れました。

2001年9月11日の月曜日の前の金曜日に、イスラエルはそのファンドのマネーの全ての95%を、取引の注文に入れました。²⁰ その取引が成功し、ベイヨウ・ファンド社が、その損失を回復すると、全ての指標が示していました。

ですがその後、航空機がワールド・トレード・センターのツイン・タワーに激突し、市場は閉鎖され、そして1週間閉ざされたままでした。その著書がベイヨウ・ファンド社の詐欺事件の唯一の研究であるガイ・ローソンに、サム・イスラエルが告白した様に、「取引は、全く無かった。ナッシングだった。私は、私の注文を取り止める事も出来なかった。市場が暴落するのは明らかだった。取引が再び再開されるまで、私は何も出来なかった。」²¹ 最終的に取引が再び再開された時に、その損失の規模が明らかに成り、そして2001年度が進む際に、そのファンドの損失は深まるだけでした:

「2001年の終わりの、リッチモンド-フェアチャイルド社の監査によると、ベイヨウ社は総合資産において、85,354,183ドルを所有していました。これが含んでいたのはベイヨウ社の手形交換所の1070万ドルの預金の現金と同時に、国家的なセミコンダクターのテキサス・インストゥールメント社の SPDR の株式における1,000万ドルでした。「銀行家達に支払われなければならない」合計は64,499,627ドルで - その詐欺のうなぎ上りの(損失の)量でした。」
_____
¹⁷ Ibid.、74、76-77ページ。
¹⁸ ガイ・ローソン、オクトパス、91ページ。
¹⁹ Ibid.、92ページ。
²⁰ Ibid.
²¹ Ibid.

追い詰められた人達は、無謀な事を行うもので、その詐欺と損失が増えるだけだったので、サムは益々、異例的な解決策に手を出し・・・そして此処が、彼の逸話が、以前の章に概要された離脱文明と、その隠された金融のシステムに接触する場所です。

これは、そのオクトパスの足へと、サムが直進した処でした。

B. Sam Israel and “the Secret Bond Market” 119
B. サム・イスラエルと「秘密裡の債券市場」 119
1. Israel Learns of the Inslaw Affair and the PROMIS Software
Program 119

その複利的(積み重なった)詐欺に此処で彼が囚われた難しさのための、何らかの迅速な解決を見つけるための彼の必死さにおいて、サム・イスラエルは、あらゆる種類の解決策を模倣し、そして直ぐに一人の友人を通してそれらを見つけました。その「解決策」は、ロバート・ニコルズと言う名前の男で、陰謀説の分野において、よく知られた名前でした。ニコルズは自称、「秘密裡のオペレーター(スパイ)」で、「十数年に渡り、アメリカの秘密裡の活動の闇の側において働いた、国家安全保障のブラック・オプ(闇の作戦)のアセット(工作員)で、実在のジェイソン・バーン(映画の主人公)」でした。²³ イスラエルの友人は、ニコルズが、「冷血な殺人者で、政府の絶対的に最も高度なレベルで働いているエージェント(工作員)である」と彼に伝えました。²⁴ ですが、その後、その著者、シェリー・シーモアによって本として出版された、最後の輪と呼ばれたウェブサイトをイスラエルが読み始めた時、イスラルの注目を引いたのは、ある特定のスキャンダルへの、ニコルズの関連性でした。最後の輪は、この章の中で吟味されますが、最初に私達が見なければならないのは、ローソンがどの様にイスラエルの一件を記録したかです。

最後の輪の中でニコルズについてイスラエルが読んだ際に、彼にとって直ぐに明らかに成ったのは:

「・・・ニコルズは、過去30年間に、米国政府によって行われた、実質的に全ての、非道で秘密裡の策略に拘わっていました。イラン-コントラ事件、10月の驚き事件、MK-ウルトラと呼ばれた CIA の洗脳実験を含み - ニコルズは陰謀論世界におけるゼーリグでした。フィリピンのファーディナンド・マルコスが、何十億ドルものブリオン(延べ棒)をスイスの銀行口座へと密輸した時、彼の「仲介者」はニコルズでした。1981年の夏において、パーム・スプリング郊外の、カバゾン先住民特区において、3名の人達が殺害された時、ニコルズは、ニカラグアの反乱軍を武装させるために、違法な生物化学兵器とマシーン・ガンを開発していました。」²⁵
_____
²² Ibid.、101ページ。ローソンはまた、ベイヨウ社が、「連邦準備銀行のミニチュア版に成った」と述べます。(100ページ)。
²³ ガイ・ローソン、オクトパス、142ページ。
²⁴ Ibid.

それは、司法局の使用のために、インスロウと呼ばれる、マリーランド州の会社によって開発されたプロミス(PROMIS)と呼ばれた、ある高レベルのデータベース(情報)管理のソフトウェアの窃盗の調査の一部に成った3重殺人事件でした。プロミスは、Prosecutor’s Management Infomation System (検察の情報管理システム)の略でした。²⁶

イスラエルの注目を捕らえたのがこのソフトウェアだったのは、インスロウ社のスキャンダルの逸話が示唆したのは、その(プログラムの)能力が膨大だったためで、イスラエルのヘッジ・ファンドの問題に対する解決策を示したためでした。ローソンがその能力をまとめる様に、プロミス・ソフトウェアは

「とても成功を納めたので、アメリカの諜報工作機関の組織は、それを秘密裏に利用するために、そのソフトウェアを密かに盗みました。CIA はそのコード(コンピューター言語)を再編成し、デジタル・イクイップメント社の DAX ミニコンピューターにインストールしました。その機関は、その新たな科学技術を、連邦準備銀行の様な、銀行や金融の企業に販売するために、フロント(建前/ダミー)会社を利用しました。そのコンピューターの中に隠されていたのは、初めてデジタル的な金融の取引を秘密裡に監視する事を諜報工作機関に可能にした「裏口」でした。「マネーを辿れ」として知られた高度に機密にされた作戦は、1986年のベルリンのディスコの爆破事件において、一人のアメリカ人兵士を殺害し、200名の一般市民を傷付けた、テロリストのグループへの、リビア政府の秘密裡の資金援助を、レーガン政権が辿る事を許しました。ボブ・ウッドワードの著書、ヴェイルの中で、元 CIA の長官、ウイリアム・ケイシーは、その秘密裡のマネー-追跡システムが、彼の最も誇れる達成の一つだったと述べました。」²⁷
_____
²⁵ Ibid.、143ページ。
²⁶ パラドックス(矛盾/逆説)的ですが、PROMIS が、米国政府によって盗まれ、そしてその後、連邦政府の官僚組織全体を通して広まったと言う、インスロウ事件の幾らかの研究者達による主張に、幾らかのメリットがある様に現れるのは、国立健康機関によって出資された、「Patient Reported Outcomes Measurement Information System (患者によって報告された結果の対策情報システム)があり、更にもう一つの PROMIS で、サン・ヨアキム郡の教育庁の事務所(https://www.mypromis.org/index.aspx)によって使用された Public Records Online Management (オンライン上の公式記録管理システム)もまた、明らかに Pupil Records Online Management Information System と呼ばれているためです。
²⁷ ガイ・ローソン、オクトパス、144ページ、加えられた強調。

サム・イスラエルは、アメリカの諜報工作機関が、繊細で、個人的な米連邦準備銀行のものを含む、あらゆる金融的な取引を、時間的に同時に遡る能力を得たと気付きました。²⁸ もし、どうにかして彼がそのプログラムを手に入れれば、サムは彼自身の「前向きな伝播」の取引のプログラムに融合させる事によって - ローソンが述べた様に - 「彼独自の国家安全保障」になれたのは²⁹、金融的な情報の最新の警告が利用可能であったためです。³⁰

これがまた意味したのは、アメリカの諜報工作の機関が、その様なシステムが存在するなら、その様なシステムを秘密に保ち、そして活動を監視する両方のために、金融のあらゆる隠されたシステムの武器庫において、強力な武器を得た事でした。

サム・イスラエルにとって、しかしながら、その様な繊細な(隠された)市場が実際に存在していてと言うのは鮮明な示唆でした。研究者、ガイ・ローソンが述べる様に:

「私の頭の中で電球が破裂した、」とサムは思い出しました。「プロミスのソフトウェア(プログラム)は、私が市場について疑っていた全てに対する答えでした。私は、1987年のクラッシュ(大暴落)の後、その市場がどの様に人工操作されてきたのかを見ていました。ですが私は、どの様に彼等がそれを行い - どの様に実際にマネーがその市場へと流れ込むのかは、知りませんでした。私はどの様にして、連邦政府が機能するかは理解出来ました。もし、マネーが、セミコンダクタ―へと注入されるならば、私は市場より先に其処に行きつく事が出来ました・・・私は、その流動(取引)の地点にいたでしょう。私は、その株式が変動する前に、その量が上昇する事が見えたでしょう・・・それは、究極的なインサイド・トレードでした。」³¹

イスラエルの明言の示唆に着目してもらいたいのは、彼が述べているのが本質的に - プロミスの様な(コンピューター)プログラムと、それが可能にする、中央銀行に対する諜報工作のコミュニティーの侵入の一つの要素が示唆するのは - 株式債券市場が、観客達のために操作された劇場でしか無いのは、ブローケージハウス(仲買)と中央銀行自体が、テクノクラーツ(コンピューターを使える官僚達)、コンピューターのプログラマー達、社会工学者達、そして何よりもその怪しい人生が、濡れた石鹸(曲者)の様に、金融と諜報工作の間を行き来する、諜報工作のオリガーク達の餌食だと言う事です。

この評価が、インスロウ事件への研究者達が発見したものから、程遠くないのは、言うまでも無く、その逸話がとても事実で、そしてとても大規模過ぎて、疲れ知らずの怠け者のアメリカのダマスゴミ(マスゴミ)のメディアは、それに殆ど触れませんでした。その最後の輪が、最終的に一冊の本として出版されたシェリー・シーモアは、インスロウ事件のダニー・カソラロの調査へと深く入り、西ヴァージニア州のモーテルにおけるカソラロの「自殺とされた殺害」を深く調査しました。
_____
²⁸ Ibid.、147ページ。
²⁹ Ibid.、148ページ。
³⁰ Ibid.
³¹ ガイ・ローソン、オクトパス、148ページ。

彼の会社のソフトウェアの窃盗を調査するために、インスロウ社の設立者、ビル・ハミルトンによって雇われたカソラロは、直ぐに、とても多くの場所に繋がる陰謀のとても数多くの関連の糸を発見し、彼はその実体を「ザ・オクトパス」と名付け、その調査の最終段階にあり、その題材についての本のためのメモを収集し始めた段階でした。カソラロに対して最後の見つかっていない鍵を明かす事を示唆し、カソラロにその題材についての彼の重要な資料とメモを持ってくる様に促した、匿名の情報源によって、西ヴァージニア州のマーティンスバーグに呼び出され、カソラロは、その会合から決して戻りませんでした。彼は、1991年8月10日に、彼の手首の幾つもの深い傷と共に、彼の部屋の風呂場から、清掃員によって発見されました。

調査的なジャーナリスト、ダニー・カソラロ
1 CasolaroDanny.JPG

カソラロの歩みと情報源を辿り、シーモアは直ぐに、カソラロの情報源が実際に、プロミスのソフトウェアが盗まれ、そのプログラムがその後、「裏口」を含む様に改竄されたと主張しているのを確認しました。そのプログラムは、様々な名の下で、いろいろな銀行、企業、そして最も重大な事に、外国の諜報工作の機関へと販売されました。その裏口は、そのプログラムの行き先が何処であれ、米国の諜報工作のコミュニティーが、そのコンピューター・システムとデータベースに入り込む事を許しました。³²
_____
³² シェリー・シーモアの、最後の輪:オクトパスとプロミス・ソフトウェアのスキャンダルへの、ダニー・カソラロの調査(トライン・デイ出版:2011年)、10-11ページ参照。

そのソフトウェアは、データベース(情報)の異なった種類の管理能力においてとても柔軟だったので、武器弾薬、人々、麻薬の簡単な追跡を許し、イラン-コントラ事件の背後の「事業」が、本質的に自己-補佐しているシステムに成る事を許し、または、言い換えると、イラン-コントラは、何処からも政府の監視を必要としなかった、または持っていなかった、完全に自己-保存している(スタンド-アローンの)システムでした。³³ それは、端的に、離脱文明の現れでした。シーモアによると、カソラロは、彼の親しい友人達に、彼がインスロウのスキャンダルとそれに類似した出来事を、1950年代に始まった、汚れた CIA のオールド・ボーイ(OB)のネットワーク(人脈)まで繋げる事が出来たと伝えました。³⁴ カソラロが発見した、インスロウ事件と悪党化した CIA のグループの間の関係の幾つかは、レーガン政権の始まりと共に世界を震撼し始め、その世紀の残りまで続いた、今では悪名高い銀行業のスキャンダルで:The BCCI 、または Bank of Credit and Commerce International (国際クレジットと商業銀行)、もしくは研究者達によって、もっと正確に呼ばれた様に、the Bank of Crooks and Criminals, International (国際的な詐欺師達と犯罪者達の銀行)でした。カソラロがまた発見したのは、貯金と貸し出しのスキャンダル、キーティング・ファイヴ、そしてそれは更に、更に、続きました。³⁵

1.イスラエルがインスロウ事件とプロミス・ソフトウェア・プログラムを知る 119
a. The Promise of PROMIS: the Gatekeeper between the
Breakaway Civilization, Its Hidden System of Finance,
and the Overworld 123
a. プロミスの約束:離脱文明、その隠された金融システム、
そしてオーヴァーワールドの間の門番 123

最も重要な事に、シーモアが明言したのは - そして、その様な明言が、サム・イスラエルに与えた印象を、人は想像する事しか出来ませんが - インスロウ社の設立者、ビル・ハミルトンが、プロミスの一つのヴァージョンが、国家安全保障局(NSA)によって、麻薬の密売からの利益を監視するために、特定的に「銀行の監視のヴァージョン」において改竄された(書き直された)と彼女(シーモア)に伝えた事でした。³⁶ 言葉を変えると、その科学技術は、金融的なコミュニティー、そして国際的な麻薬カルテルと犯罪者達の組織の、膨大な地下経済に対して親密に結びついていました。そのソフトウェアは、言うなれば、金融の目に見えるシステムである「オーヴァーワールド」と、国際的な通貨として麻薬を使用し、それをゴールドと呼んだ(財閥の)、隠されたシステムの間の接面点のゲートキーパー(門番)でした。³⁷
_____
³³ Ibid.、28ページ。
³⁴ シェリー・シーモア、最後の輪、41ページ。
³⁵ Ibid.、51-52ページ。カソラロはまた、ヌーガン・ハンド銀行業スキャンダルへの関連性を明かし、その事実が、シーモアによると、彼の「自殺に見せかけた殺害」に繋がったかも知れないのは、彼が殺害される直前に、カソラロが彼の調査をメモに書き、米国の司法局にそれらを提出したためでした。
³⁶ Ibid.、65ページ。

その裏口を通したそのシステムは、マネーの洗濯を追跡する重要な道具として使用される事が可能でした。³⁸ シーモアは更に、プロミス・ソフトウェアが、「違法的な活動のために、国際的な銀行業システムにおいて、利用(悪用)されている」と、カナダの王立馬上警察に疑われていた事さえ発見しました。³⁹

端的に、カソラロが発見したのは、それ自体として完全に(独立的に)機能していた、「悪党化したグループ」、国際的な「離脱的なグループ」でしたが、そのグループは国際的な銀行家達のカバールの中核では無く、むしろ、諜報工作機関の活動者(スパイ)達の中核、悪党化した軍人達、テクノクラーツ(コンピューターを使える官僚達)、そして、無論、腐敗した、または弱みを握られた銀行家達でした。

シーモアによると、インスロウ社の設立者、ビル・ハミルトンも、彼自身の類似した結論に至りました。十数年に及ぶ調査の後、彼が信じたのは・・・彼のプロミス・ソフトウェアの改竄されたヴァージョンが、無許可の諜報工作的な作戦を資金援助するための、麻薬利益のマネーを洗濯する事に使用されたと言う事でした・・・⁴⁰ 実際に、その様な強力な(コンピューター)プログラムは、秘密裡の金融的な活動の監視、そして更に、秘密裡の金融的なシステム全体の存在を可能にする事を許すだけでなく、それはまた、その様なシステムが存在するために、同等に重要な何かを許し、つまり、取引の実際の数字を変更するための「裏口」を使用する事によって、その足跡を隠し、その活動を不透明にする能力で・・・例えを言うと、実際に現存するゴールドの量です。その様な道具は、ゴールドの同じ量が、株式債券を売るための、後ろ楯、または担保として、何度も、何度も、異なった発行において使用される事を許します。http://songcatcher.blog.fc2.com/blog-entry-1014.html

b. The Promise of PROMIS: the People-Tracking Capability
124
b. プロミスの約束:人々を監視する能力 124

プロミスの - その約束(保障) - の能力の彼女の評価において、シーモアが一人では無かったのは、インスロウ事件のあらゆる真剣な研究家達がそれらに出くわすためです。研究者、ケン・トマスと故ジム・キースにとって、プロミスの逸話は、CIA と、ワッケンハットの様な個人的な企業を通したそれらの「民営化」からの、1980年代における秘密裡の作戦の分離化に親密に関係していました。⁴¹
_____
³⁷ Ibid.、8,341ページ。
³⁸ Ibid.、197-198ページ。シーモアは、この可能性を特定的に、2つの世界的な決済システムである、CHIPS (Clearing House Interbank Payments system/決済の間銀行支払いシステム)と、SWIFT (Society for Worldwide Interbank Financial Transfer/世界間銀行金融送金ソサエティ-)に関して記述します。
³⁹ Ibid.、334ページ。
⁴⁰ シェリー・シーモア、最後の輪、371ページ。

元々、米国の司法局のための契約を満たすために、インスロウ社によってデザインされたソフトウェアは、管轄区から管轄区まで、案件、そして故に人々を、連邦の裁判所システムを通して辿るために開発されました。直ぐに明らかに成ったのは、しかしながら、それがその他の犯罪的な人達 - テロリスト⁴² や - 「反体制⁴³」の人達の様な犯罪者に「成る可能性」の人達を辿る能力でした。そしてそうするための最も簡単な方法は、勿論、彼等の金融的な足跡を通してで、彼等の金融的なやり取りでした。それらの能力の全ては、2001年9月11日において、アメリカン航空とユナイテッド航空に対して誰が大量の短期の(プット・オプションの)注文を入れた、またはそれから利益したのかを、誰も本当に知らないと言う、頻繁に主張されたを与えました。⁴⁴

2. Robert Booth Nichols and “the Secret Bond Market” 125
2.ロバート・ブース・ニコルズと「秘密の債券市場」 125

ですが何が再び、この全てがサム・イスラエルに関係していて、そして何において彼が、順を追って、ナチスの「工業規模の偽造」Unternehmung Bernhard (バーンヘルド/偽札作戦)、または21世紀の最初の10年における、膨大な「無記名債の国債のスキャンダル」と共に、どの様に関連しているのでしょう?イスラエルのヘッジ・ファンドの詐欺が発覚した時、その一つ(バーンハルド作戦)は、言うなれば、大昔の歴史で、無関係の様に現れ、そしてそのもう一つ(無記名債スキャンダル)は、未だに起こっていませんでした。

彼自身の目的のためにプロミスを得ようとする、彼の熱望によって動機され、サム・イスラエルは、その名前が実際に、20世紀後期における全ての陰謀の中と周りにまつわる様な、謎めいたロバート・ブース・ニコルズに接触する事が出来ました。彼等は、ロンドンのファッショナブルなドーチェスター・ホテルで会合しました。サムとニコルズが一人に成ると、彼(イスラエル)は直ぐに、プロミスのコピーを得る問題を追及しました。彼等が語った際に、ニコルズは、彼の携帯電話に電話を受け、彼が語った際に、彼のブリーフケースを開け、ニコルズが確かめる様に現れた書類を、イスラエルが十分にのぞき見出来る様にして、その後それをブリーフケースの中に戻し、それを閉じました。サムは、数字の一列(コラム/柱)を見て、その書類を見る事を要求しました。気が進まない様に現れましたが、ニコルズは、その書類を手渡しました。⁴⁵

それは数字の柱を含み、左側の柱は、投資されたマネーの量を表し、そして右側は、天文学的な率の利益の数字を表しました。
_____
⁴¹ ケン・トマスとジム・キース、オクトパス:秘密裡の政府とダニー・カソラロの死(フェラル・ハウス出版:2004年)、2ページ。
⁴² Ibid.、10ページ。
⁴³ ケン・トマスとジム・キース、オクトパス、23ページ。
⁴⁴ Ibid.、159ページ。
⁴⁵ ガイ・ローソン、オクトパス、153ページ。

サムは、ニコルズが何を取引しているのかを尋ねました。その答えは、無記名債スキャンダルのサム・イスラエル自身の個人的なヴァージョンへと、扉を開きました:

「貴方は何を取引しているのですか?」

「債券です」と、ニコルズは言いました。

「どの様な種の債券ですか?」と、サムは尋ねました。

「これは、大いに貴方に有利な物でしょう。ですが、この市場に入るのはとても難しく、殆ど不可能です」と、ニコルズは返答しました。

「何の市場なのですか?」

「高い利息の売買取引のプログラムで、その市場は、最大級のプレーヤー達にのみ、開かれています。」⁴⁶

時間がたった後、サムは最終的に、「最大級のプレーヤー達にのみ開かれた」この謎めいた市場についての説明を、ニコルズから聞き出す事が出来ました。ニコルズの説明は、ガイ・ローソンによって記述された様に、此処で関連性が示され始めるので、長文において運用する価値があるでしょう:

「ニコルズは、どの様にして、秘密裡の国債市場が機能するのかを説明しました。ニコルズが描写した世界は・・・最後の輪によって呼び起こされた陰謀の論説をあたかも小人の様にしました。ニコルズによると、現代世界の基本的な制度 - 米国政府、連邦準備銀行、国際マネー・ファンド(IMF)は - 全て、フロント(建前/ダミー会社)です。その現実は - もし、サムが真実を扱う事が出来たなら - 彼が想像出来るものより、遥かに暗闇で、更に危険なものでした。

「『世界の政府の中で機能している、秘密裡の政府が存在する』と、ニコルズはサムに言いました。『彼等は - 高い儲けの市場である - 秘密裡の取引のプログラムを運営している。そのプログラムに参加できるのは、極少数の選ばれた人達だけだ。その利益は、闇の作戦、戦争、外国の政府への支払いのために利用される。その利益はまた - 病院を建て、水道処理場を建設し、病気を治癒するために、後進国における、支援(偽善)活動にも使用される。それは、世界において、秩序が保たれる方法だ。そのプログラムは最高機密で - 高度に、高度に、機密化されている。その市場において取引する許可を得る事は、極度に難しい・・・』」⁴⁷
_____
⁴⁶ ガイ・ローソン、オクトパス、153ページ。
⁴⁷ Ibid.、155-156ページ。ローソンはまた、あるとても重要な何かを記述します:「FBI によると、ニコルズは - スイスの口座の数字(番号)の中に隠された、帳簿には載らない何十億ものドルを使用して、どの様に、CIA と NSA が、ブラック・オプ(秘密裡の作戦)を資金援助するのかの詳細の - 諜報工作機関のための高度な金融の秘密を教えられるために、3年間、スイスに滞在したと主張しました。」(186ページ)

サムは、この全てをローソンに説明し、此処において再び、なじみのあるパターンが浮上し、米国の財務省では無く、(個人私有銀行である)連邦準備銀行の国債で、「ゴールドマン・サックス、ドイチェ銀行、野村、ユニオン・バンク・オブ・スイスランド(UBS)、BNP パリバス」等々の様な極少数の銀行、または「主だったディーラー(仲買人)達」へ、連邦準備銀行によって、大安売りされた国債でした。⁴⁸ それらの銀行は、順を追って、その国債を「秘密裡の市場」に入れました。サムはその後、ある重要な手掛かりを明かしました:

「1972年にニクソンがアメリカを金本位制から外した時、糞が扇風機にぶつかった。政府によって発行された全てのドルを支払うために、十分なゴールドは、連邦準備銀行には無かった。」⁴⁹

イスラエルは、気付く事も無く、重要な手掛かりのとても近くにいて、それは、私達が以前の章の中で見た様に、ブラックヒース卿と、そして更にもっと以前にハジャルマー・シャクトの両人が近くにいたもので:現存しているゴールドの量が大々的に、そして意図的に不透明にされていると言う事でした。そして、無記名債スキャンダルが示唆する様に、膨大な金額における証券が、その不透明化されたゴールドに対して、連邦準備銀行によって発行されました。ですが、それについては、更に後に。

理性的な人なら誰しも、その様な秘密裡の市場が利するのは、正に最上級(超富裕層)だけなので、これに対する元々の反応は単純に、それを否定する事でしょうが、それが実に、ニコルズの要点でした。それは、ブラック・オペレーション(秘密裡の作戦)、秘密裡の戦争、そして人が秘密裡の研究と断言出来るかも知れないものに資金援助する、隠されたシステムでした。この章の後と、次の章の中で私達が見る様に、その非難には完全な、そして否定不可能な事実の土台があり、その事実は、無記名債スキャンダルと、それらが何らかの本物の見本に基づいている事を否定する、政府、または学術界の役人達による全ての試みを、三角帽(出鱈目/嘘)に入れます。

何であれ、ニコルズは更にもう一つのミームに触れ、それはどちらの人にも知られていなかった物で、ブラックヒース卿が貴族院において発言した事で:ニコルズによると、サムに対してその「秘密裡の国債市場」を彼が説明した様に、人は何らかの慈善的な働きにおいて、その利益の殆どを使用すると同意する事によってのみ、その市場に参加する事が出来ます。⁵⁰ それは、ブラックヒース卿の「 X 財団」のメシア(救世主)的なミームの全くの繰り返しでした。サム・イスラエルのニコルズとの経験を、無記名債スキャンダルに関連させていた、その他の親しみのあるパターンが存在していました。一つの事だけを言っても、その主張された国債の金額は、「数十億ドルに上りました。」⁵¹
_____
⁴⁸ Ibid.、156ページ。
⁴⁹ ガイ・ローソン、オクトパス、157ページ。
⁵⁰ Ibid.、158ページ。
⁵¹ Ibid.、173ページ。

3. Federal Reserve Bonds, or was that Federal Reserved Bonds? 127
3.連邦準備国債、または連邦に準備された国債だった?

更に重要な事に、「アジアとの関連性」のミームが浮上し、今回も再びもう一度、もう一つの今では親しみのあるミームとの関連で、7,000億ドル(70兆円)の額の無記名債でした。ニコルズは彼がその昔、シンガポールに出向き、それらの債券と、それらの正真正銘の出処を証明する「相続の書類」を持つ、元中国の国家主義派の将軍、蒋介石の遺族の代理と話し合ったと、サムに伝えました。その債券は、常に連邦準備銀行によって正式では無いと否定され、それ(FRB)は単純に、その債券に対して支払うためのマネーを持っていないので、「ですからそれ(FRB)は、その債券が全く発行され無かったふりをして」、表向きにそれらの債券の全ては偽造であると主張しますと、ニコルズはサムに教えました。⁵²

この時点において、私達は再び、2つの解釈的な可能性に面します:その様な債券は全く発行されておらず、米国政府、連邦準備銀行、そして学術界(御用学者)さえも含めて主張する様に、それらのその様な例の全ては実際に偽造で、「主要な銀行を騙すための典型的な秘密裡の債券市場」において発行された偽造詐欺」、または人は、実際に存在していないものなど決して偽造せず、つまり、一つの事件、またはその他の事件における、それぞれ個々の債券が、もし偽造であったとしても、それらは、連邦準備銀行によって、債券として秘密裡に実際に発行された何かの上に基づいているかのどちらかです。⁵³

4. Odd, But Crucial, Miscellanies 128
4.奇妙ですが重要な寄せ集め 128

サム・イスラエルは、勿論、その詐欺を信じ、そしてその「秘密裡の債券市場」に手を出そうと試み、そしてその行程において、彼の会社が有していた残りの流動的な資本をギャンブルし、故に彼と、彼のパートナー達による、彼等の長年の詐欺の最終的な発覚と、そして最終的な裁判と服役へと、運命づけました。

しかしながら、サム・イスラエル-インスロウ-プロミス-秘密裡の国債市場の事件全体について、述べられなければならない、幾つものその他の奇妙さがあったのは、それらの奇妙さが、とても不可解な奇妙さだったためです。
_____
⁵² ガイ・ローソン、オクトパス、221ページ。
⁵³ 記述されるべきなのは、その偽造の「煙」の全ての背後に本物の「火」は全く無いとローソンは考え、そして実際の秘密裡の国債市場は無いと、彼がとてもはっきりと明記する事です。ローソン、op. cit.、249ページ参照。

それらの内で最も異様だったものの一つは、彼の自殺-による-殺害の後に残った、ダニー・カソラロによる暗号めいたコメントでした。⁵⁴ それらのメモの中に、インスロウ事件とプロミスの窃盗を、工業規模の秘密裡の金融的な取引、マネーの洗濯、そして銀行業のスキャンダルに関連させたカソラロはまた、「MJ-12 - 地球外知的生命体」と記述しました。⁵⁵ MJ-12は、勿論、ロズウェルにおける墜落の後に、1940年代後期と1950年代初期の、その他の UFO の墜落への対応として設立されたとされる、トップ・シークレット(最上級機密)の未確認飛行物体の研究グループです。先進的なコンピューター・プログラム、金融の秘密裡のシステム、マネーの洗濯、そしてそれらの活動の全てを監視している秘密裡の諜報工作に関係する分野への調査において、その様な奇妙なメモが含まれたのは、少なくとも、ダニー・カソラロの頭の中で、それらの物事の全てと、UFO 現象の間に関連性があった事を示唆します。私達が前書きの中で記述した様に、しかしながら、正しくその様な見解を持つための、強力で哲学的なケースが存在します。実際に、インスロウ事件と宇宙(人工衛星)の間、そして故に、インスロウ事件と金融の秘密裡のシステムの問いの全体の間には何らかの関連があるのは、最後の輪の中にシェリー・シーモアが記述した様に、インスロウ事件全体における主要な関係者の一人は、「政府とのインスロウの契約」を監督する責任があった、NASA のための「契約の専門家」として、1970年代に彼の時間の多くを費やした、ピーター・ヴィエデニエクスだったためです。⁵⁶

更にもう一つの「不可解な奇妙さ」の中で、インスロウ事件を囲んでいる主要な関係者達の広がり続ける輪の上で、一貫的に浮上していた名前の一つは、イラン-コントラと呼ばれる汚れた麻薬と武器弾薬の取引と、同等に汚れた BCCI の銀行業スキャンダルの世界に拘わっていたとカソラロが発見した武器商人、アドナン・カーショーギでした。⁵⁷ カーショーギの妹は、ウェールズ皇太子妃、ダイアナの恋人とされた、ドーディ・ファエッドの母親、サミラ・カーショーギ・ファエッドでした。

サム・イスラエルが、カソラロの「オクトパス」によって更にもっときつく握られた際に、アジアに対する結びつきと示唆、そして第二次世界大戦後と冷戦時代の早期において深く隠された謎が、更にもっと台頭しました。
_____
⁵⁴ カソラロは、彼の最も重要な書類とメモを、カードボードの拡張するアコーディオン形式のファイルの中に保管していましたが、それは、西ヴァージニア州のマーティンズバーグの運命深い会合へと、彼がもたらす事を要求されました。この書類は、二度と見られる事はありませんでした。後に残ったメモは、彼の家において見つけられ、彼の遺族によってジェファーソン・シテイーのミズーリ州立大学に寄付され、其処で記録保管者で研究家のケン・トマスが、それ以来、その件を研究してきました。
⁵⁵ ケン・トマスとジム・キース、ザ・オクトパス、43ページ。
⁵⁶ シェリー・シーモア、最後の輪、61ページ。
⁵⁷ Ibid.、52ページ。
⁵⁸ Ibid.、53ページ。

ニコルズは、例えば、偽造された連邦準備銀行債券がある意味、第二次世界大戦の間に、旧日本軍によって略奪され、占領していた旧日本軍の司令的な将軍(陸軍大将)、ヤマシタ・トモユキ(山下奉文)によって、フィリピンのミンダナオ島に埋蔵されたブリオン(延べ棒)の莫大な宝に結び付いていました。⁵⁹

これは、私達の最後の手掛かりで、そしてそれが第4章において私達を夢中にさせるのは、ダニー・カソラロがまた、インスロウ事件と、彼がアジア南東へと突き止めた、ブリオンの密輸組織に対する関連性を示唆したためです。更にもっと暗示的なのは、カソラロが明らかに、彼の死の直前に、この関連性を発見したためです。⁶⁰

ですが、それらの「とても不可解な奇妙さ」の最も興味深いものは、サム・イスラエルがそれらの「連邦準備銀行債券」の幾らかを購入し、それらが、2A と 2B の章において検証された様に、スペイン、イタリア、そしてフィリピンの無記名債スキャンダルと同様に、「連邦準備銀行」と刻印された、さび付いた強化ボックスの中に現れた事実です。10年後に発覚する様々な無記名債スキャンダルの債券の様に、イスラエルの債券は、1934年⁶¹ の日付けがあり、そして表面上、その質は本物の様で、そして実際に、「何世代にも渡り連邦準備銀行に供給した」文房具商のクレーン & Co. 社と「同じ素材」を含みました。⁶² それらの1934年の債券の上の米国財務省長官の署名は「本物でした。」⁶³ 「秘密裡の国債市場」のアイデア全体を否定するローソンでさえ、こう認めました:「代表的な歴史家達によると、機密化され秘密裡に保たれた方法において、米国政府が蒋介石の中国政府を秘密裏に資金援助したと言うのは全く可能です。」⁶⁴

しかしながら、ローソンはこうも記述しました、「其処には奇妙さがありました。その言葉があたかも混成の英語において記述された様な、文法的な間違いがありました。」⁶⁵ それらの奇妙さに含まれたのは、連邦準備銀行の債券(Federal Reserve Bond)よりもむしろ、「連邦に準備された債券(Federal Reserved Bond)」では無かったかと、人は不思議に思うでしょう。私達が次の章の中で発見する様に、この一つの奇妙さ - 間違い、下手な英語、文法的な過ち - だけでも、工業的な規模の偽造詐欺の作戦が、国際的な詐欺師達、ペテン師達によって行われていたのではなく、正にブラックヒース卿が指摘した様に、連邦準備銀行とその他の悪党化した機関自体によって行われていました。その債券の額は1億ドル(100億円)に値し、サム・イスラエルが購入したケースは、驚きの総額、250億ドル(2兆5,000億円)を含んでいました。
_____
⁵⁹ ガイ・ローソン、オクトパス、283ページ。
⁶⁰ ケン・トマスとジム・キース、ザ・オクトパス、104ページ。
⁶¹ ガイ・ローソン、オクトパス、315ページ。
⁶² ガイ・ローソン、オクトパス、315ページ。
⁶³ Ibid.
⁶⁴ Ibid.
⁶⁵ Ibid.

サム・イスラエルと、ベイオウ・ヘッジ・ファンド社の失墜にまつわる様々な裁判の間、その「詐欺」におけるニコルズの役割のための彼の証言は、「説明され無かった理由のために」機密にされました。「ニコルズの名前も、米国政府の諜報工作機関との、彼の長く謎めいた拘わりも、報道へと公表されませんでした。」⁶⁶ 2009年において、日本の無記名債スキャンダルが発覚した当時、サム・イスラエルは既に刑務所に入れられていましたが、彼がそれらの債券が本物であったと信じた事を、ガイ・ローソンに伝えました。⁶⁷ 刑務所からイスラエルは、彼の裁判において、彼に対して証拠として使用された「偽物」の債券を取り戻す訴訟を開始し、もしそれらに価値が無いなら、それらを取り戻すには何の問題も無く、そしてもし、実際にそれらの金額の極一部でもそれに価値があるなら、ベイヨウ・ファンド社における彼の元投資家達に、そのマネーで返済されるべきであると主張しました。「私は、私が出来る限りをしている。私は諦めない。真実は、いずれ明るみに出る」⁶⁸ と、イスラエルは述べます。

実際に、真実は恐らく既に明るみに出ました。そしてその真実は、4つの言葉でまとめられる事が可能でしょう:「ゴールド」、そして山下奉文(ともゆき)陸軍大将です。
_____
⁶⁶ Ibid.、317ページ。
⁶⁷ Ibid.、338-339ページ。
⁶⁸ Ibid.、340-341ページ。

旧日本軍の陸軍大将、山下奉文
1 YamashitaTomoyuki.jpg

4. The Lily, the Looting, and Lansdale: The Murky History of a
Covert Slush-Fund for Covert Activities 133
4.百合、略奪、そしてランスデール:秘密裡の活動のための
秘密裡の裏資金の薄暗い歴史 133

「ランスデールは、より大きな CIA の操作の下、またはその事業と、ジョン・バーチ会と世界反-共産主義連盟を含む、その強力な保守派の支援者達による、より大きな操作の下に、それらをもたらすために、それらの口座を移動したのでしょうか?その答えは確かにその後者でしょう。」
- スターリングとペギー・シーグレーヴ¹

反対(上)のページから、読者を見つめている厳格な顔立ちは、日本の、そして実際に、第二次世界大戦の、最も有能で、素晴らしい戦場の指揮官の一人だった、(旧)日本帝国陸空軍大将、山下奉文のものです。² 実際に山下は、彼自身の日本軍よりも、連合軍の数の方が多かったにも拘らず、6カ月でマレー半島と英国領シンガポールを通って彼の「電撃戦(集中攻撃)」を行ったために、マラヤの虎(マレー虎)のあだ名が与えられました。

山下大将の軍事的な能力は、しかしながら、此処において私達に関係するものでは無く;最終的に彼が、1946年に、連合軍の戦犯裁判によって有罪にされ、絞首刑にされた、戦争犯罪者としての彼の記録、または、その記録と処刑が、むしろ、隠すためにデザインされた何かで、山下大将が1944年に、フィリピンにおける日本軍の司令官に成る様に任命され、黄金の百合作戦とコード・ネームされ連携した戦利品キャンペーンにおいて、占領されたアジア全体を通して、日本帝国軍によって収集された戦利品、軍事的な略奪の膨大な量を隠す責任者だったためです。これと共に、私達は終に、離脱文明の金融の隠されたシステムであると私が信じる、その逸話のアジアの心臓部に届きました。その逸話は頻繁に「山下のゴールド」の名前の下で語られ、それは伝説的な話に成りました。私達が今、発見する様に、この伝説には嘘よりも、真実が詰まっています。ですが、人々が言う様に、悪魔は詳細の中に潜んでいて、そして此処においてその詳細は幾つもの悪魔達と、そして幾つもの関連性を隠しています。
_____
¹ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達:山下のゴールドの、アメリカの秘密裡の回復ニュー・ヨーク:ヴァーソ出版、2005年)、154ページ。
² 私は、勿論、苗字の後に名前が来る東洋の習慣では無く、大将の苗字が名前の後に来る、西洋の習慣で記述しています。

A. Operation Golden Lily: “Yamashita’s Gold” 134
A. 黄金の百合作戦:「山下のゴールド」 134

黄金の百合作戦は、上述された様に、占領されたアジアにおける日本帝国の略奪と戦利品の作戦のコード・ネームでした。天皇博仁の俳句³ の一つに因んで名づけられ、その作戦は直接、天皇の弟、秩父宮に一任されました。⁴ 天皇家のその他のメンバー達は、占領されたアジア全体を通したその作戦の、様々な枝葉を監督しました。⁵ フィリピンはこの略奪が、日本本土へと輸送される前の、重要な船舶輸送の中間地点と成りました。

1944年に成ると、日本はその戦争において、回復出来ない程に劣勢になり、そして戦後に天皇家によって使用されるために、この略奪がフィリピンにおいて隠される決断が成され、そして山下大将は、激しい時間稼ぎの軍事活動を戦うために、其処にいた日本軍を指揮するために選択されました。その素晴らしい研究が此処において詳細に検証されるスターリングとペギー・シーグレーヴは、日本の略奪の作戦の規模の示唆を与える言葉において、黄金の百合と山下の役割をまとめます:

「第二次世界大戦末期のフィリピンにおいて、ルゾンの険しい山々の中で、山下奉文大将が、時間稼ぎの戦闘を戦う中、何人かの日本の最も階級の高い天皇家の皇太子達は、未来のための準備を行っていました。彼等は、後に取り戻されるための、何トンもの戦利品のゴールドのブリオン(金の延べ棒)とその他の盗まれた財宝を近くの洞窟やトンネルの中に隠すために労力を費やしていました。これは、数千年を超えて蓄積された12か国のアジアの国々の所有物でした。日本陸軍に同行した専門家のチームが計画的に、国庫、銀行、工場、個人の自宅、骨董店、芸術のギャラリーを空っぽにし、そして一般の人々から盗み、その間、日本の大物のヤクザ達が、アジアの闇世界と闇経済から略奪しました。これにおいて、日本人は、ナチスよりも遥かにもっと徹底的でした。それはあたかも巨大な掃除機が、東アジアと東南アジアを渡って通った様でした。」⁶

この大規模な作戦のための組織と諜報工作は、日本帝国の悪名高い諜報工作の官僚組織であり、警察組織である憲兵隊に委ねられ、そして、シーグレーヴ夫妻が記述する様に、日本の犯罪的な地下世界である - ヤクザが - その略奪行為が正式な表向きの市場に限られない事を確かにするために、アジアにおけるその(ヤクザの)人脈を利用するために雇われました。
_____
³ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達:山下のゴールドのアメリカの秘密裡の回復(ニュー・ヨーク:ヴァーソ出版、2003年)、2ページ。
⁴ Ibid.
⁵ Ibid.
⁶ Ibid.、1ページ。

この状況は、私達の黄金の百合と、その戦後の成り行きの検証が進む際に徐々に明らかに成り、パターンに焦点を当て、そしてそのパターンは3つの要素を含みます:

1)その頂点において、その活動を統制している、強力な「操作しているエリート」がいて、そのためにその略奪が究極的に意図されていて、この場合、日本の天皇家で;

2)その活動を行っているのは、軍部と諜報工作のネットワークで、この場合、憲兵隊で;⁷

3)地下の闇経済の中の人脈と諜報工作のその源泉を使い、この活動を補佐していたのは犯罪的な地下世界で、この場合、日本のヤクザでした。

この、エリート、諜報工作、そして犯罪的な地下の要素の連鎖は、私達が以前にも、戦後の国際ナチスと、その戦争の後のアメリカの軍部、諜報工作、そして金融的な輪を共にした、親密な連携と関連性と供に出くわしました。此処で、私達は、世界の反対側においても、日本のオリハルヒ(オリガーキー)の中にその戦争の間の同じパターンを発見し、そしてこれが示唆するのは、「協力」の類似したパターンが、その戦争の後に、この(日本の)構造と、そのアメリカの反対相手の間に台頭する事です。

1. Lansdale, MacArthur, and Truman 135
1.ランスデール、マッカーサー、そしてトゥルーマン 135

実際に、日本の正式な降服の後の1カ月かそこらで、アメリカの諜報工作機関は、黄金の百合作戦と、フィリピン中に埋蔵された財宝の様々な金目について学びました。⁸ 日本の降伏の知らせを受け取り、9月2日に米軍に投降した山下は、直ぐに拘留され、彼の前任によって明らかに行われた犯罪のために、戦争犯罪で訴えられました。⁹
_____
⁷ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、38ページ。シーグレーヴ夫妻は、黄金の百合のための本当のはずみは、南京の虐殺の結果として現れたと観測し、そして憲兵隊が更にもっと深く拘わる様に成ったのは、この時点においてでした。シーグレーヴ夫妻が指摘する様に、しかしながら、黄金の百合のためのパターンは、1905年の日露戦争と、朝鮮の日本による征服(合併)の直後に最初に完璧化されました。
⁸ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、2ページ。

ですが、その大将の裁判の間に黄金の百合の略奪については何も記述がありませんでしたが、アメリカの諜報工作機関にこの情報を供給したのは、明らかに彼(山下)の部下でした。山下の裁判と処刑の背後には、しかしながら、起こっていた「隠された目的」が存在し、そして再び、その目的が何であったのかを理解するために、シーグレーヴ夫妻を引用するには価値があります:

「彼の弁護士達に明らかに成る事無しで、山下陸空軍大将を、物理的に拷問にかける事は可能では無かったために、彼の部下のメンバー達が、代わりに拷問されました。彼の運転手、コジマ・カシイ少佐に、特別な注意(拷問)が与えられました。フィリピンの防衛を指揮するために、1944年10月に、山下が満州から到着して以来、コジマが彼を至る所に運転しました。コジマの拷問を任されたのは、多くの名前と個性を持つ男である、セヴェリーノ・ガルシア・ディアス・サンタ・ロマナと言う名前の、フィリピン系アメリカ人の諜報工作機関の士官で、彼の友人達は、彼を「サンティー」と呼びました。彼は、コジマ少佐が山下を連れて行った、ブリオン(延べ棒)と財宝が隠されている、それぞれの場所を明かす事を望み(拷問し)ました。

「サンティーを監督していたのは、エドワード G. ランスデールだったと、私達は学びました。」¹⁰

言葉を変えると、その財宝の埋蔵場所を知っていた山下は、彼の沈黙を保つために、排除(処刑)されなければいけませんでした。

警告の金を鳴らし始めるのがエドワード G. ランスデールの名前の現れなのは、これがその後、将軍に成るエドワード G. ランスデールで、政策調整オフィスの汚いトリックを行うフランク・ウィズナーの親密な同僚で、「CIA」の将軍であり、秘密裡の作戦と心理的な戦争の主要な推進者で、詳細な注意を払っている者達にとって、フレッチャー・プラウティー大佐が、ケネディー暗殺についての彼の著書の中で、その出来事(JFK 暗殺事件)の計画に拘わった可能性があると主張したのが、エドワード・ランスデール将軍であったためです。
_____
⁹ その戦争の終結以来、明らかに、彼の知識、または命令無しで行われた残虐のために、山下が正当に裁かれたか否かの、一貫的な問いが残ります。
¹⁰ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、3ページ。「サンティー」は、勿論、様々な無記名債スキャンダルと共に連動してまた、何度も、何度も浮上する名前ですが、しかしながら、この逸話は此処において私達を関心させるものではありません。
¹¹ 私のLBJ (リンドン・ジョンソン)とケネディーを殺害する陰謀:関心(動機)の融合(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2011年)、90-92ページ、211-217ページ、そして特に135ページを参照して下さい。多くの JFK 暗殺の研究者達は、ダラスにおいて警察官に連行されている「3人の浮浪者達」の有名な写真の中で、カメラに背を向けて反対方向に彼等を素通りする男が実際に、ランスデール将軍であると信じます。http://www.prouty.org/photos.html 参照。

ランスデールと共に、言い換えると、秘密裡の作戦と、悪党化したアメリカの工作員達、ファシストとナチスの残党、そして犯罪組織の戦後のネットワーク(人脈)に対する関連を共にする、鍵の人物に私達は出会います。このネットワークを私達は、第二部においてより完全に検証しますが、その関連について此処で着目する事が重要なのは、秘密裡の作戦における彼のキャリアの始まりにおいて、彼が日本帝国の略奪の回復において親密に拘わっていたと、私達が発見するためです。

第二次世界大戦直後のエド・ランスデール:此処では、少佐、または中佐の印を付けています。
1 lansdaleyoung

1945年10月までに、山下の運転手は、「サンティー」とランスデールの拷問に屈し、そして彼等をマニラ北部の十数の黄金の百合の財宝のありかに導きました。¹² 黄金の百合の規模に関する情報と共に - 実際の財宝が - 故に確認され、ランスデールは直ぐに東京へと飛び、其処で彼はダグラス・マッカーサー将軍に報告し、そして其処から、ワシントン D.C. へと飛び、大統領、ハリー S. トゥルーマン自身に報告しました。トゥルーマンは、彼の閣僚達とこの莫大な略奪について話し合った後、「回復と共に推し進める判断をしましたが、それを国家機密に保つ事にしました。」¹³
_____
¹² スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、3ページ。
¹³ Ibid. シーグレーヴ夫妻は、1974年におけるサンタ(サンティー)ロマナの死後、彼の個人的な「ブラック(隠された)ゴールド」の口座が、当時、CIA から引退して10年以上経っていた、ランスデールの操作へと移されたと記述します。シーグレーヴ夫妻が観測する様に、ランスデールは民営化された諜報工作と秘密裡の作戦のグループに拘わっていた可能性が最も高いです。(スターリングとペギー・シーグレーヴ、op. cit.、8ページ参照)

「その財宝 - ゴールド、プラチナ、そしてバラバラな宝石の樽は - 共産主義と戦うための世界規模の秘密裡の政治的な活動の資金を創造するために、ヨーロッパにおいて回復された、三国同盟(ナチス)の略奪と共に融合されました。この「ブラック・ゴールド」は、トゥルーマン政権に秘密裡の作戦のための、実質的に無制限の出処が不透明な資金の利用を可能にしました。それはまた、その同盟国達の財政を強化し、政治的な指導者達に賄賂を贈り、そして外国の国々における選挙を操作するために、ワシントンによって使用される資産の土台を供給しました。1940年代の後期において、ソヴィエト連邦が世界中で共産主義と社会主義の運動を積極的に補佐していて、資本主義世界の生き残りを危険にさらしていたので、この(秘密裡の資金の)目的は全く正当化されると見解されました。」¹⁴

言葉を変えると、秘密裡の作戦を資金援助するために、その莫大な量の財宝を、金融の隠されたシステムとして保つ判断が、最も高いレベルにおいて取られたと言う事です。その冷戦は熱い戦争に成りましたが、それは偽のフロント(建前)と代理を通した、秘密裡に戦われた熱い戦争でした。

この時点において必然的で、高度に問題的な問いの一連が起こり、そして私達はそれらを考えるために一時停止しなければなりません。最初に、ナチスと日本軍の略奪を回復するためのアメリカの努力が単純に、完全な成功ではなかったとしたらどうでしょう?言い換えると、この略奪の幾らかは、戦後の日本の内通者達 - 天皇家のメンバー達、日本の貴族(財閥)、高い地位の実業家達(財閥)、そして政治家達、更に言うまでも無く、その犯罪的な地下組織にだけしか知られていないままだったとしたらどうでしょう?もしこれらの略奪の幾らかが、彼等(日本)のナチス(ドイツ)の反対部分にだけしか知られていなかったとしたらどうでしょう?第二に、秘密裡の作戦は、その示唆された莫大な量の略奪の全てを説明する様に見えるでしょうか?または、その示唆された量はまた、この隠された金融のシステムが、秘密裡の研究を含んでいる、秘密裡の本質の活動のその他の種類を資金援助するために使用されたと暗示するでしょうか?

それらの問いは、もしいずれかが本当なら、人が探すべきそれら自体の特徴の一連を示唆します。最初の問いの一連の場合人は、アメリカの秘密裡の作戦、諜報工作機関、そして金融的なネットワーク(人脈)、更にナチスと日本の両方の、三国同盟のエリート達の生き残りの人脈との間の共謀のサインを探すでしょう。¹⁵
_____
¹⁴ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、3ページ、加えられた強調。
¹⁵ 私は、勿論、私の著書、国際ナチス:金融、紛争、物理学、そして宇宙を操作するための、ナチスの戦後の計画(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2008年)、円盤、逆卍、そして心理戦:離脱文明の歴史:隠された航空科学技術と心理学的な作戦(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2011年)、LBJ とケネディーを殺す陰謀(アドヴェンチャーズ・アンリミッティド出版、2011年)、特に48-53、55-58、151-172、180-187ページ、そして私のバビロンの金融マフィア達:深い物理学の錬金術、高度な金融、そして太古の宗教(フェラル・ハウス出版、2012年)の56-73ページの中で、西洋の金融的な制度の中で、ナチスの略奪を洗濯し使用を調整するための、早期のビルダバーグ会議の背後の、隠された動機を私は示唆し、戦後のアングロ-アメリカの金融的、そして諜報工作のエリート達と、「国際ナチス」の間の、この共謀を概要しました。

この共謀がまた示唆するのは、西洋文化における「忍び寄るファシズム」のサインを人が探すと言う事ですが、これは広くコメントされている現象なので、この本の中では私達は触れません。私達は、しかしながら、第二部の中で共謀と秘密裡の活動のサインを観測する機会があり、そして実際に、以前の章の中で検証された様々な偽の証券の計画を共にした関係におけるヴァチカンの奇妙な役割を指摘する事によって、以前の章の中でその活動の規模の幾らかを既に示唆しました。

二番目の問いの一連の場合、それが示唆するのは、先進的な科学技術の使用、または現れにまつわる異例的で金融的、または政治的な活動のサインを人が探すと言う事で、そして実際に、これを私達は第二部と第三部において考えます。

アメリカの軍部、諜報工作機関、そして金融的な関心と、日本帝国の間の、この戦後の共謀の日本的な要素への入り口は、その創造における陸軍の将軍、ダグラス・マッカーサーの役割を詳細に検証する事によって可能にされます。

陸軍の将軍、ダグラス・マッカーサー
1 Douglas-MacArthur

この戦後の共謀を理解するために、この秘密裏のブリオンの準備金の一般的なパターン、そしてこれがどの様に、以前の章において検証された無記名債スキャンダルによって示唆された、私達が目撃した策略の全体像に関して、シーグレーヴ夫妻が明言するかには注目する価値があります。この莫大なブリオンの準備金は、金融の隠されたシステムのための秘密裡の準備金、「ブラック・ゴールド」を構成します。故に、それは以下の様に機能し

「・・・準備資産として、連合国の主要な銀行を支え、それらの国々の政府を強化しました。保護としてそれらの銀行に納められたブリオンは、(イヤーマーキング/耳標と呼ばれる行程で)そのゴールドで行える使用には制限が付けられたので、慎重に操作されました。これは、ワシントンが、それらの政府、中央銀行、そして主要な銀行に対して、場合に応じて圧力をかける事を可能にしました。簡単に云うと、冷戦において、国とその指導者達が米国に協力し、同盟のまま保たれれば、その眠っているブリオンのデリヴェティヴ(派生物)は、政治的な賄賂(ワイロ)を通してパトロンのために使用する事が出来ます。」¹⁶

このブリオンはどの様に認証されたのでしょう?ゴールドの無記名債が返済保証として与えられました。¹⁷恐らく無記名債スキャンダルとの関連性を察し、シーグレーヴ夫妻は直ぐにこう加えました:「ずる賢い人達の手の中において、その可能性は無限でした。」¹⁸ この秘密裏のブリオンに後ろ楯された資金は、ブラック・イーグル信託と呼ばれました。¹⁹

回復された三国同盟の略奪を戦後の「世界的な政治活動の資金」として使用する可能性は、戦時中にルーズベルト政権の間に始まり、陸軍長官ヘンリー・スティムソンの発案でした。スティムソンは、正にこの問いを扱うためのシンク・タンクを確立し、そして関わっていた男達の一人はジョン J. マクロイでした。²¹ マクロイの名前と共に私達は再び、ナチスとの彼の戦前の拘わりから繋がるコネクションを目の当たりにしているのは、彼が悪名高いドイツの化学産業カルテル(財閥)、I.G. ファーベン社のアメリカ人の弁護士だったためです。マクロイはまた、占領されたドイツのための、戦後のアメリカの高等弁務官(大使)で、そしてその様な役割として、ペーパークリップ作戦の一部として、ナチスを米国へと送り込む事を可能にするために、個人的な介入を行ったためです。
_____
¹⁶ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、5ページ。
¹⁷ Ibid.
¹⁸ Ibid.
¹⁹ Ibid.、3-5ページ。
²⁰ Ibid.、4ページ。
²¹ Ibid.

シーグレーヴ夫妻がまた記述する様に、マクロイはまた、戦後の世界銀行の会長でした。²² そして、勿論、彼はまた、大統領リンドン B. ジョンソン(LBJ)によって任命されたウォーレン委員会の7人の委員達の一人であり、大統領ジョン F. ケネディーの暗殺にも関連していました。マクロイは、三国同盟の略奪を「再-略奪し」、そしてそれを秘密裏の作戦を資金援助する、秘密裡の金融的なシステムへと変える計画の確立において指導的でした。この結果として、元三国同盟のエリート達との共謀の可能性のためのその状態が創造されました。

秘密裡の準備資産に対して、所有している銀行がそれらの帳簿にクレジット(信用貸し)を記入する能力を膨大に拡張する事が出来るこのパターンが、戦後のアングロ-アメリカと国際ナチスの連携の背後にあると、私が論説したものです。此処で、しかしながら、その同じパターンが、戦後のアメリカの占領軍と諜報工作の勢力、そして日本のエリートの間にも機能している事を私達は見つけ、そのコネクション(人脈)は最終的に日本の政治的な権力の頂上、国会の首相、そして天皇家自体に繋ります。実際に、シーグレーヴ夫妻が記述する様に、この資金は幾つもの秘密裡の資金に生を与え、その内の一つだけでも「M 資金」と呼ばれ、1960年代早期において「たった」350億ドル(3兆5000億円)で、彼の選挙キャンペーンに対してキックバックを約束する見返りに、日本の自民党の指導者達に、大統領リチャード M. ニクソンによって与えられました。²³日本の自民党の指導者達は、順を追って、数十年に渡り日本における彼等の一党独裁を保つために、この資金を、秘密裡の賄賂の資源として使用しました。

2. The “MacArthur” Document 141
2.「マッカーサー」文献 141

これにおいて、マッカーサー将軍が鍵と成る歴史的な役割を果たし、そしてどの様にしてかを理解するには、私達はシーグレーヴ夫妻が言及する文献を検証しなければなりません。これは、終戦の直後に、彼(マッカーサー)自身の部下達によって準備された特別報告で:「マッカーサー将軍の報告:日本におけるマッカーサー:軍事的な段階」でした。²⁴ 人は、以下に続く明言を考える事によって、金融のこの秘密裏のシステムを確立するための手助けにおける、マッカーサー将軍の役割の重要性の尺度を得る事が出来ます:
_____
²² Ibid.
²³ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、6ページ。
²⁴ この筆者(ファレル博士)がそのコピーを有する、この奇妙な文献には、とても異様な米国議会図書館のカタログ・カード番号、66-60006と、タイトルのページの「ファクシミルの再発行、1994年、CMH Pub 13-14」以外に、参考文献的な引用の情報がありません。此処における目的のために私は単純に、「ダグラス・マッカーサーの参謀(幕僚)」とその文献の名前とページのナンバーを引用します。

「国外貿易に対する更なる刺激の効能として、SCAP²⁵ は、国外のクレジット(信用貸し)を得るための土台として、日本によって所有されたゴールドとシルヴァーを使用する計画を立案しました。これは、「占領された日本の輸出入回転ファンド(資金)」を創造する事によって達成され、それは、加工と輸出のための原材料の輸入を資金するためのクレジットの土台として使用されました。このクレジットの土台は、1948年5月13日に、一つの政府と、3つの個人的な銀行が、60,000,000ドル(60億円)のクレジットの融資を約束した時に、最初に可能にされました。経済的、そして科学的な部門は、この資金の責任、機能、運営、そして操作に関した政策とプログラムについて、最高司令官(マッカーサー)に助言する責任がありました。」²⁶

「外国のクレジットを得る為」の方法として、日本のブリオンを使用する事がはっきりと明言され、科学的な活動に対する関連性があり、そしてそれらの活動が特定されていない事に着目して下さい。

その文献は、300ページに近いその終わりに向かって更に奇妙に成り、アジアの国々の日本による占領の間に、彼等の所有物を失ったそれらの国々、企業、そして個人によって、日本に対して調査的な主張が成された時に、マッカーサー将軍、彼の参謀達、そして日本のエリート自体の間で実際に、何らかの対応(共謀)が成された事を示唆する奇妙な明言が起こります:

「より高度な本部によって要請された時、またはその他の情報源からの情報が受け取られた際に、調査は行われました。日本の警察、弁護士達、そして機関が利用されました。その警察は、大規模な闇市を操作する彼等の努力において応援され、補佐されました。」²⁷

これが暴露的で、恐らく意図していなかった認めなのは、SPAC によって利用された「機関」の正確な名前は特定されていませんが、黄金の百合に対して主張された本質を与えられると、それらの「機関」は、その場合の本質によって、ある時点において憲兵隊を含んだはずです。加えて、その明言が奇妙なのは、日本の警察が闇市を排除するためでは無く、操作するために応援された事実です。

この活動の全体が大々的に、黄金の百合作戦に関連していた事は、SPAC と - その他の日本の企業(財閥)と共に - その作戦からの略奪を扱った銀行、東京銀行との間の特別な取引を記述する事によって、その文献において後で確認されます。
_____
²⁵ SCAP: Supreme Commander of the Allied Powers (連合軍の最高司令官)、i.e. ダグラス・マッカーサー将軍。
²⁶ ダグラス・マッカーサー将軍の参謀部、「マッカーサー将軍の報告:日本におけるマッカーサー:占領:軍事的な段階、」79ページ。
²⁷ Ibid.、222ページ、加えられた強調。

これ等の爆弾発言を考えてみて下さい:

「これらの厳密に財政上の活動から、その部門の責任の分野は、三国同盟の所有物である、日本政府に帰属する貴金属と宝石、そして特定された個人達、機関等、そして制限、または解体のために SCAP によってスケジュールされた組織に帰属する貴重品の管理と操作を含むまで拡張されました。

「東京銀行(昭和天皇銀行)は、特定の銀行のための清算のエージェンシー(媒体)として指定されました。その部門は、帳簿、記録、またはその他の所有権の排除、改竄、または破壊を防ぐために、その仕事に就いている人材達の厳しい監督を行いました。それは、その清算と特別な金融的関心の問題の進行について、1週間毎の報告書を提出しました。占領軍の目覚ましい任務の一つは、ゴールド、シルヴァー、宝石、外国の切手、(印刷の)彫刻された原板、そして日本国内において違法な通貨の全ての膨大な量の収集と保管を扱う事でした。この富の大部分は、日本の役人達によって、米国軍部の管理の下へと収集され、置かれましたが、それらの財宝の宣言されていない金目が存在していると知られていました。成り行き的に、この分類における全ての所有物を、調査し、発見し、目録し、そして保護する事は、継続的で、増大的な責任でした。その貴金属は、東京の日本銀行の米国の金庫と、大阪の帝国造幣局において保管されました。」²⁸

バーンハルト(偽札)作戦の日本版、またはドイツ人達が彼等自身のバーンハルト作戦の原板を日本へと移動した、またはその両方を示唆している、他国の通貨の(印刷の)彫刻された原板が、勿論、意味する、「日本において合法では無い」通貨の原板に対する言及に着目して下さい。しかしながら、私達を実際に考えさせるのは、「それらの財宝の宣言されていない金目が存在していると知られていた」、そして「この分類における全ての所有物を調査し、発見し、目録し、そして保護する仕事は、継続的で、増大的な責任」と言う明言で、以前に概要された問いの、私達の最初の一連によって示唆された共謀が存在する事を意味し、「マッカーサー文献」から私達が行った最初の引用によって示唆された共謀なのは、それらの隠された金目を学ぶためには、それを隠し、そのありかを知っていた日本人達の協力を必要としたためです。これに関して、マッカーサー自身が、天皇家がそのままで残される事を強調した事は恐らく重要で、天皇家が、私達が見た様に、黄金の百合作戦の上で実際の操作を行っていたためです。これに関して、略奪された所有物が返却される事を確かにする試みの話し合いの間に、人はこの奇妙にも不透明な明言に出くわします:
_____
²⁸ ダグラス・マッカーサー将軍の参謀、「マッカーサー将軍の報告:日本におけるマッカーサー:占領:軍事的な段階、」223ページ、加えられた強調。

「日本軍によって占領された地域において奪われたと疑われる全ての所有物は、はっきりとした合法的な所有権が確立されないなら、略奪された所有物として分類されます。一般的に、それは日本政府を通して SPAC によって直接扱われました。」²⁹

此処において、ある重要な問いが浮上し、そして実際に、それ自体に答えます:人はどの様にして、ゴールド、シルヴァー、そしてその他のブリオンの、元々の所有権を確立するのでしょう?答え:人はそうする事を出来ません。³⁰ 存在する全てはそのブリオンに対する主張だけで、元々の所有権の記録を抹消する日本人達の徹底性の見解の下で、その主張は疑わしいものでしょう。故に、これが全て「SPAC によって直接」、つまり「日本政府を通して」、つまり天皇家と、その政治的な手先と機関を通して、マッカーサー将軍によって扱われたと明言する事によって、意図的な共謀の可能性が膨らみ始めます。³¹

B. Golden Lily, Gold Bugs, Bearer Bonds, and the Nature of the
Fraud at the Basis of the Hidden System of Finance 144
B. 黄金の百合、ゴールドの虫、無記名債、そして金融の隠されたシステム
の土台にある詐欺の本質 144

黄金の百合作戦への彼等の調査の数々の詳細と、アメリカの金融的、政治的、そして諜報工作のエリートと、戦後の日本の間の協力が留まる事無く興味深い間、³² 私達の注目は、金融のこの隠されたシステムの構造に集中したままでなければならず、i.e. 元の戦勝国の連合軍と、元の敗戦国の三国同盟の間の、諜報工作と、金融的、そして軍事的なエリート達の上で、そしてどの様にしてこの構造が、計算された「公式な詐欺」を通してそれ自体を保ち、そして何の目的でそれらの資金が分配されたのかの上です。
_____
²⁹ ダグラス・マッカーサー将軍の参謀、「マッカーサー将軍の報告:日本におけるマッカーサー:占領:軍事的な段階、」227ページ。
³⁰ 私のバビロンの金融マフィア達に続き、これから出版されるヴェニスの金融的な毒蛇達の中で、私が概要した中世の金融マフィア達の話しに着目している人達のために、シーグレーヴ夫妻はとても興味深い明言を行います:「私達が、スペインによって新大陸からどれだけ多く略奪されたのか知らないのは、それがヨーロッパに届くと、その殆どは、メキシコとペルーの征服を資金援助した、Fugger 家やウェルサー家と言った、ヨーロッパの大手の銀行業の一族達に渡されたためです。Fugger 家とウェルサー家がそのゴールドをどうしたにせよ、彼等はとても秘密裡に保ちました。」(スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、9ページ)。
³¹ この共謀は、スターリング夫妻が指摘する様に、今日まで機密にされた秘密です。黄金の戦士達、45ページ参照。これにおいてそれは、この逸話のヨーロッパ側における早期のビルダバーガー達の会議の背後にある、隠された目的と、私が主張するアレンジメント(調整)と類似した調整の太平洋側の「鏡写し」です。

1. Obfuscated Amounts of Gold and Silver Bullion 145
1.ゴールドと銀の不明瞭にされた量 145

隠された金融のこの構造の初めにおいて、その作戦が完全に開始されると、日本人達自身が出くわした重要な事実が明言されなければならないのは、その略奪の目録を附ける仕事を任された憲兵隊の士官達と天皇家の皇太子達が直ぐに気付いたのは「東南アジアを渡って、存在していると知られていたよりも、より多くのゴールドとプラチナが、個人達の手にあった」と言う事でした。³³ 実際に、その戦争の何年も後に、フィリピンの独裁者、フェルナンド・マルコスが、山下の埋蔵された財宝の幾らかを回復するための試みに拘わった時、彼は、彼のアメリカのパートナー達に、「存在していると一般的に考えられている、洗練されたゴールドの量の何倍もの」量のゴールドを彼は伝えました。³⁴
_____
³² 人は、「サンタ(サンティー)ロマナのブラック・ゴールドの移動における鍵の人物」の可能性として、「長年、シティ銀行の代表取締役だったジョン・リード」が主張され(スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、8ページ)、または元米国の副司法長官が、秘密裡の M-資金への調査のために、金融的にも、キャリア的にも失墜させられたと主張される間、元国務長官であり将軍の、アレクサンダー・ヘイグが、(それ自体が更にもう一つの諜報工作機関との関連である)大統領 G.H.W. ブッシュからの個人的な手紙と共に、それらのノート(証券/紙幣、etc.)の一つの話し合いの成功を収めるために、日本まで出向いたと主張される事を考えるだけで十分でしょう。(Ibid.、9ページ)。加えて、シーグレーヴ夫妻は、黄金の百合にナチスと日本の原爆計画との関連性があるのは、日本帝国が濃縮ウランのための見返りとして、ナチス・ドイツに対して、ゴールドのブリオンの支払いを行ったと記述するためです。(Ibid.、70ページ。)
³³ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、50ページ。
³⁴ Ibid.、172ページ。

これと共に、私達は恐らく、此処まで私達が検証してきた謎の、2つの重要な特徴を解決したのは、一方で、思い出されるでしょうが、トゥルーマン大統領が、莫大で秘密裡のゴールドの準備金の上に基づいた、隠された賄賂資金の問題を、国家機密にする判断を行ったためです。この秘密のための一つの理由は、関わっていたブリオンの主張された量によって示唆され、その様な量が突然に公共の知識に成ると、ゴールドの(市場)価値が暴落し、そしてそれと共に、秘密裡の作戦、政治的な活動の賄賂資金、そして秘密裡の研究の計画のために意図されたその資金の中のあらゆるマネーにおける、マネーの量が激減するためです。もう一方で、私達は、何故、存在しているゴールドの数字が、それぞれからとても広く異なっている様に見えるかの指標です(これに関して、再び、ブラックヒース卿の友人、サスーン卿によって彼に伝えられた数字と、ドイツ政府が、それ自体の準備金であると信じる数字 - ブラックヒース卿の数字によると、存在している全てのゴールドの2倍の数字を考えてみて下さい!)

その規模は、その戦争の終わりまでに、日本の天皇博仁が、1億ドル、または現在の価値で言うと10億ドル(1,000億円)個人的な富を築いた事実、そしてこれには、天皇家のその他のメンバー達が得た、個人的で金融的な利益は含まれない事によって理解されるでしょう。それらの預金は、更に加えて、スイス、南米(特にアルゼンチン)、「ポルトガル、スペイン、そしてヴァチカン」の口座の中にありました。³⁵

存在しているゴールドの不明瞭にされた量の点についてのシーグレーヴ夫妻の明確な観測は、長文で引用する価値があります:

「スティムソンのチームによって設立された、不透明なブラック・イーグル信託は、サンタ・ロマナの回復からのブリオンによって強化され、戦後の経済の下に追加的な階層を加えたブラック・ゴールドの別々のたまり場を創造し、そしてワシントンとその同盟政府に秘密裡の金融的なテコを与えました。この信託と、南アフリカのデ・ビアー家と一致させられるダイアモンド・カルテル(財閥)、またはオッペンハイマー家と一致させられるゴールド・カルテルの間には、特定の類似性があります。情報通の情報源によると、それらの類似性は、合理的な理由と、多くの異なった領域のために存在しています。ダイアモンドのカルテルは、膨大な量の原石を集める事が出来ますが、市場に届くダイアモンドの流出の数を制限する事によって、価格を人工的に高く保ち、凄まじい希少価値の印象を保っています。類似した方法において、ブラック・ゴールドのカルテルは - 公式なゴールドの供給を遥かに超える - 何千メトリック・トンものゴールドのブリオンを保有する事が可能で、ゴールドの価格を人工的に高く保つ間、秘密裡にこのゴールドのデリヴェティヴ(派生物/最担保や利息)を秘密裏の賄賂資金として使用します。

「もし、このゴールドの莫大な量の回復が、信頼された極少数にしか知られていないなら、ナチス、ファシスト、または日本軍によって略奪されたそれらの国々と個人達は、それを回復するために訴訟しないでしょう。」³⁶
_____
³⁵ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、51ページ。
³⁶ Ibid.、99-100ページ。シーグレーヴ夫妻はまた、ナチスのゴールドの略奪に関しても、不透明化が存在すると指摘します:「ワシントンの回復されたナチスのゴールドのための、公式な(公共の)数字は、未だにたった550メトリック・トンでしかありません。ですが、アンダーソンはもっとよく知っていました。彼の事業の同僚の一人は、『ヒトラーがポーランド、オーストリア、ベルギー、そしてフランスから盗んだ、山積みのブリオンの頂上に坐っている、』一人のアメリカ人兵士の写真を、アンダーソンのオフィスで見ました。『それは、連合軍の最高司令部に行きつき、それについて語る事は誰にも許されませんでした。』その同じ情報源は、彼がヨーロッパの修道院の中庭に連れていかれ、其処には11,200メトリック・トンのナチスに略奪されたブリオンが収集されていたと述べました。」(96ページ)

先に続ける前に、一つの事に着目するために、私達は一旦停止しましょう:もし、それらのファシスト、ナチス、または日本軍のエリート達がその戦争から生き残ったなら、そして彼等は明らかにそうしました(生き残りました)が、すると、実際に存在しているゴールドの量のこの知識が、戦後のアングロ-アメリカの彼等の反対相手との価値のあるパートナーにしたのは、それらのグループが - もし彼等が十分な記録を保存していたなら - 彼等の西洋のオリハルヒ(オリガーキー)の反対相手に対して凄まじい「恐喝」の力を持つためです。言い換えると、全員が - 戦後のファシスト達、日本のヤクザ、財閥、天皇家のメンバー達、ナチス、ウォール街の弁護士達と金融家達が - 秘密裡の休戦と共存の政策によって利益しました。ですがシーグレーヴ夫妻のその件のまとめと共に続けると:

「また、その様な大量のブラック・ゴールドの存在が、もし公共の知識に成ったなら、(当時、1オンス)35ドルに固定されていた価格が崩壊すると主張されました。とても多くの国々が、彼等の通貨を米ドルに連動させ、そして(当時)ドルはゴールドに連動された(金本位制だった)ので、世界中の通貨の価値が暴落し、金融的な大災害を引き寄せるかも知れませんでした。ですが、それが秘密に保たれる限り、ゴールドの価格は1オンス35ドルに保たれる事が可能で、そしてゴールドにペッグされた通貨(金本位制)は安定的でした。そうこうする間、そのブラック・ゴールドは、準備資産としての役割を果たし、それぞれの国の主要な銀行を強化し、そしてそれらの国々の政府を強化しました。」³⁷

端的に、大々的に不透明化された数字は、2つの目的のために機能するかも知れず:(1)存在しているゴールドの実際の量を秘密に保ち、そして(2)その様な不透明化された数字の方法によって隠された準備金が、金融的な詐欺の膨大な策略において、何度も、何度も最担保化され、離脱文明の秘密裡の作戦の本質、秘密裡の研究、そして「惑星の購入」、または「担保化」さえも含む膨大な計画を資金援助する能力のために、故に更に多くのクレジット(信用貸し)をテコする事を簡単にしました。故に、不透明化されたブリオンの総量と共に、私達は隠された金融の実際のシステムの最初の構成要素を有します。

2. Gold Certificates, Earmarking, and the Secret System of
Finance: One Does Not Counterfeit What Does Not Exist
147
2.ゴールドの(先物取引)証明書(ペーパー)、耳標、そして金融の秘密裡のシステム:
人は存在していない物を偽造しない 147

ですが人が一度、存在しているブリオンの数字(総量)が、多大に不正確な根底にある現実の体現であると言うアイデアを考慮した時、人はどの様にして実際に、金融の隠されたシステムの構築において、これを使用するのでしょう?
_____
³⁷ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、100ページ。

此処で再び、シーグレーヴ夫妻は手掛かりを供給し、そしてそれらと供に私達は、無記名債スキャンダルへと、その輪を完全に一周し始めます:

「保護として、銀行に預けられた・・・ブラック・ゴールドは、「イヤーマーク/耳標」される、またはそれによって行われる使用が厳しく制限されました。これは、ワシントンが都合の良い時に、それらの政府、中央銀行、そして主要な銀行に圧力をかける事を可能にしました。その国とその指導者達がワシントンと協力し、冷戦において同盟である限り、その眠っているブリオンは、パトロン(賄賂)制のため資産の土台を供給する事が出来ました。ゴールドの無記名債、またはその他のデリヴェティヴ(派生物)は、実際にブリオン(延べ棒)自体を渡す事無しで、ギフト、または賄賂として与える事を可能にしました。利益的な信託が、特定の国の代表、軍事的な指導者、または政治家達のために設立される事が出来ました。マクロイの様なずる賢い人達の手に落ちると・・・その可能性は無限大でした。フィリピンにおける黄金の百合から回復された更なるブリオンが定期的に出現するので、そのブリオンの量は厳しい秘密主義において中央銀行、または個人的な購買者達の複合体に提供されました。

「・・・国際的に著名な銀行の幾らかは、数十億ドルのブラック・ゴールドをそれらの金庫の中に入れる事の中毒に成った様です。それらの中毒症状がとても酷かったので、それらはそのブリオンを手渡す事を拒否し、そして幾つかの場合においては、元々の所有者達、または相続者達の書類が偽造であると宣言する事によって、彼等を騙すまで成り下がりました。実際に、その(元々の)所有者達の幾らかは、彼等の書類が偽物であると伝えられただけで無く、彼等の主張を押し続けると殺されるぞと言う、遠回しの脅しを与えられたと主張しました。幾つかの場合において銀行は、それらのブラック・ゴールドの過度な使用に頼ったので、既に、倒産せずにそのブリオンを放出出来る位置にはありませんでした。」³⁸

これ等の明言の示唆を慎重に注目して下さい:

1)ゴールドの証明書が、そのブラック・ゴールドに対して発行され、そしてこのブリオンの準備金は秘密裡の準備金だったので、するとその様な証明書の最も合理的な形状は、その所有者達の匿名性を保護し、故に金融自体の隠されたシステムの秘密を保護した無記名債で;

2)それらの証明書は、しかしながら、それらが後に、偽物、または偽造であると主張出来る様な、その様な形式における策略に拘わった銀行、または複数の銀行によって発行されなければなりませんでした。
_____
³⁸ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、100ページ、加えられた強調。

二番目の点が私達を無記名債スキャンダルへと引き戻すのは、全ての無記名債スキャンダルが、幾つかの共通した奇妙な特徴を持っていた事が思い出されるためです:

1)その債券は、米国の財務省が、一度も発行した事の無い金額で;

2)その債券は、(黄金の百合、またはナチスのゴールドが利用可能に成るずっと以前の)1934年の日付けが刻印され、その債券が先日付けされていた事を示唆し;

3)その債券は、米国の財務省によって発行されたものでは全く無く、あらゆる種類の証券を売らないとされる米国連邦準備銀行(個人私有銀行)によって直接発行されたとされ、そして幾つかの場合、それらの債券には、「連邦の準備された債券」の様な、綴り、または文法的な間違いを含み、そして最後に、

4)その債券の全ては実際に流通している米国の紙のマネーの通貨の複製で、実際の「本物の」米国債には似ていませんでしたが、思い出されるでしょうが、その書類とそのデザインは、幾つかの場合、とても現実的で、「偽物」と見分ける事が出来ませんでした!

これ等の3つの特徴が強く示唆するのは、実際に - 人は、存在していない物を偽造しないと言う事を思い出すと - 連邦準備銀行がその様な債券を発行した事ですが、それ(連銀)はそのデザインが意図的に異例で、意図的な綴りと文法の間違いを含んでいて、もし、その「債券」の所有者が「非-協力的」ならば、彼の書類が「偽造」だと主張される事が可能で、その所有者が単純に、彼のマネーを失う「債券」を意図的に発行したと言う事です。

端的に、その偽造詐欺は、中央銀行システムの正に頂上で起こり、そしてその共謀と共に、隠された金融的なシステムを確立するために起こりました。

ですが、その様な策略が実際に行われたと言う何らかの証拠はあるでしょうか?

正しく、あります:

3. A Significant Clue and Connection to the Bearer Bonds
Scandals: The Scheme of Prime Minister Tanaka 149
3.無記名債スキャンダルに対する重大な手掛かりとコネクション:
田中(角栄)首相の策略 149

此処において、とても多くのその他の例において同様である様に、スターリングとペギー・シーグレーヴのその問題全体への調査は申し分無く、そして彼等の結論は、文句のつけようが無いもの以外の何ものでもありません。私達は以前に、黄金の百合の略奪の一つの分岐(枝葉)が「M-資金」であり、その資金の操作がリチャード M. ニクソン大統領によって、日本を支配している自民党(LDP)の政治的な指導者達に与えられたと着目しました。

この M-資金は、戦後の期間において親密に編み込まれたアメリカのグループ(ジャパン・ハンドラーズ)によって調整され、監督され、そのグループは東京に基づき、そして間違い無く占領された日本におけるマッカーサーの政治的な構造の中にありました。³⁹ 朝鮮戦争が勃発した時、その状況はアメリカの占領軍が朝鮮半島へと急いで送られる事を必要とし、そしてその結果的な安全保障の空洞化において、日本の「自衛隊」を創造するためにその M-資金は使用され、その資金自体は、ニクソン大統領が完全に日本人側に手渡すまで、日米の共同管理へと渡されました。⁴⁰

「ニクソンの M-資金の譲渡は、その逸話の終わりからは - 程遠いものでした。自民党の操作の下で、その M-資金は、エボラ・ウイルスの様に世界的な金融市場を通して伝播した幾つものエキゾチックな(珍しい)金融的な道具を生み出しました。投資家達、または彼等の弁護士達が、驚くべき国際的なおとり作戦において引っ掛けられ、詐欺的な道具を話し合った罪に問われ、誤った有罪(冤罪)と懲役に結果しました。今と成ると、それらの被害者達が、正真正銘の書類を持っていたのは痛い程明らかで - より複雑な政治的、そして金融的な動機が見極められなければなりませんが - 日本政府自体の愚かさから政府をかばうために犠牲にされました。」⁴¹

ですが、此処における日本政府の政治的な愚かさとは、一体何だったのでしょう?

シーグレーヴ夫妻が指摘する様に、日本の政治における M-資金の役割は重大で、日本の戦後の政治的な歴史においてつい最近まで、「実質的に日本の全ての総理大臣」は「M-資金を操作している内輪によって」選択され、その一人は:田中(角栄)首相自身でした。

金融大臣として、田中は、M-資金自体を膨らませるために、その国(国民)から略奪(徴税)する、様々な策略を編み出しました。⁴³ですが彼の最大の役割は、「(昭和)57年」債と呼ばれるものの創造においてで、それは「特別で不自然な政府債券」で⁴⁴ そして人は田中が単に、金融の隠されたシステムと、その参加している銀行とオリハルヒ(オリガーキー)の教科書からの1ページを真似たと想像する事が出来るでしょう。
_____
³⁹ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、121ページ。
⁴⁰ Ibid.、121ページ。
⁴¹ Ibid.
⁴² Ibid.、123ページ。
⁴³ Ibid.、123-124ページ。
⁴⁴ Ibid.、125ページ。

結局の処、彼は、M-資金の管理人として、そのシステムに対して彼自身の個人的なコネクション(関係/人脈)を共にした、その様なオリガークの一人でした。それらの債券は、しかしながら、無記名債スキャンダルにおけるそれらのアメリカの反対相手と共に関連した様に、不可解で、そして今では親しみのあるパターンにおいて奇妙でした:

「彼が金融庁(財務省/大蔵省)によってそれらを発行させたために、それらはテクニカル(技術/実質)的に、国会の承認があっても無くても合法的でした。それぞれが100億円から500億円(当時は5,000万ドルから2億5,000万ドルでしたが、現在ではほぼその2倍の)とても大きな表向きの金額を有していました。」⁴⁵

その策略が直ぐに問題へと走り込んだのは、しかしながら、それらの債券を発行する事によって、それらの補償(救済/買戻し)のために減少していた日本の国家的な財政資金が、唯一「NTT (日本電話 & 電報)の政府(所有)の株式を売却する事」によってのみ、補充されたためです。⁴⁶ ですがその様な対策は単なる一時的な停止の隙間でしか無く、もし、それらの債券の所有者達の幾らかが、多かれ少なかれ同時に、彼等の債券を売却しようと試みたなら、すると田中の金融庁は「デフォルト(破綻宣言)するしか選択肢が無く、それはそのトランプのピラミッド(自民党)の全体が崩壊する原因に成る可能性がありました。」⁴⁷

この時点において、田中と彼の M-資金の仲間達は「57年」債のアイデアを思いつき、それは新な種の証券で、日本の天皇としての博仁の57年目において金融庁によって発行された「補償の証明書」の一種で、故に(昭和)「57年債」の名称でした。⁴⁸ それらの債券は、金融庁によって特別にデザインされ、印刷され、そして発行されましたが、⁴⁹ 様々な無記名債スキャンダルにおいて関係があるとされたアメリカの債券の様に、それらには「奇妙さ」がありました。上述された様に、それらはマネーの天文学的な総額のための IOU (私は/I あなたから/You から借りました/Owe i.e. 借金手形)だっただけで無く、

「物理的に、その「57年債」は、日本の政府によって、以前に発行されたものとは全く異なっていました。それらは、一般大衆に提供されるでも、通常の政府国債の様に国際的な国債市場において取引されるでも無く、ですからその所有者達だけがそれらを実際に目にしました。その策略の魔法(種)は、それらの正に特異性によって、金融庁が後に、「57年債」の全てが偽造であると宣言する事を可能にした事でした。唯一特定の人達だけが選択的に、そしてとても秘密裡に、大値下げにおいて話し合いました。彼等の元々の政府国債のために支払った人達は、それらを「57年債」に交換する事を強要され、故に2度騙されました。」⁵⁰
_____
⁴⁵ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、125ページ、加えられた強調。
⁴⁶ Ibid.、127ページ。
⁴⁷ Ibid.
⁴⁸ Ibid.
⁴⁹ Ibid.
何にせよ、その「57年債」は、『異常に見える様に意図的に印刷され、それはそれらが偽造詐欺であると非難される事を許しました。』⁵¹

田中首相は、しかしながら、資金調達のメカニズムとして「公式な偽造詐欺の策略」を思いついた唯一の人ではありませんでした。ファーディナンド・マルコスは、1965年にフィリピンの大統領に成った直後、黄金の百合の「ゴールドの証明書」と共に、東南アジアの指導者達に賄賂を贈り、ヴェトナム戦争を「売り込み」、もしその指導者が正しく振舞わないなら偽造詐欺であると宣言出来ると、(米国の)ジョンソン政権を納得させました。⁵²

このパターンが今、明らかに成ると共に、そのパターンは証明書の特別なデザイン、意図的な文法の間違い、巨額で、実際に考えもつかない金額を含み - 全ては、もし状況によって必要ならば、それらを偽造詐欺として非難する目的のためで - 無記名債スキャンダルは単純に、本当に存在している、秘密裡の債券市場の、隠された金融的なシステムの一つのもう一つの現れでしかないのは、今、明らかな様です。

この隠された金融的なシステムは、山下の運転手、コジマ少佐の拷問者、サントス(サンティー)ロマナと共に始まり、頭を困惑させる様な関連性に分岐し - ダレス兄弟の本拠地である、有名なウォール街の法律事務所であるサリヴァンとクロムウェル⁵³ へと、1948年のイタリアの選挙を「操作する」⁵⁴事におけるマフィアとヴァチカン銀行の拘わりへと分岐しました(その事実は、ユージーン Tisserant 枢機卿には良く知られていたはずで、そして故に、偽造された証券におけるヴァチカンの拘わりについて、アメリカの政府が文句を付けないと言う彼の自信を説明します!)それは、クレジットと商業の国際銀行(BCCI)とヌーガン銀行スキャンダルにさえへと繋がります。⁵⁵
_____
⁵⁰ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、127-128ページ。129ページの上で、シーグレーヴ夫妻は興味深い金融的な可能性を指摘し、つまり、1982年までに、日本の政府の借金がとても大きく成り過ぎ、補償(売却)のために提出された債券を支払う事が不可能で、そして故にペーパーの新たな形状が債券の所有者達に提供され、それは、それらの異例的な本質が与えられると、後に完全な偽物として主張される事が可能で、またはもしその債券の所有者が「協力的」ならば、値切ってて補償される事が出来ました。

⁵¹ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、130ページ。
⁵² Ibid.、149ページ。
⁵³ Ibid.、147ページ。
⁵⁴ Ibid.、148ページ。

4. Odds and Ends: 153
4.その他の詳細: 153
a. The Technology Connection 153
a. 科学技術のコネクション 153

此処までに私達は、ナチスと日本軍の略奪と共に設定された金融の隠されたシステム、軍事的な諜報工作のコミュニティー、そして戦後の秘密裡の作戦を示唆している関連性に着目してきました。上述された様に、しかしながら、金融のこの隠されたシステムにおいて関わっているマネーの総量はとても莫大過ぎて、冷戦の間に行われたと - 私達が知っている - 秘密裡の作戦の膨大な量をもってしても、このマネーの全ては説明出来ない様です。それが利用されたその他の目的が存在していなければならず、それらの目的の少なくとも一つは、とても洗練され、先進的で、そしてエキゾチックな(珍しい)科学技術の開発のための、秘密裡の研究費だったと私達は提案しました。

黄金の百合のサーガ(逸話/伝説)の全体には、エキゾチックな科学技術 - そして更に、外宇宙と地球外知的生命体(ET)への - 2つの関連性があります。一つは、少々不透明で、「包みから取り出されなければならない」もので、そして2つ目はとても明らかなもので、私達は既に彼に出くわしました。ですが、彼については後程、更に。

最初に、私達はその「不透明」な関連性について扱いましょう。

山下将軍の運転手、コジマ少佐の拷問を詳細するにおいて、シーグレーヴ夫妻は幾つかの詳細を記述し、その一つはとても重要です。以下はその重要な詳細のコンテキスト(文脈)です:

「(1945年の)10月の初頭、何日もの拷問の後、コジマは拷問に屈し、彼が知っていた事の全てを明かしました。ランスデールは車両の一連を組織し、サンティーとコジマ少佐と共に「十数以上の」黄金の百合の財宝の隠し場所へ、山下将軍によって行われた足取りを辿りました。それらは全て、マニラの北方の高い峡谷の中で、中央のバンバングの西の Baguio から、ルゾンの北方の先端の、Aparri までの三角形の中でした。

10月の中頃に彼等がマニラに戻った時、ランスデールはマクミッキング大佐に報告し、その後。東京へと飛び、其処で彼はウィロウビー、ウィットニー、そしてマッカーサーに報告しました。彼等の指示に従い彼はその後、ワシントンへと飛び、ホイト・ヴァンデンバーグ将軍の下で創造された新たな中央諜報工作グループ(CIG/CIA)に成る直前だった、OSS (軍事諜報工作機関)の最後の名残を未だに指揮していたマグルーダー将軍に報告しました。⁵⁶
_____
⁵⁵ Ibid.
⁵⁶ スターリングとペギー・シーグレーヴ、黄金の戦士達、95-96ページ。

マグルーダー将軍が、黄金の百合の略奪と、金融の秘密裡のシステムとしてそれを利用する決定を知っていて、彼の後継者、ホイト・ヴァンデンバーグ将軍もまた知っていたと言うアイデアを、人が考えるのは合理的でしょう。

何故これは、それ程、重要なのでしょう?

何故なら、ヴァンデンバーグが、米国空軍の参謀長、CIA 長官として2度奉仕し、そして、私達の目的のために、デイトンのライト-パターソン空軍基地における米空軍資材司令部の司令官だった米空軍将軍、ネイサン・トワイニングの直属の上司だったためです。ロズウェル事件の直後に、ニュー・メキシコ州へ行く様に、トワイニングに命令したのがヴァンデンバーグで、そしてロズウェル事件について、ラメイ将軍が報告したのが、ヴァンデンバーグ将軍に対してであったためです。そして勿論、ヴァンデンバーグ将軍は、秘密裡の未確認飛行物体(UFO)の研究グループである、マジェスティック-12、またはマジック(社会工学)-12のメンバーであると主張されたためです。

その様な問題へのその他の更に明らかな関連性については、私達はこの章の結論と共に扱います。ですが、黄金の百合と伴った、もう一つの奇妙な関連性があり、そして今度はナチスの偽札作戦、バーンハルト作戦に対してです。

b. The Golden Lily Connection to Operation Bernhard 154
b. バーンハルド作戦への黄金の百合の関連性 154

物資と通貨を得る事においてバーンハルト作戦の銀行紙幣(偽札)を流通させるために、フリードリッヒ Schwend が確立した世界規模のネットワークの中の彼の部下の一人は「ラヴァル」とコードネームされ、彼の強力なアジアとの人脈のために起用されました。「ラヴァル」は、日本軍将軍、テラウチの友人で、助言者でした。⁵⁷ テラウチは、後に黄金の百合作戦において使用されたパターンを、朝鮮(半島合併)において確立した日本軍の将軍の孫で、そしてテラウチ自身が後に、陸軍元帥へと昇格させられ、東南アジアにおける全日本軍の指揮権が与えられ、そして故に、彼は黄金の百合の略奪に深く拘わっていました。

何故、この詳細が重要かも知れないのでしょう?

何故なら、バーンハルト作戦と共に Schwend が深く拘わる時に成ると、その戦争において三国同盟は既に劣勢に成り、そして故にヘイドリックの工業規模の偽造詐欺作戦として始まったものが、ナチスの戦後の国境を持たない「国家」のための、彼等の戦略的な撤退計画の一部に成ったためで、その行いは、彼等のアメリカの反対部分(OSS/CIA)との共謀の可能性を含むものでした。
_____
⁵⁷ アンソニー・プライス、バーンハルト作戦、55ページ。

実際に、両方(ナチス/日本軍)の場合において戦後に台頭した - その様な(CIA との)共謀の可能性が、日本軍と諜報工作機関のエリートの頭に植え付けられたのは、恐らく、この時点においてでしょう。

c. Hidden Finance, Breakaway Civilizations, and ET 155
c. 隠された金融、離脱文明、そして ET 155

離脱文明の隠された金融的なシステム、それを支える詐欺、そして私達がこの本の残りの2部の中で検証する、より広い示唆の間には、もう一つの最後の関連性があり:外宇宙、そして地球外知的生命体(ET)の問題です。

この関連性は、ダグラス・マッカーサー自身です。

1955年10月、朝鮮戦争の間のトゥルーマン大統領による彼の有名な解雇の後、マッカーサーは、何人もの UFO の研究家達によると、ウェスト・ポイント(士官養成学校)の生徒達に対する演説の中で、以下の明言を行ったと主張されました:「次の戦争は、間惑星的な戦争に成るでしょう。地球上の国々は何時の日か、その他の惑星からの人々による攻撃に対して、共同戦線を引かなければならないでしょう。」⁵⁸ ですが、インターネット上の記事によると、⁵⁹ 現実が少々異なっているかも知れないのは、マッカーサーはウェスト・ポイントにおいては、何の演説も行わなかった様に現れるためです。マッカーサーは、しかしながら、1955年10月に、ニュー・ヨーク市のワードルフ-アストリアの彼の個人的な自宅においてマッカーサーを訪問した、イタリアのナポリの市長、アチーレ・ラウロに対して、明らかに類似した明言を行った様です。その翌日の記者会見において、ラウロ市長は、彼等の話し合いが何についてであったかを記者団に説明しました。マッカーサーは「科学の発達のために、地球上の全ての国々は、その他の惑星からの人々による攻撃に対し生き残るために協力(統一)し、共同戦線を引かなければならないと信じます」と、その市長は述べたとされます。⁶⁰ シカゴ・トリビューン紙が、ラウロ市長の記者団に対する発言を取り上げ、「マッカーサーは、宇宙戦争を恐れる」の見出しの下でそれらを報道しました。⁶¹

ですが、1962年5月の、ウェスト・ポイントにおける彼のお別れ(引退)の演説においてマッカーサーは、間惑星的な戦争、そして更に、彼等のブラック(秘密裡)の計画において地球上の人間達によって実際に、既に調査され始めた科学技術を概要し、科学技術的でトランスヒューマン的な未来の一種について語りました:
_____
⁵⁸ http://www.snopes.com/quotes/macarthur.asp
⁵⁹ Ibid.
⁶⁰ Ibid.
⁶¹ Ibid.

「私達は現在、この世界だけの物事と共に対処するだけでは無く、宇宙の果てしない距離と、未だに測り知れない謎と共に対応しなければなりません。私達は新たな、そして無限の前線のために手を伸ばしています。私達は、宇宙的なエネルギーを利用し、風と波を私達のために働かせ、私達の古くからの基準的な土台を補足する、または入れ替えさえするために、聞いた事も無い人工的な素材を創造し;私達の飲み水のために海水を濾過し;資源と食べ物のための新たな場のために海底を掘り起こし;寿命を数百年に伸ばすために病気を予防し、暑さと寒さ、雨と日照りのより平均的な分配のために気象を操作し;月へ宇宙船を送り;戦争における主要な標的が既に、敵国の武装勢力に制限されているのでは無く、代わりに彼の市民の人口を含み;統一された人間の民族と、何らかのその他の惑星的な銀河の邪悪な勢力との間の、究極的な戦争の;その様な夢と幻想の奇妙な定義において語り、人生を歴史上、最もエキサイティングにします。」⁶²

金融の隠されたシステムの創造と、秘密裡の作戦のためのその使用を監督する手助けをしたマッカーサーはまた、その他の使用についても知る立場にあり、そして連合軍と三国同盟の戦闘機が空の上で益々、奇妙で説明不可能な遭遇をしたので、そして特にアメリカの軍部が、機密の軍事的な施設の上で、類似した奇妙で説明不可能な遭遇を益々したので、軍事的な戦略において最悪の場合のシナリオが話し合われ、偵察、先進的な科学技術、そして地球外知的生命体のシナリオでした。これは、もしソヴィエト連邦よりも大きくは無いにしても、大きな危険(国家安全保障)として認識され、目撃されている現象(UFO)を理解するため - そして可能であれば再現するために - そして再び、もし可能であるならば - 秘密裡に作戦を行うために - 必要とされた莫大な資金のための源泉を見つけるためにあらゆる努力が成されました。

ですが、私達がその全てを考慮する事が出来る前に、私達は簡単に一時停止し、私達が見てきたことをまとめなければなりません。
_____
⁶² 陸軍将軍、ダグラス・マッカーサー、「任務、誇り、国家」、1962年5月12日、 http://www.au.af.mil/au/awc/awcgate/au-24/au24-352mac.htm

5. Counterfeiting for Fun, Profit, and World Domination:
Conclusions to Part One 157
5.楽しみ、利益、そして世界征服のための偽造:
パート1のまとめ 157

「私は常に、ケネディー暗殺の本当の理解は、『極少数の悪人達』に繋がるのでは無く、私達がシステム(組織)的に統治されている、制度と疑似政治的なアレンジメント(状況)に繋がると信じ、そう主張しました。」
- ピーター・デール・スコット¹

「もし私達がまた、推進力の科学技術における秘密裡の大きな進歩の可能性、そして深くブラック(秘密)な世界自体の「グリッド外(不可視)」の本質を考慮すると、私達が扱っているのは、効果的に、「離脱文明」で、人類の開けた(表向きの)文明の様々な地点において緩く関連していますが、多大な独立性、秘密主義、そして特定の鍵と成る科学的な秘密の独占を共にしたものの可能性に行きつきます。」
- リチャード M. ドーラン²

もし、研究者ピーター・ラヴェンダが、ナチスの SS Ahnenerbedoenst、「先祖的な調査局」、そして SS の「オカルト(隠された)研究」局の、「離脱文明」的な示唆を検証している時に、それを銃を持った「人類学の研究」と皮肉って呼ぶ事が出来たなら、³ すると、以前の章の中で私達が発見した全ての示唆は、その離脱文明は部分的に、「粒子ビーム、レーザー、グレーザー、反-重力、そして秘密裡の作戦を共にした、銀行業の詐欺と偽造詐欺」であると言う事です。

実際に、以前の章は、「奇妙な」株式債券の「公式な」中央銀行の偽造の上に基づいた、工業規模の偽造詐欺の膨大なシステム、隠された金融の巨大なシステム、そして追随している金融的な詐欺を暴露しました。
_____
¹ ピーター・デール・スコット、深い政治と JFK の暗殺(バークレー:カリフォルニア大学出版、1996年)、11ページ。
² リチャード M. ドーラン、UFO と国家安全保障、第一巻、隠蔽が暴露される、1973-1991年、(キーホール出版、2009年)、564-565ページ。(注:1973-1991年は第二巻)。
³ ピーター・ラヴェンダ、邪悪な連合:オカルトとのナチスの拘わりの歴史(エイヴォン・ブックス出版、1995年)、152ページ。

それらの株式債券(証券)は順を追って、(1)大きな金額で、(2)その証券のデザイン自体が十分に異例的で、その発行している機関がその後、その正当性を否定し、もしその所有者が、もう必要では無いと見なされれば偽造であると主張される、またはその証券は大々的な値引きで買い取られる、基準的なパターンに続きました。それらの証券(ペーパー)は多くの場合において、ゴールドに後ろ楯されていると主張され、そしてその示唆は、私達が目撃した様に、現存しているゴールドの総量が、恐らく、公式な数字が反映するよりも遥かに大きいと言う事でした。このゴールドは、無記名債スキャンダルが強く示唆する様に、金融の隠されたシステムのための莫大な資金をテコするために、何度も、何度も再担保され、其の事実は、もし一般的に受け入れられる様に成る、またはより厳密に、そして公に証明されれば、金融の西洋のシステムを極度に障害させます。端的に、この膨大で隠されたシステムが、国債の詐欺的で隠されたシステムと、恐らく公式な数字を遥かに超える莫大なブリオンの総量の両方と、そして国際的な麻薬取引に関連していると人が考えた時、このシステムが世界経済の大部分を構成し、大規模で経済的な混乱を原因する事無く、簡単に排除される事は出来無い事が明らかに成るでしょう。

A. The Matrix of Factions and Sectors 158
A. 派閥と部門(勢力)の母体 158
B. The Implications of the Bearer Bonds Scandals and the Axis
Counterfeiting and Looting Operations 160
B. 無記名債スキャンダルと、三国同盟の偽造と略奪作戦の示唆 160

PART TWO:
第二部:

TECHNIQUES AND TECHNOLOGIES:
WAGING, AND CONCEALING, COVERT WAR,
OR:
HOW TO WAGE TOTAL WAR WITH TOTAL PLAUSIBLE DENIABILITY
テクニックと科学技術:
秘密裡の戦争を行い、そして隠す、
または:
完全な否定能力(言い訳)と共に完全な戦争を行う

6. Matrix of Mayhem: The Terrestrial Side of Covert Ops: Covert
Operations, Covert Finance, Hidden Wars and 9/11 169
6.混乱の母体: 秘密裡の作戦の地上的な部分:
秘密裡の作戦、秘密裡の金融、秘密裡の戦争と9.11 169

A. The Three Phases of the Institution of the Hidden System of
Finance for Covert Operations 170
A. 秘密裡の作戦のための隠されたシステムの制度の3段階 170
1. General Ed Lansdale and Frank Wisner 170
1.エド・ランスデール将軍とフランク・ワイズナー 170
2. The First Phase: The 1934 “Morgenthaus” and the Deal with
Chiang Kai-Shek 173
2.第一段階: 1934年の「モーゲンタウ」と蒋介石との取引 173
3. The Postwar Phase: the Transitional Mingling of Bankers and
Covert Operations Officers 175
3.戦後の段階: 銀行家達と秘密作戦の工作員達の移行的な混ざり合い 175
4. The Independent, or Rogue Phase: Indications of the Break of
the Breakaway Civilization 180
4. 独立的、またはならず者的な段階:離脱文明の分離の示唆 180
B. A Brief Review of Western Covert Operations: NATO, Nazis,
Fascists, and “Terrorism” 182
B. 欧米の離脱文明の端的な再検証: NATO、ナチス、ファシスト、そして「テロリズム」 182
1. A Catalogue of Created Crises 182
1.創造された危機のカタログ 182
2. International Covert Operations as the “Military Arm” of the
Breakaway Civilization: The Fascist Culture, and the Nazi
and American Cores 184
2.離脱文明の「軍事部門」としての国際的な秘密裡の作戦:
ファシスト文化、そしてナチスとアメリカの中枢 184
3. Frank Wisner, The Office of Policy Coordination, and the
“Deep State” 188
3.フランク・ワイズナー、政策調整のオフィス、そして「ディープ・ステート(影の政府)」 188
4. The Methodology of the Culture 190
4.文化の方法論 190
a. Plausible Deniability, False Flag Operations, and Drills,
or, Ops within Ops 190
a. 否定の能力(言い訳)、フォルス・フラッグ作戦、そして訓練、または作戦の中の作戦 190
b. The Lone Nut Assassin Technique: Norway, JFK, and
John-Paul II 192
b. 単独の気違いの暗殺者のテクニック:
ノルウエー、JFK、そしてジョン・ポール二世 192
c. The World Anti-Communist League as a Technique of
Factional Management 194
c. 派閥的な操作のテクニックとしての世界反共産主義連合 194
5. The Holy Ghost in the Machine, or, The Vatican Bank 196
5.機械の中の神聖な精霊、または、ヴァチカン銀行 196
6. A Key Indicator that It Really Is a Breakaway Civilization:
Operation Northwoods 198
6.それが本当に離脱文明であるという鍵の示唆:ノースウッド作戦 198
C. The Bearer Bonds Scandals and 9/11 Targets 200
C. 無記名債スキャンダルと9.11の標的 200
D. Conclusions and the Technological Transition
D. まとめと科学技術的な移行

7. Kardashev’s Classes and Covert Conflict: Engineering the
Technologies of Plausibly Deniable Mass Destruction, Part One
213
7.カダシェフの(文明の)段階と秘密裡の争い:否定(言い訳)出来る
大量破壊の科学技術の技術開発、 パート1 213

A. The Total Culture of Total Power and Control, and the Doctrine
of Full Spectrum Dominance 214
A. 絶対的な権力と支配の完全な文化、そしてスペクトル(範囲)全体の圧倒の教義 214
B. Weaponizing Planet Earth: The Technologies of Geophysical
Warfare and the Achievement of Kardashev Class One
Civilization Capabilities 222
B. 惑星地球を兵器化する: 地質物理学的な戦争の科学技術と
カダシェフの第一級文明(段階)の能力の達成 222
1. Weather Warfare 222
1.気候戦争 222
2. Steering Hurricanes 224
2.ハリケーンの誘導 224
3. Tinkering with Tornados 227
3.竜巻の操作 227
a. Some Classes of Evidence Overlooked by the Thermodynamic
Theory 229
a. 熱力学によって見過ごされた証拠の幾つかの分類 229
(1) Embedded Objects 229
(1)組み込まれた物体 229
(2) Levitating, or Suctioned, Cars and People? 230
(2)浮き上がった、または吸い込まれた車や人々? 230
(3) Blue-Green Colors, RF Emissions, and The
Implication that “They” Knew All Along 233
(3)青-緑の色、RF(ラジオ・フリクエンシー)の配信、
そして「連中」は始めから知っていたと言う示唆 233
(4) Lightning Inside the Funnel 234
(4)筒の中の雷 234
b. A Basic Outline of Chandler’s Theory 236
b. チャンドラーの理論の基本的な概要 236
c. An Unusual Parallel Description 237
c. 異例の平行的な描写 237
d. Implications for Tornado-Engineering Technology 238
d. 竜巻-技術開発の科学技術の示唆 238
(1) The Ability to Steer Storms 238
(1)嵐を誘導する能力 238
(2) The Ability to Damp Storms 239
(2)嵐を弱める能力 239
(3) The Ability to Intensify Storms 239
(3)嵐を強める能力 239
(4) The Ability to Create a Storm Whole Cloth 239
(4)嵐全体を造りだす能力 239
4. HAARP, EISCAT, and Ionospheric Heaters: Geophysical
Systems Warfare, and the New Geopolitical Imperative
240
4.ハープ、EISCAT、そしてイオン層発熱器:
地理物理学的なシステムの戦争、そして新たな地政学的な必須条項 240
a. The Ionosphere, Missile Defense Experiments, and the
Beginnings of Offensive resonance Possibilities 242
a. イオン層、ミサイル防衛実験、
そして攻撃的なレゾナンス(共振)の可能性の始まり 242
C. Implied Geopolitical Imperatives of the Technologies 246
C. 科学技術の示唆された地政学的な必須条項 246

8. Pulses, Planets, and Pyramids: Kardashev Classes and Covert
Conflict, Part Two 247
8.パルス(衝動)、惑星、そしてピラミッド:カダシェフの段階と秘密裡の争い、 パート2 247

A. Nukes, Tomography, Earthquakes, and Longitudinal Waves
248
A. 核兵器、断層写真術、地震、そして経度的な波(縦波) 248

1. Project West Ford: Entry Into a Mystery 248
1.ウエスト・フォード計画:謎への侵入 248
a. Earthquake Engineering and the Second Kardashev
Corollary 251
a. 地震技術開発と二番目のカダシェフ論 251
b. Earthquake Engineering and the Geopolitical Implication
251
b. 地震技術開発と地政学的な示唆 251
(1) The 1993 Kalgoorlie Australia “Meteor” and a
Further Geopolitical Implication 253
(1)1993年のオーストラリアのカルグーリーの「隕石」と
更なる地政学的な示唆 253
2. Earthquake Warfare 255
2.地震戦争 255
a. Geophysics and Nukes 255
a. 地質物理学と核兵器 255
3. Nuclear Weapons, Longitudinal Waves, and Earthquakes
258
3.核兵器、経度的な波(縦波)、そして地震 258
a. Longitudinal Waves, Nukes, and Earthquakes 258
a. 経度的な波(縦波)、核兵器、そして地震 258
b. Tesla, Bearden, Nukes, Longitudinal Pulses, and the
Medium 261
b. テスラ、ビアデン、核兵器、経度的なパルス、そして媒質(エーテル) 261
c. Pyramid Possibilities 268
c. ピラミッドの可能性 268
B. The Methodology of the Indications of Geophysical Wars, and
Disturbing Class Two Stellar Possibilities 271
B. 地質物理学的な戦争の示唆の方法論と、
不穏な第二段階の星的な可能性 271
1. Methodological Implications 271
1.方法論的な示唆 271
2. A Brief Look at the Solar, or Stellar, Implications 274
2.太陽的、または星的な示唆の端的な検証 274

9. Counterfeiting Crisis for Fun, Profit, and World Domination:
Conclusions to Part Two 275
9.楽しみ、利益、そして世界征服のための偽造の危機:
パート2のまとめ 275

PART THREE:
第三部;

COVERT WARS AND CELESTIAL PSYOPS
秘密裡の戦争と天界的な心理作戦

10. Airship Arcana and the Dellschau Dilemma: Secret Societies and
Secret Technologies 281
10.宇宙船アルカナと Dellshau のジレンマ:
秘密結社と秘密の科学技術 281
A. Airship Arcana 282
A. 宇宙船アルカナ 282
1. “Contact”: The Crash and Recovery Meme: 284
1.「接触」:墜落と回収のミーム 284
a. Aurora, Texas, and the Death of an ET? 284
a. テキサス州オーロラと、ET の死? 284
b. Contact with Human Crews 287
b. 人間の乗組員達との接触 287
2. “Wilson” 290
2.「ウイルソン」 290
3. A Secret Project, But Whose? 292
3.秘密の計画、でも誰の? 292
a. Dolbear, Tillman, and Hearst 292
a. ドルベア、ティルマン、そしてハースト 292
b. Electric Propulsion, a Peculiar Masonic Reference, and
Psychological Warfare Possibilities 294
b. 電気的な推進力、奇妙なメイソン的言及、そして
心理的な戦争の可能性 294
B. The Dellschau Dilemma 298
B. Dellshau のジレンマ 298
1. The Kennedy Connection: Jean DeMenil 299
1.ケネディー・コネクション:ジーン・デメニル 299
2. Implications of the Dellschau-DeMenil-JFK Connection
299
2.Dellschau-ケネディー・コネクションの示唆 299
11. Spy Satellites, Nuclear Weapons and UFOs 311
11.スパイ衛星、核兵器、そして未確認飛行物体 311
A. Military UFO Sightings 313
A. 軍部の未確認飛行物体の目撃 313
1. The 1951 Korean War Incident: American Soliders and a UFO
Exchange Fire 314
1.1951年の朝鮮戦争の出来事:アメリカの兵士達と未確認飛行物体が撃ち合う 314
2. A Vietnam War Incident: North Vietnamese Unit Liquidated
by UFO 317
2.ヴェトナム戦争の出来事:北ヴェトナムの部隊が
未確認飛行物体によって全滅させられた 317
3. The 1953 Kinross Incident 319
3.1953年のキンロスの出来事 319
B. UFOs, ICBMs, and Nuclear Weapons 321
B. 未確認飛行物体、ICBM、そして核兵器 321
1. Sightings near Nuclear Missile Sites and Nuclear-Equipped
Military Units 322
1.核ミサイル基地と核兵器が準備された軍事的な部隊の付近における目撃 322
a. The UFO+Haunted Aircraft Carrier, the USS Franklin D.
Roosevelt 322
a. 未確認飛行物体+呪われた空母、米国船フランクリン D. ルーズベルト 322
b. The Malmstrom A.F.B. Case 324
b. マルムストロム空軍基地の場合 324
c. The Ellsworth A.F.B. Case 327
c. エルスワース空軍基地の場合 327
d. The Minot A.F.B. Incident 329
d. ミノット空軍基地の場合 329
e. The Alleged Big Sur Incident 333
e. 主張されたビッグ・サーの出来事 333
f. Summary Thus Far 335
f. 此処までのまとめ 335
2. Sightings at Nuclear Tests 335
2.核実験における目撃 335
a. Pre- and Post-Test UFO “Monitoring” 335
a. 実験前と後の未確認飛行物体の「監視」 335
b. The Ivy Mike and Castle Bravo Tests 337
b. アイヴィー・マイクとキャッスル・ブラヴォーの(核)実験 337
3. Sightings at Nuclear Weapons Manufacturing Facilities 343
3.核兵器製造工場における目撃 343
C. Evaluations and Speculations 344
C. 評価と推理 344
12. Psyops: Terrestrial, Celestial, and Otherwise: A Short and
Speculative Postscript on “Emulational” and Anamnetic”
Technologies and Their Potential Impact on the Culture of the
Breakaway Civilization 349
12.心理作戦:地上的、天界的、そしてその他:「エミュレーション(競争)的」そして「アナムネティック(Anamnetc)」な科学技術と、離脱文明の文化に対するそれらの効能の衝撃についての、端的で推理的な後書き 349

Babylon’s Banksters (第三章)

第三章
ドイツ、RCA、そして J.P. モーガン
関心と隠蔽の場合

錬金術の中心にある秘密は、私達の地域的で宇宙的な付近の本当の働きの、言いようのない(神聖な)経験です。」
- ジェイ・ウィードナーとヴィンセント・ブリッジズ

デューイーとダーキンの、経済的な活動の彼等のサイクル(周期)的な波のための音の波(音波/圧力の波/縦波)の類推は、経済的なサイクルには、物理学的な土台があるのだろうか?と言う深遠な問いを派生させます。更に加えて、もし彼等自身の音波の類推が、それ自体、デューイーとダーキン自身が推測するよりも、より相応しいとしたら、すると、そのキャリアー(運ぶもの)の波は、それらの波のサイクルの全てを調整するのでしょうか?以前の章の中で目撃された様に、音波とキャリアーの波の類推は、その様な波が、一緒に/一つにプロット(図表化)出来る、または「平均化」出来る事実によって、デューイーとダーキンに対して、疑う余地無く示唆されました。

A. DR. HARTMUT MÜLLER AND GLOBAL SCALING THEORY
A. ハートムット・ミューラー博士と世界規模のスケーリング理論

ですが彼等は、活動/運動のサイクルの波が、より深い物理学の関連性を示すと気付いた唯一の人達ではありませんでした。ドイツの物理学者、ハートムット・ミューラー博士は、更に異なった見解の観点から同様な現象を考え、そしてそれを説明するためにある理論を提案し:世界規模のスケーリング理論でした。

ミューラーは、物理学にとって、その主要な「聖体」である:測定/測量の上に基づいた理論を記述する事によって始めます。ですが物理学の手法における測量/測定の中心性が直ぐに、物理学者がある種の「仲裁裁判所」の役割を演じる事が余儀なくされるのは、何故なら彼の役割が此処で、現実を説明するために物理学者達によって応用された「モデルのどちらか」が「測定/測量に一致し、そして応用されたか、」を決定するものだからです。この検証が、20世紀における物理学の論議の行き止まりに焦点を当てるのは、20世紀の初頭以来、アインシュタイン相対性理論によって独占された法則である、とても大きなスケール(惑星/宇宙規模)において機能可能な通説的な物理学は、量子力学の法則が勝る、原子と準原子の粒子のレベルの、とても小さなスケールに対して応用不可能で、物理学が扱わなければならないスケール、または物体の大きさに対して確実な、検証可能な理論が一つも無いためです。

この状況において、物理学と物理学者達は、ミューラー博士によると、「現実と完全に分離したモデルとアイデアの単なる解釈者に成る様に減少させられ - そしてこれは、更により顕著にされます。」端的に、その他多くの物理学者達と同様に、ミューラー博士は、それが相対性理論に支配されたとても大きなスケール(規模)の物理学であれ、それらの強調が統計学的な可能性のアプローチ(対処の仕方)と共にある、とても小さいものの量子力学の理論であれ、現代的な物理学のメカニクス(機械性)の、反直感的な本質と共に、益々、不満足に成りました。

ですが「測量/測定の神聖さ」の集中が - もし理解されていなかったとしても - 何らかの重要なものに繋がったある部分があり、そしてこれにおいて人が、デューイーとダーキンの研究に対して、直接の概念的な関連性を解るものです:

「最も高度な正確性の測量のための必要性は、数学的な統計の発達を推進し、それは、順を追って、進化的な生物学からのデータと同時に、正確な形態学的、そして社会学的なデータを含む事を可能にしました。元素的な粒子から、銀河的な塊(星雲)まで範囲し、この科学的なデータ・ベース(資料)は、少なくとも、55秩序(段階)の規模(度合)まで延長しました。」

言い換えると、準粒子から惑星、恒星、そして最終的に銀河全体、そして銀河の塊まで、それと共に物理学が扱わなければならない物事の幅(種類)全体の上に延長している物事のあらゆる種類の測量の、膨大なデータ・ベースが其処に存在していました。その様な膨大な測量のデータ・ベースが彼等に利用可能に成り、それが利用可能に成ったら、つまり、20世紀の最初の数十年に、科学者達は直ぐに、その重要性について考え始めたと、人は考えるでしょう。

ですが、この延長的なデータ・ベースは、「1982年まで、統合された(全体論的で)科学的な調査の対象に成りませんでした」とミューラーは記述します。彼等の足元にあるその宝物は、労働(組合)に分断された、巨大な産工業の科学的なコミュニティーのー員達によって、認識されませんでした。」相対性理論の基準的なモデルと、量子力学の理論に対する、ニコライ・コザレフ(Nikolai Kozyrev)の様な、良く知られた有名なロシア人の科学者の不満を与えられると、世界規模のスケーリング理論の台頭に向かって最初に重要な突破口を開き、貢献したのが、ロシア人の科学者達だったのが驚きでは無いのは、このデータ・ベースとその効能的(ポテンシャル)の重要性に、最初に注目を導いたのは、シスレンコという名前のロシア人の生物学者だったためです。

「生命体の体の大きさに関する植物と動物の構造」と題された科学的な論文を、1980年にモスクワにおいて発表し、シスレンコは、「増幅させられた種の体現の一部は、同等の間隔における体の大きさの対数的な一線上において繰り返される(10単位の対数の約0.5単位)」と証明しました。言い換えると、シスレンコは、デューイーとダーキンの経済的な活動のサイクルのとても類似した何かを発見し:特定の数値、または大きさの測量についての生命体の大きさの比較的な分類における、一定的で、周期的な「波の様な」形状でした。其処には唯一、一つの問題があり:この分類、または大きさの特定のスケール(規模)についての「まとめ」は、「生物学的な見解の点からは、説明不可能でした。」例えば、生命体が「8-12センチ、33-35センチ、または1.5-2.4メートル」の体の大きさを好むための、どの様なメカニズム(機械性)が説明出来るのでしょう?等々です。

ハートムット・ミューラーにとって、しかしながら、周期的で対数的なスケールにおける特定の数値の周りの生物学的なまとまりが、その現象のためのより深く根底にある物理の土台を明らかに示唆したのは、物理学のデータベースにおいて実証される、類似した不変量のスケールの対数的な配分があったためです(i.e. スケール、または大きさの測量の全てを渡って応用可能)。故に、1982年までに、ミューラーは、こう証明する事が出来ました:

「存在していたのは、原子と原子的な半径の質量と同様に、原子的な粒子のその他の質量と寿命のための、対数的で周期的に再発する最大限との、統計学的に一致したフリクエンシー(周波数/周期性)の分配でした。」

デューイーとダーキンの影(瓜二つ)です!ですが、それが全てでは無かったのは、「惑星、月、そして小惑星の大きさ、軌道、質量と回転的な周期」の対数的な一線のために、とても類似したパターンが、その後、発見されたためです。その現象は不変量のスケールで、そしてグラフ化された時、「波」の種類の周期的な「サイクル」を明らかに明かしました。

言葉を変えると、ミューラー博士は、デューイーとダーキンが直面していたものと類似した種類の現象に直面していましたが、この場合、その現象は、経済的なサイクルとでは無く - 粒子と惑星である - 物理的な物体の測量に純粋に基づいていました。ですがそれらから結果していた波の形状は、殆ど同じでした。実際に、特定の感覚において、それらが同じだったのは、何故ならそれらが波だったためです!

これが此処で、デューイーとダーキンの「音の波の類推」と、それが提示する問いを全く新たな光の下に入れるのは、それが此処で、私達が扱っているのはもう、単なる概念的な類推では無く、本当の物理的な世界における、実際の一致との類推であると現れるためです。

ですから、その類推に随行する問い - i.e. それらの様々なサイクルの全てのためのキャリアー・ウェーヴ(運ぶ波)は何か?で - また、全く新たで、とても重要なコンテキスト(文脈)へと派生するもので、そしてミューラー博士は、恐らく気付いていなかったかも知れませんが、測量の膨大なデータベースの彼等自身の蓄積の結果として、2人のアメリカ人の経済学者達によって提示された問いにまた、彼(ミューラー)がとても直接的に答えているものでした。

1.物理的な媒質における経度的な波

ミューラー博士は数学的な物理学者で、そしてその様な者として、慎重な測量の全てが、単一で統一的な根底にある構造を持っていたと言う関連性を直ぐに知覚していました。その構造は単純に、再発する対数的な周期性で、i.e. 波、または更に上手く言うと、ハーモニック(調和)のシリーズ(一連/連続)です。その問いと示唆が明らかに成り、増幅し始めるのは、この構造の原因を、人が考える時です。ミューラー博士がその件を明言する様に、この構造の原因は、それらの現象自体を測量するために使われた「スケール/測量の対数的な空間における、の圧力の波(縦波/経度的な波)の存在である」と現れました。この点を言い換えるために、私は、私のギザの死の星は破壊されたからの、この観測についての直接の私のコメントを引用しましょう:

「・・・知性的な観測と、物理的な機能としての観測は両方とも、測量自体の現象として、不変量のスケールなのは、何故なら選択された測量の単位に拘わらず、その結果はそれでも常に、経度的な縦波の構造である対数を有するためです。」

しかしながら、ミューラー博士が実際に言った事、そして彼が言わなかった事を、慎重に着目して下さい。彼はその現象が、ある種の「概念的な空間」の中に存在すると言いました。彼は、彼が実際にそう明言する事から一歩手前であるだけなのは鮮明ですが、その現象が物理的な媒質自体における構造として存在するとは言いませんでした。ですが私達が此処で発見する様に、彼自身が、その現象は本質において物理学的で、そしてその媒質における「経度的」な圧力の波の構造化されたセットとしての、その媒質自体の測量化された見解から派生されると見解する傾向にあります。

私がその他で述べた様に、

「この提案の結果が驚きだったのは、検証された自然的なシステムに拘わらず、とても異なった自然的な現象がまとまる幾つもの場所に「引き寄せ合い」のエリアがあり、そして自然的なシステムによって避けられる「反発」のエリアがあった事です。この現象はとても浸透的で、ドイツの Institute für Raum-Energie-Foeschung(空間エネルギー研究所)は、「人口統計において」、i.e. 都会的な人口(の密集)と、国家的、そして個人企業的の両方の経済において好まれる、または嫌われる「同じ現象」を証明する事が出来ました。

何が実際に、此処において起こっているのかに注目して下さい:

1.ミューラーの対数的な空間における経度的な縦波は、物理学的な現象だけでは無く、デューイーとダーキンによって研究された運動/活動の同じ部分にも応用可能で;故に、

2.ミューラーの世界規模のスケーリング理論は、デューイーとダーキンのサイクルの研究のための財団によってカタログ化されたブームとバスト(バブルと破裂)の正にサイクルに対して、経済的な活動のより深い物理学が実際に存在すると結論的に示唆し;そして最後に、

3.ドイツの空間エネルギー研究所は、このより深い物理学への研究を支援しているだけで無く、経済的な物理学、そして人間の活動と社会的な組織性の研究との関連において、正にそうしている事に着目して下さい。この地点において、ドイツ語における「空間エネルギー」という言葉は、英語における「真空」、または「ゼロ・ポイント(フリー)」エネルギーという言葉と同じ種類のテクニカル(科学技術的)な意味、または示唆を持つ事を理解する事は、読者にとって重要です。端的に、そのドイツの研究所は、ゼロ・ポイント・エネルギーを認識し、支援し、そして研究するだけで無く、恐らく可能な限りそれらの全てを技術開発する目的のために、社会的、そして人口統計的な事を含んでいるその示唆の全体的な範囲においてそれを研究します。」

ですが私達は、ミューラーの理論が、更なるもう一つの重要な示唆を有するので、彼の理論からの更なる幾つかの洞察へ戻りましょう。

その示唆が引力/重力なのは、ミューラーにとって、その媒質における縦の圧力の波は実際に、重力の現象の説明であったためです。簡単に云うと、自然的なシステムが、それらの縦波の節の地点の周りに「集まる」事実は実際に、ミューラーの意見において重力の説明のための構成要素、またはメカニズムでした。概念の秩序の定義における、アインシュタインの一般相対性理論からの、この説明の基本的な違いを理解する事は重要です。その後者(相対性理論)にとって、重力/引力は単純に、地域的な宇宙空間における大きな質量(e.g. 惑星)の存在から結果する、時空間のカーブでしかないためです。ですがミューラーの理論はそれ程表面的では無く、そして更にもっと深い理論なのは、時空間のワープと、恒星、または惑星の大きな質量の両方が、それら自体、その周りに両方が「集まる」もっと深い構造の結果で、その構造は、物理的な媒質自体における圧縮と希薄化の経度的な圧力の波の構造です。ある意味、時空間のワープ、またはカーブが、アインシュタインの理論においてより原理的なのは、それを明言する特定の単純な方法において、そのワープは、大きな質量の存在よりもむしろ、その逆から結果し:その大きな質量があるのは、その媒質において根底にあるワープと、特定の節の地点の周りの、その様な波の集まりのためで、殆ど、アインシュタインの理論の正反対です。

これが既に、世界規模のスケーリング理論の重要性を人に与えるのは、特定の意味において、アインシュタインの理論が技術開発(実験)出来無いためなのは、もし人が、一般相対性理論の枠組みの中で時空間をワープさせる事を望むなら、恒星、または惑星の様な大きな質量が、そうするために存在しなければならないためです。ですが世界規模のスケーリング理論については、その真逆が真実なのは、時空間をワープするために人は、大きな質量の存在を必要とするためで、そのワープされた構造自体が、物理的な媒質(エーテル)における経度的な圧力(縦波)であるためです。人は、時空間をワープする事によって、「ヴァーチャル(架空/想定的)な質量」、または逆に、「反重力の丘」を創造する事が出来ます。

ミューラー博士に取って、この理論は。2つの実直で実用的な応用がありました。最初の例において、その媒質における経度的な縦波の理論は、その様な波を利用し - 通信の目的のための情報と共に - それらを調整する可能性を開きます。その様な波が通常の光の波よりも速いのは、通常の空間においてとても大きな距離の上で、お互いから分離された物体が、それらの波が動く(運動する)対数的な空間において、とても近くである事が出来る為です。第二に、その様な調整された「重力の波」は、「正に時間における同じ瞬間に」地球、火星、または太陽系の外でさえ、あらゆる場所において非調整化される事が出来ます。その理由は十分に単純です。大きな質量は、その様な波の、自然的なレゾネーター(共振器)です。そして再び、その理由が鮮明なのは、その様な波が干渉する場所、または節的な場所の周りにそれらが集まる傾向があり、つまり、それらが交差する処です。故に、宇宙に基づいた通信システムの、費用のかかる衛星の構築は、不必要なだけで無く、ある意味、その様な衛星は惑星よりも比較的な質量では無いのでそれらは効率的では無く、その大きな質量自体を持つ惑星と比較されると、その様な波(縦波/経度的な波/テルル波)の、対化された振動器、または受信機としてとても非効率です。

2.そのリンク:幾何学

もし媒質と重力の中のその様な縦波の間に関係があるなら - 天体の配置/配列の日々、月々、年々の幾何学(立体性)として - 惑星的な配置は、人間の(集合的な)活動に対して類似した関係性を示すでしょう。単純な類推がこの点を描写する役割を果たすでしょう。幾つかの小石を手に持って、穏やかな池の土手に立っている人を想像して下さい。その人はその後、それらの小石を上に投げて、それらが池の中に着水し、波を創造し、そして最終的に、それらの波の全てがお互いに対して交差し、干渉するので、その池ㇸと投げ入れられた小石の配置/配列に特定的な、波の干渉(交差/重なり)のパターン、またはグリッド(格子)、もしくは型板が創造されます。その池の水面が再び穏やかに成った後、その人がまた、手の中の小石を、その池へと投げ入れたとします。再び波は交差し干渉し(重なり合い)ますが、その池の水面に対してそれらの小石が、異なったパターンにおいてランダム(非一貫的)に(水面に)衝撃するために、そのパターンは異なるでしょう。

その「波」は、一つのとても重要な違いと共に、物理的な媒質におけるそれらの経度的な波の効果に対する類推です。太陽系の場合、例えば、それぞれの惑星は、知られている周期性において太陽の周りを公転し;つまり、それぞれの惑星は、太陽の周りを一周する事を完結するために、特定の時間の量が必要です。この事実は、それらの軌道が正確に計算され、そして故にもし人が、長期的な観測から、必要なデータベース(情報)を収集したなら、物理的な効果が予測される事が出来ます。つまり、惑星的な配列/配置自体が、私達の「池の中の小石」の正に類推なのは、それぞれの惑星が定期的に、その様な経度的な波(縦波/電磁波)の、重なり合うグリッド・ワーク(格子の形状)、または型板(エーテル)を創造するためです。

a. 惑星的な配置/配列と、シグナル(電磁波)的な伝播

奇妙にも、その様な観測は、限定的な範囲において、成されました。1950年代の早期、RCA (ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカ)社は、周期的なサイクルに沿って何故、シグナルの伝播が強弱に変化する様に見えるのかを、その技術開発者の一人、J. H. ネルソンに研究させました。幾らかの研究の後に、電気的な技術開発者誌に公表されたネルソンの答えは、当時そうであったと同様に、今でも「一般的な」科学の敏感さにとって衝撃的です。それらの2つの短い記事の概要は全てを物語ります。

彼の記事「短波シグナルの質に対する、惑星的な位置の効果」の概要の中に、ネルソンはこう公表します

「未だに解決されていない問題への新たなアプローチは、間大西洋の短波シグナルに対する惑星的な位置の観測です。7年間に及ぶ相関関係は、特定の惑星的な配置が、短波シグナルの振る舞いに、良く一致している事を表します。

そのたった数か月前、1952年の1月に開かれた AIEE の冬季ジェネラル・ミーティングのために書かれた記事の中の概要において、ネルソンは更にはっきりと説明し、それはこう明言しました

「5年間に及ぶ北大西洋上の、短波ラジオの伝播の状態と、太陽系におけるそれぞれの惑星の比較的な位置の検証は、幾つかのとても興味深い相関関係を明かします。その様な相関関係の結果として、特定の惑星的な関係は、太陽へのそれらの影響を通して、ラジオの伝播に特定の効果を持つと考えられます。ラジオ天気予報の高度に重要な分野が正しく発達させられるために、ラジオの伝播に対する惑星の位置の効果を完全に探求するために、更なる調査が必要と成ります。」

私達が先に進む前に、観測するべきな重要な要素があります。

最初に、「特定の惑星的な関係」は、それらが太陽に与える何らかの影響を通してラジオのシグナルの質と伝播に影響を有する事に着目して下さい。これが機能している全くの質量以外のもう一つのメカニズムに焦点を当てているのは、太陽の質量がそれぞれの惑星の質量の総合よりも遥かに重いのが明らかなためです! 言葉を変えると、基準的な相対性理論のモデルは、惑星的な位置と共に、何故、シグナルの質が変化したのかを説明出来無いと言う事で;基準的な物理のモデルによって提示される重力-質量の関係だけで無く、何らかのその他のメカニズムが機能していたと言う事です。そのメカニズムは、ネルソンによると、時間を通した惑星的な位置の幾何学(立体性)に関係していました。

第二に、ネルソンはまた、地上の天候に対する太陽の知られている効果に加えて、地上の天候と惑星的な位置自体の間にもまた、関係があるかも知れない事を遠回しにヒントします。ネルソンが、RCA のために働いている技術開発者だったと言う事実が無ければ、人は彼の記事が、農家のアルマナック(暦)の天気予報のために匿名で働いている何らかの不鮮明な占星学者の働きと結論する様に促されたかも知れません。

ですが、まだあります。

それが何であるかを理解するために、ネルソンの解説に詳細に、そして慎重に続く事が必要です。その問題は RCA が、太陽黒点の活動を研究するための観測的な望遠鏡を設置した時に明らかに成りました:

低マンハッタンの RCA 通信株式会社の中央ラジオ局に、太陽黒点を観測するために設置された、6インチの反射望遠鏡の観測所があります。1946年におけるこの観測所設立の目的は、太陽黒点の研究から、ラジオ(電波/電磁波)嵐の予測の方法を開発する事でした。1年程の実験の後、太陽黒点の歳、位置、分類、そして活動に基づいた、短波の状態の 予測のシステムが開発されました。満足出来る結果は得られましたが、このシステムが時折失敗する事は、太陽黒点以外の現象が、研究される必要性を示唆していました。

言い換えると、太陽黒点以外の、何らかのメカニズムが関わっていたと言う事です。ですがそれは何だったのでしょう?

太陽黒点のサイクルに関連したその現象の研究を行った者達による様々な記事を検証して、ネルソンは直ぐに、ある奇妙な事を発見して、そしてそれは彼自身の発見に重大な役割を果たしました:

太陽黒点の活動におけるサイクル的な変化は過去に、多くの太陽的な研究者達によって成され、そしてそれらの変化を惑星的な影響に関連させる試みが何人かによって成され、代表的なのは、ハンティントン、クレイトン、そしてサンフォードでした。これらの3人の研究者達の本が研究され、そして彼等の結果は、ラジオのシグナルの振る舞いと、惑星との類似した相互関係の根拠として十分な期待が持てると結論されました。しかしながら、彼等が行った様に、大きな惑星だけを調査する代わりに、水星から土星までの全ての惑星の影響を調査する事が決定されました。0度(コンジャンクション/連動)、90度(スクエア)、180度(オポジション)、そして270度の、同じ太陽中心的な角度(アングル/エンジェル)が使用され、いずれかの惑星の一つ、または複数が、これ等の角度の一つによって分離された日付が記録されました。

調査は直ぐに、これ等の惑星的な角度と、間大西洋的な短波のシグナルの変化の間には肯定的な相関性があると証明しました。ラジオのシグナルは、研究された種の惑星的な配置の1日、または2日の内に劣化させられる傾向を証明しました。しかしながら、全ての配置がシグナルの劣化に一致したわけではありませんでした。特定の配置はその他のものよりも勝る相関関係を示しました。

言い方を変えると、太陽黒点のサイクル自体は、頻繁に主張されたのとは異なり、シグナル(電磁波)の劣化の原因では無く、それら(サイクル)自体が惑星的な配置に相互関連していました;太陽黒点とラジオの伝播の効果の両方が、太陽との関係における特定の惑星的な幾何学の影響であると現れました。そしてもう一つの事がまだありました:0度、90度、180度、そして270度の角度によって、2つ、またはそれ以上の惑星が分離された時に常に起こる、シグナルの伝播に対する影響は、その幾何学的な配置の後に現れました。

ネルソンの記事はこれらの惑星的な関係の幾つかを図表化し、そしてそれらを見る事に価値があるのは、絵は実に、数千の言葉、または百の方程式に匹敵するためです。

1951年9月20-26日の、ネルソンの惑星的な配置
1 nelson1

一方で土星と、もう一方で金星と木星が、ほぼ180度で分離され(オポジションで)、その間天王星と水星がお互いから数度の位置(コンジャンクション)で、他の3つの惑星からほぼ90度離れている(スクエアである)事を観測して下さい。

それらの図表と占星学的な図表の類似性は、勿論、それらに詳しい人には明らかで、そしてそれはネルソンの時代においても同じで、タイム・マガジンは、その研究の効能的な示唆の一つを素早く指摘しました。

惑星の運動によって未来を預言しようと試みる占星学の太古の似非科学には、結局の処、少々の科学があったのかも知れません。今週、迷信に簡単に騙される被害者では無い、ラジオ・コーポレーション・オブ・アメリカが、惑星的な運動の研究によって、ラジオの受信を成功的に予測したと、RCA リヴューに公表しました。」

簡潔にまとめると、タイム誌が遠まわしにヒントしているのは、この太古の「似非科学」に対する「原始物理学」的なアプローチの一種で、つまり、太古の占星学的な神話と昔話の背後には - とても高度な文明の産物であった - とても先進的な物理学と科学があったかも知れないと言う事で、その内、占星学は文明のとても退化した遺産で、エジプトやバビロンは、例えば、それら自体が、もっと、より早期で、そして遥かにもっと先進的な先代の文明の退化した遺産だったと言う事です。そして占星学的な構成要素は、私達がいずれ見る様に、示唆、または暗示だけではありませんでした。

ですが私達は、前に進み過ぎです。

この時点において、私達は、ネルソンの明言の示唆を慎重に考えてみましょう:

1) ラジオのシグナルは電磁的な現象なので、そしてシグナルの伝播が、お互いから0、90,180、そして270度の配置にある2つ、またはそれ以上の惑星によって影響される様に現れるので、その示唆は、太陽系が電気的に中性では全く無く、電気的に流動的で、そしてその流動性がそれらの配置によって影響されるオープン・システムであると言う事です。再び、惑星的な配置自体が経度的な波(縦波)の格子、または繊維、もしくは型板を創造すると言うアイデアを思い出して下さい;

2)太陽と惑星の共通の特徴は、それぞれが、それら自体の地軸の周りで自転している質量で、そして総合的なシステムとして惑星は太陽の周りを公転しています。端的に、私達が扱っているのは、回転しているシステムの中の、回転しているシステムです;

3)太陽自体はプラズマの回転している質量で、その中で一貫的に核融合が起こっている、超高温で、電気的に分極化されたガスです。更に加えて、太陽の回転しているプラズマの質量の中で、その赤道の北と南の経度のプラズマの異なった層において同じ方向に回転していますが、異なった速度においてです。それが知られている様にこの「回転の差」は、私達が先に進む際に重要に成ります。

ですがこの全ては、何を意味するのでしょうか?

この問いに答える為に、私達は、私が、私の以前の著書に記述し、それについてコメントしたこの「深い物理学」の幾つかの要素を検証するために、戻らなければなりません。それらの要点の多くは比較的に素早く反復(復習)出来ますが、それらの幾つかは、新たな追加的な資料と見解と共に、より詳細な検証が必要に成ります。

b. 電気的に流動的な太陽系と惑星的な配置

既に記述された様に、J. H. ネルソンの RCA の研究は、太陽系が電気的に中性なシステムでは無く、そのチャージ(蓄電)がどうにかして惑星的な配置に関連した流動的なものであると言う示唆を指示します。電気的に流動的な太陽系の体現の殆どにおいて着目されるべきは、使用されたモデルが「より深い」物理学における説明を求めない事で、唯単に、太古の時代においてそれぞれの惑星が、お互いから今よりも近くにあり、惑星間の分極化とチャージの差異の蓄積の結果として、私達が落雷として知っている、大きな雷の嵐の間に、大気と地上の間に形成するチャージの差異である、それらの地域の間の最終的で電気的なアーク(電弧/落雷)に繋がる、大規模で電気的な電弧を形成する事が出来ます。この場合、惑星的な配置が、そのシステムに影響する方法の、電気的に流動的な太陽系の理解は、単純に、天体の比較的な近さと、それらの間のチャージの分極化の比較的な差異によるものとされます。RCA のネルソンの研究の例の様に - 惑星の実際の幾何学(図表)的な配置/配列は、実際には見解されていません。

c. プラズマ宇宙学

電気的に流動的な太陽系の概念に親密に関係するのはプラズマ宇宙学で、それは、惑星の間に形成しているチャージの差異のアイデアの背後で働いている、より深い物理学を見解する試みです。プラズマ宇宙学と物理学と共に、私達は正に、その「より深い物理学」のための深遠な示唆のモデルと同時に、太古の文献と謎の幾つかのための、深遠な説明力とのモデルの前にいます。それに従って、私達の再検証は、更に包括的に成らなければなりません。

私は太古の文献とモノリス(単一巨石)の解釈のためのプラズマ宇宙学の基本的で、原理的な示唆を、ギザの死の星の中で最初に概要しました。スエーデンの物理学者、ハネス・アルヴェーンの構想であるそのモデルの概念的な原理は、彼の弟子であるエリック J. ラーナーによって、以下の方法においてまとめられました:

「1936年に始まり、アルヴェーンは - プラズマ宇宙(i.e. 電気的な宇宙)の科学である - 私達が後に、宇宙的な電気流動性と名付けるものの原則の、高度にオリジナル(独自的)な論文の一連において概要しました。宇宙的な光線の派生において、電気的な力が関わっていると納得し、アルヴェーンは・・・(a)天界へと実験室におけるモデルを延長させる方法を探求し・・・彼は実験室においてどの様に高エネルギーの粒子を創造するかを知っていて - その6年前に粒子を加速させるために電気的なフィールド(場)を利用し、それらの通り道を導く(操作する)ために磁気的なフィールド(場)を利用するサイクトロンを開発しました。宇宙的で、自然的なサイクトロンがどの様に可能なのかをアルヴェーンは尋ねました。

「・・・ですが伝導器(伝導性)については、どうだったのでしょう?宇宙は真空であると仮定され、故に電気的な流れ(電流)を運ぶ(伝える)事は不可能とされました。此処でアルヴェーンは再び、実験室から大胆に発案しました。地球上において、極度に希薄化された気体でさえ、もしそれらがイオン化され – つまり、もしエレクトロン(電子)が、原子から取り剥がされれば、電流を伝える事ができ・・・その様なプラズマが宇宙においても存在する事が出来ると、アルヴェーンは考えました。」

私はその後、以下の様に長文でコメントしました:

「これは人が、この理論について何が独特なのかを気付くまで、あまり革命的では無いかも知れませんが:『特定の鍵の変数は、スケール(規模)と共に変化せず - 電気的な抵抗、速度、そしてエネルギーの全ては同じままでした。その他の量は変化し、例えば、時間はサイズ(大きさ)としてスケールされ、ですから、もし、その行程が百万倍小さいなら、それは百万倍速く起こります。』言葉を変えると・・・主要な違いは・・・時間です。

それが直ぐに、とても重要な点に成るので、時間が「主要な差異」、または「目に見える(見解されている)もの」であると言うアイデアに着目して下さい。

その理論の主要な洞察は、しかしながら、明らかで:時間が主要な差異、または「見解にあるもの」である間、物理的な変数のその他 - 電気的な抵抗、フィールド(場)の強さ等々は - 「スケール-不変数」のままで、それは、それらが応用されたシステムの大きさ、または規模に拘わらず、それらが同じように振舞うと言うための、物理学者のテクニカル(科学技術)的な用語です。

ですが其処には更なる示唆がありました:

時間がスケールに敏感で、そしてその他の電磁的な力がそうでは無いので、その示唆は革命的で:

「同等に重要なのは、しかしながら、それらのスケーリング(規模の測量)のルールの反対です。それらの物体の磁気的なフィールド(磁場)と電流がスケール・ダウン(縮小)された時、それらは驚く程強力に成り - 実験室の中で達成可能なレベルを超えて、数百万ガウス、数百万アンペアに成りました。しかしながら、宇宙的な現象を研究する事によって、現在存在している物よりも更に強力な核融合の機器が、どの様に機能するかを科学者達が学べると、アルヴェーンは表します。実際に、彼等(科学者達)は、天界(宇宙)における学習から、その様な機器をどの様にデザイン(設計)出来るかを学ぶかも知れません。

・・・

「ラーナーは明らかにもし、天界の慣性的、そして電磁的な行程が、どうにかして捉えられれば(理解されれば)・・・と示唆します・・・

つまり、もし人が何らかの科学技術的な方法によって、それらを再現出来るなら、すると、

「『存在しているよりも、より強力な核融合の機器が機能します。』何の核融合の機器について、彼は述べているのでしょう?安定的で操作された核融合反応を達成した、トカマク磁気的ボトル型(原子炉)では無く、そしてラーナーが、ファイロ・ファンズワース のプラズメーターを知っていた可能性は低く・・・」

(そして、ラーナーが、ナチスのベル機器を知っていた可能性は更に低いでしょう!)

「・・・唯一残されたものは、すると、フランス、アメリカ、そしてロシアの爆薬庫を満たす、街を破壊するスーパーボム(超大規模な爆弾)です。」

それらの「街を破壊する超爆弾」は、勿論、核融合水素爆弾で、そしてこの逸話に対するそれらの重要性はまた、直ぐに目撃されるでしょう。

「ですがそれが全てではありませんでした。1942年の論文の中に彼が概要したアルヴェーンのプラズマ宇宙学のモデルには、その他の要素がありました:

「もし、伝導している液体が、一貫的な磁場の中に入れられると、その液体に全ての運動は、電流を産出する(電磁場)を派生させます。その磁場の御蔭でそれらの電流は、その液体の運動の状態を変化させるメカニカル(機械的)な力を与えます。故に統合させられた電磁的-水力的な波の一種が産出され、それは、私が知る限り、未だに注目を引き寄せていないものです。

これについてコメントしている際に私は、その様な電磁-水力的な波が、二コラ・テスラの高周波数な直流電流のインパルス(衝動)実験において、そしてその後の彼の有名なコロラド・スプリングスの電気的な実験において、彼によって発見された「電気-音波(i.e. 圧力)的」、または電気的で経度的な波(縦波)に、怪しい程似ていると注目しました。私達はこの題材について、直ぐにもっと述べる機会があるでしょう。

ですがアルヴェーンのプラズマ宇宙学については、着目されなければならない最後の点があり、そしてそれは宇宙の以下の概念で

「繊維的で、細胞的な構造を実証します。宇宙は液体の様な様々な密度の「電気的な層」を体現するだけで無く、「宇宙的なプラズマは頻繁に等質的では無く、磁場に対して平行した(i.e. 垂直な)電流に関連している可能性の高い、繊維的な構造を体現します・・・磁気圏の中には、薄く多少安定的な電流の層があり、それは異なった磁気化、密度、温度等々の地域を分離させます。その類似した現象がまた、遠くの距離の地域においても存在する事が必要です。これは宇宙に細胞的な構造(またはもっと正確に、細胞壁の構造)を与えるはずです。」

先に続ける前に、私達が一度立ち止まり、私達が此処までに有したものを理解する事が不可欠です:

1. アルヴェーンの宇宙学は、真空空間、i.e. その媒質(エーテル)自体を移動する(伝導する)事の出来る、電磁的-水力的な(圧力の)波の概念に繋がり:

2. それらの波を引き寄せるメカニズムが、プラズマ自体で、それは多かれ少なかれ濃密な地域の液体の様な性質を体現し、そして故に、

3.(宇宙)空間自体に細胞的、つまり、言うなれば格子構造を与え;

3. プラズマの現象はスケール(規模)に関わりなく(不変数で)、プラズマ効果はそれらの構造において、銀河全体に正確に類似する様に実験室において創造される事ができ、その点は実験室で発生させられたプラズマの渦、そして銀河全体へのそれらの類似性を一目見れば、完全に理解されるでしょう:

1 lab filaments

上記の現象の研究は、「現在存在しているものよりも、更にもっと強力な核融合の機器」に繋がる事ができ、i.e. 超破壊的な水爆で;そして最後に、

4. 時間が主要な差異、または「目に見えているもの」なのは、それだけが目に見えるスケールを渡って変化するためで;小さなスケールにおいてそれ(時間)は、大きなスケールよりも、より早く機能します。これは、私達がニコライ・コザレフ博士の研究において直ぐに見る様に、一つの重要な点です。しかしながら、思考されているシステムのスケールに対する関係において、時間自体が熟考されているこの流動的な性質を持つと与えられると、それが、とても多くの数学的な物理学、特に相対性理論において扱われている「一次元的」な一種、またはスカラー(スケイラー)的な存在である事は出来ないのは明らかです。端的に、時間は空間に類似した「幅と深さ」で;それは言うなれば、複数次元的な現象です。そしてこれと共に私達は、以前の章の中でデューイーとダーキンによって引用されたオウスペンスキーの洞察に戻ります。」

これを頭に入れると共に、私達は此処で、ナチスの科学者、ロナルド・リヒター博士の戦後の「プラズマと核融合」の研究が唯一、二次的にプラズマについてであったために、ナチスのベル機器のプラズマと核融合の要素を検証しましょう。

d. 真空のプラズマ変換(形質導入)、またはゼロ・ポイント(フリー)エネルギー:ロナルド・リヒター博士の再検証

国際ナチスの中で私は、ロナルド・リヒター博士のアルゼンチンにおける戦後の核融合の研究が、戦時中のナチスのベル計画の特定の要素の継続であった事を概要しました。この件は、そのベルの機器のための発電所を造った Allgemeine Elektricitäts Gemeinschaft 社と同じ会社のために、リヒターが働いていた事実に基づき、その会社に所属する間彼は、「Charite-Anlage Projekt」とコード-ネーム(暗号名)された計画の中で研究していて、それはベル計画の発電所のコード・ネームの一つでしたが、更にもっと重要な事に、リヒターの研究とザ・ベルに拘わっていた物理学が、とても近似していた事です。ザ・ベルとリヒターの研究の両方に、旋回しているプラズマの利用が関わっていました。ザ・ベルとリヒターの研究の両方がまた、金属製のドラム、またはシリンダー(筒)の使用を含んでいました。

ですがこのプラズマの回転の目的は何だったのでしょう?彼の研究を調査するためにペロン大統領によって送り込まれたアルゼンチンの委員会によって、正にこの点を尋ねられた時、リヒターはそのアルゼンチンの科学者達に、核融合の行程を操作するための彼の試みの土台の全体は、その中で縦波の衝撃波を産出するために、鋭く突然な、電気的にパルス(衝動)された、プラズマの歳差的な回転に基づいていると教えました。それらの衝撃波はその後、核融合反応を誘発させました。リヒターが、勿論、当時の科学者達によって、大々的に非難されたのは、何故ならその様な主張が、通説的な理論の面子に対して真っ向から衝突したためでした。

しかしながら、これがその話の全てを伝えないのは、リヒターの見解が表向きには非難された間、その裏で、そしてとても秘密裡に、米国の軍部が、そのオーストリア人のナチスの科学者が、実際に何を試みようとしていたのかに、遠い関心を示したためです。リヒターに接触し、彼が行っている事を説明する様に彼に尋ねると、リヒターは彼の研究、そして故にナチスのベル計画の全体が、核融合に対しては二次的な関心しか無く、その行程が彼等によって、単なる核融合、または超重量級の水爆よりも、更にもっと深遠で、そして効能的に破壊的な物理学へのゲートウェイ(入口)として見解されていたと明かしました。第三帝国(ナチス)のための彼の研究を概要し、リヒターは、アメリカ人の捜査官達に、その核融合の衝撃波の行程が、1936年に、彼によって発見されたと教えました!ナチス・ドイツにおける彼の研究に含まれたのは:

「電気的なアーク(電弧)の炉のシステムについての研究とデザイン(設計)の研究で、プラズマ分析の新種の器具と方法を開発する事でした。1936年において、熱の伝達よりもむしろ、プラズマの衝撃波の反応性に基づいた、全く新種の工業的な電弧反応システムの概念である、プラズマ衝撃波を派生させている行程が発見されました。プラズマ-衝突-誘導された核融合反応の方法による、プラズマ衝撃波の状態を試験するための実験の土台の開発でした。」

もしこの全てが、1950年代初頭の水爆実験よりも、少々先に進み過ぎの様に聞こえるなら、それは進み過ぎでした。それが約45年程、時代を先に進んでいたのは、アメリカの企業、ジェネラル・フュージョンが、プラズマ衝撃波の原則に基づいた、核融合の原子炉を造る試みをすると発表したのが、1995年においてであったためです!

ですがリヒターは、ナチス・ドイツにおけるプラズマ衝撃波と核融合の実験の初期において、明らかに何か異なった事を確認し、その何かは更にもっとより深い物理学へと扉を開くものでした。

「高度に圧縮されたエレクトロン(電子)のガス(i.e. プラズマ)は、私達がゼロ-ポイント・エネルギーと呼ぶものと共に、エネルギー交換のための探知機に成り・・・気流のフィードバック(変換)が操作されたプラズマのゾーン(区域)である重ねられた衝撃波には、細胞の様な超圧力の状態のための高い可能性が存在すると「私達は推理した」と、リヒターは、彼のアメリカ側のペーパークリップ(作戦)のファイル(書類)において明言しました。

ハネス・アルヴェーンの、宇宙のプラズマ-細胞的な構造の面影です!ですが、リヒターが述べている事に着目して下さい:その様なプラズマは - ゼロ・ポイント・エネルギー - 自体である、物理的な媒質(エーテル)のエネルギーへと繋がる「探知機」、またはゲートウェイ(入口)に成り:

「・・・私達がゼロ・ポイント・エネルギーと呼ぶものを体現している、空間における圧縮されたガスと細胞構造の一種の間の、磁気的な場に操作された交換の変位の方法によって、ゼロ・ポイント・エネルギーの、圧縮的で部分的な量を「引き出す」事は(この方法によって)可能な様です・・・プラズマの爆縮の分析は、全く新たなエネルギーの源泉のための、アプローチに成るかも知れません。」

端的に、リヒターが、アルヴェーンのプラズマ宇宙学を超えていたのは、宇宙自体のプラズマ構造が、ゼロ・ポイント・エネルギーの変位の結果であると、彼が言っていたためです。そしてゼロ・ポイント・エネルギーへの、プラズマのゲートウェイに基づいた、彼の「全く新たなエネルギーの源泉」と共に、人が、現在の兵器にある何よりも、もっと強力な核融合の機器を設計出来るかも知れないのは、その様な機器が、最終的な分析において、核融合の機器では無く、何か更にもっと強力な、惑星や、更に恒星を破壊出来る効能の、核融合の「ゲートウェイ」、または変換器であるためです。

ですから、ザ・ベルへのその関係は何だったのでしょう?

それはとても単純です。

リヒターの行程全体がプラズマの回転を含み、その中で歳差、または「ブレ」が誘発された事を一度思い出して下さい。ザ・ベルの中には、私の考えにおいて、お互いに上下に重ねられ、反対方向に回転しているシリンダーがあったようです。それらのシリンダーの中には、水銀の高度に放射線的な調合物があり、恐らく高回転状態の原子的な異性体と共に重ねられ、毎分、10万回、もしくは100万回の規模まで、超高度な速度まで回転させられました。異性体は順を追って、原子の高度な回転の状態で、そのエネルギーは、回転している原子の角度的な推進力に閉じ込められています。その様な高度な速度まで、その様な物質をメカニカル(機械的)に回転させる目的が故に明らかなのは、その様な運動は、2つのシリンダーの中で、多かれ少なかれ同じ平面上の回転の上で配列された方法において、それらが全てが回転している様に、慣性によってその物質の原子が「結合」されるためです。この素材は、その後、直流電流の高度なヴォルテージによって電気的にパルス(衝動)され、その素材を通して、その機器の中心へと、回転しているドラム自体からのアーク(電弧)にリヒターを(ペースさせ?)、故にプラズマだけでなく、その中における「電気-音響」的な衝撃派を設定し、そしてそれらは順を追って、その高い回転の状態から減速させられた調合物のアイソメトリック(等積曲線)な構成要素として、そしてその高い回転力の中に蓄積されたエネルギーの膨大な量の開放として、エネルギーと時空間自体を変換させます。反対方向に回転している2つのドラムの速度を変化させる事によって、回転の差異、歳差、または「ブレ」の一種は、プラズマにおいて人工的に作用させられました。

簡単に云うと、ナチスの科学者達は、星々と、更に銀河自体のプラズマ宇宙学を、小さなキャンピングのトレーラー程、小さな機器まで小規模化し、物理的な媒質(エーテル)である、時空間自体の繊維を操作するために、それを利用していました。

ですが何故、その様な回転的な差異を設定したのでしょう?更に言えば、最初の時点で、回転していて(歳差していて)、電気的に衝撃されたプラズマが、ゼロ・ポイント・エネルギーの変換器かも知れないと、リヒター博士を導いた要素は何だったのでしょう?

その問いに答えるために、私達は再び、星々と、ロシアの天文物理学者、ニコライ・コザレフ博士の研究、そして早期の水爆実験のあまり知られていない事実を見つめなければなりません。

e. 旋回しているシステムの中の旋回しているシステム:ニコライ・コザレフ博士の再検証

回転しているプラズマから、水素爆弾の核融合反応まで、そして恒星とゼロ-ポイント・エネルギーまでの - この全ての関係が本当に何なのかを理解するために、私達は、私が過去にギザの死の星の中に記述した事に戻らなければなりません:

「早期の水爆実験の間、その爆弾の実際のエネルギー放出(破壊力)は、元々、計算されていたものを遥かに超えるものでした。其処には(意図的にでは無く)使用されていた過剰エネルギーの知られざる源泉である「 x 」要素が存在していました。水素爆弾は原子の核子の正に準原子的なレベルにおいて、膨大な量の破壊的なエネルギーを解放するので、私達がまた、部分的に、そのエネルギーが何処から、そして何故、現れたのかを推理する事が出来るのは、その様な兵器が文字通り、時空間の幾何学と繊維において乱暴で地域的な障害の原因に成るためです。端的に、ハーモニクス(音響)の未だに十分に理解されていない何らかの法則が、過剰エネルギーを産出していました。

人が、その過剰エネルギーが何処から来て、そしてどの様にそれが機能するかの理解への最終的な接近を始めるのは、彼等のベル機器とのナチスの秘密裡の研究においてのみでは無く、ロシアの天文物理学者、ニコライ・コザレフ博士の研究においてです。私達は既にその答えの一部を知っていて:それは時空間自体のエネルギーから出現しました。

ですが時空間は、流動性に欠けた単なる真空では無いのは、それが物体システムを含み、それが情報を含んでいて、そしてそれらの物体と情報は、お互いに対して変化し続けている流動的な関係を経験しているためです。

コザレフは、水爆と類似した問題にぶつかりましたが、彼の場合、その問題は水素爆弾とそれらの異常な破壊力とでは無く、正に太陽自体に対してで、そしてそれ自体の高度に異常なエネルギー放出でした。賢者の石:錬金術と、エキゾチックな物質のための秘密裡の研究の中で私が書いた様に:

「その主要な動機の全体は、彼の数十年に及ぶトーション(ねじれ力)と、様々な要素(元素)と調合物のトーション増幅とシールディングの性質の調査のための、彼自身の認識によると、 - 本質的に永続的な水素爆弾とされる - 恒星を巨大で永続的な核融合の原子炉とする、基準的なモデルが真実に成るためには、ただ単純に十分なニュートリノ(中性微子)が放出されていなかった、正に事実によるものでした。」

言い換えると、恒星は、それらの人工的な対象物である水素爆弾の様に、水爆的な核融合の行程によってだけで説明出来るよりも、多過ぎるエネルギーを変換していました。実際に、ある意味において、コザレフの見解において核融合は、恒星において働いている主要なエネルギーの源泉でさえ全く無く、リヒターのプラズマの概念の場合においてと全く同じ様に、より深い何かの二次的な効果でした。その2人の人達の間の関連性は、しかしながら、もし人が実際に、恒星が何であるかを思い起こさなければ、直ぐには鮮明に成らないかも知れないのは:それらが旋回しているプラズマの球体であるためです。故に、リヒターとコザレフの研究は、ある重大な事を指摘していて:回転しているプラズマは、より高い時空間のエネルギーの変換器でした!これは太古の時代と信仰に対する欠かせない概念的な繋がりで、そして、私達が、以下に続く章において目撃する様に、国際的なマネー(通貨)の権力が何故、太古の時代においてでさえ、それ自体を寺院(宗教)と共に、とても親密に連携させたのかの重大な鍵です。

そしてコザレフとリヒターの間の類似性が、単なる概念的なものだけでは無かったのは、その両方の人達と彼等の理論が、彼等それぞれの政治的なブロックの公共のマスゴミ機関によって公に批判され、その間、彼等の研究が、明らかに戦後の秘密裡の計画(ブラック・プロジェクト)へと消えて行ったためで:

「1959年におけるプラヴダ紙の、コザレフに対する、偶然では無い攻撃は、彼の実験的な結果と理論的な概念化の公表を効果的に妨げ、そして同時にタイミングされた、公のソヴィエトの文献における綺麗な(原子爆弾を起爆剤として使わない)核融合爆弾の論議の消滅は、同等に疑わしいものでした。私達は、少々、推理してみましょう。

「私達は既に、最も初期の大気中の水素爆弾の実験が、それらの実験以前に計算された破壊力を遥かに超えた事実に出くわしました。言い換えると、正に、コザレフが恒星において起こっていると主張した様に、何らかのその他のエネルギーの源泉が使われていて、そして水爆自体によって、変換されていました。そしてもし、私達がこの推理の一線を延長させるならば、ロシア人達が、彼等の水素爆弾の実験において、同じ現象に出会った可能性が明らかに高いでしょう。更に加えて彼等(ソヴィエト)は、核融合的な行程をまた示唆している恒星が何故、核融合的な(通説の)モデルが真実であるために、十分なニュートリノのエネルギーを放射していないのかを知っていたと考えた、天文物理学者を、コザレフという人物として有していました。

「人が故に妥当に、そして理論的に結論出来るのは、1959年のプラヴダ紙のコザレフに対する攻撃は、彼の研究を非難する事を装ったカヴァー・ストーリー(隠蔽工作)で、それ(研究)に対して注意を払っていた西洋(欧米)の人達に対してそれ(研究)を非正当化する(隠す)ための工作で、その間コザレフと彼の研究は – それらがそうした様に - ソヴィエト連邦の最も高度な機密事項の中へと消滅したのは、彼の研究が何故、水爆がその様な異常な破壊力を変換しているのか、そして更に加えて、それらの起爆のタイミングと共に変化している可能性の高い破壊力を変換しているのかを理解するために必要な鍵を供給したためでした。コザレフは何故なのかを知っていて:それが何故ならその爆弾自体が、元々の起爆の0コンマ数秒の瞬間の間に、次元的な門、水門(流れの門)が、核融合反応自体へと、トーション(ねじれ力)の超越次元的な雪崩へと、こぼれ出す道を開いたためでした。」

そして人がトーションという時、人が「回転/旋回」と言うのは、つまり、旋回しているシステム(太陽系)の中の、旋回しているシステム(地球の公転)の中の、旋回しているシステム(地球の自転)と共に、時間自体の幾何学(立体性)なのは - 水素爆弾の核融合反応から、ジャイロスコープとテンション(緊張)バランスとスケールの、単純な慣性的な性質まで - i.e. 地球に対する関係における(それぞれの)天体の位置、そして実験が行われた際の地球の位置と季節に沿って、最も単純で物理的な現象が、それらの結果において時間を超えて変化する事を、コザレフが、彼の多くの実験を通して、何度も、何度も実証したためです。コザレフは結果的に、時間は - 特定の瞬間の空間におけるシステムの幾何学的な配置と配列で - それ自体がそれに、幅/広さ、深さ、そして次元性を与えた物理的な力と要素であると実証しました。彼は、デューイーとダーキンによって収集された数多くのサイクルの効果に、そして更に RCA 社の J.H. ネルソンの太陽黒点の配置の効果に名前を与え:(それは)トーションでした。

時間のこの幾何学的な要素とその「多次元性」 - 空間における物体の変化し続けるトーションの流動性に対するその関連性、それらのテンプレート(型板/枠組み)を強調する事において - 彼が実際に何を言っていたのかに、コザレフが全く気付いていなかったはずが無いのは、彼が同時に言っていたのは、占星学には、今はすっかり忘れられてしまった、科学的な土台があるかも知れない、または遥か昔にはあったかも知れないと言う事だったためです。

そしてこのトーションの話には、考えるべき一つの最終的な点があります。ラジオ番組上の様々な論議の中で、私は、トーションが、時空間の繊維(細胞壁構造)、物理的な媒質(エーテル)に行う事を説明する様に尋ねられました。私が常に使う例えは、雑巾の様に絞られた(ひねられた)、アルミ製のジュースの空き缶です。その類推が、ザ・ベルの2つの反対回転しているシリンダーに似ているのは、ひねりの運動の(上下の)反対回転が、時空間を表すその空き缶を螺旋状にし、たたみ、ひだをつける(しわしわにする)ためです。ですが此処で、人が空き缶を両手で(上下とも)同じ方向にひねり、片手がもう片方よりも遥かに速くひねっているのを想像してみて下さい:その結果は全く同じです。その空き缶は、螺旋状化され、たたまれ、そして、しわくちゃにされます。

故に、その類推が、ナチスのザ・ベルの研究と、コザレフの研究の両方についての重要な点を実践する役割を果たすのは、両方の場合において、プラズマの中で観測されるトーション物理学が、両者によって完全に理論化されるためです。更に加えて時間のこの幾何学的な要素と、その「多次元性」 - 空間における物体の変化し続ける流動性に対するその関連性を強調する事において - 彼が実際に何を言っていたのかを、コザレフが気付いていなかったはずは無く、彼が言っていたのは、占星学には、今は全て忘れられてしまった、科学的な土台があるかも知れない、またはあったのかも知れないと言う事だったためです。

19世紀から20世紀に入る際に、そしてこの物理学の意図的で強引な(金融マフィア達の)手による隠蔽(いんぺい)と、その全ての示唆がはっきりと目撃されて、身を持って感じられた、実に酷い瞬間(時代)に、しかしながら、息を奪う様な洞察力と先見性で全てを理解した一人の特別な天才が存在し、そしてその人は、その強引な手から彼等自身を解放しようとするナチスとソヴィエトの努力を鼓舞しました。

(それは)ニコラ・テスラでした。

B. 全ての道はテスラとモーガンに繋がる

この隠された物理学の存在と、その意図的な隠蔽(いんぺい)の事実を理解するために人は、基準的な物理学の教科書からの、あからさまなテスラの名前の排除を考えるだけで十分でしょう。それは、ロナルド・リヒター博士とニコライ・コザレフ博士に対する公の批判と、彼等の研究を内密に、機密の暗闇と秘密主義へと追いやった事において明らかです。ですが、これ等の2人の天才達とは異なり、ニコラ・テスラの場合、人が扱っているのが全く異なった問題だったのは、その人が秘密裡の政府の計画の上で、彼の実験所において静かに研究していた無名の科学者や技術開発者などでは無く、彼は派手やかで、良く知られた有名な人物で、彼の発明の公共における驚きの実験において - (作家)マーク・トゥエインの様な超有名人も含めた - お金持ちと著名人達の観客達を文字通り電化し(びっくりさせ)、ニューヨーク市の高級レストランの大勢の金持ちの客達を大いに喜ばせた人で、そしてその名声が、正に文字通り電撃的な速さで世界中に広まったのは - テスラが簡単に、そしてはっきりと勝利した競争であった - トマス・エジソンと、彼の資金援助者、J. P. モーガンとの、同等に超有名な競争の後、彼(テスラ)が正に世界中に電気の使用を広めた正真正銘の功労者であったためです。

その様な人は、単純に批判される事も、裏方へと追いやられる事も出来ませんでした。その様な人を、(暗殺等々の様な)より「実効的な方法」によって処分する事も、究極的な犯人に対して、疑いの目を向けさせる事無しでは、行えませんでした。

ですが何故、テスラは始めから、その様な大問題を体現したのでしょう?

1.コロラド・スプリングス

その答えは、今日でさえ極少数の物理学者達と技術開発者達が本当に理解し、そしてそれらの極少数がテスラの主張と、彼の分析のどちらか、または両方を疑問視する実験である、19世紀後期の、コロラド・スプリングにおける彼の有名な実験の間に、テスラが発見した事の中にあります。それ等の科学者達の間で理解を得る事の難しさと、その他の者達の間の疑問視と批評的な態度の理由は、テスラ自身が行えたと主張した事の本質の中にあります。彼のコメントを長文において引用する事が必要です:

自然的な媒質(エーテル)を通した電気的なエネルギーの配信(送電)の方法を完成させる目的と共に、何年にも渡り行われたシステム的な研究の、1898年の終わりに向かい、私は3つの重要な必要性を認識するに至りました:最初に、強力な配信(送電)器を開発する事;第二に、配信されたエネルギーを独立化し、そして特定する方法を完成させる事;そして第三に、地球と大気を通った電流の伝播の法則を確かめる事です。」

コロラド・スプリングスの実験は、言葉を変えると、ワイヤー(電線)無しで、電力をビーム(送電)する、現在においてとても良く知られているテスラのアイデアの始まりでした。これは既に、ラジオ(無線)を一歩超えたものでした。

しかしながら、テスラが明言する事を、慎重に観測して下さい。これを行うために必要なのは

1. とても強力な配信機(送電器)の一種を開発する事で;

2. 電力のあらゆる無線の配信(送電)を実現化するためには、それが役割を果たすと仮定される様々な機器と地域性のために、複数のそれぞれのシグナルを配信(送電)受信出来る事が必用で、そして故に、ラジオの受信機が異なったシグナルを受け取るために様々な周波数にチューン(調整)出来る様に、配信(送電)されたエネルギーが、「独立化(特定化)され、孤立化(個別化)される」方法が、発見されなければならず、そして最も重要な事に、

3. テスラは、「自然的な媒質(エーテル)」自体が、このエネルギー(電力)の伝播(送電)の方法に成ると、はっきりと明言しました。

ですが「自然的な媒質」によって、彼は何を意味していたのでしょう?この唯一の点の解釈は、彼が実際にコロラド・スプリングスにおいて何を調べていたのかの理解に重要で、そして誤解、論議、更に批評的な問いが派生するのは、正にこの点についてです。

此処において、テスラを理解するために3つの可能な方法があります。その最初は、テスラが後に、同じコンテキスト(文脈)の中で「自然的な媒質」として宣言したもの:大気と、そして地球自体によって理解する事です。その最初の例、大気において、テスラはラジオのより強力な一種以上のものしか提案していません。2番目の場合、しかしながら、彼が斬新に異なった何かを提案しているのが明らかなのは、地球自体が配信器に成るためです。この解釈は、私達が(これから)発見する様に、その他のテスラの名言から鮮明に派生します。

しかしながら、最終的なもう一つの解釈があり、それはそれら全ての中で最も斬新なもので、私達が進む際に大きく立ちはだかり続けます。テスラは、彼と同時代の多くの物理学者達や技術開発者達の様に、エーテルの熱心な信望者で、つまり、時空間自体が、電磁的な波、そして故にエネルギー(電流)と電力が乗っかる事の出来る、一種の超繊細な物質(プラズマ)であると言う事実を考えました。テスラは、しかしながら、彼と同時代の殆どの物理学者達や技術開発者達とは異なり、このエーテルが、液体の様な性質を持っていると見解した様で、i.e. 圧縮化される、または希薄化される能力、つまり、ストレス化能力を持つと言う事でした。これは、彼のコロラド・スプリングスの実験のはっきりとした示唆として浮き上がります。

彼がどの様にして地球自体を、電気的な力(電力)のための配信のアンテナとして、利用するつもりだったのかを理解するために、私達は彼自身の記述に戻りましょう:

「6月の中頃、進行中のその他の研究のための準備を行う間、新たな方法において、実験的に地球の電気的な効能(可能性)と、周期的で原因的な変化を判断する目的と共に、私は受信の変換器の一つを調整しました。これは、事前に慎重に考察された計画の一部を構成しました。記録している機器を操作している、高度に敏感で、自己-修正的な機器が、二次的な回路の中に含まれ、その間、プライマリー(主要な回路)は地上に接続され(アースされ)、そして調整可能なキャパシティー(収納力)の、高く上げられた末端(アンテナ)に接続されました。ポテンシャル(効能)の変化はプライマリーにおける電気的な上昇に派生を与え;それらは二次的な電流を発電し、それは順を追って、それらの強さに比例し、敏感な機器と記録器に影響しました。地球は、文字通りに、電気的な振動と共に活発である事が発見され、そしてすぐに私はこの調査において深く没頭しました。」

それらの調査の結論において、実際に地球自体が電気的に流動的なシステムだと発見した後、テスラはこう結論しました:

「電線無しであらゆる距離において電報のメッセージを送る事が実行可能であると、私が随分前から認識していただけでなく、地球全体の上に、人間の声のわずかなモジュレーション(調整/調音)を印象付ける事もまた可能で、」

(言い換えると、テスラはラジオの定義において考えていましたが、地球全体を彼の配信のアンテナとして考えていました!)

「[ですが]更に述べると、あらゆる地上的な距離において、そして殆ど無駄無く、無制限の量の電力を配信(送電)する事が可能です。

テスラはその後、強力な配信機を開発する問題だけでなく、秘密裡で必死な目的で使用されたもの(国家機密)に着目しました。そして、誤解が始まるのが正にこの地点なのは、殆どの科学技術者達にとって、「増大させているインパルス(衝動)の配信(送電)器」が、電気の強力なヴォルトをビーム(送電)している、テスラ・コイルだと考えるためです。

テスラのシステムが、思考されたその他の物よりも、どれだけ異なっていたかを理解するために人は、彼(テスラ)自身がコロラド・スプリングスにおいて起こったと描写する事に着目しなければなりません。典型的な、山脈を超えてその後、平野の上で移動するコロラドの雷の嵐に着目し、テスラは、地球自体をストレスしている電気的な方法の彼の発見に繋がった出来事の、長文の描写を始めます:

「私は火の玉を一度も目撃しませんでしたが、私の失望の代償として、私はその後、それらの形成の方法とそれらを人工的に産出する方法を判定する事に成功しました。

「同じ月(6月)の後半に、私は何度も、私の機器が、近くよりもとても遠くの距離において起こっている放電(落雷)によってより強く影響されていると私は気付きました。その原因は何だったのでしょう?幾つもの観測はそれがそれぞれの放電の強さにおける違いによるものでは無いと証明し、そして私はその現象が、私の受信の回路と地上的な障害の周期性の間の変化している関係の結果では無いとはっきりと証明出来ます・・・

「人類の進歩のための、圧倒的な重要性の真実の最初の決定的で実験的な証拠を私が得た時は - 私が忘れるはずもなく - 7月3日でした。午後に向かい西方において強くチャージされた雲の濃い集合体が集まり、激しい嵐が起こり、それはその激しさの殆どを山々の中で消費した後、平野の上を大きな速度と共に過ぎ去りました。重くそして長く一貫しているアークが、殆ど一定的な時間の間隔に置いて形成し・・・私は、私の機器を素早く操作する事ができ、私には準備が出来ていました。正確に調整された記録の機器は、その示唆が、遠く成る距離と共に、測定不可能に成るまで、徐々に弱く成りました。私は熱心な期待と共に見ていました。当然ながら、少し経つと、示唆が再び始まり徐々に強く成り、その後、最大値を通った後、徐々に、再び小さく成りました。何度も、定期的に起こっている間隔において、単純な計算から明らかな様に、その嵐が殆ど一貫的な速度と共に移動していて、およそ300キロメートルの距離を退避した後に、同じ運動が来り返されました。それらの奇妙な運動が、其処で終わったのではなく、弱く成らない力と共にそれらは現れ続け・・・残っていた(現れていた)ものが何であれ:私が観測していたのは縦波でした。

・・・不可能な様に見えますが、この惑星は、その膨大な規模に拘わらず、限定された次元の伝導体の様に振舞います。

言い方を変えると、テスラは、デューイーとダーキンの様な方法で、サイクルを観測し、そしてとても興味深いものだったのは、彼が観測したサイクルが「縦波」で、現代の用語を使うと、「経度的な波」だったためです。私達が雷と呼ぶ、極度に高いヴォルテージの静電的で電気的な放電が地上を打つ時、もしレゾナンス(共振率)が正しいと、それは文字通りトランパニーの様に地球を「叩き」、ある意味、地震からの振動の波の様に、惑星の周り全体にインパルス(衝動)を送ります。その様な波の全てと同様に、それは最終的に弱まり消滅しますが、その後再び、それが始まった同じ場所、そして強さに戻るまで大きく成ります。そしてこれは彼に、電力の「無線送電」のためのアイデアを与えました。

しかしながら、基準的なラジオ(電波)異常に、テスラのマインドから遠いものはありませんでした。この新たな回路(サーキット)について、テスラはこう記述しました:

「本質的に、とても高い自己-インダクション(誘導)と小さな抵抗の回路で、その設定において励起(興奮)と運動のモード(種類)が、ヘルツ的、または電磁的な放射による電報の典型的な配信回路の正反対と言えるかも知れません・・・電磁的な放射は極少量まで減少させられ、そしてレゾナンス(共振)の正しい状態が保たれ、その回路は巨大な振り子の様に振る舞い、主要な励起のインパルス(衝動)と地球上とその伝導している大気の一貫的なハーモニック(音響/共振)の振動の印象のエネルギーを無限大に蓄え、それは実際の試験が証明した様に、静電気の自然的な発生(雷)において得られるよりも遥かに超えて改良出来るかも知れません。」

彼が述べている事を理解するために人は、普通のラジオ電波を送っている、基準的なラジオ配信の設定を考えるだけで十分です。この設定において、一つのアンテナがあり、地上と接続されています。そのアンテナはヘルツ的な波(横波)を大気へと送り、そしてその回路は地上とのその接続によって完成されます。ヘルツ的な波は本質的に、2人の人達がその間に1本の縄跳びを緩く持ち、片方の人がそのロープを上下に振り、もう片方の人の側に「S-字」型の波をゆっくりと送るのに似ています。その波のエネルギーの殆どは、元々の「上下の振り」の運動において浪費され、そして従って、そのエネルギーのほんの一部だけがもう片方の人へ届き、そのエネルギーの残りはその波自体の上下の運動によって浪費されます。この場合において、その縄跳びのロープは、地球の電気的に伝導的な大気を表し、そしてそのロープにおける波が、普通のラジオ電波を表します。

此処でテスラが明言した事を思い出して下さい:彼の回路のパラメーター(媒介変数/設定)は、基準的な「ラジオ」の設定の正反対で、この場合において地上と配信機の関係は真っ逆様にされ、通常は電気的な回路におけるグラウンド(地上/アース)である地球が、配信/送電と伝導の媒体に成り、そして通常は伝導の媒質である大気が、グラウンドに成ります。更に加えて、この新たな設定において、その波はヘルツ的(横波)では全く無く、インパルスで;つまり、それらは地球自体の中のストレス、圧縮、そして粗鬆化(希薄化)の経度的な波(縦波)でした。

2種類の波(縦波と横波)の間の重大な違いを理解するために、私達は縄跳びのロープの類推を繰り返しますが、今度は2人の人達の間に私達は1本の棒を置きます。片方の人がその棒を繰り返し押す、またはパルス(衝動)させます。瞬時に、そのパルスのエネルギーの全ては、もう片方の人に直接配信され(伝わり)ます。この場合、その棒は地球を体現し、そしてそのパルスは、テスラが送っていた電気-音響的な経度的な波(縦波)でした。

これが、簡潔に述べると、基準的な感覚におけるラジオからは程遠いのは、テスラが意味していたのは、この方法によって(電波)シグナルを配信する事だけで無く、地球自体がワイヤー(電線)であるために、電線無しで電力自体を送る事であったためです。このシステムにおいて、地球が何であるかにも着目して下さい:それは、基準的で電気的な電流に対して、殆ど無限的な電気的「抵抗」の、高度に非-直線的な媒体です。これは、私達が進む際に、ある重要性をおびます。

何であれ、この斬新に異なったシステムを考え出した後、テスラは、実質的な目的の全てにおいて「インターネット」と同等なものを表現するに至りました:

「私によって得られた結果は、「世界電報(World Telegraphy)」の名前が示唆された知性(情報)の配信の私の計画が、簡単に実施可能である事を証明しました・・・故に地球全体が、ある意味、その全ての部分のそれぞれにおいて反応可能な、巨大な脳へと変身させられました。」

これが、実際に、現在において想像可能なものを超えた「インターネット」なのは、それが機能するためにワイヤー(電線)、「ゲートウェーイ(門)のコンピューター」、または衛星を必要としないためです。テスラの大いなるヴィジョンにおいて、地球がそれらの機能を満たしました。

2.ワーデンクリフ

ニュー・ヨーク市にテスラが戻った時、彼は既に商業的な実験を開始する計画を整えていました。そして此処がテスラの試練が始まった処で、そして彼のシステムが体現していた物理学と技術開発の隠蔽がはっきりと明らかな処で、彼のコロラド・スプリングスの実験的な器材の、より大きなスケールの機器を造るために資金が必要と成り、テスラが、現在ではとても良く知られていますが、ローンのためにアメリカの国際的な銀行家、J.P. モーガン(ロスチャイルド系)に接近したためです。「無線電報」の世界的なシステムのための彼の計画を詳細し、一種の地上的なラジオとテレビにおけるその方法によって、人間の声や実際の画像を送る事さえ提案し、テスラはモーガンから資金の援助を取り付けました。この時点においてテスラがモーガンに明かしていなかったのは、彼がこの方法によって電力自体を送電する事を意図していて - 既に世界中で使用されていた - 彼自身が開発した凄まじく成功的な交流電流のシステムさえも無用にするものだったためです!テスラはロング・アイランドの土地を選択し、その土地を購入し、発電所を造り、そして大きな塔を建てました。彼はその場所とその計画を「ワーデンクリフ」と呼びました。

テスラと彼の計画にとって残念な事に、しかしながら、テスラの計画が未だ建設中の間に、イタリア人の物理学者で技術開発者のグイグリオモ・マルコーニが - テスラ自身の機器と発明品(特許)を使って! - 基準的なラジオ回路の設定とヘルツ的な「ジャンプ・ロープ(縄跳び)」の電磁的な波(横波)を使用して、最初の間大西洋におけるラジオ・シグナルの配信に先に成功してしまいました。より安価で、見た目は単純ですが、それ程柔軟では無い競争相手に対面し、モーガンはその(テスラの)計画から、資金を撤退させる事を脅かしました。彼の計画の危機に面し、テスラが彼の真の意図をモーガンに伝えたのはその時で:彼は地球のあらゆる地点へと、地球を通して電力自体をビームする(送る)事を計画していました。この告白と共に、モーガンは資金を撤退させ、そしてテスラの偉大な計画は頓挫し、そしてそれ以来、表向きには復活させられる事はありませんでした。

a. ワーデンクリフの兵器化とスカラーの隠蔽:ツンガスカにおけるテスラ、そしてモーガンの悪事

何故、モーガンはその様な計画から資金を撤退させ、実質的にそれと、そしてそれが体現した物理学を隠蔽したのでしょう?結局の処、その様なシステムは、金融的に監視し、そして安全にする事がより難しいと言う事は認められますが、彼(モーガン)がそれを「メーターで(使用料金を)測れず」、故に利益を上げられないと言うのは単純に全く真実では無いのは、彼が、そのシステムのためのライセンス(使用許可)の同意と手数料で、世界中からとても大々的に金融的な利益を得られたはずであったためです。ですから、純粋で単純な強欲が彼の判断における一つの要素であった間、それは恐らく唯一のものではありませんでした。

それらのその他の改良が何であったかは、テスラのワーデンクリフの計画が、金融的な窮地に立たされた時、テスラ自身によってヒントされ、1907年に、フランスの船、イエナ号が何故か爆発した時に、奇妙な出来事の連続が始まりました。ニュー・ヨーク・タイムズ紙の編集長に宛てたその5月に書かれた社説の投稿の中で、テスラは彼のコロラド・スプリングスの発見とワーデンクリフの計画の、兵器化の可能性についてほのめかしました:

「地球の特定の地域に対して、波のエネルギーを投射する事に関して、私は科学技術的な出版物の中でその方法の鮮明な描写を与えました。これが、私の機器を使う事によって可能にされるだけでなく、望まれた効果が産出されるべき地点は、受け入れられている地上的な測量が正しいと仮定するなら、とても正確に計算される事が可能です。これは、勿論、正確ではありません。現在まで私達は、1,000フィート以内の正確性で、地球の直系を知りません。私の無線の機器は、多くの地理的なデータと、大いなる正確性と共に言及されたそれらの計算が調整される事が可能に成った時、それ(地球の直径)を、50フィートかそれ以内において、私が判断する事を可能にするでしょう。」

1年後の1908年において、その発明家は、彼の言葉において更に大胆でした:

「未来の戦争を私が語った時、私が意味したのは、飛行機のエンジンやその他の破壊の道具を使う事無しで、電気的な波の直接の応用によって行われるべきだと言う事でした。これが意味するのが、私が指摘した様に理想的なのは、戦争のエネルギーが、その効能性の維持のための努力が全く必要ないだけでなく、それが平和時には産出的に成るためです。これは夢ではありません。現在でさえ、地球のその他の部分に住む人口を重大な危険、または不便の対象にする事無く、地球のあらゆる地域をそれによって居住不可能にする無線の発電所を建設する事が出来ます。」

これ等の言葉は、1908年4月28日に、ニュー・ヨーク・タイムズ紙の中で公表されました。その日付けを頭に入れておいておいてもらいたいのは、それが直ぐに高度に重要に成るためです。何であれ、明らかなのはテスラの電力の無線配信(送電)が、大量破壊の凄まじい兵器と同じで一つの科学技術であった事です。そしてこれは問いかけのある不穏な一連を派生させます:J.P. モーガンが、その計画から資金援助を撤退させたのは強欲のためでは無く、恐らく何らかの秘密裡で科学的な助言者の、慎重な警告によって動機され、 その様な破壊的な可能性の科学技術が、とても奇妙で独特の振る舞いのために良く知られていた科学者の個人的な手の中に納まる事を避けるために、彼の資金援助を撤退させたのでしょうか?モーガンの動機は、究極的に利他主義的だったのでしょうか?または、真逆に、彼は、彼自身のために秘密裡に、その様な目的のための科学技術を開発する事を望み、そしてその使用の効能の方法によって、彼自身と彼と同等の階級のために、世界征服を確立する事を望んだのでしょうか?

端的に述べると、サイクルの研究のための財団の会員の役割における三菱銀行の経済学者の存在と、RCA の技術開発者、J.H. ネルソンの奇妙な調査と共に、これは、それ自体の金融的な寺院において安全な大企業(財閥)が、まず、急進的で異なった物理学である、より深い物理学の開発に鮮明な関心を示し、そしてその後、その同じ物理学の金融的な妨害の意図的な行いをはっきりと示唆する、3つ目の明らかな例です!このパターンは、私達がこの本を通して進む際に、もっと、もっと鮮明に成ります。

ですがその正に同じ記事の中でテスラは、アンテナとして地球自体を利用する彼自身のシステムを超えて、当時はモーガンに明かしていなかった物理学でしたが、その後、彼の計画のための資金援助を得るために必死に成り、更にもっと奥深い、根底にある物理学を彼が理解した事をはっきりとさせ、其処で彼は、ニュー・ヨーク・タイムズ紙のページの中に公に公表しました:

「そのマインドが、物理的な宇宙の理解を得る事に執着した科学的な人の、最高の達成に関して私が述べた事は、私の公開されていない記述の一つの中で私が明言したもの以上の事では無いので、それから私は引用しましょう:「応用された理論によると、考えられる全ての原子は希薄な液体から分別化され、穏やかな湖の中の水の旋回の様な、回転運動によって単に空間の全てを満たしています。この液体、エーテルは、運動へと開始させられる事によって全般的な物質(gross matter)に成ります。その運動が停止されると、その主要(プライマリー)な実質は、その元々の状態へと戻ります。すると、その媒質(エーテル)の操作されたエネルギーと、エーテルの旋回を開始させ、停止させるための相応しい仲介を通して、物質を形成させ、消滅させる事を原因させるのは、人にとって可能な様に現れます。人の命令一つで、その人にとって殆ど努力無しで、古い世界は消滅し、そして新たな世界が存在へと現れるでしょう。人はこの惑星(地球)の大きさを変化させ、その季節を操作し、太陽からのその距離を調整し、宇宙のその深さを通るその永続的な旅路においてあらゆる通り道へと導く事が、人には出来るでしょう。人は惑星を衝突させ、その人の太陽と恒星、その人の熱と光を産出する事が可能で;人はその無限の形状の全てにおいて生命を創造する事が出来るでしょう。意図的に、物質の誕生と死を原因する事が、人の最大の行いで、それは人に物理的な創造の支配を与え、人に究極の運命の達成をさせるでしょう。

此処で、「媒体/媒質」によって、テスラはもう、単純に地球自体だけでは無く、エーテルを意味している事に着目して下さい。そして明らかに彼は、そのエーテルの中の - 回転している、トーション(ねじれ力)に基づいたシステムである - 渦巻き/螺旋的な構造として、原子自体を見解しています。もしモーガンが、1907年において、テスラのシステムとそれが体現した物理学の - 破壊的で、そして創造的な両方の - 可能性について何らかの疑いを持っていたなら、それらの疑いはその1年後に、ニュー・ヨーク・タイムズ紙の中で、テスラ自身によってはっきりと払いのけられました。

再び注目してもらいたいのは、テスラが、このトーションに基づいた方法において、物理的な媒質を見解した事によってまた、一つの示唆を明らかに理解した事で:エーテル自体が変格的で、錬金術的な情報を創造している媒質で、情報を創造している媒質としてそれは、非-均整と壊れた左右対称性の状態にありました。故に、その「トーションの効能(ポテンシャル/可能性)」の正しい構築と共に、それを技術開発する事によって、人は文字通り、意図的に、それらの天体自体が「エーテルにおける旋回」なので、地球、またはあらゆるその他の天体の大きさ(サイズ)と重さ(質量)を変化させる事が出来ます。彼が、彼に続いた博士達、リヒターとコザレフの様に、雷のボールを創造し、そしてそれによってプラズマと電気的なショックを研究していたのは全く驚きでは無く、彼等と同様に、彼は物理的な媒質自体のもっと奥深い物理学を理解し、そして彼等と同様に、彼は電気的なパルス(衝動)、または経度的な波(縦波)、そして回転を通してそれを操作し技術開発する基本的な方法を発見したためです。そして彼等と、彼等のナチスと共産主義者の支配者達と同じ様に彼はその破壊的、そして創造的な示唆の全体的な可能性を理解しました。これにおいて、大袈裟にする事を全く無しに、彼の物理学の見解はとても太古の似非科学と呼ばれるものに、確固たる土台をあたえました:錬金術です。

ですが何故、テスラの公表のタイミングはそれ程、重要だったのでしょう?

この問いを尋ねた一人の研究家は、オリヴァー・ニッケルソンでした:

「テスラが、彼の電力配信システムの兵器化の応用を実証したのかの問いは残ったままです。1900年と1908年の間のテスラの研究と資金援助的な年代史において見つけられる状況証拠は、この兵器の実験があった事を示します。」

彼の無線電力配信システムの、兵器化の可能性のテスラによる包みに覆われたほのめかしが1907年に明言され、そして1908年の4月には、はっきりと公言されていた事を思い出して下さい。およそ、その2か月後の1908年6月30日に、ロシアのシベリアのツングスカの上で、膨大な爆発が起こりました。

「TNT (爆薬)の10-15メガ(百万)トンに匹敵すると推定された爆発が、中央シベリアの石の多いツングスカ川の近くの500,000エーカーの松の森を真平らにしました。トナカイの群れは全滅させられました。その爆発は半径620マイルを超えて聞かれました。その爆発の原因に成ったと推測された隕石の証拠を探すために、1927年にその地域で調査が行われた時、衝撃によるクレーターは全く見つけられませんでした。隕石の主要な構成要素であるニッケル、鉄、または石の破片のために地上からドリルされた時、118フィートの深さまで、全く何も発見されませんでした。

「ツングスカの出来事に対しては、数多くの説明が与えられました。公式に受け入れられた(説明の)ヴァージョンは、主に塵と氷で構成されたエンケの彗星の100,000トン級の欠片が時速62,000マイルで大気圏に突入し、地球の表面近くで爆発し、火の玉と衝撃波を産出しましたが、クレーターは残さなかったと言うものでした。その他のオルタナティヴな(説明の)ヴァージョンは、エネルギーの開放に結果した変節的(異例な)ミニ・ブラック-ホールや、地上へと墜落した宇宙人の宇宙船でした。」

既に目撃された様に、そのたった2か月前にテスラは、彼の増幅的な配信(送電)システムの兵器化の可能性と、その根底にある奥深い物理学をとても鮮明に説明していました。

その何年も後の、1934年に、テスラの伝記著者、マーガレット・チェニーによって発見された手紙によると、その発明家は再び、J.P. モーガン宛に、こう記述していました:

「その空飛ぶ機械(飛行機)は世界の士気を完全にくじき、ロンドンやパリの様な街においては、人々は空爆からの、生きるか死ぬかの恐怖にあります。私が完成した新たな方法は、この形状とその他の攻撃に対して絶対的な防護を与えます・・・それらの新たな発見で、私は限定的な規模において実験を行い、深遠な印象を創造しました。

この時点において、何がその手紙を書かせたのか?と、人は尋ねるかも知れません。それはテスラの自発的な行動だったのでしょうか?または、その金融家からの問いに対する返答だったのでしょうか?その金融家がテスラとのあらゆる関係を断絶し、ワーデンクリフの無線電力送電計画の全てを隠蔽した何年も後に起こった、この奇妙な手紙の背後にあったものが何であれ、その手紙は、奇妙としか言いようがありません。

その示唆は、しかしながら、鮮明です。その出来事(ツングスカ)と同じ年の、1908年のニュー・ヨーク・タイムズ紙におけるテスラの明言と、その何年も後の、1934年におけるモーガン宛の彼の手紙は、遠距離からその出来事の十分な観測が可能で、人命の消失の可能性も無い、孤立化した未開発の地域において、彼の無線電力配信の兵器化の可能性を、彼が実際に実験した状況的な証拠を指示します。実際に、純粋で法的な定義において、彼には「ツングスカの出来事を原因する、動機と方法を持っていました。彼の配信器(送電器)は TNT の10メガ(百万)トン、またはそれ以上の破壊力を解放する事が出来る、エネルギーのレベルとフリクエンシー(振動率)を派生させる事が出来ました。そして、その無視された天才は必死でした。」

ですが、ニッケルソンがまた観測する様に、ツングスカの爆発の本質は、何が起こったかのかと共にまた「突然の、無線電力の開放と」全く一貫的で

「時速何万マイルで、200,000,000パウンド(の重さ)の物体が、大気圏に突入した時に予測されるであろう空における発光的な物体は、プロ、またはアマチュアの天文学者達によって、全く報告されませんでした。また、トムスクの街からの最初の報告者達が、落下している天体の地域についての話しを判断したのは、影響されやすい(単純な)人々の想像力の結果でした。彼は、その爆発からの大きな騒音があったと述べましたが、石は全く降って来ませんでした。クレーターの衝突の不在は、物質的な天体の衝突が無かった事によって説明されます。配信(送電)された電力によって原因された爆発は、クレーターを残しません。

「氷の(塊の)彗星の衝突の理論とは対照的に、ツングスカの出来事の当時と、直後における世界のその他の地域から出された、大気の上層部と磁気的な障害の報告は、地球の電気的な状態における膨大な変化を指摘します。バクスターとエイトキンは、その爆発の彼等の研究、接近した炎の中で、ロンドンのタイムズ紙が、「小規模ですが、はっきりと印された磁石の・・・障害・・・」について、社説化した事を引用しました。

「ベルリンにおいては、7月3日付けのニュー・ヨーク・タイムズ紙が、白夜と思われる夜空における異常な色を報告しました・・・大規模な発光している「銀色っぽい雲」がシベリアとヨーロッパ北部を覆いました。オランダにいたある科学者は、「ゆらゆらした質量」が地平線の北西を渡って移動していると伝えられました。それは彼にとって雲の様には見えず、「空自体が揺れる様に見えました。」ロンドンの北部にいたある女性は、7月1日の深夜に、空がとても明るく発光し、彼女の家の中で大きな文字の印刷が読めた程だったと、ロンドンタイムズ紙に投稿しました。イングランドの隕石的な観測者は、6月30日と7月1日の夜についてこう報告しました:「強くオレンジ-黄色の光が、北と北東において見える様に成り、7月1日の夜明けまで続いた、異例的に長く続いた黄昏(たそがれ)を原因しました・・・きらめきやちらちらする様は全く無く、オーロラ現象の特徴である、ストリーマー(電流)、または発光的なアーチ(雷)の形成の傾向はありませんでした・・・それらの夜空の両方の黄昏は、夜明けまで続き、そして実際に暗闇は全くありませんでした。」

・・・

「直接的なエネルギー(電力)の兵器として、テスラが彼の高電力配信(送電)器を使用した時、彼は地球の通常の電気的な状態を劇的に変化させました。その惑星(地球)の電気的なチャージ(蓄電)を、彼の配信(送電)器と共にチューン(調音/共振)させる事によって、彼はコンパスに影響した電気的なフィールド(電場)を造る事ができ、そして大気の上層部は、彼の実験室における、気体に満たされたランプの様に振舞いました。彼は、地球全体を、彼が操作可能な単純で電気的な構成要素へと変更しました。」

ですが、電力の「単純な」無線送電は、その爆発において関わった全てであったのでしょうか?結局の処、リヒターとコザレフと言った博士達が、基準的な核融合のモデルを疑い、そしてテスラ自身が1908年までに、その媒質(エーテル)のより奥深い物理学が、彼自身の無線電力送電の原則において関わっていたと、明らかに理解していたと、私達が既に目撃したためです。

更に重要な事に、500,000エーカーを真っ平らにすると言う事は、781.25平方マイルを真っ平らにするのと同等、または、およそ1辺が28マイル(1マイル≒1.6キロ)四方の四角のエリアによって囲まれた部分と同等です!ですから、その他のメカニズムが機能しているかも知れず、そしてテスラはそれが何であるか既に私達に伝えていて:エーテル自体の中の旋回で - トーション(ねじれ力)であり、回転でした。

しかしながら、テスラは彼のシステムのための、更なる政治的な示唆を先見し、そしてそれは長文において、彼を引用する価値があります:

「このシステムの統一的な応用を通して、法則と秩序の監督のための理想的な状態が実現されるのは、すると、正しさ(right)と正義(justice)を強要するために必要なエネルギー(電力)が、攻撃と防御のために、通常産出的に成り、(効能的に)何時でも利用可能に成るためです。配信(送電)された力(電力)が、必ずしも破棄的である必要が無いのは、もし、存在がそれに頼る様にされるなら、その停止または供給が、武器の力によって達成されたものと同じ結果をもたらすためです。

「ですが、避ける事が可能な際に、同じ媒質が、財産と生命を破壊するために利用されるでしょう。その技術は既にとても開発させられていて、事前に決定された地上のあらゆる地点において、凄い正確性と共に、その大規模な破壊力は産出される事が出来ます。この見解において、私は数年前に未来の戦争は、爆薬では無く、電気的な方法において行われるだろうと予測する事は不可能では無いと考えました。」

言い換えると、極度に太古な時代の「神々(アヌンナキ)」と同様に、テスラは無線電力送電の彼の科学技術において、世界支配と覇権の方法を理解し、その利用の拒否の脅しの示唆、または更に悪質だと、その破壊的な兵器化の開発の示唆された脅しは、それを所有し、独占し、そして使用する世界秩序(world order/権力)が何であれ、追従を強要するだろうと言う事です。その様な明言が、テスラの元々の金融的な資金援助者、J.P. モーガンによって、気付かれないはずはありませんでした。

モーガンの関心が何であったにせよ、外国の国々は明らかに、それらの明言を慎重に観測していました。オリヴァー・ニッケルソンが記述する様に、ニュー・ヨークタイムズ紙に対するテスラの明言の直後に米国のメディアは「死の光線」の研究が行われていると言う多くの逸話(ニュース)をロシア、フランス、そして英国において流しました。

最後の例の場合、テスラの伝記著者、ジョン J. オニールは、彼のその発明家の有名な伝記、放蕩な天才の、未発表の章の中で、彼(オニール)が彼(テスラ)の無線電力送電の科学技術と、その兵器化の可能性について、その技術開発者に尋ねた時、テスラは、それについての詳細を話す事にとても消極的に成ったと記述しました。ですがその後、テスラは、幾らかの興味深い情報を提供しました:

「少々後に、私はその詳細を論議するための、テスラの戸惑いを理解しました。これ(その理解)は、スタンリー・ボールドウィンが、大英帝国の首相として、ネヴィル・チェンバーラインと入れ替わった直後に訪れました。

「テスラは、英国諸島に対して、海、または空を通して接近しているあらゆる敵に対して、防衛方法の全く無い攻撃的な兵器を供給し、完全な防御を供給する機器に彼の実証を土台として、彼の光線のシステムを30,000,000ドルで英国に売り込む話し合いを、チェンバーライン首相と行っていたと明かしました。彼は、その機器が、当時、勃発する事を脅かしていた戦争(第二次世界大戦)の開始を防ぎ - この兵器が可能にしたであろう脅迫の下で - ヨーロッパにおけるステータス・クオ(現在状況)を保つための、フランス、ドイツ、そして英国を含んだ同意に向けての話し合いを続ける事を可能にするために、彼の機器を応用すると言う、チェンバーライン氏の切実さに納得していたと宣言しました。ミュンヘンの会議において、チェンバーラインが失敗した時、このヨーロッパの(力の)均整の状態を保つために、チェンバーラインを失脚させ、その三角形の一つの角をドイツからロシアへと移行させる努力をする事が出来た、新たな首相を任命する事が必要と成りました。ボールドウィンは、テスラの計画に全く利用価値を見出さず、その話し合いを独断的に終わらせました。」

しかしながら、それらの主張の上には大きな差し迫る問題が漂っており、そしてそれは歴史的な事実の一連です。

ネヴィル・チェンバーラインは、1940年5月に、ナチスが低地帯とフランスへの侵略を始めるまで首相のままで、主張された様に、1938年のミュンヘンの会議の後に英国に戻り、首相の座をスタンリー・ボールドウィンに明け渡したりはしませんでした。実際にチェンバーラインは、チャーチルが彼に入れ替わった後も、数か月後にガンから彼が死ぬまで、チャーチルの戦時内閣の一員を務めました。その出来事の一連全体が間違いなのは、1937年に首相としてボールドウィンと入れ替わったのがチェンバーラインであったためです。そして何であれ、ナチス・ドイツに対して妥協の政策を行ったチャンバーラインが、ドイツ人達が必然的に見つけ出したであろう計画であり、その2か国の間の緊張を更に悪化させたであろう、大量破壊兵器に関心を示していた可能性は低いでしょう。

ですが人は、単なるこの(驚く程であるのは認められますが)歴史的な間違いの存在のためにそれらの主張を、必ずしも無視出来るでしょうか?

恐らくそうでは無いのは、オニールは単純に、テスラが彼に伝えて事を忠実に記録していて、そしてテスラは当時、既に老年で、物事の正確な順番を正確に覚えておらず、チェンバーラインボールドウィンを混乱させていたかも知れないと言う事が可能なためです。この解釈の上で、一つの可能性でしかない事は認められますが、テスラの取引はスタンリー・ボールドウィンと共に話し合われていて、そしてその取引はその後、妥協に関心があったチェンバーラインが首相に成った後にお蔵入りにされました。

この全てが記述されたのが何故なら、勿論、1920年代における「死の光線」を共にする研究に拘わった国々の上述の呼び出しの中で、明らかにいない一つの国があり:(それは)ドイツです。しかしながら、その研究者、オリヴァー・ニッケルソンが観測する様に、ドイツが実際にその様な兵器について研究していたのは、シカゴ・トリビューン紙が以下の興味深い短い記事を報告したためです:

「ベルリン - ドイツ政府が、飛行機を墜落させ、戦場において戦車を止め、自動車のエンジンを破壊し、そして近年の戦争における(毒)ガスの雲の様な死のカーテンを広げる死の光線を有していると言うのは、帝国議会の軍部の主任である Wulle 氏によって、議会の議員達に与えられた情報でした。その同じ目的のために、ドイツにおいて3つの発明が完成され、特許が取られた事が学ばれました。」

明らかに、テスラの公表の直後の1920年代において、その様な逸話は溢れていましたが、特にドイツの場合は、それらを真剣に受け取る良い理由がありました。

ヴェルサイユ条約の下でドイツは、特定の銃口以上の大きな銃弾を開発する事が禁じられ、そして戦車を持つ事、更に空軍を持つ事さえ禁止され、そしてその陸軍は、たった100,000名以下に限定されました。しかしながら、その条約は、その種の兵器の開発を禁止せず、そして故に、特にドイツがその条約の禁止を迂回して、科学技術的なエンド-ラン(奇策)を求めたであろうと推理するのは論理的です。

更にもっと興味深い事は、しかしながら、その様なシステムの開発に拘わったとされる、一人の英国の研究者、J.H. ハミルが、ドイツのシステムは、その他の報告の中で証言されるよりも、「全く異なった原則」に基づいていたと観測したと、ニッケルソンが報告する事実です。ハミルが、彼の「死の光線」が、テスラのコロラド・スプリングスの無線電力送電の実験に基づいているとはっきりと明言する間、更にまた興味深いのは、彼がそれらの実験の本質を誤解した様に現れるのは、彼が大きなテスラ・コイルを造り、明らかに大気を通す方法によって電力をビーム(送電)しようと試みていたと現れる為で、それは、テスラが試みていた事の全く真逆であった事が思い出されるでしょう。これが彼の明言を全く更にもっと興味深くするのは、「全く異なった原則」を探求する事によって、ドイツ人達は実際に、テスラが示唆した様に地球を配信機(送電器)として、そして大気をグラウンド(アース)として使用していたのか?と、問わせるためです。私達は決して知る事が出来ないでしょうが、彼等が行っていた事が何であれ、ハミルによるとそれは、その他全ての人達が行っていたものとは同じでは無かったと着目するのは興味深い事です。

b. トム・ビアデン中佐のスカラーのレゾナンスについて

ですが、彼の配信機(送電器)としての地球自体のテスラの使用と、彼自身が示唆する様に、更にもっと危険なアイデア、つまり、建設的であれ、破壊的であれ、その目的が何であったにせよ、物理的な媒質(エーテル)自体を技術開発し、操作する方法として使用される事の出来る、彼がコロラド・スプリングスにおいて観測したその様な「縦波」との間の正確な関係は何だったのでしょう?

この問いへの答えは、ニュー・ヨーク州における、裁判の間の裁判の転写において、テスラによって成された特定の示唆的な明言によって供給されました。テスラは、当時、ワーデンクリフの無線電力送電計画に対する、J.P. モーガンからの更なる資金援助の全ての停止の後、緊急な資金不足に至っており、彼のワーデンクリフの所有権を、彼が滞在していたホテルの部屋を使用し続ける許可の担保として、そのホテルの所有者に譲渡しました。テスラがそのホテルの滞在費を支払えなかった時、その(ホテルの)所有者は、当然の如くその所有物(部屋)を取り押さえ、テスラに対して勝訴しました。テスラはその件を上告し、そしてテスラによるワーデンクリフの物件の幾つかの興味深い描写と、その背後にあると彼が考えた物理的な性質に対する更にもっと興味深い示唆を含むのは、この転写の中においてです。私は、その転写を長文において引用しましょう:

ホーキンス氏によるもの(転写):

Q (問い).貴方がたった今描写した、煉瓦造りの工場、または実験所以外に、その所有地の上にその他の構造物はありますか?

A (返答).(テスラが答えています)はい、ある意味、最も重要な構造物である建物があり、その発電所は、それに対する付属物でしか無かったためです。それは、その塔でした。

Q. その塔の次元(規模)、素材、構築の手法、そして建築の種類(様式)について説明してもらえますか?

フォードハム氏(検察): 私達は、法廷に、私達の意義を新たにする事を求めます。これは、彼等(弁護側)が、その問題が担保であると言う、彼等の主張を確立するまで、全く実質が無く、無関係で、無効です。

仲裁人(裁判官):私はそれを認めましょう。

フォードハム氏:例外です。

A. その塔は、その土台から天辺まで、187フィートの高さでした。それは、特注の材木で組み立てられ、もし必要とあらば、全ての木材が取り外され、修理される事が可能な様に造られました。その塔のデザイン(設計)は、かなり難しい問題でした。それは、六角形の形において造られ、ピラミッドの形状の強度で、そして私が、私の科学的な記事(論文)においてターミナル(末端/アンテナ)と呼んだものを補佐していました。

仲裁者(裁判官による):

Q. その天辺には、一種の球体がありましたか?

A. はい。それは、特定の形が供給されさえすれば理論的にあらゆる量の電気が蓄えられる事が可能であると言う、私の発見を行うだけのものでした。電気技術者達は今日でさえ、未だにそれを理解していません。ですがその構造物は、この小さな発電所と共に、その百倍の大きさの一般的な発電所によって産出される事が可能な効果を、何度も私が産出する事を可能にしました。そしてこの球体の枠組みは全て特定的に形作られ、その大梁(おおはり)は(特定の)形に曲げられなければならず、およそ55トンの重さでした。

ホーキンスによる:

Q. 何によってそれは構築されていたのですか?

A. 鉄筋製で、全ての大梁は、特定の形へと曲げられていました。

Q. それを支えていた塔は、全体的に木製、または部分的に鉄筋製だったのですか?

A. 天辺の部分だけが鉄筋製でした。その塔は全て材木製で、そして勿論、その木材は、特製の形造られた鉄筋製のプレートによって固定されていました。

仲裁者:補強ですか?

証言者(テスラ):はい、鉄筋製のプレートです。技術的な理由のために、私はこの方法でそれを構築しなければなりませんでした。

仲裁者:私達は、それにおいては関心がありません。

Q. その塔は囲まれていた、または開かれていましたか?

A. その塔は、この行為(担保)が実行された当時、開かれていましたが、私はそれが正確にどの様に見えたか、そしてそれが完成した時、どの様に見えるかの写真を持っています。

Q. 貴方がその行いを渡した後、その塔は囲まれていましたか?

A. いいえ、それは開けたままでした。

Q. では、その天辺のドーム、またはターミナル(アンテナ)は囲まれていましたか?

A. いいえ、裁判官どの。

Q. 一度も囲まれていなかった?

A. 一度もです、はい。

Q. その構造物は実際に完成されましたか?

A. その構造は今の処、もし私がその定義を正しく理解したなら、はい、その構造は完成されましたが、未だ付属物が着けられていませんでした。例えば、その球体は特別にプレス(圧縮)されたプレートによって覆われる予定でした。それらのプレートは -

Q. それは達成されていなかった、そうですね?

A. 私はその全てを準備していましたが、それは未だ達成されていませんでした。私は全てを準備し、私は全てを設計し、用意しましたが、それは完成されませんでした。

Q. その塔の構造は、何らかの方法で、煉瓦造りの建物、または発電所に接続されていましたか?

A. その塔は別々でした。

Q. 私は理解しましたが、それらの間には何らかの接続がありましたか?

A. 2つのチャンネルが、勿論、ありました。一つは、機能させるために私が必用だった、通信のための圧縮された空気と水の様なものをその塔へともたらし、もう一つは主流電源をもたらすものでした。

仲裁者による:

Q. その様にするために、実際に、約50フィート、または60フィートの井戸の様な穴が、その塔の真下に真っ直ぐと掘られていませんでしたか?

A. はい。貴方に理解してもらいたいのは、その塔の地下の部分が、最も費用がかかると言う事です。私が発明したこのシステムにおいて、そのマシーン(機械)が、地球を鷲づかみにする事が必用で、そうしなければ地球を震わせる事は出来ません。それは、この世界全体が震える(振動する)事が出来る様に、地球に対して鷲づかみの握りを持たなければならず、そしてそうするために、とても費用のかかる構築を行う事が必用でした。ですが、この地下の働きは、その塔に帰属していたと述べる事を、私は望みます。

ホーキンス氏による:

Q. 其処にあった全部について、私達に教えて下さい。

A. 裁判長が明言する様に、約120フィート続く、10 x 12フィートの大きなシャフト(梁/柱)があり、そしてこれはまず、材木で覆われ、そしてその中身は鉄筋で、この中央には螺旋の階段が下っており、その階段の中央には、電流が通るための大きなシャフトが再びあり、そしてこのシャフトは私が距離のあらゆる地点を計算出来る様に、ノードの点(結節点)が正確に何処であるかを伝えるために調整されていました。例えば、その機械を使って、私は地球の大きさ、または地球の直径を、4フィート以内の誤差で、正確に計算する事が出来ました。

Q. そしてそれは、あなたの塔のために、必要な付属物でしたか?

A. 絶対的に必要でした。そしてそれから、本当に費用のかかる研究は、その中央の部分を地球と接続させる事で、其処で私は、一定の長さの鉄製のパイプを次々と押し入れる特注の機械を整備し、そして私はそれらのパイプを、私が思うにそれらの16個を、300フィート(の深さ)まで押入れ、そしてその後、それらのパイプを通った電流が、地球を鷲づかみにしました。それは、その研究のとても費用のかかる部分でしたが、それはその塔に対して明らかではありませんでしたが、その塔に帰属するものでした。

・・・

Q. 法廷に、詳細においてでは無く、大まかに、その塔の使用目的と、それに関連して貴方が説明した器具について、教えてくれますか?

フォードハム氏:どうしてそれが関係あるのですか?

仲裁者:私はそれを受け入れます。

フォードハム氏:私達は除外します。

A. ええと、その塔の主要な目的は、裁判長、電話で、人間の声と、それに類似したものを世界中に届けるためのものでした。

仲裁者による:

Q. 地球の道具化を通して。

A. 地球の器具化を通してです。それは、1893年に私が公表した、私の発見でした・・・

・・・

ホーキンス氏による:

Q. すると、端的に、その目的は、世界の様々な場所に、無線通信するためだったのですか?

A. はい、そして、その塔はあらゆる量の電力を私が応用出来る様に設計され、そして私はその電力の配信(送電)において実証実験を与える計画をしていて、それを私は実際に完璧化(完成)させ、5%以下の漏洩(抵抗)と共に世界中を渡ってはっきりと電力を配信(送電)する事が可能で、その発電所は、その実証実験の役割を果たすはずでした・・・

此処で私達が有するものを見直して見ましょう:

1.その裁判においてテスラがそれらの証言を行っているのとほぼ同じ時に、彼はニュー・ヨーク・タイムズ紙に対して、それ自体が建設的、または破壊的な目的であれ - 地球だけでなく - 物理的な媒質/媒体を操作するために、その経度的な波(縦波)を使う事の出来る、無線電力送電の同じ科学技術を示唆し;

2.その書き出し自体においてテスラは、通信(送電)の目的だけでは無く、彼のシステム自体が、あらゆる量の電力の送電の目的の明らかな目的であったと、とても慎重に明言し;

3.これを行うために、テスラは明らかにその書き出しの中で、ワーデンクリフにおける塔の構造がまた、彼のシステムが、物理的に、そして電気的に、「地球を鷲づかみにする」または「球体全体を掴み」、それを「震えさせる」ために、深いシャフト(穴)を有さなければ成らなかったと明言し;そしてこれを行うために、

4.テスラはまた、可能な限り地球の大きさの正確な測量、その幾何学を知る必要性を明らかに示唆しました。言い換えると、地球自体の幾何学的で、非-直線的な性質が、そのシステムのための本質的なシステムでした。

それが不可欠であった理由は、ハルムット・ミューラー博士の世界的なスケーリング(測量法)の理論に関する私達の以前の意見から思い出されるかも知れず、つまり、その媒質(エーテル)自体における経度的な圧力の波(縦波)は、その様な波が重なる特定の結束点の近くの、時空間の地域的なワープ(歪み)、と物体の塊(重なり)の原因かも知れないと言う事です。言葉を変えると、惑星、または恒星の様な大きな質量は、それらの(縦)波の、自然的で最も効果的なレゾネーター(共振器)です。

「太陽系の(この)スカラーの対化(カップリング)は・・・大規模で・・・戦略的なスカラーの EM (エレクトロ-マグネティック)兵器システムの無制限の使用に、多大なチェック(考え治し)を供給します。もし、地球上で「純粋な」モード(種類)で大規模なスカラーの効果が産出されたなら、地球-太陽、そして地球-月のシステムのパルス(衝動)された障害が結果します。此処に存在する危険性は、その対化されたシステムの一つ、または複数のレゾナンス(共振率)が興奮させられるかも知れないと言う事です。もし、太陽のフィードバック(反応)の刺激が小規模で無いなら、例えば、大規模な太陽黒点の活動が時には、その後、1日か2日後に、活発にされるかも知れません。もし、地上において起こる刺激が大き過ぎる、または鋭過ぎれば太陽からの対化されたレゾナント(共振)の反応は大災害的に成るかも知れません・・・

「よって、大規模なスカラー(電磁)兵器の使用は、もろ刃の剣です。もし、慎重に使用されないなら、その兵器の使用は、その使用者と同時に、被害者達に対して酷い被害の原因に成る事が可能で、そして更に、地球自体の破壊の原因にさえ成る事が出来ます。」

言い換えると、地球を含む地域的で天体的な幾何学の正確な知識は、テスラが見解した様に、その様なシステムにおいて常に必須で、これは、恐らく、破壊的であれ構築的であれ、物理的な媒質(エーテル)自体を技術開発出来る、より深い物理学のための、彼の科学技術の示唆を、彼が究極的に描写した理由です。そして注目するべきは、テスラの見識において、そのシステム自体が、物理的に、そして電気的に地球に根付いている(アースされている)事がとても不可欠なのは、地球が実際に、巨大で電気的な回路における大規模な構成要素であったためです。故に、その様なシステムが、宇宙空間における衛星上で、より実質的に利用可能であると主張する人達が、大いに間違うのは、その媒質(エーテル)自体におけるその様な経度的なストレスの波自体の要点が、それらの自然的なレゾネーター(共振器)である:惑星と恒星の全体によって、最善に確立されるためです。そうでは無いと言う事は、物理学を全く無理解する事です。その様なシステムを応用する最善の場所は正に、惑星の表面です。

C. まとめ

さて、この旅路(調査)の終わりに、私達は以下を有します:

1.物理的なオープン・システムが明らかに存在し、それにおいて変化し続ける天体的な幾何学(立体性)が、相互関係的で物理的な影響力を持ち;

2.この物理学は、その媒質(エーテル)自体の物理学の、より奥深い物理を指摘し、それは、その媒質自体の中のストレスの経度的な波(縦波)を通して操作可能で、それは順を追って、地球の様な、または恒星の場合、旋回しているプラズマの様な、非-直線的な媒質/媒体における、電気的なストレスを通して利用可能で;

3.この物理学と、惑星全体を科学技術の構成要素として含む能力は、ニコラ・テスラの研究と言葉において、過去の世紀(20世紀)の折り返し(19世紀の終わり)程以前にはっきりと存在し、主張され、彼はその良質、または悪質な示唆が両方とも、同じ物理学と科学技術のシステムの論理的で同時発生的な結果であると見解し;

4.広く、全く別々の知識の集合体の増幅している測量と共に、物理的な科学のデータベースは拡張するので、一目には無関係のシステムの間の相互関係が気付かれ始め、そしてこれ等の相互関係は、人間の経済的、社会的、そして感情的な活動のサイクルを含み、物理学、経済学、そして天体的な幾何学の間の、より奥深い相互関係の可能性を示唆し;

5.物理学と経済学の間のそれらの関連性の原則(サイクル)の発見における、内密的ですがはっきりとした、大企業的で金融的な関心の重要な示唆がまた見つけられ、そしてテスラとモーガンの場合、その道具化(発明)を個人的(内密)に開発し、そしてその後、隠蔽(いんぺい)する事でした。

私達が、とても太古で、実際に、「原始太古」的な関連性の問いの一連を発見するのは - 物理学、経済学、そして全体的な幾何学の間の奥深い相互関係と、そしてその道具(発明)である、個人的(秘密裡)の開発と隠蔽である - 最後の2点においてです。

SS BROTHERHOOD OF THE BELL

NASA’S NAZIS, JFK AND MAJIC-12
Joseph P. Farrell

1 ss index

Table of Contents
Acknowledgements
Preface
Part One: The “Background”:
The “Race” to the Moon
Chapter 1: “In the Nick of Time”
A. “We Can Still Lose This War”
B. German Potential in Late 1944 Early 1945
1. Papers for Paperclip: Project Lusty
2. Death Beneath the Seas: The Extraordinary Capabilities of the Type XXI U-Boat
3. Death in the Air: The Sound Barrier Too?
4. Death on the Ground: Weapons of Mass Destruction in Use by the German Army on the Eastern Front in 1941
5. Beyond Nuclear and Thermonuclear Bombs: Indications of a New Physics
Chapter 2: “The Peenemünde Problem”
A. The U.S.A. Gets the Crème de la Crème
B. The U.S.S.R.’s Early Space Achievements
1. Booster and Lift Capabilities
2. The First ICBMs and the Characteristic Russian “Bundle” Rocket
C. What’s Wrong with This Picture?
D. The Real Origin of the Bundle Rocket: “Projekt Zossen”
E. SS Obergruppenführer Hans Kammler’s “Evacuation” of Peenemünde and the Russian Arrival
1. Strange Events at an “Empty” Site
2. The “Urals Incident”
F. Over-The-Horizon Radars and the Amerikaraket
1. The German “Proto-Transistor” and Television Miniaturization
2. The Problem of the Miniature German Klystron Tube: Roswell, the E.T. Myth and the Nazi Legend Revisited
3. Over the Horizon Radars
Chapter 3: “From Russia with Love”: The Two Space Programs Hypothesis
A. The Two Space Program Hypothesis
1. The Torbitt Document Version
2. The Hidden Planetary Geology, Climate, and Archaeology Versions:
a. The Absurdist Versions
b. A Scientifically and Politically Plausible Version: The Hoagland Version
3. The “Alternative Three” Version
4. Fantasia in the Desert: The William Lyne Version
a. Public Consumption versus Occulted Aether Physics
(1) Lyne’s History of Aether Physics
(2) Lyne’s Version of Tesla Physics
b. The National Security Act and Scientific Suppression
(1) Strange Nazi Parallels
c. The Nazi Role in Occulted Aether Physics
(1) Roswell, MJ-12, and Disinformation
(2) Von Braun’s Alleged Pre-War “P2” Project in New Mexico
5. Both Feet in Atlantis: The “Jan Van Helsing” Version
6. The Dark Moon Version
B. Conclusions and Speculations
1. The Torbitt Version
2. The Hidden Planetary Geology, Climatology and Archaeology Version
3. Jim Keith’s Casebook on Alternative Three Version
4. The William Lyne Version
5. The “Jan Van Helsing” Version
6. The Dark Moon Version
7. Combining the Versions
8. Possible Entities and Requisites for Coordination
Part Two: The “Bell”:
Nazis and Occulted Physics
Chapter 4: “Das Laternenträgerprojekt”: The Bell and Igor Witkowski
A. Igor Witkowski on the Bell
1. The Significance of the Story of the Bell
2. An Obvious Question and a Not So Obvious Answer
3. The Personnel and a New SS Player on the Scene: The Forschugen, Entwicklungen, Patente
a. SS Obergruppenführer Emil Mazuw
b. Prof. Dr. Walther Gerlach
c. The Mysterious Dr Elizabeth Adler
d. Otto Ambros of Auschwitz “Buna” Factory Fame
e. Dr. Kurt Debus
(1) “Kriegsentscheidend”
4. Dr. Hermann Oberth Takes a Trip with some Friends
B. The Operation of the Bell and Its Effects: Witkowski’s Reconstruction of the Bell
1. Where It All Happened
2. The History and Code-Names of the Project
3. The Last Flight of the Ju 390
4. The Design of the Bell and its Effects in Operation
5. Witkowski’s Reconstruction of its Possible Physics
6. A Story from the Neo-Nazi Fringe
7. Mercury Vortex Engines… Again
Chapter 5: “Working in Fields of Physics that were Monstrous on a Daily Basis”
A. Strange Claims and Quotations: Indicators of Wartime German Research in “Scalar” Weapons
1. The “Artificial Rubies” Passage from the Farm Hall Transcripts
2. The Farm Hall Transcripts’ Indications of a German Photochemical Process of Isotope Separation and Enrichment
3. Back to Roswell and the Majestic 12 Documents: Another Odd Corroboration of Possible Nazi Knowledge of Cold Fusion
4. A British Intelligence Agent’s Statement on the Monstrous Areas of Physics being Developed by the Kammlerstab
B. Bearden’s Reconstruction of the History of Scalar Physics
1. Bearden on the State of Electromagnetic, or Electrodynamic, Theory, and the Elements of Scalar, or Quantum Potential, Physics
a. Classical Electrodynamic Theory as a Perpetual Motion Machine
b. What the Soviets (And Nazis) Found on Their Scavenger Hunt: E.T. Whittaker’s Decomposition of Scalar Potentials into Bi-Directional Longitudinal Waves
2. Bearden’s Claims for “Scalar” Physics and its Weaponization
a. The Dangers of Scalar Resonance: Planet-Busting “Doomsday” Implications
b. The Scalar Template and Weapons Applications
3. The Implications of Bearden’s Reconstruction of the History of Scalar Physics
a. Back to “Freya” and “See-Elefant”: The German Over-The-Horizon Radars
b. An Odd Allied Intelligence Report Indicating the Nazi Operation of Scalar Weapons
4. Conclusions and a Post-War Scalar Postscript: the “Scalar Weapons” Nations and Germany
Chapter 6: “For Whom the Bell Tolls”: Scalar Physics, Zero Point Energy, and the Vorticular Aether: A Speculative Reconstruction of the Physics of the Bell
A. U.S. Declassified Patents from the Cold War and SDI
1. Enter the Mossbauer Effect
B. Plasmas, Rotation, Pulses, and Zero Point Energy
1. Plasmas and Transmutation
2. Four Mysteries and Ion Oscillation
3. Paul Brown’s Glow Plasma Oscillator
4. Non-Equilibrium Thermodynamics and Self- Organization
5. Oscillation of Plasmas and ZPE Coherence

6. . Gray’s Scalar Compression Tube
7. Counter-Rotating Electromagnetic Fields, ZPE Coherence, and Kontrabary
C. The Vorticular Mechanics of the Aether: The Theories of O.C. Hilgenberg and Carl F. Krafft
D. Back to Mercury Vortex Engines
E. Speculations: The Bell as a Scalar Physics Device
Chapter 7: “Gerlach’s New Alchemy:” The Mysterious Serum 525
A. An Article in the Evening Newspaper
B. Mercury Pyro-Antimonate, or Red Mercury (Mercury Antimony Oxide)
1. Code-name DOVE
2. The .01 Kiloton Yield Pure Fusion Bomb: The Logic of Fusion Weapons Development
a. First Generation Weapons
(1) Radiological Weapons (“Dirty Bombs”)
(2) The Semi-Fission, or “Atomic Fizzle” Bomb
(3) The Pure Fission, or Atomic Bomb
b. Second Generation Weapons
(1) Boosted Fission Weapons
(2) Fission-Fsusion (-Fission) or Full Hydrogen Bombs
(3) The Neutron Bomb
(4) The “Salted” or “Doomsday” Bomb
c. Third Generation Weapons: The Pure Fusion, or Pure Hydrogen Bomb
3. The Red Mercury Legend, Recipe, and “Xerum 525”
a. The Red Mercury Legend
b. The Recipe and “Xerum 525”
c. Nuclear Isomers, Spin, GRASERS, and Gerlach
C. Back to the Nazi Atom Bomb: The Implications of the Ohrdruf Test Reconsidered
1. The Claims for the Ohrdruf Test
2. The Implied Existence of a Reactor Technology: Hartek and Houtermann’s “Cold” Reactors and the “Recipe”
D. Briefly Back to Roswell and MAJIC-12: General Nathan Twining’s “White Hot Intelligence Estimate” Reconsidered
E. A Summary and Conclusions
Part Three: The “Brotherhood”:
Nasa’s Nazis, JFK, and MAJIC-12
Chapter 8: “The Day After Corso”: More MAJIC 12 Documents in the Light of Nazi Technology
A. MAJIC-12 Documentary Analysis
1. Document 1: Air Materials Command Secret Memo to Brig. Gen. George Schulgen, Sept 1947.
Analysis
2. Document 2: Analytical Report of Research and Development Laboratory of 2 September 1947
Analysis
3. Document 3: Letter of Anonymous Source to Timothy Cooper
Analysis
4. Document 4: Letter of Anonymous Source to Timothy Cooper Concerning Privitization of MJ-12
Analysis
5. Document 5: Top Secret/Jehovah NSA Intercept:
Analysis
6. Document 6: Annex C Fragment
Analysis
7. Documents 7 and 8: Top Secret Memo of President Roosevelt to General Marshal, 27 February 1942; Double Top Secret Letter of FDR to General Marshall Feb 22/24, 1944
Analysis
8. Document 9: Recovered, Reconstructed, and Test- Flown “S” Aircraft and Paperclip Personnel Assistance
Analysis
9. Document 10: Dr. Edward Teller’s Pitch to President Reagan for the Strategic Defense Initiative (SDI)
Analysis
Preliminary Scenario Assessment
10. Document 12: The MAJIC-12 Bowen “Encyclopedia of Flying Saucers;” The Kammlerstab, and Nazi Saucers
Analysis
B. The Day After Corso: An Examination of Corso’s The Day After Roswell in the Light of the Cooper-Cantwheel Documents and German Wartime Technology
1. Corso on the Integrated Circuit and Transistor
2. Lasers
3. Fiber Optics
Chapter 9: “Mae Brussellsprouts”: Nazi Survival and JFK
A. J.F.K’s Policies
B. Mae Brussel on Nazis and JFK
1. Her Thesis
2. Germans and Atsugi AFB, Japan: An Oswald Nazi Link
3. Gehlen and the Russian Orthodox Diaspora
a. Implication: The Infiltration of US Intelligence and Defense
b. Nazis and “the Rogue Element” In US Intelligence
4. Schacht-Onassis
5. Dulles-McCloy on the Warren Commission
6. A Review
7. South American Death Squads: The “Kinder, Gentler Gestapo” for Hire
8. George De Mohrenschildt
9. The Paines, The Oswalds, and General Dornberger
10. Martin Bormann and JFK
11. The “Octopus” Before the “Octopus”: the Bunge Corporation Beats Danny Casolaro by Two Decades
12. More Odd Behavior and Connections: West German Chancellor Kurt Georg Kiesinger and Nixon
D. The JFK Connection in Early MAJIC-12 Documents
1. Guy Bannister, UFOs, and JFK
E. The Magus of Ingolstadt
1. Bormann and Ingolstadt: A Connection to the Illuminati?
i. Bormann’s Manipulation of Hitler
ii. Bormann’s Surrender of the A-Bomb to the USA: The Hydrick Thesis
iii.Bormann’s “Special Evacuation Command” and Kammler’s Bell: the Nick Cook Thesis
iv. Continuation of Ultra-Black Projects and German “Independence” at White Sands and NASA
F. Skull and Bones and “Secret Germany”
1. 2004: Bonesman Bush versus Bonesman Kerry
2. Daddy and Dubya Bush: The RNC and the Eastern European Émigré Community
3. Secret Germany
d. The Hohenzollerns Become Grand Masters of the Order
b. Hitler’s Only Known Initiation
E. Final Thoughts
Chapter 10: “What is the Brotherhood of the Bell?” the Brotherhood of the Bell in History and Practice
A. Nick Redfern’s FBI Documents on Nazis and UFOs
Bibliography

ザ・ベルの SS 同胞団
NASA のナチス、JFK と MAJIC-12
ジョセフ P. ファレル著

第9章:
「マエ・ブルッセルの発芽:」
ナチスの生き残りと JFK

「昔の将軍達が帰って来る。(南米は)ナチスに溢れている!・・・その様な事をする人達には、唯一、一種しかいない事を彼等は知るだろう・・・それはナチスで、そして権力にあるのは彼等である。」
- ジャック・ルービー(aka. ルーベンスタイン)

これに関連して着目するだけ興味深いのは、皇帝フレデリック2世によって設立された大学、(イタリアの)ナポリ大学の700周年記念が祝われた時、以下の刻印と共に、パレルモの大聖堂において、その皇帝の石棺の近くで、一つの冠が発見された事でした:
「Seinem Kaiser und Helden
Das geheime Deutschland.」
(『彼等の皇帝と英雄へ、ドイツから』)」

ポール・ウィンクラー

第二次世界大戦の後、ナチスは、とても思いがけない場所で、とても思いがけない人達と共に、とても思いがけない事を行っている様に現れる、多大な技と能力を発達させた様です。

例えば、催眠術の下で、彼の精神科医、ベンジャミン・サイモンに対して、有名な UFO のアブダクティー(宇宙人、または宇宙人のふりをした誰かにさらわれた人)、バーニー・ヒルによって述べられた明言を考えてみて下さい:

「バーニー:
(彼は極度に正確にしようと努力します。)
其処には窓の一連がありました。とても大きな窓の一連です。唯、支柱によって分離された - または、一つの大きな窓に成る事を避けるための構造・・・もしくは、そうでなければ - 一つの大きな窓に成るものでした。そして、その上の邪悪な顔は - (彼は「指導者」と言いかけました。)
彼はドイツのナチスの様に見えます。彼はナチスで・・・」
(彼の声には問いかける様な音(雰囲気)があります。」
医師:
「彼はナチスですね。彼は制服を着ていますか?」
バーニー:
「はい。」
医師:
「どの様な種類の制服ですか?」
バーニー:
「彼は、彼の左肩の上にぶら下がっている黒いスカーフを、彼の首回りに着けています。」

それから、同様に、催眠術の下で述べられたとされた、誰がケネディー暗殺の背後にいたのかの、ジャック・ルービーの奇妙な明言があります:

「昔の将軍達が帰って来る。(南米は)ナチスに溢れている!・・・その様な事をする人達には、唯一、一種しかいない事を彼等は知るだろう・・・それはナチスで、そして権力にあるのは彼等である。」

十分に奇妙な事に、ルービーは、南米とナチスを指差す事によって、殆どの人達が思いもしなかったケネディー暗殺の、ある要素に彼の指は指していました:南米におけるナチスの残党と、そして彼等の現在進行形の半-独立的な存在でした。

A. J.F.K の政策

人が、彼の政策に同意する、または異論するに拘わらず、大統領ジョン F. ケネディーは、彼の短かった大統領の任務期間において、多くの人達がアメリカの「エスタブリッシュメント(権力側)」、または「秘密(影/闇)の政府」の要素を構成すると信じる、とても根深く、そしてとても強力な関心の数々を、明らかに脅かす政策を概要しました。ケネディーは、例えば、(キューバの)豚の湾(Bay of Pigs 作戦)の大失敗の後、効果的に、準軍事的(傭兵的)で秘密裡の作戦行動を CIA から取り上げ、ペンタゴンに渡す結果と成った、国家安全保障のメモ(摘要書)を循環させました。彼は、「CIA を、何千もの欠片に打ち砕く」と宣言しました。アレン・ダレス、または - MAJIC-12 (マジェスティック-12)の書類におけるその現れを、私達が以前の章の中で着目した - チャールズ・ピアー・ケイベル将軍の様な人達にとって、ケネディーは、彼等が第二次世界大戦以後に育ててきた官僚的な権力の封建制度に対して、直接、狙いを定めていました。

2 john f kennedy.jpg

そしてアメリカにおいて最も近差の争いの選挙の後、ケネディーは、狭い得票数の差で、共和党の現職の副大統領、リチャード・ニクソンに対して勝利しました。多くの人達は、ケネディーが勝ったのが何故なら、その国全体を渡って、イリノイ州のシカゴの、悪名高く腐敗したクック(選挙)地区の様に、当時の知事、リチャード・ダリーと、様々なマフィアの関係者達によって、(票が)「お届け」されたためだと主張します。それは、熱く競争されたその他の(選挙)地域のために主張された逸話(噂)でした。大統領府に入った後、ケネディー大統領は、彼の弟ロバートを司法長官に任命し、ケネディー政権は、組織化された犯罪組織(マフィア)を追求し始めました。そして、彼の弟、ロバートが司法局の指揮を執ると共に、諜報工作のコミュニティー(CIA)と組織化された犯罪組織(マフィア)の他に、もう一つの強力な敵が加わりました。その敵は、ワシントン D.C. (コロンビア特区/米国企業株式会社/東インド会社)における社交会に集う権力の輪の中で、ケネディー政権に対する憎しみを秘密にしなかった男、FBI 長官、J. エドガー・フーバーでした。

JFK, フーバー、RK
3 jfk hoover rk

この時点において立ち止まり、着目する価値があるのは、それらの可能性のある3つの敵の内の2つが、暗殺後のウォーレン委員会に対して極度な影響力を行使し、(キューバ侵略の)豚の湾の後、ケネディーによってクビにされた、元 CIA 長官、アレン・ダレスが、勿論、その委員会の代表的なメンバーに成り、疑う余地無くそれによって、混乱の言葉のスピン(扇動)における不透明化で、あらゆる CIA の関連性を埋めて消し去った、または最小限に保ったためです。その委員会の結末に多大に関連したもう一つの敵は、勿論、J. エドガー・フーバーの FBI で、それはその委員会への情報の流れとデータに対して普通以上(異常)な影響力を行使しました。

以前の章の中で見られた様に、しかしながら - もし人が、論議するためにそれらの正当性を認めるなら - ケネディーが、ソヴィエト連邦と共に共同で宇宙開発する事を求めていた事を示唆する、MAJIC (マジェスティック)- 12の文献があります。もし人が、その2つの国々の宇宙計画のどちらか、または両方に対して、何らかの秘密裡の要素(i.e. 離脱社会)が存在すると推定するなら、するとこれもまた、多くの隠された目的と、埋め込まれた権力の関心を脅かしたでしょう。そしてこれに関連して - 本物か、偽物かは別にして – MAJIC – 12 の書類の全てが光の下で照らされる遥かにもっと以前から、トービット文献は、宇宙計画と、NASA の内部における高い地位に置かれたナチスのネットワークについて独自の結論を引き出していました。トービット文献の中で、ヴォン・ブラウン(元ナチス・ドイツのロケット工学研究者/NASA の長官)の the Defense Industrial Security Command (D.I.S.C/防衛工業安全保障コマンド)の操作/統治は順を追って、フェレンス・ナギーの様な第二次世界大戦のその他のファシスト達に関連したペーパークリップ(ナチス・ドイツから、CIA に吸収された科学者達)作戦の科学者達の、このネットワークの象徴に成り、西欧(ヨーロッパ)と米国においてフロント(建前)組織のネットワーク(スパイ組織)を設定した、ゲーレン組織(ナチスのスパイ組織)を通して、ナチスに協力した後、戦後に、共産主義者達(ソヴィエト)の報復を逃れるために、その結果として東欧から逃避した(欧米への白ロシアなどの)移民のコミュニティーを体現しました。これらの2つのグループ(組織) - ペーパークリップ(作戦)の科学者達と、ファシスト(ナチス)の移民のフロント(建前)は - 順を追って、その執行部の一員として、クレイ・ショーも同時に含めて、多くの著名なファシスト(極右/ナチス)を共にした、「パーミンデックス」社と呼ばれた、まぎれも無い、「マーダー・インコーポレッティド(殺人は当たり前組織)」に関連していました。トービッド文献は - クーパー-キャントウィールの MAJIC(マジェスティク)-12の文献が、UFO 研究者達のコミュニティーの中に解放された、または意図的に流出された、遥か以前に - 殆どのケネディー暗殺の研究者達によって、簡単に袖から払われる(無視される):ナチスに対する、とてもはっきりとした関連性を示します。

ですが其処には考えるべき最後の可能な、ケネディーに対する敵がいます。彼の暗殺と同年の、1963年6月に、ケネディーは、そのエスタブリッシュメント(権力者達)の「埋め込まれた関心」の最も強力な一つに標準を定めます:国際商業銀行業です。ケネディー大統領は、(金利/借金無しの)約40億ドルの米国政府通貨の印刷を許可し、それらを流通へと開放する事によって、悪名高き秘密裡のジキル島の(ブレトン・ウッズ)会合の後、策略と計算された政治的な操作によって確立された、個人(企業)によって所有された連邦準備金銀行(米連銀)を完全に素通りしました。ケネディーのー手は明らかに、その国家(米国)における通貨供給に対する(個人)銀行家達(ロスチャイルド/ロックフェラー/モーガン、etc.)の独占的な縛りの終わりと、個人企業である銀行への金利/借金の全く無い通貨である、「憲法的な通貨」への回帰を予告しました。その暗殺のコンスピリシー(共謀/陰謀)のこの要素は、ナチスの関係性よりも(殆ど)知られておらず、そしてそうであるままです。

その暗殺に関係した必死な集団 - 軍需産業複合体やCIA に代表される「国家安全保障の『コミュニティー』」、FBI とその他の機関、宇宙開発計画(NASA)、マフィア、様々な反カストロのキューバのフロント(建前)と同時に、東欧のヨーロッパ人達(ナチスのスパイ・ネットワーク)の、軍事的で、右翼的な(欧米への)移民グループに体現され、そして金融と銀行業の国際企業連の - の慎重な考察は、数多くのその暗殺の研究者達が指摘した様に、それらの要素の全ての間の数多くの関連性を示唆します。ですが、それらの組織的な関心の全てに関連した一つの集団があり、そしてそれは、勿論、ナチスです。

B. ナチスと JFK についてのマエ・ブルッセル

1.彼女の論説

よく知られた陰謀暴露の研究者で、ラジオのトーク・ショーのホストだった、故マエ・ブルッセルは、引っ繰り返されていない石を決して残さない人でした。タルボット文献とその内容を学ぶと直ぐにブルッセルは、深い陰謀の主張によって出くわされた時に、彼女が通常行う事を行いました:彼女は(情報の)破片を一つにまとめ始め、そして慎重に彼女の源泉(情報源)を書類化(記述)しました。

何らかの高いレベルにおけるその(ケネディー)暗殺へのナチスの関わりへの彼女の明言は、その全体的な策略における「その他のプレーヤー(共謀者)達」の説明を扱います:

「この話は、どの様にナチスが、Wehrmacht が未だに攻撃中にある時にでさえ、軍事的な敗北を仮定し、ナチス主義を、そっくりそのまま、変装させて西洋(欧米)の避難地に埋め込む計画をしたかについてです。その話は、どの様にして、誇り高き男達、そして幾らかのあまり誇り高く無い男達が、赤い脅威(共産主義)によって全く盲目にさせられ、ナチスの計画の完全にはまったかについてです。それは奇妙なカップル足す1の話しで:(それらは)マフィア、CIA、そして狂信的な(東欧からの)移民達で、それぞれがケネディーを射殺するための独自の理由を有していました。その話は、1963年11月22日にジョン・ケネディーが殺害された時に、そのクライマックスを迎えます。そしてそれは、その後の集大成がある話で - アメリカの、ファシズム寸前までの転落でした。

ケネディーは、言葉を変えると、よく知られた「関心の連合」によって射殺され、それは、ブルッセルの見解によると、とても秘密裡のプレーヤー(共謀者)達として、ナチスを含んでいました。ですがブルッセルの明言は、更なる何かを暗示し:益々ファシスト的な顔を持つクーデター(政権転覆)でした。この「ファシスト的な顔」は人がブルッセルの研究の詳細を考えた時、更にもっと明らかに成り、それは順を追って「関心の連合」のコンスピリシー(共謀/陰謀)におけるナチスの関わりのための動機の理由を露出させます。

2.ドイツ人達と、日本の厚木米空軍基地:オズワルドのナチスとの繋がり

リー・ハーヴィー・オズワルド。
4 Lee Harvey Oswald USMC.jpg

その名前を言えば、殆どの人達は、直ぐにその暗殺者を考え、または少なくとも、ケネディー殺害における罪を着せられた身代わりを考えます。

少ない人達は、見た目には普通の家族的な背景を持つ、普通のアメリカ人男性で、海兵隊員に成り、その後、海兵隊員であった事は言うまでも無く、一人の兵士として、異常で政治的な信念を現し始めた人を考えるでしょう。

更により少ない人達は、オズワルドの知られている FBI との関連との関係において、それらの奇妙な振る舞いと政治的な信念について考え、そして(私の意見においては正しく)日本の秘密裡の厚木空軍基地において、一人の海兵隊員であった間の、オズワルドの親マルクス主義の政治的な信念の奇妙な表しは、彼をシープ・ディップ(羊を消毒液に浸す/洗脳教育/用意)するパターンであると考えます。オズワルドは、それらの公に告白された信念にも拘らず、その空軍基地における秘密裡のレーダー基地における特定のセキュリティーのクリアレンス(侵入許可)を持っていて、同時にロシア語を学んでいました。

そして、その暗殺事件の研究者達の殆どに良く知られているもう一つの事が更にあり:厚木空軍基地は、ソヴィエト連邦上空の、CIA の U-2(スパイ)機が帰属した処でした。

多くの人達によく知られている様に、オズワルドはその後、海兵隊から退役するために、彼の病気の母親、マーガレット・オズワルドを看病するために「身内内の緊急事態」を捏造しました。海兵隊を退役した後、しかしながら、オズワルドはその後、ソヴィエト連邦に向かい、其処で彼は亡命しました。彼はベラルーシ(白ロシア)のミンスクのテレビ工場に配属され、ソヴィエトの基準としては広いアパートを与えられました。オズワルドは、ソヴィエトの軍事諜報機関の大佐の娘、マリーナ・オズワルドに出会い、最終的に結婚しました。

多くの暗殺の研究者達は、その同年の後に、フランシス・ギャリー・パワーズの U-2 機の撃墜に繋がった、レーダーとその他の技術的なデータを、オズワルドがソヴィエトに渡したと信じます。勿論、その U-2 機は、日本の厚木空軍基地から飛び立ちました。U-2 機の飛行は、空軍の作戦では無く、CIA の作戦だったので、これが意味したのは、CIA が厚木基地において、秘密裡の基地を有していた事です。これについては、後程、更に述べます。

その後、信じられない事に、オズワルドは、彼のロシア人の妻と共々、米国に-亡命する事が許され - 当時(冷戦時代)としては全く簡単な事では無く - 其処から彼のその後の活動と(人間)関係は、多かれ少なかれ、よく知られています。

ですが多くの人達が知らないのは、オズワルドが、極左派の信念と組織との彼の関係に加えて、同時に極右派の人達と組織との、とても奇妙な関係を幾つも持っていた事です。それらの一つは、信じがたい事に、元 Wehrmarcht (ドイツ国防軍)の将軍、レインハート・ゲーレンの、(欧米に)移民したスパイ・ネットワーク(組織)以外のなにものでもありませんでした。

(アレン)ダレスが語ると、ゲーレンは聞き入りました。その CIA 長官(A.ダレス)は、彼の兄弟で、国務長官であるジョン・フォスター・ダレスと共に、ソヴィエト・ブロックに「囚われた国々」は、十分な応援を与えられれば発起すると信じていました(フォルス・フラッグ)。彼(ダレス)の要望において、ゲーレンはアメリカの部隊が関わる事無く、準備万端な、(国外)追放された傭兵部隊を集め訓練しました。ダレスの要望においてまたゲーレンは、ソヴィエト連邦内へとパラシュート降下させるスパイの部隊編成のために、彼の戦時中のロシア人協力者達の階級(一連)を応用しました。それらのスパイ達の幾らかは日本の厚木における CIA の秘密裡の基地において訓練され、1957年に其処にはリー・ハーヴィー・オズワルドと言う名前の若い海兵隊員が、其処における U-2 スパイ機の作戦に配属されていました。」

ナチスとの直接の関係は確立していない間これは、ブルッセルが発見する、暗殺事件を囲んでいる(人間)関係のパターンにおける情報のほんの一部でしかありません。

3.ゲーレンとロシアの正教会の四散(共産主義から国外に逃れた人達)

その暗殺事件のパズルの更にもう一つの欠片は、この国(米国)における東欧の(避難)移民のコミュニティーとの、ゲーレンの「組織」の関係でした:

「ゲーレンは、彼の広範囲の秘密裡の作戦を補佐するために、偽のフロント(建前組織)と偽りの会社を設立した先駆者と成りました。一つの大規模なプロジェクト(計画)は、ソヴィエトに対して利用される事の出来る、米国における、東欧の移民グループを形成する事でした。トルストイ財団と、ロシア国外の正教会の司教達のユニオン(組合)の両方が、CIA によって資金援助されました。リーとマリーナ・オズワルドは、1962年6月にソヴィエトから到着(再亡命)しました。彼等はダラスのワース基地近辺において、約30名程の白ロシア(ベラルーシ)人達と知り合いに成りました。(彼等の)多くは、立証可能なナチスとの繋がりを有し;その他は石油と防衛(軍事)工業に拘わっていました。それは、ソヴィエト連邦からの亡命者とミンスクからの彼の妻のためには、ありえない社会的な集まりでした。」

どんな場合であれ、明らかなのは、オズワルドと、その類似した人達を通して、ダレスの CIA は、それぞれがお互いの容赦ない敵同士であり、同時に、順を追って、アメリカの根源的な敵である - ソヴィエトとゲーレン自身の「元」ナチスの組織と言う、2つのとても危険な要素と共に、とても危険なゲームを繰り広げていました。BND (西ドイツの諜報工作機関)を使用する意図は明らかでした:もし、厚木とその他の場所における移民達の訓練の作戦が暴露されても、アメリカの関わりは「否定される」事が出来るためです。ゲーレンの組織は故に、その作戦のためのカット-アウト(外部受注/下請け)でした。この章における後において見られる様に、しかしながら、「カット-アウト達」は、建前上の「コントローラー(ハンドラー)」から素早く半-独立に成る、または完全に独立する事ができ、そして結果的に、トロイの木馬に成る事が出来ます。

a. 示唆: 米国の諜報工作と防衛機関への侵入

その様々東欧の移民のフロント(建前)企業と共に、ゲーレンの組織の確立に繋がったペーパークリップ作戦とその他の類似した作戦の示唆を再び考える前に、一度立ち止まるには価値があるでしょう。一つの観点、米国の軍需産業-諜報工作-複合体自体から見ると、米国は未だに運転席におり、それらの2つのグループを操作していて、そして彼等の活動を方向付けていました。宇宙計画(NASA)におけるナチスのロケットの科学者達と、防衛産業における彼等の反対相手の場合においてでさえ、それらの人達は「カット-アウト達」として考えられる事ができ、何かが失敗した場合において責任を取らされる身代わりで、そして彼等が失敗した場合にエスタブリッシュメント(権力側)の官僚達を責任から保護するものでした。ですが「カット-アウト達」自身の観点からだと、彼等は侵入者/潜伏者達であり、母体の国の保護と経済的な力の「利用者達」でした。その様な観点は、しかしながら、彼等の「コントローラー達」からの独立性を示唆する、カット-アウト達の部分における振る舞いのパターンを、もし人が探知した時だけに理論的に保たれるのは、その様な独立性が、彼等の部分において、隠されてはいますが、根底にある組織の規模を示唆するためです。これから見られる様に、この場合がそうであると言う示唆があり、そして宇宙計画(NASA)自体の中からのものです。

b. ナチスと米国の諜報工作機関内の「悪玉要素」

様々な陰謀暴露の研究者達はアメリカ(そしてその他の国々)の諜報工作機関の中に、それ自体において活動し、それ自体の頻繁に後ろめたい目的に続き、そして頻繁に母体の国家の国家的な関心とは真逆の活動をする、「悪玉」の要素が存在している様だと指摘しました。その他の者達は、テロリズムの近年の一連に、ある時点において、大規模で金融的な後ろ盾と、何らかの世界の主要な権力の後ろ盾があったと指摘します。更にその他の人達は、ナチズムと軍事的なイスラムと、その他のテロリスト・グループの根源との、歴史的な関連性を暗示しました。どんな場合であれ、生き残っていて組織化されている国際的なファシズムのネットワークは、確かにそれら全ての必要条項に当てはまりますが、勿論、歴史的に知られている関連性を超えては、その件は推理的です。

4.シャクト-オナシス

ですが諜報工作機関の中の「悪玉要素」が、「国際ナチス」であると頻繁に論議される件が唯一曖昧で、推理的である間、JFK 暗殺についてのその深く隠された、高レベルの関係性の件については、人がより詳細に調べると、更に強く成ります。(ドイツの)レイク銀行の元会長であり、ヒトラーの金融的な魔術師(専門家)で、SS の司令官、オットー・スコルゼニー(Skorzeny)の義父でもあった、ハジャルマー・シャクトがその後、「アリストトル・オナシス(ギリシャの船舶王)に雇われていた」事だけを考えてみて下さい。

私達は誰しもが、アリストトル・オナシスとその後結婚し、そして彼女の夫の殺害について彼女が知っている事を語る事を、かたくなに拒んだ人を知っています。私達は誰しもが、今まで通り気品高く美しいままで、比較的に最近、亡く成った彼女が、その個人的な日記(自伝)が、遠い未来まで公表されてはならないと指示した人を知っています:

ジャクリン・ボウビエー・ケネディー・オナシスです。
5 jaquline

私達が全く知らなかったのは、オナシスと再婚する事によって、ジャッキー(ケネディー)が、第二次世界大戦以来、とても奇妙で、とてもナチス的な関連性を持つ、組織化された犯罪の一族の中へと婚姻した事です。

そして、オットー・スコルゼニーについてはどうでしょう?

スコルゼニーはその戦争から生き残り、悪名高い O.D.E.S.S.A. (オデッサ)組織(Organization der Ehemalige SS Angehörige, または「元 SS メンバーの組織」)を指示する手助けをし、そしてスペインのマドリッドにおいて、スペインの諜報工作機関と CIA のスペイン部門が入っていた同じ建物の中に、「国際ファシスト」を確立しました!

ウォーレン委員会のダレスとマックロイ

更にもっと奇妙なのは、ウォーレン委員会のために選ばれた人達の幾らかの、その内の2人は、極度な疑いの目と共にしか見る事が出来ないと言う事です。

彼等の内の1人は、既に記述された様に、元 CIA 長官だったアレン・ダレスでした。ダレスは勿論、戦時中にスイスのチューリッヒにおける OSS (後の CIA )の地域主任で、レインハート・ゲーレン将軍と、そして人は唯一推測する事が出来ますが、恐らくマーティン・ボーマンや、SS Obergruppenführer のハンス・カムラー自身達を含むナチスの大物達と、秘密裡の合意を話し合いました。ダレスがこの章の後において再び浮上するのは、私達が未だ、第二次世界大戦の以前に、彼が何を行っていたのかを、私達が考察していないためです。ウォーレン委員会のメンバーとして、ダレスが恐らくケネディー政権によって原因された「ダメージ」をやり直す暗殺事件後のスピン(扇動)のネットワークの最も良い例なのは、ダレスが勿論、(キューバの)豚の湾の大失敗における彼の役割のために、エネディーによってクビにされていたためです。

私達は、ウォーレン委員会のもう一人の主要なメンバーが、その戦争の以前に何をしていたのかを知っていて:(それは)ジョン J. マックロイです。忘れてしまった人達のために言うと、ジョン J. マックロイは、(西)ドイツのための、終戦後のアメリカの最高コミッショナーで、米国への彼等(ナチス)の送還を迅速にし、ペーパークリップ作戦と、類似した計画において彼等(ナチス)を使用するために、彼等(ナチス)の戦争犯罪の懲役から、多くのナチスを許した責任のある人物でした。

ですが戦前にジョン J. マックロイは、とても高い地位に置かれ、とても「内輪の事情」に「精通し」、1936年のベルリン・オリンピックにおいては、彼の初めてのテレビへの登場だったかも知れない、アドルフ・ヒトラーと、観覧席を共にする程でした。ですが何故、アメリカ人の弁護士に、その様な高い尊敬(地位)が与えられたのでしょう?これは、部分的に、彼が戦前に、ドイツの化学カルテル、I. G. ファーベン社の雇弁護士であったためでした。

6.再検証

私達が見逃したものが無かったか確認するために、再検証が必要です:

ウォーレン委員会のメンバーの一人は、終戦後のドイツの米国の最高コミッショナーで、数々のナチスを許し(釈放し)、個人的にアドルフ・ヒトラーと顔見知りで、そして戦前にはドイツの化学産工業の大企業、I. G. ファーベン社を法的に代理した(顧問弁護士だった):ジョン J. マックロイでした。

ウォーレン委員会のもう一人のメンバーは、豚の湾における彼の役割のために、ケネディー大統領にクビにされた、元 CIA 長官で、戦時中はチューリッヒの OSS の地域主任で、ドイツの軍事諜報工作の大物、レインハート・ゲーレン将軍との間の秘密裡の合意を談合すると同時に、恐らく、「降参してきた」ナチスと米国の間の、その他の秘密裡の合意を行った:アレン・ダレスでした。

ですがダレスが CIA において、まだ上手く収まっていた期間の間に、米国の海兵隊員、リー・オズワルドは、日本の厚木空軍基地に配属され、其処で、彼の公に告白されたマルクス主義とソヴィエト連邦への「尊敬」にも拘らず、彼はロシア上空の U-2 機の飛行に関連した比較的に繊細なレーダーのデータのセキュリティーのクリアレンス(潜入許可)が与えられていました。加えて、厚木空軍基地はソヴィエト連邦上空の U-2 機飛行の秘密裡の基地だったので、それはその空軍基地内に隠された、秘密裡の CIA の基地であるはずでした。レインハート・ゲーレン将軍の西ドイツの Bundesnachrichtendienst(連邦公安局/BND)は、明らかに、ソヴィエト連邦へと(パラシュートで)落とされる国外移民(東欧)の傭兵部隊を訓練していました。この訓練の一部は疑う余地無くロシア人達で、そしてその他の一部は、共産主義の教義、共産党の組織、そしてどの様に熱烈な共産主義者として「信用させる」かの知識持った者(工作員)でした。これが意味するのは、もしオズワルドが実際に、ガリソン自身が信じた様に、ソヴィエト連邦においての諜報工作の任務のために「シープ・ディップ(教育)」されていたなら、恐らくゲーレンの組織と、元ナチスによって、その役割のために訓練されていた可能性が高いです!言葉を変えると、その要素の全ては厚木と、リー・ハーヴィー・オズワルドと言う人に集結します。

この関連において、オズワルドの住所帳は、唯の FBI のエージェント(捜査官)達の住所以上のものを含んでいたと、後に明かされるでしょう・・・

7.南米の死の部隊:「より優しく、より親切な

雇われのためのゲシュタポ

ナチスの状況を再検証した処で、私達は此処でブルッセルによって表現されたその他の詳細、その暗殺事件における役割を担うためのその他全てのグループと、彼等の個人的な理由に加えて、ナチスの動機と役割が何であったのかを暗示し始める詳細を考えるために、より良い位置にあります。

1983年におけるその暗殺事件の20周年記念において、ラリー・フリントのザ・レベル誌に、ブルッセルが彼女の暗殺事件の記事を書いた時に、彼女は「ラテン・アメリカ:殺人企業」と題された上院議会の外交関係委員会の報告書に言及し、その報告書は、彼女の記事の当時、「未だに機密にされている」と、彼女は記述しました。

その報告書は、米国の諜報工作のコミュニティーが、「コンドル作戦」として知られる、アルゼンチン、ボリヴィア、ブラジル、チリ、パラグアイ、そしてウルグアイとの「共同作戦」を行っていると明言すると、ブルッセルは示唆しました。ブルッセルはその後、ジャック・アンダーソンのコラムからの段落を引用する事によって、そのコード・ネームの重要さの可能性を説明しました:

「ジャック・アンダーソンは、1979年8月の彼のコラム、『コンドル作戦、邪悪な連合』の中で幾つかの詳細を与えました:

『暗殺チームは、チリに本部を構えています。』この国際的な組合は、チリのコロニア・ディグニダッドに位置します。ヒトラーの SS からのナチスによって設立され、フランツ・ペイファー・リヒターによって代表され、アドルフ・ヒトラーの1000年帝国は滅びていなかったのかも知れません。」

ブルッセルはその後、コンドル作戦とナチスに訓練され南米に基づいた死の部隊との、歴史的な関係を説明します:

「オットー・スコルゼニーは、ブルジ戦線におけるアメリカの兵士達に対する彼の攻撃をグレイフ作戦、「コンドル」とコード・ネームしました。彼は、敵の暗殺を意味した「制裁」を行った、彼の戦後の特務チームと共にコンドルを続けました。」

そして人が忘れないために、ブルッセルは、スコルゼニーが解きほぐす関係の蛇の巣を、読者達に思い出させます:

「スコルゼニーの義父は、ヒトラーのレイク銀行の会長だった、ハジャルマー・シャクトでした。シャクトは、ドイツと日本の艦隊を再構築するにおいて、オナシスの造船所を指導しました。1950年に、オナシスは南極とアルゼンチンの漁における彼の捕鯨船のために、ラース・アンダーソンと契約しました。アンダーソンは戦時中のノルウエーにおいて、ヴィドクム・クイスリングのナチスの協力グループに属していました。ニュー・オーリンズの州検察官、ジム・ギャリソンによって、JFK 暗殺における共謀罪で起訴されたクレイ・ショウは、ハジャルマー・シャクトの親しい友人でした。」

これは、とても興味深く、とても不快な構図を体現します。

再び人はもう一度、コロニア・ディグニダッドの様なグループとの、米国の諜報工作機関の拘わりは、必要な時に、必要で政治的な暗殺を達成し、そして何かが失敗した時に「(拘わりの)可能性の否定」を達成させるために、「カット-アウト(外注/下請け)」として彼等を使用したと推理出来ます。結局の処、戦後のずっと後に、その様な大規模なナチスのネットワークが未だに存在していたなど、誰が信じられたでしょう?そしてアメリカの諜報工作機関が、彼等と寝床を共にしていたなど、誰が信じられたでしょう?それは実際に、終戦の後、ほぼ40年経った、1983年の事でした。その様な南米大陸を渡る秘密裡の作戦を行うために良く十分に組織化され、良く十分に資金援助されたナチスが未だにあったなどと、誰が信じられたでしょう?その様な長い期間の後に成っても、ナチス主義の思想に彼等が未だに献身していたなど、誰が信じられたでしょう?

ですが再びジャック・アンダーソンとマエ・ブルッセルの構図は、更にもう一つの不穏な構図を体現し:その様な継続的なナチスの存在だけでなく、米国、またはあらゆるラテン・アメリカの政府から、半-独立的、または完全に独立したその継続性でした。実際に、その様なプロフェッショナル的に訓練された暗殺者達が、それらの国々の諜報工作機関と政府との、ラテン・アメリカにおける組織化された犯罪と殺人に関連した、彼等自身の記録と証拠を保つのは、比較的に簡単な事でした。端的に、その様な独立したナチスの入植者達にとって、彼等の主人達と呼ばれる者達を、暴露の脅しによって脅迫する事は、とても簡単な事でした。

8.ジョージ・デ・モーレンシルト

「マルクス主義者」でソヴィエトへの亡命者だったリー・ハーヴィー・オズワルドが、彼のロシア人の妻、マリーナを引き連れて米国に帰国(再亡命)した時、彼は東欧からの移民で、テキサスの石油地質学者で、ビジネスマンの、ジョージ・デ・モーレンシルトの様な、とても非-マルクス主義的で、非-共産主義者的な何人かの人物達と知り合いに成りました。デ・モーレンシルトは、貧乏だったとされるオズワルドが関わるには異例的な仲間内でしたが、彼は直ぐにダラスの白ロシア人達と「皇帝主義者達」のコミュニティーへとリー・ハーヴィーを紹介し、其処で彼とマリーナは、ルースとマイケル・ペインと親しく成りました。

ペイン家は、リー・ハーヴィーがテキサス学校教科書保管所における仕事を得る手助けをし、そして彼とマリーナはペイン家と共に、彼等の家に滞在しました。

これが全て高度に異例的なのは、勿論、既に記述された様に、リーの妻、マリーナが、ソヴィエト連邦の軍事諜報工作機関、GRU の大佐の娘で、その間、リー・ハーヴィーが、ソヴィエト連邦への、親-マルクス主義者の亡命者とされ、ロシア人の妻と共に米国に「再亡命」する事によって不可能を可能にした人であるためです!

9.ペイン家、オズワルド家、そしてドーンバーガー将軍

マイケル・ペインが、オズワルド家に対するこの振る舞いと共に極度な危険を犯していたのは、防衛省との関連においてベル・エアークラフトのために働き、最上級のセキュリティー・クリアレンスを必要とする地位にあったためです。もしくは、恐らくそれは、全く危険では無かったのかも知れません。恐らくペイン家は、既に仲間内にされたオズワルドを、彼の最終的な位置へと導くために利用されていたのでしょう。ナチスのスパイである事が非難された、デ・モーレンシルトに関しては、暗殺事件についての議会の代表委員会が彼を探しに来た日に、自殺と主張された致命的な銃の傷から死亡しました。

10.マーティン・ボーマンと JFK

暗殺事件の研究者達の多くは、彼が逮捕された時、リー・ハーヴィー・オズワルドのメモ帳は、「暗殺の気の狂った単独犯」が持ち歩いているにしては、その中にとても奇妙な人々の幾らかと、 FBI の捜査官の住所を、含んでいたと指摘します。その他の暗殺事件の研究者達は、オズワルドの「マルクス主義者」の関連性は、役割のため、この場合、「亡命者」の役割のために、準備された誰かの全てのサインを持つと指摘します。

しかしながら、それ程多くのナチスとの関係が背後に漂っているなら、その暗殺事件に続いた殺人と「偶然的な死」の長い一連に沿ったある時点において、間違い無くそれについての何かをメディアが発見し、そして公表したでしょう。ですが、ナチスとの関連性については殆ど全く無く、そしてオズワルドのメモ帳におけるナチスとの関連性について、アメリカの主要な大メディアによって、絶対的に何も述べられませんでした。

ですが、1976年に、暗殺の鎖と題された比較的によく読まれた本が、当時よく知られていた調査ジャーナリスト達、シビル・リークとバート・シュガーによって出版された際、それは有名なシンジケートされたコラムニスト、ジャック・アンダーソンによる前書きを含んでいました。その本は「右翼の過激主義者のシナリオ」と題された章の中に以下の少々の情報を含んでいました:

「オズワルドが逮捕された時、FBI は彼の住所帳を見つけ、そしてその中にあったのは、ウォーカー少将とジョージ・リンカーン・ロックウェルの住所でした。それらの有りえない様な名前は、オズワルドとの関係が全く明らかにされ無かった、 FBI 捜査官ホストリーの様な、その他の住所の混乱に加わるだけでした。」

オズワルドは、勿論、エドウィン・ウォーカー少将を暗殺しようと試みたと非難されました。ですがこれは、もし、オズワルドがホストリー捜査官を暗殺しようとしていた、またはもし、ウォーカー少将の真の役割が、私達が知らされているもとは何か別のものであったかのどちらかでないなら、その住所帳の中の彼(捜査官)の住所の存在は、全く説明出来ません。

ですがどんな場合であれ、本当の関心がある人物は、勿論、アメリカのナチス党の指導者であった、ジョージ・リンカーン・ロックウェルです。これは、もしオズワルドが配属され、そしてブルッセルによると、レインハート・ゲーレンが、ソヴィエト連邦内における秘密裡の作戦のために、傭兵の工作員達を集め、訓練していた場所とされる、日本の厚木空軍基地の、CIA の秘密裡の U-2 基地に関するブルッセルの主張が思い出されられなければ、馬場馬鹿しい程、とても不似合で、場違いな様です。

ですが何故、それについて何も言わないのでしょう?間違いなく、アメリカのナチス党の指導者の住所は、オズワルドが「気の狂った単独犯」だったと言う主張を確定させたでしょう!ですがもし実際に、その関係が本物で、オズワルドについてと、大統領を暗殺するための陰謀について何かを明かすなら、人はそれについて何も言わないでしょう。

もし、言い換えると - 彼のソヴィエト連邦への「亡命」が、そうである全ての現れである様に - オズワルドが正にこの種の作戦のためにシープ・ディップ(用意)されたのなら、するとそれを行っていたのは元ナチスのグループで、明らかに CIA のためですが、同時に恐らく、彼等自身の目的のためでもあったでしょう。

これに関して、オズワルドが日本にいた間に、正にこの種のドイツとの関係に露出されたと言う証拠が存在しています。出版された中で最も奇天烈な暗殺理論の本、私達は操作されていたのか?の中で、著者リンカーン・ローレンスは、彼等が両方ともカリフォルニアにおいて配属されていた間の、オズワルドの海兵隊における友人の一人、ネルソン・デルガドのウォーレン委員会に対する証言から、以下の点を上げます。

「彼の証言の中で、ネルソン・デルガドは、私達が考え続けるための、これ等の驚きの思考を提供します・・・デルガド:「まあ、私が述べた様に、彼は私にロシア語を教えようとしましたが、その後、他の機会に、私は、彼が私に語っていたのはドイツ語であると言う考えを持ちました。」そしてその後、その同じ証言の中において・・・リーベラー:「それは貴方にとってドイツ語の様だったのですか?」デルガド:「ドイツ語の様だった、そうです。」更に後に「私はユダヤ語(イディシュ)か、ドイツ語だと推測する事しか出来なかったのですが、後に、私がドイツにいた時・・・私はとても確かに成り・・・彼が語っていたのは、ドイツ語でした。」その問いかけにおけるもう一つの地点において、(彼自身の証言によって、海兵隊におけるオズワルドの一番の親友とされた)デルガドは、彼(デルガド)がドイツにいた時に、彼がオズワルドに出くわしたかを尋ねられました。デルガド:「いいえ、私はそうしたかったのですが・・・私は彼があちらで学校に通っていると知っていました・・・」

ケネディー大統領の主張された暗殺者が、彼のメモ帳の中のアメリカのナチス党の指導者、ジョージ・リンカーン・ロックウェルの住所と共に何をしていたのか、議論したい人は誰もいない様です。ソヴィエト連邦への彼の亡命、そしてベラルーシの首都:ミンスクにおける彼の滞在への途中にリー・ハーヴィー・オズワルドが何処でドイツ語を学んだのか調査しようとする人は、アメリカのメディアには誰もいない様です。暗殺事件以来、アメリカのメディアにおいて、マエ・ブルッセル唯一が、何処だったかを示唆しました:アレン・ダレスの依頼のために、ソヴィエト連邦内における秘密裡の作戦の準備をしていた、日本の厚木空軍基地におけるゲーレン組織の作戦です。

其処には何らかのドイツとの関連性があり、皮肉にもウォーレン委員会自体の証言の中にありました。

ですがアメリカのメディアが、その暗殺のこの要素について沈黙を守ったとしても、ヨーロッパのメディアは、そうではありませんでした。ブルッセルが示唆する様に、

「1971年8月に、フランスの新聞紙が、「マーティン・ボーマンがケネディー殺害の背後にいる」と言うニュースの見出しを載せました。それは、テキサスにおいて位置付けられた国際的な殺人者達の集まりのリストを載せました。彼等はドイツ人の命令において2度の暗殺を行いました。

「6年後、1977年6月8日、ロンドン・ガーディアン紙は、「ボーマンがケネディー殺害にリンクされた」と報告しました。この逸話は、ミハイリ・レベディエフによる私の日々の糧のための国家反逆と題された新書に基づいていました。

「レベディエフはどの様にしてボーマンがヨーロッパを離れ、パラグアイにおいて彼の現在の生活を確立し、そしてどの様にボーマンによって雇われた、ゼッドと言う別名の工作員によって、ケネディーへの致命的な頭部への銃弾が撃たれたのかを詳細しました。」

ブルッセルが指摘する様に、ナチスとの関連性のこれらの主張は - 1971年にトービット文献が内密に循環されて以来知られていて – そして言ってしまえば、「真実を見つける」ために上院代表委員会がその調査を行っている最中に、レベディエフの本と、リークとシュガーの本暗殺の鎖の両方以来、公に知られていました。ですがその逸話のナチスの要素はその委員会の議長、G. ロバート・ブレーキ―が決して認めない一つの題材で、「それらの題材についてのあらゆる研究、または書類を」拒否しました。

言葉を変えると人は、ジョン F. ケネディー大統領の暗殺における、CIA の関わりの可能性、マフィアの関わりの可能性、不満を持った反-カストロのキューバの移民達のグループの関わりの可能性、更に CIA とアメリカの軍部内の不満足な要素の関わりの可能性を語るかも知れません。ですが、ナチスの関わりの可能性について、人は決して語りません。

11.「オクトパス」以前の「オクトパス」:ブンジ企業はダニー・カソラロの20年先を行く

ですが、ケネディー暗殺において、ナチスの拘わりがあったと仮定して、その動機は何だったのでしょう?米連邦準備金銀行(米連銀=私有企業)を素通りして、米国政府通貨を印刷し、流通させるケネディーの意図(i.e. 通貨発行権)を思い返せば、国際的な銀行家達(i.e. 金融マフィア)が動機を持っていたのは、十分に明らかです。また、マフィアが、それ自体の動機を持っていたのは同等に鮮明です。結局の処、マフィアは、ケネディー政権が選出される手助けをしたのに、法務長官、ロバート・ケネディーの下の敵意的な司法局によって、突然にそれ(マフィア)自体が対峙されていると見つけたためです。反-カストロのキューバ人達が動機を有していたのは、ケネディーが明らかに、カストロ政権を転覆させるために計画された秘密裡の作戦を支援しないし、侵略もしないと、ソヴィエト連邦に対して、個人的な約束を結んだためです。人は、反-カストロ勢力の中に、デ・モーレンシルトによってオズワルドに紹介された、ダラスの白ロシア(ベラルーシ)人達のコミュニティーの様な、少なくとも隠れ-ナチスの東欧からの移民グループの、類似した拘わりのための動機を見ることが出来るかも知れません。その様なグループは - 彼等のそれぞれの地位において - オズワルド自身の様な人達である - 主要なプレーヤー(工作員)達とカット-アウト(下請け)達を位置付けるための詳細な働きにおいて手助けする、低いレベルの工作員達だったのかも知れません。彼等の動機は明らかであったはずで:(キューバの)豚の湾とケネディーによる、キューバからの移民コミュニティーに対する「裏切り」の後、彼(ケネディー)は、彼等の共産主義の主人達から「解放されるための」代理「戦争(革命)」を戦うために、それらの移民フロント(建前)に頼る政策である、共産主義に対する CIA と軍部の「ロール-バック」政策に対する彼の反対を明らかに示しました。

その暗殺事件の陰謀における主要な、主張されたプレーヤー(工作員)達の誰しもが、其処にいるための鮮明で、可能な動機を持っていました。

ナチスを除いては。

彼等(ナチス)の動機は、彼等がその他全てのグループの背後に隠されている様なので、良くても不透明ですが、国際銀行家のグループの様な、最も高いレベルにおいては、米連銀(私有企業)を素通りして、借金の無い通貨を創造するケネディーの目的(通貨発行権)によって、明らかに脅かされたと感じたでしょう。ですが此処においてでさえ人は、高度な謎を感じられます。つまり、その暗殺事件における、もし、全く意味不明では無いにしても、奇妙なナチスとの関連性があるのは、今に成れば鮮明ですが、国際銀行業(金融マフィア)とは異なり、ナチスは関わるための関心を全く持っていない様に現れます。再びもう一度人は、動機の問いに戻らなければなりません。

ですがその中にあるのはまた、恐らく、彼等の関わりと、彼等の動機への鍵でしょう。もし、彼等がそれらのその他のグループの全ての背後に隠れていて、もし、彼等が実際に - 最終的な深く隠された「カット-アウト(外注/下請け)」の層として意図され – ヨーロッパの各紙が、その決断者としてボーマン自身を名指しして報告した様に、最終的な「実行」命令を与えた究極的なコントローラー(ハンドラー)に成ったなら、すると人は彼等の動機について推理出来るかも知れないためです。

明らかに、その様な劇的な活動を行うために、2つの物事の1つ、または両方のコンビネーションが無ければ成りません:(1)ケネディー大統領の何らかの政策、または幾つかの政策が、彼等の関心に対する危険として知覚された;そして/または(2)彼の排除(暗殺)によって、何らかのアドヴァンテージ(優越性)が得られなければならなかったと言う事です。私が以下に論議する様に、もしナチスの拘わりがあったなら、すると、私が信じるに、その背後には両方の何らかのコンビネーションがありました。

再び、マエ・ブルッセルが、ナチスの関わりの謎と、その様な醜い行いのための、その動機の更に大きな謎を明かしている最初の手掛かりかも知れない、ドイツの氷山の一角を記述する、最初の著名なメディアの人物でした。リンカーン・ローレンスの著書私達は操作されていたのでしょうか?を見つけて、ブルッセルは、その暗殺事件との関連において存在していると知られている、巨額のマネーの足跡を辿り始めました:

「ケネディー大統領の暗殺のニュースが公表された時、株式市場は27分間に、24ポイント下落しました。260万株が売られました。それは1929年(大恐慌)以来、最大のパニックでした。多くの市場において空売り(selling short)して、誰かが巨額の利益を得ました。誰かが、1日で、5億ドル稼ぎました。

その誰かは、リンカーン・ローレンスによると、ブンジ・アンド・ボーン、LDA 、または単純に、ブンジ企業(コーポレーション)でした。その同じ日に、もう一つの会社の株価が暴落しました:the Allied Crude Vegetable Oil Refining Corporation (連合された植物油精製会社)でした。その暴落は、その市場を更に下落させる推進力に成りました。」

その暗殺事件の一週間前におけるブンジ企業の活動の、リンカーン・ローレンスの記述を考える前に、ブンジの規模と影響力についての、ブルッセル自身の明言を考えるために、一旦停止する価値があります。

「連合植物油(Allied Crude)は、米国アメリカン・ブンジ・コーポレーションによって操作され、そして金融的に、「ブンジ・アンド・ボーン、LDA」として知られる、アルゼンチンに本部を構えた、株主達のグループによって操作されていました:

「ケネディー暗殺事件の一か月前、1963年10月にビジネス・ウィーク誌は、アルゼンチンのボーン家がブンジの最大の株主で、ヨーロッパ、特にドイツからの移民であると描写しました。

「ブンジについての全ては、ドイツ的な影響力を有します。彼等は、80ヵ国において、年間20億ドルのビジネスを有します。それらには110を超えるオフィスがあり、全てはテレックスと海底電報チャンネル(ケーブル)によって繋げられています。ブンジ企業は「オクトパス」として言及されています。」

ですから何が、連合植物油精製社と、その暴落と、ブンジ企業と、そしてケネディー暗殺の間の関係だったのでしょう?

1963年11月22日に起こった膨大な空売りが、事前に良く準備されていた事に着目し、リンカーン・ローレンスは、ケネディー暗殺についての、彼のあまり知られていないクラシック、私達は操作されていたのでしょうか?の中で、以下のその関連性と動機の推理的な概要を与えます:

「(ドイツ-アルゼンチンの知性的で科学的な背景を持つ)鉄筋の様に固い国際的な犯罪者達の小さなグループは、この様に慎重に計算しました:

「米国の大統領の暗殺と・・・同時的な商品市場のスキャンダル的な崩壊の偶発は・・・急速に株式市場を少なくとも30ポイント下落させるでしょう!

「この出来事の事前知識を持つと共に・・・そのグループは、重度の金融的な規模において空売りを仕掛け・・・そして5億ドルの利益が、そのメンバーの中で分かち合われるでしょう。」

この全てがどの様にして起こったのかは、ティノ・デ・アンジェリスと言う名前の男と、彼の連合植物油精製社の、慎重でとても良く考えられた長期的な操作を通してでした。

デ・アンジェリスは、ローレンスによると、1954年に、西ドイツ政府との契約の行程において、食用の植物油を洗練する会社を設立する彼の計画を公表した時に、ブンジ企業の背後の金融的なグループの注目に止まりました。1955年、連合植物油精製会社は、ニュー・ジャージーのベイヨンにおいて、デ・アンジェリスと20名の彼の最も信用出来る友人達によって設立されました。

「それは彼が予想だにしなかった事でしたが、連合社の設立は、その(金融)グループの計画に丁度良く、そして結果的に彼(デ・アンジェリス)の完全で金融的な破産 - そして利益の消滅に繋がりました!

「ドイツの本部から活動していた小さなグループが、成功の夢と共にブロンクスの肉屋によって生み出された、金融的なバブルの長期的なふくらみと破裂を策略する事が、十分に利益的だと見つける事が出来たと、もし一瞬でも信じがたいと貴方が思うなら、考え治して下さい。」

ローレンスによると、連合植物油社に結び付けられるために、ブンジ企業が選択されたのは、何故ならブンジの世界規模で、実質的に瞬時の通信ネットワークのためで、それは多くの大きな政府のものに匹敵するもので、彼等の策略が必用とした、分刻み、秒刻みの商品市場の操作に完璧だったためです。

故に、ブンジと連合植物油社の運命は - そのグループには知られていて、運の無いデ・アンジェレリスには知られていませんでしたが - 長期的な策略において結ばれていました。

「(ブンジ企業の)良心は、連合社のビジネスの運命に不可欠でした!

「連合社に融資した、または倉庫の領収書に対してそのベイヨンの工場において油を預けた51社の中で、ブンジ企業は、その運命に最も致命的に接続された一つでした。

「連合社の運命の船が、その深い水へと舵がきられた時、実際にそれは驚きの戦法の連続でしたが、たった一度の衝突が、それを海の底へと一瞬にして沈めるのに十分でした。ブンジ企業との衝突が、それと共にその他の50社の投資を奪う大災害を創造するのに十分でした。」

どの様に、デ・アンジェリスの崩壊は造りだされたのでしょう?

ローレンスは、ブンジの役割が明らかに、何が何でもデ・アンジェリスの野望に火をつける事だったと明言する事によって答えます。「ブンジは、銀行のローンを利用する代わりに、それ自体の資金を使いデ・アンジェリスに融資しました。」ブンジにおける誰かが、デ・アンジェリスの成功を、または成功した様に現れる事を、とても強く望んでいた様です:

「デ・アンジェリスのビジネスの状況における、親会社的な関心を遥かに超えてブンジは、巨額のローンに対して、ある時点において連合社の100余りの株式の内の38株と、デ・アンジェリスのその他の株式(の購入)を約束する事によって、デ・アンジェリスが実際に、金融的な外宇宙まで飛び出す事を許しました。ブンジにおける誰かが、王様を演じる彼の努力において、彼を援助しました。ブンジのシニア・トラフィック・マネージャーだったカール・グローエンフェルドの様なその他は、疑いを持っていました。」

その様な強力で企業的な後ろ盾を彼の背後に持つと共に、デ・アンジェリスに失敗の二文字はあらず、そしてウォール街のとても著名な証券会社の幾つかも、金融的な御ひいきを断りませんでした。

1961年の夏、デ・アンジェリスと連合植物油社は、「彼の先には行き止まりしか無い方向への位置へと」舵がきられ始めたのは、その期間の間に

「1億6600万ドルが、ノース・バージェンの第一国立銀行のティノ(デ・アンジェリス)の会社に預金されました。

「ティノは、スペインからの2億7500万パウンドの大豆油のための間違いない注文があったと信じさせられました!これのための支払い料金は、3650万ドルに相当しました!

「ですから、勿論、大きな残念のための、連合社の必然的な売り込みが始まりました。

「彼のベイヨンのタンクの中に、デ・アンジェリスは約5000万パウンドの油を持っていました。それは、未来において連合社が必要とする2億2500万パウンドを残しました。

「ティノは、アメリカのドルにおける最終的な決済の、スペインの「約束」とされるものと共にシカゴの商務局に向かいました。(もし、彼が操作されていなかったのなら、これだけでも、その取引をもう一度見直せと警告が鳴ったでしょう。ティノは取引を始め・・・連合社は1億8000万パウンドのための3,000を超える別々の取引を交したと言われます。もしスペインへの販売が実らなければ、彼はそれらの注文のために1800万ドル出した事に成ります。先物価格における1パウンドにつき、0.5セントの下落でさえ(もしそれが配達の日付けの前に起こったら)それが意味したのは、取引の規制のマージンを埋めるために、デ・アンジェリスが、24時間以内に、追加のほぼ100万ドルを用意しなければならない事でした。

「そのスペインとの取引は、勿論、始めから操作されていて・・・薄い空気の中へと消え去り・・・殆ど気の狂いそうな苦境において、ティノが大豆世界の天辺に座ったまま残しました。」

スペインがスコルゼニーの国際ファシスト組織の本部で、スコルゼニーが、レイク銀行会長のハジャルマー・シャクトの義理の息子で、金融的な舵取りと取引に不慣れでは無かった事を思い出して下さい。スコルゼニーは、デ・アンジェリスが間違いないと考えた「取引」の源泉だったのでしょうか?また、彼がアメリカのドルで支払われる事を問わなかったのは、彼の源泉/取引相手がアメリカのドルで支払う事が間違いなく出来ると彼が知っていたのがこの理由でしょうか?

私達に知る由は無いでしょうが、私達が知っているのはその時点から、デ・アンジェリスの振る舞いは、もし悲劇的では無いにしても、益々奇妙に成りました。彼は「連合社のために彼が有していた注文についてでは無く、彼がこれから得るであろう契約についての」先物の契約を買い始めました。「スペインとの取引」とその崩壊が既に、デ・アンジェリスを崖っぷちに立たせていたので、それらの先物の契約を彼が購入する事の出来る唯一の方法は、存在していなかった彼のタンクの中に蓄えられた油のための、偽りの倉庫の領収書を発行する事によってでした!それらの偽りの領収書を使いながら彼は、先物商品の購入のために必要な資金のために、幾つもの証券会社から資金を借り始めました。

思い返せばブンジは、それ自体の資金からマネーをデ・アンジェリスにローンしていて、それは「スペインとの取引」の数年以前において、繰り返された行程でした。デ・アンジェリスは、更なるローンのために、1963年10月において、更なる資金のために、ブンジに接近しましたが、「彼が驚いた事に、ブンジは断りました!」ブンジは此処で、大きなクラッシュのために、連合植物油社を虚弱化させました。

デ・アンジェリスは、小切手の戦法と、更なる偽りの倉庫の領収書を使用してもう少し長く生き延びようと試みました。

その暗殺事件の前の水曜日の午後、偽りの倉庫の領収書の所有者の一人に、デ・アンジェリスについて「注意するように」情報を与える事によって、ブンジは、それが設立する事と育てる事を手助けした正にその会社、連合社を潰すために此処で動きました。その後、1963年11月21日(暗殺の前日)に、最後の罠が仕掛けられました。

「木曜日の午後、『コントローラー(ハンドラー)』達の成功のために、暗殺の当日、金曜日に、価格(株価)が暴落し、空売りによって得られる利益を確かにするために、完全な混乱の土台を築く事は重要でした。

「(このシナリオが)真実か、または妄想かを考えるにあたり、人が着目しなければならないのは、その爆弾に火をつけるために、その蓋を開ける事が出来た約50社の内・・・連合社を通した偽りの注文で、倉庫の領収書の所有者の一つが、1424万ドルの価値の1億6千45万パウンドの油を失ったと訴えたのは、ハウプト社でも、ウイルストン&ビーン社でも無く・・・ブンジ企業だった事です!」

連合植物油社の崩壊、その破綻申告、そしてデ・アンジェリスの証券会社の金融的な後ろ盾の幾つもの取引中止によって既に脳震盪されていた株式債券取引市場は、大統領暗殺のニュースが届くと、部分的に大規模な空売り推進されとてもひどく暴落し、その幹事会は、通常の終了の80分以上も前の午後2時7分に取引を閉鎖しました。

デ・アンジェリスと連合植物油社の大手の顧客の一人、ガーナック・グレイン社のフレデリック・ヘッジァーは、「ケネディーが暗殺されたと私がその午後、ラジオで聞いた時、私はこれが、ロシア人、または地下組織の策略であるはずだと思い - 多すぎる異様な出来事が一度に起こっていました」と述べたと、タイム・マガジン誌にその後引用されました。ニュー・ヨーク州の法務長官でさえ、デ・アンジェリスと彼の連合植物油精製会社が、「何者かによって空売りされ、膨大な規模で利益される事によって、先物市場において壊されたのは可能だ」と考えました。

その誰かとは、ローレンスによると、ブンジ企業内のドイツ人達のグループで、「知性的で、科学的な背景」のドイツ人達で、彼等は、彼(ローレンス)の見解において、膨大な金融的利益以外の何ものでも無いもののためにそのシナリオ全体を指揮しました。

これについては、少々後に戻ります。

此処において - 例えば、オズワルド、デ・アンジェリス、そしてジャック・ルービー(ルーベンスタイン)が全て、単なる膨大で金融的な利益のために、このドイツ人の「グループ」によって皮肉にも操作されていたと言う、ローレンスの推理における「マインド・コントロール(洗脳)」の重度な役割の様な - 再検証されていない幾つかの要素がある間、そのシナリオ全体を人に無視させる幾つかの点があり、その最もたるものは、その事の全体が、単なる金融的な利益だったと言う事です。

ですが奇妙にも、ローレンス自身が、再び追及も記述も決してしませんが、彼のシナリオの背後の「グループ」が、知性的で「科学的な背景」を持っていたと暗示し、順を追って、金融的な利益の動機の背後に、何らかの(更なる)動機があった可能性を暗示します。そのマネーは、何かのために使われ、もし人が、ローレンスの本の行の間を慎重に読めば、本質において科学的な何かです。勿論、ザ・ベルとその他の類似した計画は、重度で金融的な出資を必要としたでしょう。そして人は、独立的な計画のために、その様な金融的注入が必用だったでしょう。

そのコンスピリシーにおけるその他の主要なプレーヤー達と、彼等の動機の、もっと広いコンテキスト(文脈)において理解された時に唯一、ローレンスのシナリオは意味を成すだけでなく、ナチスの拘わりを、その他の要素:マフィア、大企業と銀行業、軍需産業複合体、「不満足な」移民グループ、等々と融合したであろう物事を暗示し始めます。ローレンスが鮮明にする様に、暗殺事件と共に、ブンジによって開始された連合植物油社の崩壊、その同じ日に起こる様に事前に意図された重度な空売りの突然の偶発は全て、「事前に知っていた」人々によって推進された出来事の現れを有します。その日の間の株式市場上の出来事は、2001年9月11日の間と、その直後の類似した株式市場の出来事の見慣れた悲しいこだまです。以下に見られる様に、その金融的な構図とその暗殺事件への動機は、その他の点を繋げ始め、それらは蜘蛛の巣のように薄く希薄な点ですが、それでもドイツと第二次世界大戦へと、明らかに目に見える糸を辿ります。

私達はこの奇妙なシナリオにおける、ナチスの拘わりと動機の可能性についての題材に、後の部分において戻ります。ですが、現時点において、マエ・ブルッセルが暴露する、最後の関連性の一つがあります。

Financial Vipers of Venice

Alchemical Money, Magical Physics, and Banking in the Ages and Renaissance
by Joseph P. Farrell

1 venice

TABLE OF CONTENTS
Acknowledgements

Preface

PART ONE

THE MARTYR, THE METAPHOR, AND THE MERCHANTS

1.MARTYR TO THE METAPHOR: BANKSTERS, BISHOPS, AND THE BURNING OF BRUNOA.Bruno’s Life and Wanderings
1.The Return to Venice, and a Mystery
2.Disturbing Testimony and a Deepening Mystery: Bruno’s Secret Society, the Giordanisti
3.The Roman Inquisition and Bruno’s Execution
B.Bruno’s Doctrine and the Ancient Metaphor
1.The Expulsion of the Triumphant Beast
a.The Contradictory Moral Nature of Yahweh
b.Yahweh Not the First Cause: Man as Medium and Philosophers’ Stone
2.Cause, Principle, and Unity and On Magic:
a.The Substrate and Magic
b.The Medium, The Metaphor, and the Magician
c.Bruno’s Art of Memory

2.THE MIND, THE MEDIUM, AND THE MONEY: THE ANCIENT ALCHEMICAL-TOPOLOGICAL METAPHOR OF THE MEDIUM AND ITS PHYSICAL AND FINANCIAL IMPLICATIONS
A.The Origins of the Corpus Hermeticum
1.The “Author” of the Corpus Hermeticum
2.The Works in the Corpus Hermeticum
3.The Medicis, Ferrara-Florence, and Ficino
4.Isaac Casaubon and the End of Hermes Trismegistus
5.Epilogue: Modern Scholarship and the “End” of Isaac Casaubon
B.The Ancient Topological Metaphor of the Medium
1.Topological Preliminaries
2.In the Vedasa.The Vedic Version of the Metaphor, and Sacrifice
3.The Metaphor in the Hermetic Tradition
4.Giordano Bruno and Other Renaissance Thinkers
C.The Religious, Political, and Financial Implications of the Hermetic Version of the Metaphor
1.Political and Religious Implications of the Coincidenta Oppositorum
a.The Atheistic and Theistic Interpretations
b.The Impersonal and Personal Interpretations
2.The Financial Implications

第二章:
マインド、媒体、そしてお金:
媒体の古代の錬金-形態的隠喩とその物理的で金融的に暗示する事

ジョルダーノ・ブルーノは、殆どのルネッサンスの「人文主義者達」の様に、本当はヘルメス主義者でした。つまり、ルネッサンス期の同僚の哲学者、ピコ・デラ・ミランドラ(1463-1494年)や、トマソ・カンパネッラ(1568-1639年)や、その他の多くの者達と同様に、コープス・ヘルメティカまたはコープス・ヘルメティカムとして知られる文献の集合体で、古代エジプトの哲学者-神官であったとされるヘルメス・トリスメギスタス、または「三度偉大なヘルメス」の記述とされる文献の集合体の、イタリアでの現れ(再発見)によって鼓舞されました。

そ の文献の集合体がどうイタリアに現れたのか自体がこの話の一部で、そしてそれに沿って、私達は、その捕えがたい起源を特定するために、ルネッサンスから現 代までの、学者達の努力を再確認し、それを理解するために、少々の時間を費やしましょう。同様に、私達はまた、ブルーノが彼の人生を捧げた、太古の隠喩のその表しを検証せねばならず、正にどうして、そして何故、その隠喩のヘルメス的構成と、ブルーノのその応用が、ヴェニスとローマの金融的、宗教的権力にとって大きな危険と成ったのかを確かめるために、その他の文化におけるその隠喩のより広い検証をしなければなりません。

警告的なメモが、しかしながら、必要です。ブルーノの殉教(処刑)が、彼のシステム(ヘルメス主義)がヴェネチア - そして実に北部イタリア全体の - 商業的銀行業と金融を脅かした結果であると見る事によって、私達は、勿論、彼の死の背後にいた権力の動機を、宗教的、神学的、そして政治的な狭い分野における動機のみに限定する、一般の学術的な分析から離脱します。しかしそれは、ヴェニスがルネッサンス後期から近代時代の早期まで、台頭してきていた金融的、銀行業的階級の深遠な象徴だったので、明らかに見逃されて来た事の様に見えます。故に、この分析は推理的なもので、そして多分、高度にそう(推理的)であるかもしれませんが、それはそうであっても長く必要とされたものです。

A.コープス・ヘルメティカム(ヘルメス全集)の起源
1.コープス・ヘルメティカムの「著者」

ヘルメティカ、またはそれらがまた知られている様に、コープス・ヘルメティカムは、古代エジプトの英知の神、トース(トート)、または、ギリシャ人達に知られていた様に、ヘルメス・トリスメギスタス、「三度偉大なヘルメス」の記述とされる、ラテン語とギリシャ語で書かれた文献の集合体です。この一つの事実自体にも、私達がこの章で発見する様に、凄い話があります。

そ の話が、実際に、一種の混乱と共に始まるのは、アレクサンダー大王の軍隊がエジプトに侵略し、最終的にその国を占領した時に、占領者達はエジプトのトース が彼等自身のヘルメスと全く同じであると直ぐに理解し、そして故に、高度に異なった起源の2つの神の融合が始まり、それは時代を通したその様な解釈的混乱 の原因に成りました。この謎めいた文献の集合体の著者の正体の混乱もまた、ルネッサンス期におけるその最初の再登場からの、西洋の哲学的歴史にも反映され ています。例えばそれは、エジプトに与えられた「啓示の書の原書」として見られ、特に三位一体の教義に現れる主張において、キリスト教の多くの要素において平行すると考えられます。同様に、それは中世のカトリック教会のアリストテレス的神学の窮屈さに対する哲学的戦争がその下で行われた横断幕としても見られます。ブルーノは勿論、コペルニクス的理論(地動説)の支持者としてそれ(ヘルメティカ)を主張し、そして実に、コペルニクス自身も、彼の地動説を概要した彼自身の著書の冒頭にヘルメティカを 主張しました。それは文明開化を昇進するためと、反対に論議するための両方に主張されました。そして勿論、それはまた、錬金術者(化学者)達が賢者の石を 錬成させようとする彼等の探求において呼び起されたものと一つで同じな、スピリット(霊)の深遠な教義のために主張されました。

エジプトを侵略したギリシャ人達がエジプトのトースと彼等のヘルメスと同一視したのには良い理由があったのは、トースが典型的な「英知の神」であったため、またはもし人が好むなら、易学の高度な科学を与えたものだったからで、つまり、占星学と天文学、マジックと医療科学と言う事です。同様に、ギリシャのヘルメスは英知の神で、この世界と次の世界の間、神々と人々の境界線を越えたもので・・・

<中略>

私 達の目的のために、ギリシャのヘルメスはまた、貿易、金融、そして商業のパトロンで、そして故に商人達の間で崇拝されたと言う事も重要です。エジプトのア レクサンドリア征服後の環境において、その後、その2つの神 - トースとヘルメスは - 一つに融合され、アレクサンダーのマケドニア人とギリシャ人達 は、古代の世界を渡り(遠征し)、彼等が征服した各文化の万神性における様々な神々は、彼等の文化的な外見の形専門語において異なるが、同じものと直ぐに結論しました。これは勿論、「ヘルメス・トリスメギスタス」、「三度偉大なヘルメス」の形へと融合された2つの神の機能の合成に繋がりました。彼は人々の中に生きる神で、哲学と神学を教え - 伝統によると - 最終的にデモクリタスプラトン、そしてピタゴラスと言った哲学者達を鼓舞しました。言葉を変えると、そのヘルメス的伝統の、哲学の起源と科学の土台は、ギリシャでは無くエジプトであると主張しました。

ヘルメティカの「著者」について、とても早くから混乱に繋がったのは、正にこの合成のためで、紀元前3世紀まで早期に、エジプトの神官、マネソは、実際には2人のヘルメスが存在し、太古の一人はトース自身で、大洪水以前に存在し、大洪水以前の知識を保存しようと試み、次のヘルメスはその洪水の後の存在で、最初のヘルメスの働きをギリシャ語に翻訳したと明言しました。これがその問題に焦点を当てるのは、古代の習慣において、「著作権」は重要視されず特定の伝統とその発案者への帰属の概念の繋がりを特定する方が大切だったためです。故に、無名の著者達がヘルメス的教義を体現する文献を著作でき、そしてこれのために、その文献の背後の鼓舞に敬意を払う行動として、その様な文献の「著作権」を「ヘルメス」に与えました。故に文献の集合体は増え、そして「ヘルメス・トリスメギスタス」に寄与させられました。これを頭に入れ、私達はヘルメティカとして知られる文献の集合体の実際の中身を此処で、端的に検証する必要があります。

上述された様に、ヘルメス主義の主張は、大洪水以前の知識まで戻り、つまり、ヘルメス的文献に含まれるのは太古の知識で、元祖的な神学、またはプリスカ・セオロギア(宇宙神学)で、これはルネッサンス後期までヘルメティカの広い広がりと影響へ、重要な役割を果たしました。例えば、ヘロドトスは、ピタゴラスがエジプトへと旅し、ギリシャに戻った後に、ギリシャ人達に哲学とミステリー(謎/神秘主義) を教えたと記録しました。紀元9世紀に成ると、ムスリム(イスラム教徒)の学者アルブザル(787-886年)は、エジプト人がトースと呼ぶ最初のヘルメ スは、アダムの孫で、ヘブライ人達はこれをエノクと考え、そしてムスリム達はコラーンの伝統にのっとり、これを太古の預言者、イドリスとすると記述しまし た。彼は、アルブザルによると、エジプトにおいて街々とピラミッドを構築し、予期される洪水を警告し、アクミンの寺院の壁に彼の知識の全てを記述する事前 の警戒をしました。メネソ同様に、アルブザルは、第二のヘルメスはその洪水の後に生きたと主張し、アルブザルによると、ピタゴラスに教えたのは彼だったと します。

2.コープス・ヘルメティカムの文献

上記の論議から私達は、例外なく、ヘルメス・トリスメギスタスのヘルメティカの記述は、全て作者不明で、それらの主張された著者は、それらを書かなかったと結論出来るでしょう。ですがこれがまた私達に可能にさせるのは、コープス・ヘルメティカム体現する便利な定義で、その定義は更に加えて、その文献が体現する概念の推定された出どころの起源に、「著作権」を寄与する太古の観念に従います。故にヘルメティカに よって私達が意味するのは単純に、「ヘルメス・トリスメギスタスをそれらの著者であると厳格に言及する全ての文献」または「彼に暗黙的に寄与された」もの です。偉大な新プラトン派の哲学者、イアンブリカス(推定245-345年)でさえ、ヘルメス的な文献は実際にヘルメス・トリスメギスタスによって記述さ れたものでは無く、むしろそれらのアイデアの起源をヘルメスまで遡った、「ギリシャ語を話す哲学者達によってエジプト語から翻訳されたもの」であると認めています。殆どの研究者達がまた気付いている様に、コープス・ヘルメティカムは大まかに、2つのはっきりと異なる文献に分類され、一方は哲学と宇宙学の題材を扱い、そしてもう一方は、マジック、占星学、易学、そして、勿論、錬金的な賢者の石に関する「実技的」題材です。私達はこの章において、哲学的文献に殆ど特定的に集中しましょう。

この定義を使用する時、コープス・ヘルメティカの哲学的な構成要素は、大体17の文章の集合として理解する事ができ、それが集合体として初めて流通されたのは14世紀です。

<中略>

3.メディチ家、フェラーラ・フローレンス、そしてフィチーノ

ヘルメティカの 文章の幾つかは、確かに早期の教会の神父達と - それれらを好意的に評価した - アレクサンドリアのクレメント(推定150-215年)や - 好意 的に評価しなかったヒッポのオーガスティン(354-430年)と言った著者達に知られてはいましたが、それらが本当に重要性へと爆発的に成ったのは、西 洋ヨーロッパが、その文章の幾つかの元々のギリシャ語の文献を手に入れた時で、これにももう一つの興味深い話しがあります。

その話は、1054年に分離したギリシャ語圏とラテン語圏の教会を再統合する、1438年と1445年の間に行われたフェラーラ・フローレンスの委員会の再統合と言う、大きな出来事と共に始まります。それに含まれるのはフィチーノと呼ばれる少々不透明なイタリアの学者と、彼が雇われていた、とても有名な銀行業一族であるメディチ家です。フロリアン・エベリングは、この人物関係とその重要性について以下の様にコメントしました:

「広く信じられた伝説によると、ヘルメス主義は、太古の世界と共に暗黒時代において消滅し、ルネッサンスにおいて再発見されるまで、キリスト教の独断主義の中核の下に隠されたままでした。1439年に、コシモ・デ・メディチが大いなる委員会をフェラーラからフローレンスに移動した時、その蓋は開かれました。ベッサリオンとプレソンを含む、出席していたギリシャ人の学者達は、古代ギリシャの知識を持つフローレンスのインテリ達、特にコシモに強い印象を受け、フローレンスに古代のスピリット、特にプラトン主義の家を創造しようと決定しました。数年後、メディチ家は、プラトンの記述をギリシャ語からラテン語に翻訳するために、マーシリオ・フィチーノを選択しました。その後、1460年かその頃に、コシモの部下の一人がコープス・ヘルメティカの文章をフローレンスに送りました。ですからフィチーノがまだプラトンを翻訳している最中に、コシモは突然、ヘルメス・トリスメスメギスタスの文章を翻訳するよう彼に依頼しました。フィチーノは、コシモの死の1年前である1463年に、最初の翻訳を完結させ、そしてそれと共にヘルメス主義のルネッサンスは始まり、それは早期の近代時代の知性的な歴史を、17世紀へと形作りました。」

私達が此処に有するものに注意して下さい:

1)著名なフローレンスの銀行業一族 - メディチ家が - フェラーラ・フローレンスの委員会の再統合のスポンサーでした;

2)著名なビザンチンの人文主義者、ベッサリオンとプレソンが、出席者のギリシャの団体の中にいました:

3)委員会の後、メディチ家は何らかの方法で、コープス・ヘルメティカの文章を入手し;そして最後に、

4)コシモ・デ・メディチが、プラトンの翻訳をフィチーノに直ぐに止めさせヘルメティカに集中させました。

何故、メディチ家の様な銀行業一族がプラトン主義などに興味を持ち、そして更に重要な事に、コープス・ヘルメティカに関心を示したのでしょう?そしてそれらの文章は実際にどうやって彼等の手に届いたのでしょう?

此処で再び、私達はこの出来事の間に行われた隠されたアジェンダ(目的)を 見ている可能性があり、ビザンチンの人文主義者、ベッサリオンとプレソンがヘルメス的文献の何らかの知識を持っていたと推測するのは妥当で、そしてメディ チ家がフローレンスにおけるある種のプラトン学校の復活をスポンサーする事と共に、ヘルメス的文献の入手のために、これ等の人文主義者達と彼等が、プライ ベートで交渉するのは自然です。私達が第八章で発見する様に、西洋とビザンチン帝国との関係は、キリスト教や政治的な目的以上のものだった事を証明する証 拠がその他にもあり、そして歴史に刻まれた有名な出来事の幾つかは、隠された、または失われた知識を得るためのカバー・ストーリーであった事を示す更なる証拠があります。何故、著名な銀行業の一族が、その様な文章に興味を持たなければならなかったのかの問いは、私達はこの章の後半に検証しましょう。

何はともあれ、メディチ家のためのフィチーノの翻訳には、ヘルメティカに加えて、新プラトン主義者達、プロティヌス、ポーフォリー、そしてイアンブリカスの重要な翻訳を含み、そして故に、新たな哲学的な方向性は、教会のアリストテレス主義に挑戦しただけでなく、私達が第一章で見た様に近代科学の台頭のための哲学的土台を与えたので、ルネッサンスの発進に重要な役割を果たしました。

<中略>

簡潔に言うとルネッサンスの広く広がった傾向は、ヘルメス的文献の言葉通りに取り、そして故に彼等の教義の起源を高い太古(大洪水以前)の知識と科学としました。その教義は結果的に素早く広まりました。

例えば、ロレンツォ・デ・メディチ(1449-1492年)の保護の下に入ったジョヴァンニ・ピコ・デラ・ミランドラ(1463-1494年)は、1489年に、大胆にも900のテーゼの連続を出版し、そのうちの10個はヘルメティカから直接学んだ教義に言及しました。これらの内の6つは、何故、銀行業の活動に重度に関わっていた一族が、ヘルメス主義者であったピコに保護を延長する事を求めたのかの、強いヒントがあります:

1.生命がある処に、魂はあります。魂がある処に、マインドがあります。
2.動くもの全ては有形的で、動かされるものの全ては無形的です。
3.魂は体の中にあり、マインドは魂の中にあり、(神の)言葉はマインドの中にあり、これ等の聖父は神です。
4.神は、周りの全てと、全ての物事を通して存在します。
5.この世界に生命の無いものはありません。
6.この宇宙の中に死、または破壊に苦しむものはありません。推論:生命は何処にでもあり、摂理は何処にでもあり、不死は何処にでもあります。

このリストとその中身を与えられると、メディチ家の様な強力な銀行業の一族が何故、ヘルメス主義を一般的に昇進させる事に関心を持ち、そして特にピコに保護を与えたのかが簡単に解ります。もし人が、ブルーノがした様に、これ等の教義が理論的に暗示する事を、それらの究極的結論まで求めれば、カトリック、またはその点においてはプロテスタントも、そしてそれらの神父達や聖職者達も、必要性が無く成り、そして聖礼的システムは消滅します。それは、言い換えると、ローマの教会(ヴァチカン)の権力に挑戦する密かな方法で、台頭してきている北部イタリアの金融的-政治的階級に十分な「戦略的なスペース」を与えます。

で すが何故、すると、明らかに心に誓ったヘルメス主義者であったブルーノは、北部イタリアのもう一つの巨大な銀行業の力、ヴェニスの怒りを招いたのでしょ う?私達が見る様に、その答えは正に同じ教義の中にあります。ですが私達がこの問いの熟考に向かう前に、私達はまず、そのシステムのためのブルーノの殉教 の後、ヘルメス主義が一気に衰退した理由を理解しなければなりません。

神秘主義
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-420.html

3.SERENISSIMA REPUBLICA, PART ONE: A BRIEF HISTORY OF SHADY DEALINGS FROM THE FOGGY SWAMP
A.The Euphrates Flowed Into the Tiber: The Pre-History of Venice
B.A Brief History of Venice
1.Foggy Beginnings in a Swamp
2.The Influence of the East Roman, or Byzantine, Empire
a.The “Golden Bull” of 1082
b.The Fourth Crusade and the Venetian Sacking of Constantinople
(1)The Sequence
(2)The Speculation
c.The Fall of Constantinople (1453) and the Beginning of the Decline
3.The Reformation, Counter-Reformation, and Venice
4.The War of the League of Cambrai (1508–1516): The True First European General War
5.The End of the Most Serene Republic: Napoleon Bonaparte and His Peculiar Demands

第三章
うららかな共和国、:霧がかった湿地からの怪しい行い

「ヴェニスはそれ自体を、うららかな共和国と呼 びましたが、アメリカ人にとって理解可能な共和国などでは無く・・・その邪悪な制度は、15世紀またはそれ以上続く、最も醜い無類のオリガーク(オリハル ヒ)的な支配を供給しました・・・ヴェニスは近代国家の世界のど真ん中まで、退廃的な古代のバビロニアの伝染病を運んだ、ある種のコンベヤー・ベルトとし て考えられるのが最適です。」
- ウェブスター・グリフィン・タープリー

「ヴェニスの本質は、オリガーク主義、ユーザリー(金利宗教)、奴隷制、そしてアリストテレス・カルトです。」
- ウェブスター・グリフィン・タープリー

上 記の引用を読み、読者が想像したであろう様に、研究者、ウェブスター・グリフィン・タープリーは、ヴェニスの最もうららかな共和国について良い事を、もし あったとしても、全く言いません。彼にとって、商業銀行業のヴェネチア(フェニキア/ヴェニス)的システム、傭兵軍、そして帝国は、それ等が産み出した略 奪的銀行業のオリガーク達、そして必然的な帝国に関連させられる全ての邪悪の典型的な象徴の一種です。ですが、確かに、人は彼が、彼の件(ケース)を大げ さに言いすぎていると反論するかも知れません。確かに、バビロンまで遡る15世紀続いたオリガーキー的な陰謀は言い過ぎでしょう?と。確かに、タープリー は、ヴェニスの役割を大げさにし過ぎ、その他のイタリアの都市国家とそれら自体の商業銀行家達の役割を無視しているでしょう?結局の処、人は、ジェノア、 またはパドュア、そしてフローレンスといったバルディ家、ペルッジ家、そしてメディチ家と言った銀行業と商業の支族を考えるだけでも十分です。より要点的 に、強力なヴェニスが、冒険的なヘルメス主義者ブルーノを、膝まづかせ、破綻(処刑)へともたらさせるなどとは、考え過ぎでしょう?

タープリーは沢山ヴェニスに文句をつけた様ですが、しかしながら、ヨーロッパの政治におけるその絡まった構造を理解するためには、その政治的で金融的な歴史を言うまでも無く、そしてそれからジョ ルダーノ・ブルーノ、ヘルメス主義、隠された数学的隠喩、そしてそれらが科学的そして金融的に暗示する事が並列され、そしてその全てを陰謀/共謀の複雑な 構造へと編み込まれると、それは遊園地のお化け屋敷に入る様なもので、埃と蜘蛛の巣満載の太古の文献のある戸棚に満たされた、より不気味な部屋に入る様な もので、其処において階段は煉瓦で固められた壁に繋がり、ドアの入り口は突然の落とし穴の割れ目に繋がり、罠のドアは針の山に繋がり、部屋の天井は低すぎ るか高すぎるかのどちらかで、人自身の声が埃っぽい薄暗闇の中で響きます。

人は、羽根の着いたライオンを大胆に縫い込んだ赤い旗である、ヴェニスの国旗が、バビロニアとアッシリアの羽のついたライオンと類似している点を指摘し、その紋章を基にしてタープリーに同意するかも知れません。

1flaglarge.jpg

2assyrian-winged-man-headed-lion.jpg

跳 ねのついたライオンを、ヴェニスのパトロンである聖者マーク(マルコ)と断定するのは簡単で、そして実に、ヴェネチア共和国は、エジプトのアレクサンドリ アから聖者マークの遺物を得るために努力を惜しみませんでした。ですが人は、その関連性の究極的な根本において、実にメソポタミア的であると立件出来るよ り深い歴史的背景を有し、その論説においてヴェニスの公式な旗におけるメソポタミアの羽根つきのライオンの奇妙な現れのコンテキスト(文脈)的な理解を出来ます。

A.ユーフラテス川がテベレ川に流れ込んだ:ヴェニスの先史

私はこの話を、このシリーズの前出の本、バビロンの銀行家達:より深い物理学、高度(大規模)な金融、そして太古の宗教の中で初めてしましたが、それを知らない人のために、此処で再検討してみましょう。

それは19世紀が20世紀に変わるころに、ジョン・ホプキンス大学で教授をしていた、テニー・フランクと言う名前の教授の研究に関係しています。彼の研究、ローマの経済的歴史は、 私がその本で記述した様に、その学術分野の絶対的な基準に成り、ケンブリッジ大学の古代歴史学部とオックスフォード大学のローマの歴史学部の入学試験の基 礎と成った程です。フランク教授が発見した事は、今でも、彼自身の時代と同様に驚きなのは、彼が発見した事が、「共和国から帝国の台頭の最終時代までの期 間の間の」イタリアのローマの人口は、大々的に、ローマ人でもラテン人でも無く、大袈裟にいう事無く一言で言えば、バビロニア人でした。

フランクがこの結論にたどり着いたのは、様々な碑文や書類における広く広まったギリシャ語の名前と名字に気付いたからで、紀元前300年から西暦300年までに、ローマの人口は、とても急激な変化を経験し、全くラテン人では無く成ってしまったと言う事でした。

で すがギリシャ語の名前自体も混乱的だったのは、私達が第二章で目撃してきた様に、ペルシャ(中東)からエジプト(北アフリカ)までの、アレクサンダー大王 の古代の世界の征服の結果、多くの異なった文化において、ギリシャ語が公式言語に成ったためです。ですから、これ等の人々は誰(何人)だったのでしょう?

私がバビロンの銀行家達の 中で述べた様に、この問いに答えるためのフランク教授の方法は、「ローマの古典的著者達と風刺作家達の言葉を信じる事で、そうする事から、とても重要で重 大な事実が浮かび上がりました。」ですからローマの古典的な著者達と風刺作家達は何と言っていたのでしょう?フランクは、風刺作家のジューヴェナルが、 「(ローマの)テベル川がシリアのオランテス川と混じった」と不平を言っているのを記述します。彼は更にこう明言します:

「(皇帝)ネロ の時代に成ると、ローマの議員(政治家)と騎士達のだ多数が奴隷の子孫で、原イタリア人の血脈は驚く程小さな比率まで減少したと、タシタスが述べる時、 ローマの古い血脈(原イタリア人)の不満によって大袈裟にされた文句ではないかと、私達は不確かにさせられます・・・ローマの歴史のこれらの原理的な問い への新たな光(手掛かり)を発見するために、私は碑文等の破片的データの集合体を出来る限り集めました。その証拠はその趣旨において決して決定的では無 く、そして常に、その物質(証拠)の実の本質によって、その視野において部分的ですが、何にしてもある範囲まで、私達の文献的源泉の解釈を手助けするかも しれません。それは、ジューヴェナルとタシタスが、大袈裟に言ってはいなかったと、少なくとも、私を納得させました。これ等の人達が記述した時に、恐らく、ローマの道端を歩く庶民の、とてもわずかな比率しか、混合されていない純粋な原イタリア人の血脈を証明出来たのでしょう。大多数を超える者達、多分90%が、オリエント(中東)の血脈を彼等の血管の中に有していたのでしょう。

私がバビロンの銀行家達の中で書いた様に、

「フランク教授が意味する事を人が理解するためにしなければいけないのは、行と行の隙間を読み取る事で、思い出して欲しいのはジューヴェナルが「オランテス」川が「テベル川に流れ込んだ」と不平を言った事で、それはカルデアの人々のための比喩で - つまり、バビロニア人で - その血脈が古代ローマの血脈へと「流れ込んで」:「これらの卑劣な奴等は、彼等自身をギリシャ人と呼ぶが、ギリシャから来ているのはほんのわずかで;オランテス川がテベル川へと流れ込んだ」と、彼は不平をあらわにします。

基 本的で歴史的な概要は今、鮮明で、ローマの侵略が東地中海地域に広がり、最終的に古きセリューシッド帝国 - つまり、その首都がバビロンであるメソポタ ミアに基礎されたアレクサンダーの帝国の一部が最終的に侵略されたため - これらの人々の多くは奴隷としてイタリア半島へと連れ去られ、そして主人が死 んだら奴隷は自由人に成れるという、ローマの比較的に緩和な法律のために、自由に成った元奴隷達は、その帝国の正に中心で、ローマの経済の背骨に成りまし た。」

それが暗示する事は重大で、これ等の奴隷達は、彼等の宗教と文化を持ち込み - この点はローマ帝国の増幅する「オリエント化」を説明しますが - 彼等がまた持ち込んだのは、「彼等のバビロン的ビジネスと銀行業の 実施」です。そして勿論、フン族のアティラがその半島で暴れ回り,ローマ自体でさえ脅かそうとした時、これ等の多くの商業的な家族達は、北部イタリアへと 避難しました。此処において私達が見つけるのは、すると、古代バビロンの「ブリオン(延べ棒)売買人達」、ローマ、そして後の都市国家と、それらの銀行業 のオリガーク達の間の関係です。

ヴェニスと古代メソポタミアの間には、もう一つの奇妙な関係があります。私達がこの章の初めに引用した研 究者、ウェブスター・グリフィン・タープリーはこう述べます:「早期から、ヴェニスは、大セント・ジョージ島の上のべネディクト派の修道院の場所に成りま した。聖者ジョージはキリスト教の聖者では無く、変装させられたアポロであり、ペルセウスであり、そしてマルデュックで、オリガーキーの偶像です。」太古のメソポタミアとマルデュックへの関連を見るためには、馬にまたがり、怖ろしい龍に槍を刺している、典型的な聖者ジョージの偶像的描写を、人が思い出すだけで十分です。(注:イングランドの国旗、白地に赤い十字は、セイント・ジョージ・クロスの旗と呼ばれます。)

3english.jpg

16世紀の新大陸の発見、そしてそれに続く植民地化の後の、その他の警告的出来事は、プロテスタント派の宗教改革と、カトリック派の逆宗教改革で、私達が 幾分の時間をそれ(の検証)に割くのは、何故なら再びヴェニスとジョルダーノ・ブルーノが両方とも奇妙にも、暗示される(密接な関係がある)からです。

ブルーノとヴェニスが、どう正確に暗示されるかを見るためには、ブルーノの基本的な宇宙的見解はヘルメス主義で、本質的に新プラトン主義で、太古の媒体の形態的隠喩に帰属する事を思い出す事が重要です。ヴェネチア(ヴェニス)のオリガーキー(金権政治/金持ち支配)は、対照的に、「アリストテレスのカルト/信仰」に根源した、物質主義の基本的な宇宙的見解を追い求めました。実に、ウェブスター・タープリーが記述する様に、ヴェネチア人は西洋ヨーロッパにおいて、アリストテレスを元々のギリシャ語で読んだ最初の人達でした。

こ の醗酵/熟成のさなかに、彼の信仰/信念唯一による正当化の教義と共に出てきたのが、マーテイン・ルーターでした。ですがルーターには隠されたヴェネチア の影響があります。ガスパロ・コンタリーニ大司祭(カージナル/枢機卿・すいきけい)は - そして私達は、その苗字に、凄い方法で次の部分で出くわすの で、注意を払って下さい - (私達が次の部分で論議する)カンブライのリーグ(連合)の危機の間に、驚くべき一文を書きました:

「私 は、私が私の愛のために見た、十字架の上で、腕を広げ、彼の心臓まで胸を切り裂いた、この最高の善(キリスト)に向かって、私の全霊と共に始めました。こ れは私、私の不正の償いと懺悔のために、この世界を離れる(死ぬ)勇気の無かったみじめな者が、彼(キリスト)に向かい;彼自身の罪は何もないのに、私達 のために、彼が行った事(犠牲)における彼の満足を、私と分かち合う事を求めた時、彼は直ぐに私を受け入れ、彼の聖父(神)に、私自身が満足させる(支払う)事の出来ない、契約された借金を完全に無効にする様にさせました。

これは勿論、借金に 関して償いの教義を形成した、カンタベリーのアンセルムの教義に同調します。この教義によると、人類は、公正な神に無限的に罪を犯したので、彼(神)に無 限の借金を負いますが、人類は無限(不死)では無いので、それ(罪/借金)を支払い終える事は決して出来ません。しかし、人類は借金をした(罪を犯した) ので、唯一人類が、それを支払うために責任がある者に成る事が出来ます。アンセルムのこのジレンマへの解決策は、これが輪廻転生への理由であると明言する事でした。神の無限の息子は人と成り、そして借金を支払い、故に「帳簿をバランス/トントン」にし、その教義は結果的に、神と救いを、取引/売買の帳簿に降格させました。私達が、バビロンの銀行家達の中で最初に出会ったパターンを、私達が再び見つけたのは重要で、つまり、金融と寺院の関連性で、今回は、借金救済と犠牲/生贄の言語の、宗教への直接の輸入を通してです。そ して同等に重要なのは、ヴェネチアの大司祭が、この言語に順応している事です。タープリーが記述する様に、「コンタリーニはまだ、信仰に加えて、救いにお いて希望と少々の愛に役割を許しますが、ルーターとのパラレル/平行線は明らかです。後に、1523年の手紙の中で、コンタリーニがルーターに会った後 で、彼はこれを超えて行き、そしてルーター的立ち位置を大々的に受け入れます。」

私達が有するものに注意して下さい:宗教改革の危機の始まりの高まりにおいて、ローマのカトリックの大司祭が、ルーター的立ち位置を抱擁しています。私達がこの後直ぐに見る様に、宗教的な問題の両方の側において、ヴェネチアのエージェント(部下/手先)が暗躍する唯一の機会では無いのは、ヘンリー8世のイングランドにおいても、ヘンリーの主任補佐官として、ウォルセイ大司祭と入れ替わったトマス・クロムウェルを、私達が見つけるためです。タープリーはこう記述します:「クロムウェルは、1500年代の初期の戦争において、イタリアで傭兵をしていたと報告され、そしてポール(大司祭)によると、ある時はヴェネチアの商人の番頭、または会計士をしていました。ある話によれば、クロムウェルは、アントワープ(オランダの すぐ隣のベルギー北部)でヴェネチアの支店で20年間務めていました。これら全てと同時進行で、教皇ポール3世は - 基本的にルーター的立ち位置を受け 入れたのと同じ男である - コンタリーニ大司祭に、教会の改革の方法を発展させる委員会の首席を務めるよう命じます。コンタリーニは、カラファ、サロデ トル・ポール、ギベルティ、サン・ジョージオ・マッギオのコルテス、プラス、サレルノとブリンディッシからの高位聖職者によって加わられ - それは圧倒 的にヴェネチア的委員会でした。言葉を変えると、カトリックの逆宗教改革の操作を取ったのは、ヴェニスでした。

この委員会と、トレントのカトリック改革委員会の一つの効果は、カトリック信者達に読む事が禁止された本の悪名高い「インデックス(リスト)」です。言うまでも無く、新プラトン主義とヘルメス主義の 本は禁止されたので、そのインデックスの「アリストテレス派」の傾向/偏見は直ぐにあらわに成りました。それは、タープリーが観測する様に、ローマにおい て今、誰が権力を持ったかのバロメーターでした。1565年までに、少なくとも7人以上のヴェネチア人の大司祭達がいました。此処にあるのがモチェニーゴ によるブルーノの告発/弾劾の究極的な理由で、勿論、ブルーノはヘルメス主義者で、そしてヴェニスが推進しようとしていた、大々的にアリストテレス派の物質主義の全体に、彼の宇宙感が挑戦したからです。

ですが16世紀の間の台頭していた宗教的衝突の、両方の側を、ヴェニスが昇進させたのは、意図的なものでした。今の様に当時も、移動可能な印刷機によって可能にされた、素早い情報の拡散の新たな時代に、世界は移行していました。今の様に当時も、これは、特にヴェニスの、オリガーク的な金融的エリート達の権力を脅かし、そして、今の様に、当時も、印刷機の科学技術を得る事によって、そのエリート達は影響力を注入するために素早く動き、宗教的物議の両方の 側の文献の出版を素早く昇進させました。「ルーターと、その他のプロテスタントの改革派に本当の(政治的な)影響力を与えたのは、ヴェネチアの体制派(エ スタブリッシュメント)の出版による、彼等のアイデアの宣伝と拡散の御蔭だ」とタープリーは観測します。ヴェネチアの出版社は、直ぐに、ルーター、カル ヴァン、メランクソーン、そして特にイタリアで人気のあったジュアン・ヴァルデスの著書を40,000冊印刷しました。そうこうする間、マーティン・ルー ターの見解に順応した、その同じガスパロ・コンタリーニ大司祭が、イエズス会の創設者であり、プロテスタント派の執念深い宿敵である、イグネーシャス・ロヨラとの関係を強めました。コンタリーニは、イエズス会への教皇的承認を影響させるために、直接教皇に介入しました。

ヴェ ニスは何故、プロテスタントとカトリックの目的の両方を後ろ盾し、中心に対して両方を操ったのでしょう?上記された様に、新大陸の発見は、ヴェネチアの貿 易と金融的帝国の終わりを意味しました。(i.e.スペインがジブラルタル海峡を抑えていたので、ヴェニスの船は、地中海から出られない。)ヨーロッパに おける意図的に激化させられた宗教的緊張のカバーの下、彼等の金融的なオリガーキーの本部をとても文字通りに北(オランダ)に移動する戦略的な決定が故に成されました。ヨーロッパにおいて全面的な宗教戦争を起こさせたヴェネチアの政策の目的は、膨大な支族的でオリガーク的な富を北に移動する事を可能にさせるためで、その戦争は最終的に30年戦争(Ⅰ618-1648年)に成りました。

16 世紀において、しかしながら、ヨーロッパのカトリックとプロテスタントの両方へと、深く届くネットワークの中心にいたのは、ガスパロ・コンタリーニ大司祭 で、アラゴンのキャサリンからの彼の離婚において、ヘンリー8世の「セックスのカウンセラー」として活動するために、彼の部下、フランチェスコ・ゾルジを 派遣しました。コンタリーニのネットワークはジョン・カルヴァンとルーターを保護し、その間、コンタリーニはイエズス会を存在へと産婆する 手助けに関わっていました!ルーター的ドイツとボヘミアにおけるヴェニスの影響力は、トーン・ヴァルサッシナのヘンリッヒ・マシーアス伯爵(Ⅰ 567-1633年)でした。これは元々ヴェネチアの地域から起因した支族の本家で、それは別名、デラ・トーレ、トーレ・エ・タッソとして知られ、そして それは後のトーン・アンド・タクシスです。これは、後の章で私達が見る様に、北部イタリアの都市国家の、オリガーキー的支族と、サクソニー、ハノーヴァー、オランダ、そしてイングランドの、顕著で強力な貴族達との間の唯一のリンクではありません。

ブ ルーノは勿論、不実なモンチェニーゴにヴェニスに戻る様に誘われる以前に - 怪しくも - カルヴァン派のジュネーヴ、カトリック派のパリ、アングリカ ン派のイングランド、そしてルーター派のドイツへの旅と共に、16世紀のこの舞台へと踏み出します。ブルーノは、言い換えると、彼の旅においてヴェネチア の部下だったのかも知れません。

このための、幾つかの証拠があります。タープリーはこう記述します:

「1582年の後、オリガーク的なヴェネチアの政府的制度は、リドット・モロシーニと呼ばれた戦略的論議のサロンから台頭した貴族的カバール(組織)であるジョヴァンニによって操作されていました。その貴族に含まれていたのは、モロシーニ、ニコロ・コンタリーニ[]、レオナルド・ドナ、アントニオ・クェルーニ、サーヴァイトの修道士パオロ・サルピ、そしてフルガンツィオ・ミカンツィオ、ガリレオ・ガリレイ、そして時々、ジョルダーノ・ブルーノでした。」

実にタープリーは、ヴェニスがブルーノと、後に彼の弟子の一人を、パリに送ったとはっきりと明言します。

此 処で私達は一旦停止し、何故、ヴェニスが、ブルーノの処刑において、そんなに共謀的だったのかを、少々、推理してみましょう。私達が以前の章で記述した様 に、ブルーノの宇宙的、そして記憶のシステム(i.e.ヘルメス主義)の全体は、ヴェニスの基本的な世界観(アリストテレス物質主義)に対する危険を体現 しました。ブルーノに彼の記憶システムを教えさせようとする、モンチェニーゴの努力と、そしてまた、それがライバル達に広がらない様に妨げる努力に見られ る様に、それはヴェネチアのオリガーク達が、彼等自身の目的のために、操作して独占しなければならないものでした。

ですが此処で私達は、ブルーノの逮捕におけるヴェニスの役割の背後の可能なもう一つの加えられる動機を有し、思い出してもらうと、ブルーノはズアネ・モチェニーゴに、正に彼のヘルメス的な教えを広めるために、秘密結社を設立する意志を打ち明け、その様な活動は、(金融)システムを独占しようと試みるヴェネチアのオリガーク達の終わりを意味しました。加 えて、タープリーによると、ブルーノはヴェニスにおける戦略的議論の一部で、それは実際に、宗教的な危機を造り出そうと言うヴェネチアの意図を、彼に明か したかも知れません。それだけでも、ブルーノはその策略の全体を暴露出来たかも知れず、そして故に始末されなければならなかったのかも知れません。

宗教裁判によるブルーノの処刑の後、16世紀の終わりと17世紀の始まりまでに、ヴェニスはその他の事も行い、そして此処で私達はタープリーを延長的に引用しなければなりません:

「ヴェニスは1600年頃の当時、極度に流動的で、約1400万デュカットの貨幣の準備金を持っていました。それと同時に、驚く事に、ヴェネチアの政府は、その公共の借金全体の支払いの行程を完結させ、国家のあらゆる残っている義務を無くさせました。この全体的に高度に流動的な状況は、資本の逃避が起こっていると言う確かなサインで、その方向は、ジョヴァンニによって次のパートナーまたは被害者として指摘された国々、フランス、イングランド、そしてオランダでした。

セント・ジョージ(マルデュック/アポロ)銀行の周りのジェノア人は、実質的に、世界で流通しているゴールドの債券の全体を受け取りました。その2つの街(ヴェニス/ジェノア)は、1579年頃に始まってピアチェンザ・フェアにおいてチームを組み、ヨーロッパの決済銀行の原型となり、直ぐに年間2,000万デュカットの利益を上げる様になりました。このフェアは、ヴェルサイユ条約後に設立された国際決済銀行(BIS)の前身です。

1603年に、ヴェニスとジェノアは、イングランドのステュワート王朝の金融の舵を取る様に成り、そして彼等の特徴的な手法を、英国東インド会社に分け与えました。またこのツートップは17世紀の金融の要である大いなるアムステルダム銀行の設立と、オランダ東インド会社の設立にも健在でした。ヴェニスとジェノアはまた、ジェノアで成長してきた大きな金融的力のための産婆と成り、フランスの公共の借金の操作と、そして文明開化のデルフィ―的スピリットを育成する事を専門としました。」

言 葉を変えると、16世紀と17世紀の宗教的な動乱の期間(私達が見た様に、プロテスタントの本を出版すると同時に、イエズス会の創造を推進し、カトリック の逆宗教改革において影響的な役割を成す事によって、ヴェニスは確かに激化する手助けをしましたが)、ヴェニスはアムステルダムとイングランドに新たな企 業的フロントを静かに設立し、そしてヴェネチアの湿地帯から、オリガーク的な支族の富の大部分を、アムステルダムが発展した湿地帯へと移動させました。

で すが、新大陸の発見のために、彼等のオリガーク的な帝国の座を大西洋に向かって北方へ移動しなければならないという、その戦略的な結論に加えて、何故、 ヴェニスは、その機能の本部を移動するその様な緊急性を感じたのでしょう?その答えは、文字通り、ヨーロッパにおける最初の本当の全面戦争である、カンブ ライのリーグの戦争の中にあります・・・

4.SERENISSIMA REPUBLICA, PART TWO: THE VENETIAN OLIGARCHY: ITS METHODS, AGENDAS, TACTICS, AND OBSESSIONS
A.The “Structure” and Methods of the Venetian Republic: The Major Families, Players, and Implications
1.The Methods of Empire
2.The Three Pillars of Venetian Power
3.The Venetian Oligarchical Families
4.The Suppression of Factional Infighting
B.The Council of Ten: Terrorism as a Matter of State Policy
C.Giammaria Ortes and the Origin of the Carrying Capacity Myth, and Other Oligarchical Memes

1508年に成るまでに、ヨーロッパは、最もうららかなヴェニス(ヴェネチア)共和国のオリガーク(金持ち金権政治)達と銀行家達の、ビザンチン的手法、 陰謀、そして裏切りにうんざりしていました。それは - 教皇制(ヴァチカン)、フランス、スペイン、そしてオーストリアのハプスブルグ帝国に代理された  - 文字通りの、ヨーロッパの、ヴェニスに対する戦争でした。この強力な連合の形成は、教皇に選出された際にジュリウス2世を名乗った、ジュリウス・デ ラ・ロヴェレの発想でした。ジュリウスは、教皇制に対するヴェニスの典型的な無礼の後、ヴェネチアの宗教的な独立を終わらせる事を決意していました:

「彼 が言葉にした様に、「もし(教皇の)ティアラ(冠)を代償にしてさえも」、彼の(宗教的)管轄を強要する事を決意し、ヴェニスを孤立化させるためだけでな く、辱め、彼女の昔の権威と繁栄を二度と決して取り戻せないまでに、意図的に弱体化させるという、彼の主要な目的に向かうために、彼は此処で彼の外交的な 強さの全てを招集しました。フランスとスペインへ、(ハプスブルグの皇帝)マクシミリアンへ、ミランへ、ハンガリーへ、そしてオランダへ、新たな密使の流 れがローマから送り込まれました。全ては同じ提案を運び、それはヴェネチア共和国に対する西洋のキリスト教圏合同の冒険(戦争)と、彼女(ヴェニス)の帝 国の結果的な解体でした。」

教皇ジュリウス2世が、ヨーロッパのそれぞれの権力者達の前に吊るした人参(エサ)は重要でした。オーストリ アのハプスブルグ帝国はヴェローナ、ヴィチエンザ、そしてパドゥアを受け取るとされました。フランスは、ベルガモ、ブレシア、クリマ、クリモナの地域と、 その9年前に、ブロイスの条約によってヴェニスが得た全ての領地を得るとされました。イタリア南部においては、ブリンディシとオトラントがアラゴン家に戻 され、そしてハンガリーはダルメーシャンの海岸線を受け取るとされました。ジョン・ジュリアン・ノーウィッチが述べた様に、「全員に得がありました。」 ジュリウスの地政的な理由づけは単純でした:南のスペイン(支配)のナポリは強い都市国家で、北におてはフランスがミラノで圧倒的でした。ですがその他の イタリアは、教皇制によって圧倒されなければならず、それが意味したのはヴェニスが無くならなければならないと言う事でした。

私達は、それがはっきりと明言された様に形成されたので、カンブライの連合を創造した条約の実際の公式な前文を一目見る事によって、ヨーロッパが最もうららかな共和国に対して我慢を切らしていたのかを知る事が出来ます:

「教皇制のみならず、神聖ローマ帝国、オーストリア王朝、ミランの侯爵、ナポリの王達、そしてその他の様々な王子達を、占領し、彼等の物資、彼等の財産、彼等の街々と城々を乗っ取り、あたかも彼等の周りにいる全ての者達に害を成す事を意図的に陰謀した様な、ヴェネチア人達によって害された損失、傷害、違反、ダメージを終わらせるために・・・

故に私達は、大きな火事の様に、ヴェネチア人達と彼等の権力への欲求の、強欲な略奪を消火し、公正な復讐をするために、全ての人々を招集する事は、正しく誇りある事であるだけでなく、必須な事です。」

フランスはすぐさま行進し、アグナデロの戦いにおいて、ヴェネチア軍に圧倒的な敗北を与えました。皇帝マキシミリアンも素早く大きな軍隊を動かし、そしてまたヴェニスに対して - ゆっくりと - 動きました。

アフリカ(南端)を回るポルトガルの貿易ルートの進歩と、中東のオスマントルコ帝国の台頭と共に、イタリア本島における領土の消失は、その帝国がもう海洋貿易のみに頼っていなかったので、ヴェニスにとって、大災害を意味していました。

ヴェ ニスは圧倒的に不利な戦いをせねばならず、そしてフランスからパドゥアを取り戻し、フランスと帝国の軍に対し、成功的に其処を防衛し、ヴェネチア人の静か な外交と共に連合を返り討ちにしたけれど、北から進行するマキシミリアンの巨大な軍隊と、南からの教皇の軍隊の危険は、ヴェニスに考えられない事を考えさ せ:それはオスマントルコ帝国との同盟でした。西洋の王子達にとって、もし彼等が知っていたのなら、その様な(同盟への)訴えは、ヴェネチア人の信仰の無 さの更なる証明に成ったでしょう。ヴェネチア人にとって残念な事に、サルタンはヴェニスの提案に返答せず、ヴェニスは教皇ジュリウス2世の条件を受け入れ させられました:

「それらは凄く厳しいものでした:ヴェニスは完全に教皇制/ヴァチカンの下に服従しなければなりませんでした。取り上げ られたのは、伝統的だった、教皇の同意無しで、その領土内で大司祭や聖職者達を任命する権利と、彼女の裁判所で裁判する権利と、徴税する権利です。また、 彼女の領土内の教皇制の国家の民の上の管轄も取り上げられました。教皇は、彼の領土を取り戻すために使った全ての出費の弁償と、それらの領土がヴェネチア の手の内にあった間の全ての歳入の弁償を受け取るとされました。それまでヴェニスが外国の船舶から交通税を取っていたエーゲ海は、その後課税無しとして誰 しもに解放されました。」

ヴェネチアの降服と共に、ジュリウス2世は結果的に彼自身の連合を解体し、その後は北にいるフランスを主要な敵と見定め、結果的にヴェニスと手を組みました。その連合は、全ての意図と目的のために崩壊しました。

最 後に、とても長く複雑な話を短くすると、北部イタリアにいるフランス人達に対するヴェネチアと教皇制の連合において、ジュリウスが本質的に、戦利品の分け 前を与えず、ヴェニスには何も得が無いのが証明されると、典型的な振る舞いで、ヴェニスは寝返り、フランスと同盟しました。ジュリウスの裏切りは、カンブ ライの連合をヴェネチアに対して甦らせるという彼の脅しによって、助けられませんでした。

「故に、たった4年間の内に、カンブライ連合の 戦争の、主要な主役達は、同盟において可能な全てのパターンの変形を行いました。最初に、フランスと教皇制が、ヴェニスに対して同盟し、次に、ヴェニスと 教皇制が、フランスに対して同盟し、そして今度はヴェニスとフランスが教皇制に対して同盟し - 実に全ての形状です。」

此処で人が見る のは、ヴェネチアの振る舞いと、最初の処で連合の形成に繋がった現実政治で、都市国家が典型的な権力のバランス的外交を行い、主要なライバル達がお互いに ぶつかり合う様に誘導したと言う事です。ですがヴェニスとその金融的なオリガーク達にとって、その連合とその少し前の新大陸の発見からのレッスンは明らか で:オリガーク達は本部を移動しなければなりませんでした。

5. The End of the Most Serene Republic: Napoleon Bonaparte and His Peculiar Demands
最もうららかな共和国の終わり:ナポレオン・ボナパルトと彼の奇妙な要求

最 もうららかなヴェニス共和国の終わりは、勿論、革命的フランスと、ナポレオン・ボナパルトと言う名の将軍から来ました。フランス革命の始まりから、ヴェネ チアの諜報工作員達は、革命をヨーロッパ中に輸出すると言う明言された目標のために、革命家達が体現した危険性をその共和国に警告していました。ヴェニス が特定的な標的だったのは何故なら、私達が次の章で発見する様に、彼女の憲法が、共和国とは名ばかりで、フランス革命の平等的原則を体現するものでは全く なかったからです。全く対照的に、それはエリート憲法で、オリガーキーによる、オリガーキーのための共和国でした。ナポレオンの北部イタリアにおけるオー ストリアに対するキャンペーン(戦争)の頃、フランスの軍がヴェニスの門前に辿り着いた時、サビは既に長く進んでいて、その本当の金融的権力は、とっくに 北方へと移動されていました。

湿地帯の外側の島々に、フランスの船の大砲が撃ち出された際のボナパルトの要求は全てを物語ります:オリガーキーは共和国を解体し、そして退位し、憲法を民主主義に入れ替えなければならないと言うものでした。ナポレオンはまたこうも要求しました:「造幣のクレジット(借金)と国家的な銀行は、国家によって保証されなければならない」と言うものです。結果的にナポレオンは、オリガーキーが彼等の政治的権力から退位するだけでなく、ヴェネチア国家のクレジットと通貨への彼等の金融的独占を諦めろと言いました。

で すが私達が見た様に、ナポレオンの到着の2世紀程以前に、オリガーク達は公共の借金を流動化し、北方への資本逃避のプログラムのために膨大な流動的な資本 の準備金を集め、その長期的な戦略的思考は、その概要において、第二次大戦が終了に向かう頃の、ナチスの資本逃避計画に類似しています。ナポレオンが共和 国解体を強いた頃には、その戦利品は逃避していました。

ですがヴェネチアのオリガーキー的長寿の秘密は何なのでしょう?実際に、オリガーク達は誰だったのでしょう?これは、この話が、更により薄暗く成る処です・・・

5.CONCLUSIONS TO PART ONE

PART TWO

MONETIZING THE METAPHOR, AND THE PYRAMID OF POWER
6.RETROSPECTIVES ON THE TOPOLOGICAL METAPHOR AND MONEY: BRAHMA, BUDDHA, BABYLON, AND GREECE
A.Debt, Sacrifice, and the Metaphor
1.Primordial Debt Theory: Brahmanism, Babylon, and Buddhism
2.Sumeria, The Breaking of the Tablets and the Jubilee: Pressing the “Reset/Reboot” Button
3.Bullion, Coins, Militaries, and the “Military-Coinage-Slavery Complex”
B.Mind, Metaphysics, and Money in Ancient Greece
1.Coins, and the Metaphor
a.The Stamp
b.The Idealized Substance and the Coincidence of Opposites
2.The Hidden Elite’s Hand: Pythagoreanism
C.The Tally: Money as the Common Surface of the Metaphor

7.LAW, LANGUAGE, AND LIABILITY: THE PERSONA FICTA OF THE CORPORATE PERSON IN THEOLOGY AND FINANCE
A.The Theological Part of the Story
1.The Central Verse and Crux Interpretum
a.The Greek and the King James
b.The Latin Vulgate and All Other English Translations
2.The Corporation, or Partnership, in Medieval Italian Law
B.The Financial Part of the Story: The Collapse of the Bardi and Peruzzi “Super-Companies” in the 1340s
1.General Considerations and Aspects of the “Super-Companies”
2.A Catalogue of Techniques: The Rise of the Peruzzi Company, and Mercantilism
a.Control Both Sides of a (Dialectical) Conflict
b.Accounting and Exchange Techniques

パッと見 - そしてそれは一瞬のパッと見でしかありませんが - ペルッジ会社の台頭は、多くの人達が今、ビルダーバーガー達カウンシル・オン・フォーリン・リレーションズ(CFR)そして三極委員会等々の様なグループと、近代の銀行家達と企業の陰謀的な機能に帰属させる、全てのテクニックを、正にどうやって中世の超-企業が素早く身に着けたのかを実証します。

近 代のテクニックの一つ - それが事業を行う領土の、様々な各政府から、特別な独占的の特許を勝ち取る事 - は、ペルッジとその他の中世の超-企業に よって、仕返しと共に行われました。ハントはとても重要な観測をして、その観測において、金融的エリート達の、私達に覚えのある実施が浮き上がり始めま す。「ペルッジ家の記録は、その一族のメンバーが - 軍事、外交、政治、聖職、専門業、実業といった - 様々なキャリアに進み、そしてその多くがそれ ぞれ自身の富を築いた事を見せます。公共の権力の場 - 教会、専門職、軍事、そして国内外の政治への、この侵入は、それ以後、金融的エリート達の「お手 本」と成り、そして、私達がこの章の中で後に発見し、そして既に見てきた様に、ヴェチア人達はこの戦力を、とても繊細な芸術へと完璧化しました。

そ の様な侵入の一つの鍵のエリアは、勿論、実際の通貨自体の発行へ、影響力を得る事、または操作を取る事で、つまり、勿論フローレンス自体から始めて、彼等 が扱っている様々な国家的な造幣に、影響力を持つ、または操作する事です。ペルッジ会社は、1200年代後期と1300年代初期の間の、イタリアの南部と 北部の間の状況を利用する事によって、権力へと台頭し始めました。つまり、ナポリ王国は、当時、イタリア北部の小都市国家群への穀物の供給者で、そして代 わりに、イタリア北部とその他のヨーロッパからの織物とその他の生産品の輸入者で、超-企業が高い資本化を必要とした事実です。バルディ家とペルッジ家は この商品貿易の仲買人に成り、そして故に、彼等の企業は彼等の収入の多くを、その商品市場で造りました。この種の貿易の結果として、超-企業はそれらの現 代版(国際企業)と同様に、生産と製造、船舶輸送、そして勿論究極的に、通貨自体の発行と為替取引も含めて、その貿易の全ての要素に関わる様に成りまし た。

故に、1316年に成ると、ペルッジ会社は、ナポリ王国の造幣を運営し、税金を徴税し、そして様々な官僚と軍隊に支払うために、フ ローレンスのその他の大きな会社 - バルディとAcciaiuoliとの組合またはシンジケートに加わり、後にそれには1330年に Buonaccorsiが加わりました。言葉を変えると、フローレンスの超-企業はナポリ王国における彼等の活動をコーディネートして操作する目的で、本 質的にカルテルを形成し、その動きは疑う余地無く、政府に強力なフロントを現す必要性とローンの支払を強いる必要性によって誘発させられま した。これは私達が後で直ぐに戻る点です。ですが現時点で、人がまた同様に注意すべきは、短い期間の間、ペルッジ家が、パリ、Troyes, Tournai, そしてSommieresにおいてフランスの造幣に影響を持った事です。

どうやってその様な影響力、そして操作さえも得られたのでしょう?

こ れは、ペルッジ会社とナポリのアンジェヴィン王国との間の関係についての、ハントの調査とコメントの熟考によって理解されるでしょう。何時、何処で、どう やってその王室へ貸し出しの支払いがされるのか、そしてより重要な事に、それら(借金)がどうやって返済されるかの、正確な詳細が特定化されたナポリ王室 への巨額のローンを、ハントは記述します:

「町、地方、または王国全体からの一般的な税金の領収書、または租税や関税の様な、ローンの契 約書に指定された、王室の特定の歳入を、貸出人へと転換する事によって、返済は主に達成されます。頻繁に、返済は穀物の輸出税の放棄を通して行われ・・・ その会社は通貨両替と現金の運搬を幾らかの利益のために行いましたが、彼等の収入の殆どを、王からの「ギフト」として得て・・・それらの殆どは税金からの 免除、フランチャイズ、そして価値のある特権で、最も切望されたのは穀物を輸出する権利でした。」

ペルッジ会社の実業をまとめた、この短い引用は、経済的特権を通してソヴリン(主権)政府の制度への影響力を得て、そして最終的に操作を乗っ取る、個人的な金融的なオリガーキー(金持ちの金権主義)の基本的な手法の教科書的なカタログです。

私 達がこれについて更にコメントする前に、しかしながら、イングランドの王、エドワード3世へのバルディ家とペルッジ家の振舞のこのパターンの、もう一つの 例を私達は見てみましょう。ペルッジ会社は、バルディ会社と同じく、「羊毛貿易への参加許可への代償」としての、巨額のローンの代価として、当時王族の独 占だった貿易の特権を、イングランド人の王から会得しました。歴史のこの分岐点において、その様な特権への排他的な独占を、一つの会社が強要するために、 その様な国家(イングランド)は大きすぎてそして強力すぎましたが、そして実際に、エドワード3世はその様な特権を企業の狭いグループに分散させる事を好 みましたが、私達が見た様に、ナポリの王国へ、より統合されたフロントを現すために、フローレンスの会社によってある種のシンジケートまたはカルテルが組 織されました。故にそのパターンは繰り返され:超-企業に最も価値のあった王または国家からの「ギフト」は、彼等の事業の中核である商品と製造品におけ る、税金免除と特権的な貿易の地位でした。ナポリの王国の件では、14世紀の初めに、巨額のローンが王国、特に王チャールズ2世に成され、ペルッジ会社に 様々な特権が与えられ、それらの中には、穀物輸出の課税を操作するための、ナポリに銀行を設立する能力と(!)、そしてその会社が関わる市民裁判が、普通 の裁判所では無く、高等裁判所で裁かれる権利でした。言い換えると、彼等は特別な司法的特権得た、または、少々変えて言うと、ペルッジ家が関わった件を吟味するための、特別な裁判所、または特別な管轄の創造です。注目するに、これの全てを通してジェノアと、そして何よりヴェニスの海洋的権力に挑戦する者はいませんでした。何が実際に起こったのかを注意すると、超-企業は:

(1)王国の税の歳入の幾つかをローン(借金)への支払いに成る様に、特定的に耳標する協定を結び、言葉を変えると、王国の特定の歳出の先取特権を協定し、そして
(2)彼等の義務が達成される事を確かにするために彼等自身の税収の特権/フランチャイズを協定しました。簡単に言うと、彼等はナポリの王国のソヴリン(主権)を取り上げる協定をしました。

または、これ等の点をもっと簡潔に言うと、ローン(借金)の延長と、近代の国際銀行家達が「融資条件」と呼ぶものを課す事を通して、本質的な国家の機能の操作を達成する事によって、彼等はナポリの王国の主権を手に入れました。

此処で、私達はこれまでに浮上した、超-企業の「テクニックの教科書」をカタログしてみましょう:

1)会社の株式保有によって、会社の戦略的な機能を一族的な操作の下に保つ;
2)一族のメンバーを訓練する事と、それらの分野の親しい知り合いによって - 外交的、政治的、そして何より造幣または通貨の発行的な - 政府の鍵の制度と機能を貫く、または侵入し、その目的は、政府的制度と官僚を、企業活動のフロントにする事で;
3)存在している法的制限の中で働き - この時代にはユーザリー(金利制度)に対する教会の禁止がありましたが - 貿易の権利、税金免除、そして徴税権さえ含む、会社のための特権的地位を協定し;
4)船舶から製造と生産まで、これ等の運営に影響している通貨と商品まで、会社の活動の全体の範囲を操作する、または少なくとも影響させる

端的に、此処で人が見ているものは、本来の「資本主義」というよりむしろ、古典的な商業主義です。もし私達がこれでテクニックの教科書を疲弊させた(出し尽くした)と推測するなら、私達は間違う事に成ります。

a. Control Both Sides of a (Dialectical) Conflict
(弁証法的)争いの両方の側を操作する(i.e.分断統治

1312年に、ペルッジ会社は、当時としては天文学的な総額、191,000フロリンの、ホスピタラー騎士団組織のグランド・マスターへの莫大な貸し出しを協定したと、ハントは報告します。

このお金は、「全ての国々にあるその組織の全ての財産」によって、そのローン(借金)への安全(担保)が供給され、要塞とその他の建物を建設するために使用されるとされたと、ハントは記述します。これと共に、私達は、金融的エリート達のとても近代的なテクニックを、私達のテクニックのカタログに加えられるかも知れません:

5)国家自体のインフラを担保化し、特に、もしそのインフラが、企業によって貸し出されたローンを基にして建設されるならです。

超 -企業が、それらの規模の大きさと、それらの運営の国際的な土台が与えられると、地域的または地方的な争いまたは戦争に引き込まれたのは、必然的でした。 Ⅰ302-1304年から、そして再び1314年に、フランスのフレミッシュ人(ベルギー)による反乱が起こりました。ペルッジ家は、勿論、彼等自身がそ の間に挟まれているのを見つけ、それは彼等の利益的な羊毛の貿易が(現在はベルギーである)フランダースの織機を含んだからで、そして私達が既に見た様 に、フランスの造幣における彼等の侵入と影響力のためです。

この政治的なジレンマを彼等が解決したのは、フランスの王室のためにフレミッ シュ人達の借金を回収する役割を果たす事によってと、その間同時的に - 勿論、習慣的な協定された特権と共に - 「支払を可能にする手助け」を口実 に、地元のフレミッシュの権威(政府/自治)へのローンをフロート(変動為替)させる事によってです。同様に、ペルッジ家は、ナポリの王国から利益的な特 権を得る間、ナポリの大きなライバルであるシシリアの王国からも同様な特権を得ていました。確かに、これらは、歴史的な偶然と、その会社の国際的な延長か らの、成り行きかも知れませんが、ペルッジ家のフレミッシュの状況への反応(対処)が正にどれだけ素早くこの中世の金融的エリートが、企業が公共的な中立 性の表向きを保つ事を供給すれば、争いの両方の側で利益を上げられるかを学んだかを実証します。ですから私達は私達のテクニックのカタログに加えられるでしょう:

6)政治的な争いの件では、両方の側の金融的エージェントとして活動し続ける間、慎重な公共的に中立な姿勢を保ちます。

注 意する事が大切な重要な事が此処にあります:歴史のこの段階において、超-企業と彼等の知性的な後継者達が、争いの「両方の側にいる」有益性を高く評価す る間、彼等はまだ、歴史において後の彼等の現代版が気付いた見識まで来ておらず、それは大いなる「クローゼットに隠れたヘルメス主義者で魔法使い」である ヘーゲルが気付き可能にしたもので、つまり、利益は、争いの創造を通して派生させられ、延長させられると言う事です。簡単に言うと、中世の超-企業はこれに関して、彼等の現代版(国際銀行家達)とは異なり、積極的と言うよりもむしろ反応的です。

ですがその他にも巧妙なテクニックがあり、そしてそれらと共に、私達は更にもっと薄暗い何かのヒントを見始めます・・・

8.FLORENTINE FERS-DE-LANCE, PERUZZI PYTHONS, VENETIAN VIPERS, AND THE FINANCIAL COLLAPSE OF THE 1340s
A.Basics of Medieval Monetary System and the Venetian Bullion Trade
1.The Structure of Florentine Super-Companies’ Trade, and the Interface with Venetian Bankers
2.The Venetian “Grain Office” and the Council of Ten: Tools of the Oligarchs
3.The Venetian International Bullion Trade, or, Manipulating the Global East/West Gold/Silver Bullion Flow for Oligarchical Fun and Profit
a.Coins, Bullion, Mints, and “Seigniorage”
b.Banksters, Coinage, and Tactics of Manipulation of the Money Supply
c.Venice, the East/West Gold/Silver Flow, Moneys of Account, and Indicators of Manipulation During the Bardi-Peruzzi Crisis
B.A Further Meditation on the Topological Metaphor of the Medium: On the “Financial Pyramid” Version of the Metaphor
これ等の事実と見識を手に入れ、私達は此処で再びヴェニス自体に私達の注意を向けてみましょう。

注目するに値するのは、バルディ とペルッジ(の企業)が、それらの最大の成長を遂げた期間に入り、そして丁度、ヨーロッパの市場におけるゴールドと銀の量がシフトし始めた1310年に、 悪名高いヴェネチアの十人委員会が確立された事です。大まかな司法権を持つ専断不公平な裁判所(星室)と諜報工作と逆諜報工作のコンビネーションだったこ の十人委員会と、ヴェネチアの銀行と、オリガーキー(金持ち金権主義)的支族が、どれだけ近親相姦的だったのかの理解を得るのに人は、1390年頃に成る と、十人委員会は、銀行家達に、銀をヴェネチアの造幣局にあてがう事を許し、それはその後ヴェネチアの領土の貨幣へと造幣され、そして銀行家達へと戻り、 彼等は「取り合わせ」の下で、政府に貸し出す事に同意した!のに注意をすればよいでしょう。言葉を変えると、ヴェニスには近代的な感覚で言う中央銀行が無いのは、厳格な意味合いにおいては本当ですが、十人委員会は様々な銀行にひいきと特権を許可する事によって、中央銀行としての本質的な機能を供給しました。それ自体の方法において、それは直接、そして公にはオリガーク的な実業をひいきする様には現れない、ヴェネチア的得策の典型で、その間、それらの背後で追及されるのは、国家の委員会と評議会のビザンチン的メカニズムで、全てはオリガーク的階級の手の内にありました。

ヴェネチアのオリガーキーのその他の大いなる道具は「穀物省」でした。私達が再検証する穀物省での行いの多くは、大いなるフローレンスの超-企業の崩壊のの ものである間、それらが此処で再検証されるのは、第二章と三章で私達が再検証した、ヴェネチアのオリガーキーの運営的な精神性をそれらが鮮明にするためで す。穀物省、またはCamera Frumentiは1256年までに存在していて、そして1310年に確立された十人委員会の様に、フローレンスの危機の間に、完全に機能していました。 銀行家達は直ぐに彼等の貨幣を預ける様に成り、そして故に、約1世紀に及ぶその存在の期間、ミュエラーが観測した様に、ヴェニスの金融的エリート達のため の、ある種のスイス銀行として機能しました。穀物省に大きな預金を持つ貴族の支族の鍵の一つで、よってその状況において大きな影響力を持ったのは、ド・エステ家で、後に私達は再び出会います。

此 処で鍵に成るのは、穀物省がヴェネチア共和国の省庁だったので、その国家は、「それ自体のための巨額の出費のためにそのお金を使用した」と言う事です。人 がより詳細にこれらの「目的」を見た時、人はもう一つのオリガーキー的パターンを見始め、それは、小麦を粉末にする水車小屋や、レンガと屋根のタイルを焼 くかまどなどの - 公共の善に含まれる部門における、殆どが貴族達によるものでしたが貴族だけに留まる事の無い、事業へのローンを時折行いました。これ において穀物省は、国家全体としての安全に影響している様々なプロジェクトのために、軍産複合体に高額の契約を与える、今日のアメリカのペンタゴンに類似した方法で機能しました。ミュエーラーはこの様に書きます:

「国家へのローンと供の、この金融的機関はまた、殆どが貴族であった個人の実業家達に、長期的なローンを行い、許可された上で行われた事業は、ヴェネチアの経済の戦略的に重要な部分のものでした。」

それはコンスタンティノープルのビザンチン皇帝にさえもローンをし、帝国の冠の宝石が、担保として穀物省の帳簿にリストされています。穀物省は故に、「スイス銀行」として機能しただけでなく、また、ある種の連邦準備銀行で、 それが公共と個人の両方のフロートされた借金を管理したので、ある時には預金を保っている貴族達と銀行家達、またはローンを受け取った実業家達の間の様々 な陰謀の中心と成りました。十分に興味深く、そして十分に予想可能な様に、元々、国家によって預金が求められたのは - ヴェニスの食糧供給である -  穀物を購入するためで、穀物自体がローンの担保でした。

最後に、貴族、金融権力、、諜報工作、そして国家の間の、常に存在しているオリガーキー的な配置を強調し、穀物省が十人委員会の金融的なエージェント(部下/手先)だった事を観測するのはまた重要です。

奇妙で便利な事に(またはそうでは無いかも知れませんが)ヴェネチアの穀物省の記録は 「完全に消失」していて、近代の研究者達は、その他の記録や、省に預金をする許可を求めた外人の口座から、その話の欠片を収集する事を余儀なくされていま す。これにも、また、ヴェネチアのオリガーキー的足跡が恐らく残り、表面的に統一的なフロントを現す間、内部的な派閥の闘争と活動を、意図的に隠している のかも知れません。また興味深いのは、そしてまた恐らくオリガーキー的戦略でしょうが、フローレンスの超-企業の崩壊の1世紀後、そしてヴェニスがその力 の絶頂期の時に、穀物省は解体され、リアルト(島)の銀行家達が公に場面に現れ、最もうららかな共和国のフロートしている公共の借金を管理する様に成りま した。

一つのエピソードが、特に穀物省に関して、ヴェネチアのオリガーキー一般の、意図的に虚偽的な本質に焦点を当てま す。これを私達は此処で「カングランデ事件」と呼びましょう。この問題について私達が詳細に知っているのは、その解決の記録がヴェニスにおいて - 国家 のもう一つの重要なヴェネチアのオリガーキー的機関ですが、時間の問題で私達が此処で探求出来ない - サン・マルコの代理長官によって記述された御蔭と、イタリアのもう一つの都市国家、ヴェローナの貴族だったカングランデ・イル・デラ・スカラと言う一人の 人の御蔭です。とても長く複雑な話を短くすると、カングランデは穀物銀行に預金をし、それは跡取りによって主張されました(あるフレガノと言う人物で、 ヴェネチア人達はその人が貴族では無いと否定しました)、そして多くもめた後、彼はヴェネチア人達が法的に否定出来ない点まで、何とか主張を押し通しまし た。その問題において、穀物省、そして故にヴェネチアの国家自体に対するその主張が、金利と共に膨らみ、250,00デュカットと言う驚き の額に増え、ヴェネチア人達は明らかに支払いたくありませんでした(そして恐らく支払う方法が無かったのでしょう)。彼が貴族である事を否定したのは、疑 う余地無く、その莫大な額のお金の支払いを避けるためで、加えて、彼に対する2度の暗殺未遂があり、ミュエーラーの慎重な言葉を使うと、 「時には国家の重要な機関が関わっていまいた。」暗殺と延期がフレガノの心を変える事に失敗すると、妥協が最終的に結ばれ、フレガノは穀物省に対する主張 を取り下げる事に同意し、その見返りにヴェニスは彼に1,500デュカットの年金と、彼の死後、彼の跡取り達に1,000デュカット支払う事に同意しまし た(その跡取り達も簡単に、誤魔化し、支払い拒否、そして暗殺の、同じ戦略の対象になると記述しておきましょう)。言い換えると、ヴェネチアのオリガーク 達は、彼等が負債したものを単純に、支払う事を拒否し、脅迫、暴力、誤魔化しの戦略を取り、そして最終的に彼等の義務を「再び協議」する事ができ、その相 手は、疑う余地無く、憤激させられ、疲労困憊させられ、少なくとの何等かの利益を、この試練から得たいと考えたでしょう。オリガーク達に取って、それは愉快で、それは彼らが、彼等の膨大な額の義務を、言うなれば、彼等にとっての小銭ですませられたためです。

カ ングランデ事件が穀物省の重要な機能に焦点を当てるのは、私達が見た様に、ヴェネチアの金融的な行いが、「北部イタリアの中央や、バルカン半島までのその 他の地域の貴族の支族達」の場所に成ったからです。再び要点をハイライトすると、それは十人委員会とヴェネチア共和国がそれを通して、彼等の貿易、両替/ 為替、そして帝国を運営するために欠かす事の出来ない情報の流れを得た、重要な集中点でした。穀物省が衰退し、国家への貸し出しがリアルト(島)の上の銀 行で行われる様に成る頃に成ると、様々な極悪な活動のためのファンドを管理する穀物省の機能もまた、銀行によって、「ビジネスにおける新たな透明性」の時 点までさえも、直接入れ替わり、政府からのリアルトの銀行家へのローンの要請は、ヴェニスの敵(この件では1415年のシギスモンド王とブルーノロ・デ ラ・スカラ)を暗殺するための賞金を提供するためのものでした!

メインテーマであるフローレンスの国際商業銀行家達の崩壊に戻り、そして 穀物省とその最終的な入れ替わりによって、ヴェネチア国家の借金を直接資金したリアルトの個人的な銀行家達を離れる前に - これらの銀行は多くのケース において、国家を運営している正に同じオリガーキーと直接関連していると常に覚えておいて - 人がまた注意を払うべきは、銀行による国家への最も高い貸し出しの時代(現在)が始まったのはヴェニスの衰退を境界線にしての事です。

9.MAPS, MONEY, AND MONOPOLIES: THE MISSION OF CHRISTOPHER COLUMBUS
A.The Strange Case of the Piri Reis Map
1.Antarctica
2.Medieval Portolans
3.Maps from High Antiquity
B.Christopher Columbus’ Voyages and the Hidden Cartographic Tradition
1.Piri Reis’ Statements on Columbus
C.Some Further Speculations
1.Spain, Genoa, and Venice

10.CONCLUSIONS TO PART TWO

少なくとも、近代において、陰謀は存在すると、信じる準備が私達には出来ています。「通説」によって推進され、そして世界のエリート達の権力の中央から派 生される、「方向づけられた歴史的ナレーション」に挑戦する書籍は数多くあります。この本を読んでる多くの人達は、例えば、大統領、ジョン F. ケネディーの暗殺や、9.11の「公式な見解」等々に関する、推進される通説を疑います。

ですが、私達が中世とルネッサンスに向いた時、私達はすぐさま基準的な歴史的ナレーションを鵜呑みにし、これ等の時代に - 心理作戦、カバー・ストーリー、偽のフロント(建前)、フォルス・フラッグ(偽旗)作戦、等々を含む - 陰謀が存在する事が出来たとは、信じようとはしません。そしてこのリストの一番初めにあるのが1492年のクリストファー・コロンブスの航海です。私達は全員、その神話を心から知っていて:コロンブスはスペインの王、ファーディナンドと女王、イザベラの前に行き、アフリカ南端を周りインド洋を通るルートの、ポルトガルの支配を回避して、東洋の香辛料の島々への直接のルートを見つけると説得しました。それが、兎に角、その話(通説)です。

ですが、此処において論議される様に、その話は唯それだけで:カバー・ストーリーで、そして真実はとても異なるかも知れません。その真実は実にとっても異なっていて、マインドを驚きでギョッとさせるかも知れません。

何故かを理解するためには、金融、哲学、貴金属、そして隠喩の、難解で早急な世界から出て、そして同等に難解で早急な、海洋航海と、太古と中世の地図の世界に、私達が入る必要があり、それらの地図は、詳細な吟味をしてみると、通常では無い知識と、その出処を実証します。

A. The Strange Case of Piri Reis Map
1. Antarctica
ピリ・レイス地図の奇妙な件
1.南極

この、世にも奇妙な話は、ピリ・レイス(約1465/1479-1555年)と言う名の、オスマントルコのトルコ人の海軍将と共に始まります。ピリ・レイス地図の問題は厳密に、以下の様に明言されるでしょう:それは当時発見されていなかった何かを描写し、以下の写真が見せる様に、つまり、南極です:

1pirireis_2maps.jpg

ピリ・レイス地図:南米の海岸線、アフリカ西部の膨らみ、そしてスペインと、それから、その地図の下部の南極に注意して下さい。

そ の地図は、直ぐに科学の歴史の教授、チャールズ H. ハプグッド(1904-1982年)の注意に留り、彼は、彼の学生達と共に、この異例には前例が無いか調査し、プロトラノスと呼ばれる古い中世の地図と、 その他のルネッサンス期の世界地図を探しました。彼等が、有名なオロンテウス・フィナエウスの1532年の地図を掘り出すまで、あまり時間はかからず、そ れは、その時代の多くの地図と同様に、当時、テラ・オーストラリスとして知られていた南極大陸をはっきりと描いていました。

2pirireis05.gif

南極を描写している1531年のオロンテウス・フィナエウス地図の右側。

その問題は、懐疑主義のウェブサイト「粗悪な考古学」によって、遠回しに認められ、それはこう記述します:「オロンテウス・フィナエウスによる、南方の大陸の大体の描写と、南極の近代の地図の間には、とても明らかな類似性があるけれども、それらは詳細な吟味には耐えられず;実際に類似性よりも違いの方が多く、南方の大陸の正確な知識無しで描かれた地図から人が予測出来るものです!」言葉を変えると - 単純に見る意志のある人にとって - その問題は、1773年にクック船長がその大陸の直ぐ近くまで来た遥か以前に、そして1820年にその大陸との接触が実際に行われる以前に、地図における不正確さにも拘らず、多かれ少なかれ正確に描かれていると言う事で、それは否定するための、科学界の基準的な下らない戦法にも拘らずです。

ハプグッドはこの時代錯誤で場違いに正確な地図の、彼による発見について思い返します:

「そ れからある日、私はページをめくり、そして座ったまま釘づけにされました。1531年に、オロンテウス・フィナエウスによって描かれた世界地図の南半球に 私の目が行きました。私が此処で見つけたのは、本当の南極の、正に正真正銘の地図だという、瞬間的な納得が、私にはありました。」

オロンテウスによって描写された地図の問題は、近代の地図製作法で表されたその大陸の描写との、一般的な類似だけでは無く;その問題はもっと深くまで行きました:

「その大陸の全体的な形は、驚く程、私達の近代の地図の大陸の輪郭に似ていて・・・南極点の位置は、殆どその大陸の中心で、大体正しい様でした。その海岸線を縁取った山脈は、近年、南極で発見された数々の山脈を暗示しました。また明らかだったのは、これが誰かの想像力でむやみに創造されたものでは無いと言う事です。その山脈は個別化され、幾つかは海岸沿いで、その他はそうでなく・・・これが暗示したのは、勿論、元祖の地図が描かれた時、その海岸線は、氷に覆われていなかったのかも知れないと言う事です。

より近くで見て見れば、読者はハプグッドが言っている事について、理解するでしょう:

オロンテウス・フィナエウスの地図は、当時発見されていなかった、南極大陸を描写する唯一のその様な地図ではありませんでした。ハプグッドは、1559年のハジ・アフメッド地図も含めて、その他を見つけ、マーケイターの様な技法で、再びはっきりと南極大陸を描写していました:

3hadji_ahmed_map

1559年のハジ・アフメッド地図

この全ては、ハプグッドが気付いた様に、この様な地図、特にピリ・レイス地図に出くわした者達の幾人かが、氷の下にあるはずの、トルコの海軍将の地図の海岸線の部分が、それにも拘らず多かれ少なかれ、正確に描写されているのは、「氷が現れる以前に」測量されたからであるはずと、憶測する事に繋がりました。

2. Medieval Portolans
中世のポートラン

そ の問題はその後、更にもっと深刻になりました。時代錯誤的に場違いな正確性を体現する様な、古い地図のための彼の探求において、ハプグッドは直ぐに、 1339年に、アンジェリーノ・ドゥルサートによって産出されたドゥルサート・ポートラノを発見し、十分に興味深い事に、その人物は恐らく、ヴェニスの大 いなるライバルで、ビザンチン帝国とのそれ自体の貿易特権を持っていた、北部イタリアのもう一つの商業都市国家であった、ジェノアで訓練されました。とて も薄れてはいますが、ドゥルサート・ポートラノを一目見れば、直ぐにその問題が見えます:

4_Angelino_Dulcert_cropped

1339年のドゥルサート・ポートラノ

見るのが難しい間、ヨーロッパ、小アジア、そして北アフリカの輪郭は、薄いけれど、上の写真から、見る事ができ、問いを浮き上がらさせます:何故、この地図はそれ程に正確で、そしてこの正確性は何処から来たのでしょう?どうやってこの知識は中世とルネッサンスのヨーロッパに現れ、ヨーロッパの人々に知られていなかったもう一つの世界(アメリカ大陸)が存在すると証明する航海に拍車をかけたのでしょう?

3. Maps from High Antiquity
遥か大昔からの地図

ヴェニスがもう一度再び登場し、(首都)ビザンチウムを通して流れている、遠くの東(中東)との貿易における、ヴェニスとジェノアの大いなる貿易の、ライバル関係を象徴する全てが登場します。

第二章の中で記述された様に、北部イタリアにおけるヘルメティカ(神秘主義)の突然の現れは、フェラーラ・フローレンスの評議会に続き、それは、私達がまた観測した様に、フローレンスのメディチ家によって部分的で、金融的にスポンサーされました。其処で私達は、その評議会へのギリシャ代表の中の、ビザンチンの人文主義者、ベッサリオンとプレソンの存在が、コンスタンティノープルの東ローマ帝国の帝国的な記録の保管所から、唯一来る事の出来る、失われた知識を探し求めていた、フローレンスの商人達との、接触点では無かったかと、推理しました。私達は故に、この接触が、この時代に、地球の明らかに隠された地図製作法の知識が突如現れた一つのルートだと推理しました。

で すがまた、第三章で記述された様に、ヴェニスとそのライバルであるジェノアの、東ローマ、またはビザンチン帝国との接触は、フローレンスの評議会の約2世 紀前で、ビザンチウム内での無課税と共に、ヴェニスとジェノアは実質的に、その港を独占していました。ヴェニスによる第四聖戦の後のラテン帝国の確立は、 ヴェニスに帝国記録管理所へのアクセスを与え、そして故に、それらからピリ・レイスが彼の地図を製作したチャート手本へのアクセスを得ました。同様に、ヴェネチア人とジェノア人のライバル関係の期間に、ジェノアもビザンチウムへのアクセスを有した事は、彼等に同等のアクセスを与えました。疑問は、ヴェニスが何故、この知識にアクセスして利用しなかったのかと言う事です。

私達が第三章で見た様に、その疑問は、世界地図を見る事で、簡単に答えられます。ヴェニスが大西洋に出られないの は、地理的な問題だけでは無く、スペイン(i.e. ジブラルタル海峡)において戦争していたモーアー(ムスリム/イスラム)とキャスティリア人達のためでした。ヴェニスは、言い換えると、もしこの地図製作 法の知識へのアクセスを持っていたとしても、それを使用する事が出来ず、その他の誰かによってそれが使われない様に、その知識を隠蔽せねばならず、そうしなければ遠い東との貿易において、戦略的に優位な位置にある地位と、その金融と商業の帝国が脅かされてしまうためです。

まだ残る問いは、ピリ・レイス地図の手本のようなものが実際に存在していたかと言う事です。もしそうならば、すると、ヴェネチア人による隠蔽の可能性は高く成ります。中世のポートラノが存在していたのは、私達は既に見ましたが、ハプグッドがコメントした様に、これ等はより古い手本から描写された様に現れます:

「・・・その代表的な学者の一人は、そのチャートが中世に起源するとは信じませんでした。これらのチャートの大いなるアトラス(図鑑)を収集した A. E. Nordenskiöld は・・・そしてまたそれらの歴史についての小論を書き・・・、それらが太古の時代からの起源でなければならない幾つかの理由を 上げました。まず第一に、ドュルサート・ポートラノやそれに似たその他全ては、中世の船乗り達に描かれたとしては、とても正確過ぎると、彼は指摘しまし た。次に、その後に続くチャートは何の発達もしないと言う奇妙な事実があります。14世紀初めに起因するこれらは、16世紀からのものと同等の質です。あたかも14世紀初頭に誰かが、驚く程、良質なチャートを発見し、その後の200年間に、誰もそれ以上に改善出来なかったかのようです。更に加えて、Nordenskiöld は、その様な手本のチャートは唯一一つしか無く、続く数世紀に描かれた全てのポートラノは、その元祖からのコピーで  - 複写または複写の複写であるという - 証拠を見つけました。彼はこの知られていない元祖を、「ノーマル・ポートラノ」と呼び、ポートラノは、集合 体として、その元祖からコピーされた、少々独創性の無い模写であると証明しました。彼はこう述べました:「いずれにしても、その測量が見せるのは(1)地 中海と黒海の輪郭に関して、ポートラノの全ては、その元祖から、殆ど変えられていないコピーで;(2)全てのポートラノの上で距離の同じスケールが使用されています。」」

Nordenskiöld は、これ等の測量は、カルタゴフェニキアの源泉から派生したと信じたと、ハプグッドは記述します。

で すがこれで全てではありません。 Nordenskiöld はまた、その地図が1400年代に初めて西洋ヨーロッパで紹介された、最も有名な古代の地理学者、プトレミー(プトレマイオス)の地図と、最も有名である 中世のポートラノ、ドュルサート・ポートラノを比較しました。Nordenskiöld の2つの比較がはっきりと見せる様に、明らかに、中世の地図の方が、より詳細に正確でした:

この比較が示唆する事を明言するのにハプグッドは言葉を濁しません:

「こ れが何を意味するのか、私達は、一旦立ち止まって、考えてみましょう。プトレミーは古代の世界の最も有名な地理学者でした。彼は西暦2世紀に、アレクサン ドリアの、古代の世界で最高峰の図書館で働きました。彼の一声で、この世界の、全ての蓄積された地理的な情報を得る事が出来ました。彼は数学に精通してい ました。彼は、彼の大いなる研究ジオグラフィアの中で・・・近代的で科学的な精神性を有している事を見せます。この知識を一つも持たない14世紀の中世の水夫達が、初歩的なコンパス以外に近代的な道具を一つも持たず - そして数学無しで - より科学的な産物を産出出来ると、軽く推測していいものでしょうか?

Nordenskiöld は、プトレミーによって体現されたものよりも、より優れた地理学的な伝統が、大昔にあったと感じました。「ノーマル・ポートラノ(原型)」は当時、 水夫達や航海士達によって使用されたと彼は考え、その様な地図は古典的な著者達の誰によっても記録されていないと言う反論に、ポートラノが使用されていた 中世において、それらは学生達や学者達によって、決して言及されなかったと指摘する事で答えました。古代と中世の両方において、学術的な地図の製作者と、 実技的な航海士は、対極的に離れていた様です。」

此処でハプグッドが本当に示唆している事を慎重に注意して欲しいのは、もし中世の航海士 達が、未熟な数学的技術と、そして更により未熟な航海的な道具しか持っていなかったのなら、すると、ドュルサート・ポートラノに代表される中世のポートラ ノは、プトレミーと有名なアレクサンドリアの図書館よりもさらに古く、大昔から手渡しされて来た、何らかの秘密の知識の、隠された伝統を現していなければなりません。

し かしながら、その様な観念を提案する、更なる証拠はあるでしょうか?実際にあるのですが、それは伝えるためには少々複雑です。ハプグッドと彼の学生たち が、ピリ・レイス地図の位置の緯度と経度を、実際の位置の近代の計算と相関させた時、彼等はピリ・レイス地図が、約4.5%ずれているのを発見しました。 ピリ・レイス地図におけるこのエラーの源泉は、エラストセネスの地球の円周の計算から来ている様に現れました。ピリ・レイス地図がこの修正と共に描き直さ れると、驚くべき事が結果し、深遠な暗示をもつものでした:

「私達はこれが、それらが殆ど消滅するまで、経度的なエラーを減少させる事に結果するのを見つけました。

これは驚きの発展でした。それが唯一意味出来るのは、アレクサンドリアのギリシャ人達は、エラストセネスの円周を使って彼等の世界地図を準備した時に、彼等の前にエラストセネスの円周のエラーの無い地図を持っていて、つまり、明らかに認識可能なエラーが全く無いもので・・・示唆しているのは、その地図が起源した人々は、古代ギリシャ人達よりも、より先進的な科学を持っていたと言う事です。」

言い換えると、中世のポートラノ、そして実にピリ・レイス海軍将の地図の背後には、より太古で、そして隠された知識の伝統があると言う事です。

ハプグッドは、曖昧な言葉を使わずに、これ等が示唆する事をまとめます:

「まとめとして、すると、ピリ・レイスの地図のこの部分が示唆するのは、地球のカーブに調整された、ある種の三角法的なプロジェクションで、元々、多分、描かれた地図に基づいた、アフリカ、ヨーロッパ、そして大西洋の島々の源泉的な地図を持っていた事です。他に選択肢が無いので、私達はその地図のこの部分の起源を - ルネッサンスまたは中世の地図製作者では無く、そして経度に関してはその他の者達と同様に知らなかったアラブ人達でも無く、そしてギリシャ人達でも無く、古代ギリシャ時代以前の人々に帰属させなければなりません。プロジェクションの三角法(または、むしろ、地球のサイズについてのその情報)は、アレクサンドリアの地図製作者を示唆しますが、経度の明らかな知識は、私達によって知られていない人々を示唆し、古代ギリシャ人が夢にさえ見れなかった経度を見つける道具を持つ海洋民族で、そして、私達が知る限り、フェニキア人達もまた持っていませんでした。」

その他の場所でハプグッドは、更にもっとはっきりと、大昔からの、失われた文化と知識の明らかな示唆を、指摘します:

「浮き上がってくる様に見える構図は、故に、ルネッサンスの航海士と地図製作者、中世のあらゆる時代、アラブの地理学者、または太古の知られている地理学者の能力を、遥かにしのぐ、科学的達成のものです。そ れは、フェニキア人またはミノア人の様な人々を通して以外は、殆ど私達に伝えられなかった様に現れる、地図製作法の伝統の生き残りを実証している様に現 れ、その大いなる海洋民族は、古代ギリシャ人達より長く以前の者達ですが、彼等(ギリシャ人)に彼等の海洋の話しを渡した様です。

円を分 割するこの方法は近代のものでは無く;それは人に知られている最も古い、円を分割する方法です。更に加えて、それ(分割)が10進法を含むので、それ自体 がどうして南極の太古の源泉の地図に、フェニキア人もバビロニア人も存在する以前に、オロンテウス・フィナエウスが南極点と考えましたが、私達が80番目 の平行線かも知れないと見せた円をその(地図の)上につけたかを説明します。これから示唆されるのは、360度の円と12の風のシステム (twelve-wind system?)は、バビオニア人が現れる前に、そしてタイアーとシドン(の町)がフェニキア人によって造られる遥か以前に、太古であったと言う事です。 バビロニアの科学は故に、恐らく、もっと古い文化からの遺産なのでしょう。

つまり、ピリ・レイス地図が体現するのは - ハプグッドが記述する様に - エジプトのアレクサンドリアから系統する、隠された、太古の伝統の生き残りです。これは今、東への貿易ルートの北部イタリアの都市国家による独占、特にヴェネチアによる独占の背骨を破壊した有名な航海の思考へと、私達をもたらします。それが私達にもたらすのは・・・

PART THREE

EPILOGUE IS PROLOGUE: THE ANNUITARY ASPS OF AMSTERDAM, THE COLLATERALIZED COBRAS OF THE CITY OF LONDON, AND THE MOVE NORTHWARD
11.THE TRANSFERENCE NORTHWARD TO GERMANY AND HOLLAND

APPENDIX: THE MISSING DOCUMENTS OF BRUNO’S TRIAL: NAPOLEON BONAPARTE, POPE PIUX IX (GIOVANNI CARDINAL MASTAI-FERRETTI), AND THE IMPLICATIONS
A.Bonaparte and the Masons
B.Giovanni Cardinal Mastai-Ferretti (Pope Pius IX)
1.Brief Notes
2.The Permanent Instruction of the Alta Vendita Lodge
3.José Maria Cardinal Caro y Rodgriguez, Cardinal Archbishop of Santiago
4.A Sidelight from the Bavarian Illuminati
5.Fr. Malachi Martin on “The Bargain”

BIBLIOGRAPHY

Ebook download:
http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrell

The Cosmic War 12 – 17

理性は、神に対する一つの反乱では無く2度の反乱があった事を示唆し(そして私は事実がこれを証明すると信じますが):その一つは、地球の形成の、創世記の説明以前に起こったもので、そしてもう一つは人類の墜落/堕落の原因に成ったものです。
- スティーヴン・クエイル

その宇宙的な戦争の年代的な枠組みは、この研究を通して言及されて来ましたが、今は、その戦争への参加者達だけでは無く、その段階と位置の新たな手掛かりに連結して、それを更に探求する時です。その行程の中で、この本の次の部分において、外的な確認の証拠のための探求を導くであろう「手掛かりのカタログ」が収集されます。

創始的な反乱と戦争:シュメール、エドフ、そして創世記の「ギャップ」理論

私達が前述の章の中で見た様に、エジプトからのエドフ文献において言及され、そしてメソポタミアからのエヌマ・エリシュとその他の文献の中で言及された、2つの「創始的な反乱と戦争」があります。此処で検証されなければならない、その世界(i.e.中東)からの3番目の主要な伝統があり、それがその歴史を通して、メソポタミアとエジプトの間を移動するためで、そしてそれは、旧約聖書とその他の記述のヘブライの伝統です。

旧約聖書/新約聖書:

ですが、この神話-文化的なマトリックス(母体)の中の移動は、それが何であるかのために殆ど評価されておらず、:それはその宇宙的な戦争の広いテーマの種類/変化です。その題材は、勿論、ルシファーの墜落/脱落です。残念な事に、しかしながら、「信者達」と「懐疑者達」の両方が、(キリスト教会の)基本的な「日曜学校」版においてでしかこれを理解しておらず、そして故にその大まかな概要しか知らず、これ等の2つの対極のいずれも、このより広い神話的で、文化的なコンテキスト(文脈)に対して、その天使的な反乱と戦争を見解する傾向があり、それらの人の幾らかは、誤って信じられた「神学」的な理由のために、強く反発します。そうであっても、しかしながら、ルシファーの墜落は、パンテオン(万神殿)における、創始的な反乱と戦争のアイデアの3番目の協力証言を供給するので、検証する事が重要です。

この出来事は、通常、創造の「ギャップ(隙間)」理論と呼ばれるもう一つの論説と連結して検証されるのが最良で、この理論において、ルシファーの墜落が、人類創造の以前に起こったと理解されるためです。人類の創造以前の、地球上に存在した文明の可能性へのヒントは、ジャーマイア(エレミア)4:23-26に見つけられます:

23 私は地上/地球を見て、そして見よ、それには形状は無く、そして空っぽで;そして天界には、光が無かった。

24 私はその山々を見て、そして見よ、それらは震え、そして全ての丘は軽く動いた。

25 私は見て、そして見よ、(其処には)人はおらず、そして天界の全ての鳥達は、飛び去っていた。

26 私は見て、そして見よ、その豊な場所は荒野と成り、そして其処にあった全ての街々は、その主の現れと、彼の強烈な怒りによって、破壊された。

この文章が状況を描写するために「形状が無く、そして空っぽ」と言う同じフレーズ(言い回し)を使用する事実は、関わっている時間の枠組みが、創世記1:1を描写するものだと示唆します。ですが、スティーヴン・クエイルが指摘する様に、頭の中にあるのは、多かれ少なかれ創世記1:1の時間の枠組みですが、存在している文明があると言う3つの指標があります:

・鳥達は存在していました。これが示唆するのは、創造以前の創造(i.e.人類の創造以前の創造)は、今日と類似した要素を有していた事で・・・

・アダム以前の土地は、「豊か」で、そして故に豊富な食物を供給した、植物が存在しました。

・アダムに前行する太古の街々があり、それらは神の激怒によって「破壊されました」。

言葉を変えると、旧約聖書自体が、地球上における、人間以前の、前代の文明のアイデアを強く示唆します。加えて、それは、その崩壊の理由が何らかの戦争であった事を強くヒントします。

ですが創世記自体はどうでしょう?

創世記1:1の通常の翻訳は常に、「その始まりにおいて、神は天界と地上(天地)を創造しました、」です。ですが数多くの学者達が疲れ知らずに指摘する様に、ヘブライ語の動詞のシステムと、その文法のその他の特徴は、「神が天界と地上を創造した時」と言う翻訳もまた許し、そしてその後、第2行が直ぐに続き、「その地上には形状も無く、空っぽで・・・」等々と続きます。その行を翻訳するこの方法において、そして上に引用されたジャーマイアからの文章と共に連結された見解は、幾らかの神学者達とコメンテイター達の「ギャップ」理論に繋がりました。この論説は、神による元々の創造があり、ルシファーとその仲間達が、その後墜落し、そしてこの元々の創造を腐敗させたと主張します。その論説の幾つかのヴァージョンにおいて、ルシファーと彼の仲間達は、元々の創造の殆ど直後に墜落し、その見解はエドフ文献の創始的な墜落の概念、神によって認識可能な世界へと、変格的なエーテルが形成されている際の墜落と争いに協力証言します。

何であれ、そのギャップ理論は、この天使的な墜落の後、ルシファーと彼の堕天使達と、大天使ミカエル(マイケル)と天界的な仲間達との間の戦争が起こり、創造自体に大混乱を起こしたと主張します。故に、「第2の創造」が神によってもたらされ、今度は無からでは無く、むしろ、言う成れば、その戦争によって原因された、ダメージの修復です。シュメールの伝統の様に、この戦争は、ルシファーと彼の仲間達を、空から地上へと墜落させさえします。

著者、スティーヴン・クエイルは、火星上とその他の場所に対して、そして大災害主義と言った双子の背景に対して、この論説を解釈します:

「太古の地球がどう正確に、「形状が無く、そして空っぽ」に成ったのかを断定するのは難しいです。ですがそれを行ったであろう、幾つかの出来事が起こった様に現れ、そして故に、地上を綺麗に一掃するために、神によって利用されたのかもしれません。興味深い事に、これ等の両方は、膨大な量のsort(soot/すすのスペルミス?)と灰をまき散らす効能があり、それによって、「地上の暗闇」によって示唆される様に、惑星から光を遮りました。」

その手法(原因)は、勿論、

「最も可能性のある容疑者(原因)は・・・一つ、または複数の彗星です・・・」

火星とその他の惑星は、それらの地表に大規模な隕石による爆撃の証拠を見せます。

見られて来た様に、しかしながら、スカラー兵器の科学技術もまた間違いなく、天候を操作する事、太陽の光を遮る事、そしてプラズマを原因し - その他の天界的な体(天体)の上に、爆発によって派生させられたクレーターを造る事が可能です。何であれ、スティーヴン・クエイルが指摘する様に、「火星とその他の惑星、それらと同時に木星と土星の惑星サイズの月がまた、この破壊を実証するので、人はこれらの世界(惑星)と月が、天使達、または宇宙飛行する巨人達によって住まわれていたと推測するかも知れません。」

その狭い聖書的な応用における、クエイルの解釈を、人が受け入れるか否かは別にして、シュメールとエドフの文献との連結において、私達が検証したメソポタミアとエジプトの広いコンテキストに当てはまるのは明らかで、そしてそのコンテキストにおいて、その聖書的な「天界における戦争」は、これ等の文献が描写する、万神殿における大規模で宇宙的な戦争の、もう一つのヴァージョンの様に現れます。

年代的な概要が浮上する

ヴァン・フランダースの複数の爆発した惑星の論説、シュメールのエヌマ・エリシュ、そしてエドフ文献と共に、これ等の観測をまとめると、「創始的な反乱」が、元々の創造の直後と、65,000,000年前の隕石ベルトにおける大きな惑星の爆発の間の何処かで起こり、ほぼ同時期に起こった大規模な大災害の結果的な証拠を、地質学的なK/T 地層の存在として、人は有します(i.e.恐竜の絶滅)。

この後に、そのダメージを修復する「2番目の創造」が起こります。注目する事が重要なのは、「ギャップ理論」とエドフの構造物の文献の両方がロスタウ(ギザの地下トンネル)における第2の「島」の創造への強調と共に、両方が、多かれ少なかれ、出来事の同じ順番を主張する事です。

これに続き、火星、地球、そして恐らく月面上に、文明が存在している様に現れる期間があり、そしてその後、ヴァン・フランダースによると、約3,200,000年前に、第2の、より小規模な惑星的な爆発が起こりました。この出来事は、(読者は)思い出すでしょうが、地球上にその出来事の地学的な証拠を十分に残さなかったので、ヴァン・フランダースに、彼の元々の論説を修正させ、その爆発が、もっと小規模な天体のものであったと提案させました。ですが思い出される様に、この出来事のための、K/T 地層の様な証拠の、比較的な欠落の説明のために、このより最近の出来事は、爆発した惑星と、地球がお互いから最も離れた位置にあった時に起こった可能性を、私が提案した事です。この場合において、地球がその後、この爆発の「残骸」のフィールド(場)を通って移動したために、地学的なデータに記録されたその様なダメージは、よりランダム(非一貫的)で散在する本質です。

爆発させられた惑星

観測されるべきもう一つの点は、グレート・ピラミッドに残っている石灰岩の中にあった、約5,000,000年前に年代鑑定される、小さな化石の存在です。これが示唆する傾向があるのは、65,000,000年前の出来事に間に合う様にそれが建てられた可能性はとても小さいにしても、3,200,000年前の出来事に間に合う様に建てられた可能性がわずかながらにもあると言う事です。しかしながら、ピラミッドに関するその他の殆どの年代的なデータは、それらがその構造は、たった数千年の古さで、そして恐らく、紀元前10,500年前における大洪水の出来事よりも、知られていない数の年数以前であると示唆するので、この可能性を確実に除外します。

この第2の惑星的な爆発のしばらく後に、約10,500年から15,000年前に、私達は第3の出来事、「大洪水の出来事」の可能性を有します。

以前にも記述された様に、知性的な生命体の故郷だったかも知れない、大規模な水を有する、土星サイズの惑星的な質量の爆発には、2つの可能な確認があり:(1)その様な生命体は、人間の基準と比較すると、とても大きく、または「巨人的な」体格で;(2)その様な大きさの、水を有する惑星の爆発は、その最も近隣のご近所、火星を衝撃し、その水と残骸の衝撃波は、爆発した惑星に面していた火星の半球を洗い流し、そしてその反対の半球を、正に惑星規模の大洪水で氾濫させたであろうと言う事です。この衝撃波は、消散された形状で地球にも届き、類似した惑星的で大規模なダメージの原因に成ったでしょう。

何であれ、ヴァン・フランダースの複数の爆発した惑星の論説の背景に対して、この光の下で文献を見解すると、その宇宙的な戦争について、一つの事実に焦点を当て、もし人が惑星的な爆発の両方を、その戦争に帰属させるなら、その戦争は、宇宙におけるその規模においてだけで無く、時間におけるその期間においても、宇宙的だったと言う事です。

このシナリオは、以下に続く、協力的な証拠の種を示唆します:

1.火星と、そして木星と土星の月上の、異例な特徴の存在は、以前の章における文献の検証の中で、その戦争と、そしてその結果的な破壊において、それらの惑星の関わりを示唆するので、人工的な起源を暗示し;

2.地球の月上の異例な特徴の存在は、同様な人工的な起源を示唆し;

3.加えて、これ等の特徴は、もしそれらの人工的な本質が確立されれば、順を追って、共通の文化的な起源と科学技術を示唆し、i.e.姿/形において類似するはずで

4.メソポタミアと聖書的な伝統の提案に続き、「神々」と人間の結合のキメラ(半人半獣)的、巨人的な子孫達の証拠があるはずで、その点は、第4章において既に探求され;

5.人間の起源の基準的な通説よりも以前の、人類の古さの証拠があるはずで、そして/または、遥かに太古の地球上の、知性的な生命体の存在の証拠があるはずで;

6.惑星規模のダメージを起こし、そして一つの惑星を丸ごと破壊出来る、兵器化する事が出来る物理学の存在の証拠があるはずで、その点も既に論議され、そして最後に、

7.上記の惑星の表面上の意図的な破壊の証拠、最小限でも、それらの惑星上の破壊の異例なパターンの証拠があるはずです。

このリストは、もし人が、3,200,000年前(65,000,000年前の勘違い?)の出来事を主要な出来事として基づかれたそのシナリオの、オルタナティヴな年代を選択したとしても、さほど変化しません。もし、しかしながら、人が、元々、ヴァン・フランダースが提案した様に、3,200,000年前の出来事が主要な出来事で、地上からのK/T 地層の様な層の欠落は、単純に、その爆発からの地球の距離によるものとする、私の提案を選択するなら、すると上記の年代表は、それに沿って修正されます。この場合、天体的なメカニクスが、もっと更にありえそうに無く成る間、そのシナリオは神話的な文献によって提案された年代に一致する様で、それら(神話)はそれらの出来事への、人間の観測者達を常に示唆し、そして基準的な通説によると、早期の人類が現れ始めたのも、この時間の枠組みの中においてです。

どちらの方法で、人が年代的な問題を見解するにしても、しかしながら、一つの事が今、十分に鮮明であるはずで、それはつまり、宇宙的な戦争の太古の伝統と、複数の爆発した惑星の論説の示唆が、この協力証言の証拠の一括りが構築される事を許す、十分な正確性で一つにあてはめられると言う事です。宇宙的な戦争の論説の可能性は、協力証言的な証拠の、上記された7つの条件がそれぞれ満たされる度に、増大していくでしょう。

ですが一つの深刻な問題が残ります。

天使達とプラズマ生命体?

この深刻な問いは、メソポタミア、エジプト(エドフ)、そして聖書的な伝統において見つけられる、「神々」は「スピリット(霊)」で、i.e.その本質において、非肉体的で、非物質的であると言う、鮮明な示唆です。それらは、端的に、私達が今までに論議した、人間型の「巨人達」、ネフィリム、そして人間達自体とは、大きく異なる知的な生命体です。そして、私がその他の場所で観測した様に、これらの「神々」は、人間達と婚姻し、彼女達からキメラ(半人半獣)的な子供達を得たとする、メソポタミアと聖書的な伝統における事実によって、その問題は混ぜ合わされ(複雑化され)ます。

伝統的に、キリスト教の神学は、天使達、そして暗示によってデーモン(悪霊)達は、「光」の存在であり、そして故に、空間と時間の、通常の制限によって抑制されて無いとします。それらは、言うなれば、肉体的、物質的、そして地域的に、彼等自身を現せさせるために、十分な期間「(振動率を?)減速」させる事の出来る「次元超越」的なある種で、そして故に、恐らく人間の子供を授かる事が出来るのでしょう。この取り組み方の全体は、神学的な物理学と、オルタナティヴな生命体の形状のための示唆の、その深遠な特徴が実際に全く気付かれ無いまま、「針の先の上に、どれだけ多くの天使達がフィットさせる事が出来る?」と言う論議として、一般的な想像力において、頻繁に皮肉的な方法で描写されます。

ですが、より以前の時代の神学的な推論は、それ程簡単に否定出来ないかも知れません。実際にそれらは、プラズマ物理学のコミュニティーからの、少々奇妙な協力証言を得て、著名な量子とプラズマの物理学者、デーヴィッド・ボーンが以前に、プラズマにおけるエレクトロン(電子)の振る舞いは、人が通常、生命体と関連させる、プラズマにおける自己-組織化の一種をそれらが見せたので、それらはある意味、生きていると言う印象を、彼に与えたと注目したためです。更に最近に成って、プラズマと生命体の間の、より示唆的な関連性が、成長し、複製し、そしてお互いと情報を交換出来るプラズマを創造する事の出来た物理学者達によって、実証された様に現れます。これは、多くの人達が、生命の存在の必要条件として挙げる、4つの主要な条件の内の3つを満たします。プラズマと通常の生命体の間の主要な違いは、通常の生命体は、親から子へ受け継がれた物質(遺伝)の存在を必要とする点です。これは、天使達は、婚姻もしなければ、結婚において与えられ無いと言う、新約聖書の中のキリストの明言を、不気味に思い起こさせます。プラズマは、恐らく、もう一つのプラズマに殆ど完全に、情報を交換する、または印影出来ると推測する事は許されるでしょう。示唆によって、これは、それらがより有機的に基づいた生命体との、あらゆるインターフェース(仲介)においてそう出来る様にさせるのでしょう。「墜落した天使的な「プラズマ」」の邪悪な意図の場合、これは邪悪に向かう習慣的な傾向に、それ自体を現し、その文献において、パンテオン(万神殿)における宇宙的な戦争と共の、それら(邪悪)の一貫的で継続的な、運命のタブレットの、印象付けられた邪悪の流動性(悪影響)に関する、私達の推理を思い出させます。

更なる種々多様な手掛かり:

蛇の神々と龍の人々

ルシファーは、勿論、ユダヤ-キリスト教の伝統において、通常、創世記第3章の、人間の墜落/転落の説明における蛇として言及されます。全ての生き物の中で「最も賢明」で、「最も悪賢い」とされる彼の描写と同時に - もし、善と悪の知識の樹の「禁断の果実」を食べればと言う人類への、彼の約束と共に - 彼と、その他の文化の、「文明化」し、「英知」を与える神々、人類に文明の芸術と科学を教えた神々との間の平行線を、幾人もの研究家達に引かせました。マヤ-アステカの神、ケツアコアトルは、彼等に文明を教えたとされ、髭を蓄えた白人であったとされますが、また、よく知られている様に、「羽根の生えた蛇」または「翼を持つ」蛇として描写されます。エジプトの「英知の神」トートもまた、グレート・ピラミッドを建設したとされますが、トカゲ、山椒魚と関連されます。啓示の書でさえ、ルシファーを「龍」と言及し、または言い換えると、「羽根の生えた蛇」とします。

古代エジプトの神話において、飛んでいる蛇は不死の象徴であるだけで無く、それはまた、善と悪の両方の曖昧な象徴で、その弁証法/二元論は、創世記第3章の中の、善と悪の知識の樹(の果実)を食べさせる、人類への蛇の誘惑を思い出させます。驚くなかれ、それらの羽根の生えた蛇はまた、人類と共にキメラ(半人半獣)的な子孫を授かったとされます。

Dzyan の書・・・(はこう明言します):そのサーパ(サーパント=蛇)または大いなる龍は、この世界に住んだ5番目の種族でした。4番目の種族は、大洪水の前に生きた巨人達の種族でしたが、その大災害によって絶滅させられました。その書は、その蛇の神々、または龍達が、どう、大洪水の跡に再降臨して、人に文明の芸術/技術を指示した/教えたのかを記述します。それらの蛇-神々は、人の顔と龍の尻尾を有し:彼等は地上において神聖な王朝を確立しそして私達の現在の文明の先祖であると信じられる、Dzyan の書の第五の種族です。それらの神々の指導者は、「大いなる龍」と呼ばれました。」

旧約聖書の中で描写された、ネフィリムの巨人の子孫達と同様に、Dzyan の書はまた、この第5の種族の「レプティリアン-人間」の子孫が人食いであると描写します。

エジプトの芸術は頻繁に、キリスト教文化の聖者ジョージの龍の退治に全く類似した、邪悪な蛇の退治を描写します(i.e.ヤマタノオロチ/スサノオ)。

エジプトの羽根の生えた蛇のモチーフ(題材)
1wedjetser.gif

2symbols16

エジプト人達はまた、ピラミッド文献の中で「ボート」の中において、オシリスを下界/黄泉の国の中で運び、その後、星々へと運ぶ、「蛇の乗り物」を描写しました。

蛇/龍に乗るオシリス
3duat

それらの羽根の生えた、または飛んでいる蛇と龍はまた、王制自体の概念とも関連させられ、エジプトのファラオ(王兼神官)のヘッドドレス(冠)またはウレアエスにおいても現れました。同様に、古代中国の皇帝達は、「龍が、創造の時に存在し、人類と共にその世界を分かち合った」ので、「天界的な龍」からの血統を主張しました。加えて、中国において、「龍は人の発達と関連させられ」、そして「彼(人類)に本質的な芸術を教えた」とされます。実に、「最初の人間達は、太古の女神によって創造されたと信じられ・・・その彼女自身も、一部、龍で、一部、有死(人間)でした。」

ヘッドドレスの蛇
4uraeussnake

龍の宝

この解きほどかれている話の龍のもう一つの奇妙な関連性は、人が頻繁に龍達に関連させる題材で:それらの地下的な存在(e.g.洞窟の住処)で、宝と宝石の財宝の保護です。世界中からの龍の逸話におけるこのテーマはとても広く広まっているので、明らかな一つの問いを駆り立てます。

「龍の伝説において、宝石は、中心的なテーマを担います。それらは、それらの貴重な石を隠し保護する強い欲望を有しました。時には、それらの宝石の所有と保護が、その存在の全てを取り囲む目的でした。それらの「石」は、その所有者に異常なまでの力/権力を与えた、シュメールの「力のクリスタル」だったのでしょうか?」

ネフィリムとアヌンナキから「龍」または「蛇の神々」へ、そして彼等のキメラ的な子孫達へ、力の失われた石、ラピス・エグジリス(追放の石)のルシファーへ、これらの様々な伝説が関連させる、その他多くの広く広まった題材の事実を与えられると、人はためらいがちな肯定と共に、この問いに答えなければならないでしょう。

私達は今、「手掛かりのカタログ」をまとめる事が出来るでしょう。

まとめ:手掛かりのカタログ

その宇宙的な戦争を見解する、広い神話的なコンテキスト(文脈)が今、収集され、それは、第1部において検証された証拠と共に吟味されると、この戦争が文字通りで、実際で、、大災害主義者達の様々な学派が主張する様な、単なる天体間の衝突によってもたらされた、惑星的な爆発のための隠喩では無いと言う、一応の証拠を構成します。それらの中で、以下の点が強調されるべきです:

1.この戦争の広い概要は、地球-月、火星(そして示唆によって、その衛星、フォボスとデイモス)、木星とその衛星;土星とその衛星、そして今は消失していて、爆発した惑星(ティアマット)と、恐らく火星であった、その衛星、そして太陽自体を含みます。

2.これは、少なくとも、これらの世界(惑星)に基づいた文明の存在をヒントし、そして、もし人がラ・ヴィオレットのパルサー理論を見解へと取るなら、銀河系の中のその他の地域にも基づいていました。

パルサー理論

3.この文明は、検証されてる、以下に続く、神々と様々な天体との関連性によって、示唆されています:

a.火星との関連性において、蛇-爬虫類のテーマの示唆があるので、火星とその衛星と、ネルガル、そして恐らく、ラーとトート、そしてその他の英知の神々との関連性です。その戦争は、反乱のもので、そしてこれは、ネルガル、ルシファー、エンキ、(アン)ズー、そして色々な伝統からのその他との特徴と上手く一致し;

b.月とトート、そしてその他の「月の神(e.g.シン、月読みの尊、etc.)」との関連性で;

c.太陽と、ラー-マードュックと、その他の「太陽神(e.g.アポロ、アドニス、etc.)」との関連性で;

d.消失している惑星、「ティアマット」またはクリプトンと、創始的な反乱との関連性で;

象徴の統一された意図

e.土星とギリシャ神話からのクロノスとの関連性で、故にタイタン達、または巨人達に対する戦争で;

f.デ・サンティラーナとヴォン・デチンドによって観測された、土星と火星の親密な関連性で;

g.幾つかのヴァージョンにおける、木星とマードュックとの関係です。

4.第1部の中で記述された様に、シドニア(サイドニア)の「顔」の最近の写真は、その物体の(探査衛星)ヴァイキングの写真と連結して、リチャード・ホーグランドによって最初に提案された様に、スフィンクスの様な2重性的な要素を示す事が出来るだけで無く、それらの特徴を、より更に示唆する様です。(上記において)見られた様に、その要素は、(エジプトの)ファラオのウラエウス(被り物)の蛇のモチーフ(題材)を思い出させ、そしてシュメールの文献からの「権力の石」と、ユダヤ-キリスト教の伝統における、ルシファーの冠/額に関連される「追放の石」に一貫的な、火星の顔の「ヘッドドレス」における「宝石」または「蛇の様な」特長と共に、人間の様な顔を描写します。

ファラオのヘッドドレス
4uraeussnake

この関係の座標/配置の結果として、私達は、その戦争が、少なくとも、この太古の文明の以下の部分/地域の間で行われた様に現れると観測出来るかも知れません:一方で、火星と、消失している惑星、「ティアマット」、またはクリプトン、そして恐らく、地球と月の幾つかのエリアで;そしてもう一方で、木星、土星、それらの衛星、太陽、そして地球と月のその他の部分です。地球と月は、故に、2つの派閥の分岐点の様に現れ、そして恐らく、それらの間の争いの一つの要点で、そして恐らく中心点です。

このシナリオの解読から、すると、「大洪水」自体が「象徴の統一された意図」の一つの例の様に現れ、その様な惑星規模-そして地域的な規模の洪水の数多くが見られるためで:(1)「ティアマット-クリプトン」の爆発から結果した、火星上の大洪水で、そしてその衝撃波が更に移動すると、地球に同様な被害をもたらし;(2)その後、地域的な洪水が、地球上で周期的に起こりました。同じ事が特に、シュメールと聖書的な文献において見つけられる「ノア」の題材に応用されます。しかしながら、その2つの間の興味深い違いが注目されるべきです。

聖書的なノアの逸話と、シュメールの洪水のエピックと、その主人公達、ウトナピシュティムとギルガメッシュの間の明らかな類似性は、聖書的な学者達とシュメール学者達によって、頻繁に指摘されます。ですがそれらの2つの逸話が、異なった洪水に言及しているかも知れないと示唆する重要な違いがあります:そのシュメールの説明は明らかに、その主人公達が、地球全体を、その上の宇宙の地点から観測出来ると言う言及を含み、そして故に、これは、宇宙飛行の科学技術を示唆します。故に、そのシュメールの説明は、突然の惑星規模の洪水によって衝撃された地球以外の惑星に関わる、「ノア」の逸話に言及しているのかも知れません。その最も好条件の対象は、勿論、火星です。聖書的な説明は、対照的に、地球自体に特定的に設定されています。その説明に類似性が存在する間、故に、それらが別々の出来事に言及し、または恐らく、同じ出来事のための地球に基づいた言及の枠組みから異なった、宇宙/火星に基づいた言及の枠組みであると言うのが、私の信じる処です。人はまた、この場合、再び象徴の統一された意図の前にあるのかも知れません。どちらにしても、もし人が、惑星規模で戦争を戦い、破壊をもたらすのに十分な物理学を有する、この間惑星的な本質の、先進的な太古の社会を仮定するなら、人はまた、それらの同じ文献によって示唆された、遺伝子的な操作をするのに十分に発達した文明もまた、仮定するでしょう。この光の下で、その「アーク」は、動物の成体が詰められたボートと言うよりむしろ、遺伝子のサンプルの入れ物の様に現れます。

これ等のアイデアを頭に入れ、私達は今、私達の注意をそれらの惑星自体に向け、それらがその昔、今は失われた、先進的な文明の故郷で、そしてとても太古で、宇宙的な戦争の戦場であったかも知れないと言う、実証的な手掛かりを探求しましょう。

第3部:

「クリモーとトンプソンの中心的な提案は、過去、2世紀を超えて学者達によって慎重に造られた、人類の先史のモデルは、悲しい事に、そして全く間違っていると言う事です。加えて、その著者達は、小規模な書き換えと修正でそれを正せるとは提案していません。何が必要なのかと言うと、現存しているモデルが窓の外に放り出され、そして私達が完全に先入観を抜きにして、オープン・マインドと共に、再び一からやり直す事です。」
- グラハム・ハンコック、マイケル A. クリモーとリチャード L. トンプソンの人類種族の隠された歴史への推薦文、xiii.ページより。

マイケル・クリモーの禁じられた考古学

謎めいた月

「地球は一つの衛星を有するだけで無く、それは巨大な衛星で、その直径において、2,160マイルです。驚きです。」
- アイザック・アシモフ

「月は、私に頭痛を与える、唯一のものです。」
- サー・アイザック・ニュートン

太古の伝統によって示唆された宇宙的な戦争のシナリオを協力証言させるために、それが起こったとされる、またはそれに関連しているとされる、惑星的なシステムを、協力証言する証拠のために、検証する事が必要です。この証拠は、必然的に、それを構築した文明を示唆する、人工的で知性的な起源の遺物でなければなりません。加えて、この証拠はまた、必然的に、戦争に関連したある種の破壊、そしてそれらの文献が示唆する様に、ある種のスカラー兵器、プラズマ兵器、そして核兵器を示唆しなければなりません。

此処における私達の注目は、勿論、月です。多くの人達は、彼等が未確認飛行物体を一度も見た事が無いと明言します。ですが、私達が見る様に、私達の頭の上の空における、最も説明されていない「空飛ぶ物体」の一つは、正に月です。それは、ある意味、最大で、最も明らかな空飛ぶ円盤で、そして同じ要領で、それは故にまた、「通常の科学(通説)」とそれが派生させる様々な説明とモデルの(学術)体型の仮定への、最もあからさまな挑戦で、もし、それらの正に同じ体系とモデルの立ち位置から見解されると、月についての殆ど全てが意味を成さない(一般物理学では、説明不可能だ)からです。私達の集中は、データの5つの主要な部分の上です:(1)それ(月)は、どうやって其処に来たのでしょう?(2)LTP(Lunar Transient Phenomena)、または月の一過性の現象、(3)破片、尖(cuspids)、そして塔に対する「止めど無い隕石的な爆撃」、(4)月の「ベルの様にこだまする能力」とその示唆、そして最後に(5)意図的な破壊の奇妙な可能性です。

それはどうやって其処に来たのでしょう?

月が体現する最も明らかな難しさは、単純にその存在で、どう考えようともそれは、地球の様な小さな惑星にとって、単に巨大過ぎるためです。これは、その起源を説明するための様々なモデルを派生させ、それらは2種の大まかな論説へとまとめられ:「惑星的な融合(衝突)」のモデルと、「捕縛」のモデルです。

それ(月)は、どうやって其処に来たのでしょう?

惑星的な融合のモデル

(NASAの)アポロ計画の時代以前に好まれた論説の一つは、惑星の形成の初期の段階において、月と地球が「融合された」または分離させられたと言う事で、それにおいて月は、現在、太平洋である窪み(海盆)から派生し、現在のその軌道の中へと落ち着いたとされます。これは、天体的なメカニクスの、膨大な難しさを必要とし、それは唯単純に、多すぎる偶然を山積みにします(i.e.物理学では説明出来ません。)例えば、月は地球の周りの、殆ど完璧な円の軌道において存在し、その軌道で、加えて、月は地球と同様に、それ自体の地軸の周りを自転しているのに、月面の約60%だけを - 同じ側/面だけを - 地球から観測可能に許します。更に加えて、月は、完全な日食を許す、地球からの正確な位置において存在します(i.e.丁度正確に太陽と重なる)。「融合」のモデルは、加えて、地球の周りの月の軌道的なメカニクスが、それが円であるよりもむしろ、更に楕円であるべき事を必然とします。

ですがそれには最終的な問題があり、最初のアポロ計画の月面着陸の後に、私達の天界的なご近所から、石を持ち帰った後に、その「融合」のモデルにとって、致命的と成りました。その融合のモデルが事実であったなら、月の石の古さは、地球自体の古さと同様でなければなりませんが、月で発見された石と土は、数十億年更に古かったのです。地球で見つけられる、最も古い石は、約37億年の古さですが、アポロ計画から持ち帰られた石は、43億から46億年の古さに時代鑑定され、その間、そのうちの一つは、53億年の古さと、年代鑑定されました。この事実が更に奇妙なのは、何故なら、元々、それらの石が月から持ち帰られた部分は、その惑星上の最も地質学的に新しい/若い部分(地域)と考えられていたためです!

捕縛のモデル

その「融合」のモデルの死と共に、科学者達はその(月の)起源のための、「捕縛」モデルを提案しました。この論説の一つのヴァージョンにおいて、地球と月は、太陽系の創始の形成的な時代において、同じ創始的な宇宙の塵から、私達の現在の二重の惑星システムへと発達したとされます。しかしながら、このモデルが事実であるためには、その2つの惑星からの石は再び、同年代でなければならず、そして此処においてアポロの月からの石は、このモデルが正解であるためには、大きすぎる年代の違いを提示します。

これは、第2の、そして現在通説的な、「捕縛」の論説が応用される事に繋がりました。この論説によると、月は、それが近づきすぎた際に、地球の重力によって囚われ、そして地球の永続的な衛星に成ったとされます。

このモデルにある問題は、再び、物理学が単純に機能しないためで、以前に記述されたメカニカル的な「偶然」の全てに加えて、更なる問題にぶつかります。これは「捕縛」自体のアイデアで、その現象は、実際に、ロシアとヨーロッパ、そしてNASA自体の、太陽系のその他の惑星への、ディープ・スペース探査衛星の発進において利用されています。もう一つの惑星の重力を上手く使い、それらの衛星は、更なる遠距離へと、「スリングショット(ゴムぱちんこ)」されるために、それらの惑星に十分に接近します。探査衛星が、惑星の重力的な引き寄せ合いの圏内に入ると、それらは加速し、故にその惑星によってスリングショットされ、それらの外向きの旅において速度を得る事が出来ます。

ですから月は、もしそれが捕縛されたのだとしたら、地球の重力的な引力圏内に入った際に加速せねばならず、そしてこれは順を追って、必然的に、延長された楕円形の軌道に繋がったはずです。ですがこれは、数千年に及ぶ観測が実証する事ではありません。月は、地球よりも古いと現れるので、その基本的な概要において、その捕縛の論説が正しいと考えるのは合理的です。しかしながら、その現在の軌道的なメカニズムを説明出来るメカニズムは知られていません。端的に、月は、現在の位置を取るために、地球の軌道(引力圏)に入った際に「ブレーキ(減速)」された様に現れます。その様な「ブレーキ」を説明するための自然的なメカニズムは知られていないので、その他の唯一の説明は、それ(月)が現在の位置に、知性的に導かれた様に現れると言う事です。それは車を平行駐車するのに類推した天体的なメカニズムです。

解りやすく言うと、月は駐車されました。そしてこれが示唆するのは、操縦者です。

この事実のカタログは、1970年代に、ソヴィエトの雑誌、スパトニクのために、2人のソヴィエトの科学者達が、月は、実際に、巨大で人工的な宇宙船であると提案する事に繋がりました。ですが月についてはその他の異例があり、米国とソヴィエト連邦の間の宇宙競争の初期の段階から明かされ、アポロの月面着陸まで通して続きました。

アポロの異例性

それ以前のソヴィエトとアメリカの探査衛星

月の異例性の最も興味深い要素の一つは、その惑星への、初期のソヴィエトとアメリカの、無人衛星の奇妙な振る舞いです。ロシア人達は、無人衛星と共に月に着いた最初で、初期の宇宙における1番の、彼等の長いリストにおけるもう一つの最初で;1959年の「接近飛行」の任務/計画においてルーナー1号は月に届き、月面から約4500マイル内まで接近しました。

これはルーナー2号によって続かれ、それは実際に人工物が、月に衝突した最初の物体でした。この探査衛星は、月面に対する衝撃から、生き残る様に設計されました。ルーナー3号と共に、しかしながら、物事は突然変化しました。

ルーナー3号は、月の遠くの側の周りを一周する最初の人工の衛星で、それはまた、月の裏側の写真を撮った最初のものでした。奇妙にも、一般大衆が知る限り、ソヴィエト連邦は、ルーナー3号の後、丸4年間、月の探索を一切止め、そしてその衛星の写真は厳密に秘密に保たれました。

その間、米国は、月に行く事において遅れを取り、そしてその初期の衛星は、あまり成功的ではありませんでした。1962年に発射されたレンジャー3号は、完全に月を見誤り、太陽の周りの軌道に行ってしまいました。レンジャー4号は、月に辿り着きましたが、利用出来る情報は殆ど返還しませんでした。レンジャー5号は、驚きの450マイル、月から外れました。

1964年にルーナー5号と共に、ソヴィエト連邦がその月探索を再開した時、その宇宙船は、柔らかな着陸のために設計されていたのに、全速力で月に衝突しました。ルーナー6号は更に失敗で、完全に月から外れました。ルーナー5号と同様に、ルーナー7号は、レトロ・ロケットを噴射するのが早すぎたために、月面に衝突しました。この点は、直ぐに見られる様に、高度に重要です。

ルーナー8号もまた衝突しましたが、とうとうルーナー9号と共に、ロシア人達は月面に柔らかに着陸する事に成功し、これは、人工的な宇宙船をそうさせる事における最初です。また記述するのに相応しいのは、ルーナー9号の後、ロシアとアメリカの両方の、月面上に探査衛星を着陸させる成功率が改善した事です。

Equigravisphere(同等の重力の影響範囲/中立地点)とその他の重力的な問題

何故、ソヴィエトとアメリカの、月の周りを衛星に廻らせる、または月面に着陸させる初期の試みは、そんなにも非成功的だったのでしょうか?ロシア人達も、アメリカ人達も、月に行く宇宙船のための、正しい軌道を計算する数学的な才能が欠如していたわけでは無い事は明らかで、その正確な計算をエラーにする、何らかの隠された問題があったのかも知れません。この問題の一つの例として、多くの人々は、1969年に、アポロの最初の成功的な月面着陸の後のインタヴューにおいて、ワーナー・ヴォン・ブラウン博士が漏らした興味深い情報の欠片を指摘します。そのインタヴューの中で、ヴォン・ブラウンは、地球と月の間の、重力的な引き寄せ合いの中立地点は、月面から約43,500マイルである事を明かしました。これはもし、月の重力が地球の6分の1であるとする仮定と比較して、2万マイル更に月面から離れていました。(重力が1/6であるなら、月面から約23,500マイルであるはず。

また、もう一つの問題が、これらの初期の宇宙探査衛星と、それに続くアポロ計画の期間に明かされました。周回している宇宙船は、月の、地球に向いている側のみに見つけられる、黒くガラス的で、月の「マリア」または「海」として正に知られている、特定の、とても地域的な部分の上で、突然、「沈む」または加速しました。それらの重い質量の集中は、十分に相応しく、「マスコン(mass concentrations/質量集中)」と呼ばれ、そしてそれらが唯一意味出来るのは、何らかのとても重い物質の、濃密な集中が、月の表面のそれらの部分の下に存在している事でした。ですが、ランダム(非一貫的/偶然)を通したそれらの現れを説明するための、それらの形成のための、自然的な説明は未だに発見されていません。

ですが最後の重力的な異例が最も重要なものかも知れず、そしてそれは、ロシアの宇宙探査機、ルーナー7号の、そのレトロ・ロケットの早すぎた噴射に関連した異例です。ロシア人達が、月は、宇宙に浮いている固形で、一貫的な「岩」であると仮定したのは当然でした。これらの状況において、レトロ・ロケットは、少々早く噴射されるでしょう。ですがもし月が、宇宙に浮いている「固形の岩」では無く、その内部の物質の密度において、大いに異なっているか、または更に悪い事に空洞であるかのどちらかであれば、するとこれは全てを変化させます。レトロ・ロケットは、より遅く(もっと後に)、そしてより速く(短時間に)燃焼しなければなりません。

その理由は、比較的に単純です。もし月が固形の岩なら、その重力の中心は、人(宇宙船)が着陸する表面からとても遠く、そして故に、人はレトロ・ロケットをより早く噴射し、そしてよりゆっくりとした率で燃焼させます。対照的に、もし月が空洞なら、重力の中心は、人が着陸する事を望む地表の近くに向かって移動し、そして故に、人は、より後でレトロ・ロケットを噴射させ、そして柔らかな着陸を可能にさせるために、それらをより速く燃焼させるでしょう。実に、雑誌アストロノーティクスの1982年7月号の中で、NASAのゴードン・マクドナルド博士は、NASAの月の運動の研究が、それが固形のものよりもむしろ、空洞の様に運動し、i.e.その内部の物質は、その地表付近のものより、遥かに濃密では無い事を明かしたと報告しました。

ですから重力的に、月は、人が出くわしたその他の天体的な物体とは、殆ど、全く、似ても似つかわないものでした。人がもし、地球と月の間の中立地点についての、ヴォン・ブラウンの重要な公表以前に浸透した(通説化した)、月の重力、地球の6分の1の重力よりももっと更に大きい可能性を受け入れないとしても、その軌道が正確に完璧な「円」である事は言うまでも無く、接近している天体のランダム(偶然)の「捕縛」に基づいて、地球がその様な大きな衛星を有する事の、物理的なメカニクスの難しさが、人には残されます。その様な捕縛の重力的な問題は、マリアの下の、より大きな質量の集中の異例な地域の存在、マスコンによって更に強調され、それらの存在が、その様な「捕縛」を、やや「不安定」にさせるためです。そして最後に、それらの初期の宇宙探索機の全てが、月の傍を乱暴に疾走する、またはレトロ・ロケットが、固形の岩に柔らかく着陸するために噴射する代わりに、それ(月)に真っ直ぐ墜落する問題があります。

これは2人のソヴィエトの科学者達に、その時点で明らかでしたが、とても居心地の悪い結論を引き出させました:月は、通常の感覚における惑星では、全くありませんでした。それは人工的な天体でした。それは巨大な宇宙船でした。このアイデアは、実際に、1970年代に、「UFOの代表作」と成った、ドン・ウィルソンの私達の謎の飛行船、月の中でその題材に成りました。その本は、奇妙な月の異例の詳細の金鉱を含みますが、その人気にも拘らず、一度も再出版されませんでした。

何であれ、もしこの「宇宙船、月」の論説が肯定されたとしたら、しかしながら、此処に概要された、宇宙的な戦争の論説とシナリオへの関連性はむしろ明らかで、惑星の地表に地域的で巨大な傷を造る事の出来る、または惑星を爆発させる事の出来る、物理学と科学技術を有する文明にとって、その他の類似した巨大な「メガ・サイズの技術開発」のプロジェクトはまた、たやすいであろうためです。ですが、その可能性は、より高いようですが、もし月が人工的な物体では無いにしても、それはその昔、宇宙的な戦争を引き起こした文明の駐屯地であった事を示唆する、十分な異例性を未だに含みます。そしてそれ(月)がどうやって其処に来たのかの問題が残ります。

地上(月面)通信の任務

この奇妙な確認の一つは、月とその周囲から来ているおかしなラジオのシグナル(周波数)です。実際に、そのラジオ配信は、宇宙探査の初期段階において人が出くわした、唯一の奇妙な事ではありませんでした。水星計画の宇宙飛行士、ゴードン・クーパーが、彼のフェイス(信頼)7号の水星への任務の期間に、未確認飛行物体を見た事を、決して秘密にしなかった事は、よく知られた事です。その物体はまた、オーストラリアのパース近辺のムチェア追跡基地の200人を超える人達によって観測されました。加えて、クーパーは、「理解出来無い」外国語の言語における、ラジオの声の配信を聞いたと主張しました。ドン・ウィルソンの私達の謎の宇宙船、月によると再び、それらのシグナルの録音テープは、NASAによって再生され、そして分析されましたが、その配信の言語として確認出来た、人間の言語はありませんでした。

それより更に以前、1956年に、オハイオ州大学とその他の月観測の機関は、月から来ている奇妙な「コード(暗号)の様なラジオの会話」を報告していました。そして1958年の10月、米国、英国、そしてロシアの宇宙飛行士達の全てが、再び誰も翻訳する事の出来ないラジオのシグナルを配信しながら、時速25,000マイルで月に向かって急ぐ何かを観測したと報告しました。

一度人類が、アポロ計画と共に月に辿り着くと、そのラジオの会話は - 今度は、人自身の会話ですが - 更により示唆的に成りました。アポロ17号の、月面上のグラウンド・コントロール(GC/月面着陸隊)とその上空の軌道上の、コマンド・モジュル(衛星本体)のパイロット(CMP)の間の(通信の)以下の書き出しを考えてみて下さい。

CMP:貴方は何を学んでいますか?(何が見える?)

GP:月面上のホット・スポットですよ、ジャック。

CMP:貴方のビッグな異例は何処ですか?端的にまとめてもらえますか?

GC:ジャック、私達は、貴方のために、次の通過の際にそれを確認しましょう。

CMP:ヘイ、あのヘイロー(天使の輪)の様なものを、それら(着陸の噴射)が吹き飛ばしたかも知れない、着陸地点に、眩しい地点が私には見えますよ。

GC:了解。面白いね。正に、キロ・キロに行きましょう。

CMP:ヘイ、それは今、灰色で、そしてナンバー・ワンは伸びて・・・

GC:了解。私達は解りました。そして私達は、それがずっとあそこの下まで続く事を確認します。それについて、キロ・キロに移行して下さい。

CMP:モードはHMに移行します。録音/記録はスイッチ・オフにされました。少々の通信を失いました、ね?OKです、ブラヴォー・ブラヴォーがあります、オムニを選択して下さい。ヘイ、あのね、貴方は多分、これを絶対に信じないですよ。私はオリエンタールのへりの真上にいます。私はたった今、真下を見て、そして光りが輝くのを再び見ました。

GC:了解。理解しました。

CMP:まさに裂溝(rille)の端においてです。

GC:・・・である可能性・・・?

CMP:それはオリエンタールの側です。

GC:貴方はそれがヴォストックだと思いますか?

CMP:驚いたね。私はそれを地図上に印さなければなりません!

UFO研究のコミュニティーの中の多くは、この書き出しを、月面上のアポロ17号の宇宙飛行士達が、UFOを見た事を示唆すると指摘し、古いロシアのヴォストック衛星を見た事への言及は、既に公共の電波で鮮明に放送された何かを隠蔽するための、最後の悪あがきであると主張します。

ですがこれは、私達の関心を引き付けるものではありません。私達の興味を引くのは、彼等の通信のために、明らかに安全な周波数に切り替える、宇宙飛行士達によるはっきりとした言及です。これが明らかに示唆するのは、それがUFOである必要は無いにしても、彼等が其処に帰属しない何かを見た事です。彼等が見たものが何であれ、単にロシアのヴォストック衛星についての通信を続けるために、彼等が安全な周波数に切り替えたと言うのは意味を成しません。

彼等が見たかもしれないものが何であったのかは、ミッションのグラウンド・コントロール(地球上の本部/以下にCAPOMと略)と月面上の宇宙飛行士、デュークとヤングの間の通信の書き出しによって、示唆されるかも知れません:

デューク:これらの機器は、信じられません。私は其処へ、GNOMONを持って行きません。

ヤング:OK、でもさぁ、それは昇るには急な橋(sic)ですよ。
(橋=bridge、尾根=ridge)

デューク:貴方はYOWEE!(うぁ~!)をえて、ジョン、なぁ、此処の上は凄い景色だよ。トニー、そのバスターの中のブロックは覆われて、その底はブロックに覆われていて、5メートルに渡ります。その他に、そのブロックは、好まれた方向、北東から南西に向けてです。それらはその壁の2つの側において上まで行き、そして反対側は、約5%の露出部分が見えるだけです。その底の90%は、50センチないし、そしてそれより大きなブロックで覆われています。

ブロック(複数形)!?!?壁!?!?あたかもそれだけでは十分では無いかの様に、もしある意味、超現実主義的では無いにしても、その通信は更に奇妙に成ります:

ヤング:マーク。開いたぞ。

デューク:信じられないよ!

ヤング:そして私はそのかわいこちゃんを、乾かしましょう!

CAPCOM:ドーヴァー。ドーヴァー。私達は直ぐにEVA(船外活動)-2を開始しましょう。

デューク:貴方は数人の予備の連中を此処に送り込んだ方がいいですよ。彼等は(雑音)しなければならず・・・

CAPCOM:聞きなれています。

あたかも「壁」と「ブロック」が十分では無いかの如く、アポロ17号の期間、宇宙飛行士、シュミットと、ミッション本部との、この短い通信がありました:

シュミット:私は、そのクレーターの壁の上まで直結する、トラック(細い道)が見えます。

ミッション本部:貴方のphoto-path(写真の通り道)はピアースとピースの間を直接通ります。ピアース・ブラヴァ、ブラヴォー、ウィスキー、ウィスキー、ロメオで行って下さい。

ウィルソンは、これ等のコード - ブラヴォー・ブラヴォー、キロ・キロ、等々にコメントし – それは高度に説明的です:

「ミッション本部は時々、異例な目撃が起こっている様な際に、宇宙飛行士達にある奇妙な用語で命令を与え、ウィスキー・ウィスキー、またはバーバラ・バーバラ、もしくはブラヴォー・ブラヴォー、はたまたキロ・キロで行って下さいと指示しました。興味深い事に、モンタナには、キロ・キロと名付けられたICBM(核ミサイル)の基地があります。NASAは、一般大衆に知られたくない全ての事を、事前に合意されたチャンネルを通してフィルターするために、この基地のラジオの機器を利用する事が出来たのでしょうか?驚く事に、ウィスキー・ウィスキー、バーバラ・バーバラ、そしてブラヴォー・ブラヴォーもまた、西洋における基地です。」

私の以前の著書SSのベルの同胞団の中で私は、一つの公共の宇宙計画の中に包まれた、実際には2つの宇宙計画、一つは表向きで、もう一つは裏のもの(闇予算)の可能性について推理しました。もし、ウィルソンの明言が正しいのであるなら、するとそれは、2つの宇宙計画の論説が本当で、アポロ計画の形状における人類の月における存在は、大衆から上手く隠されたもう一つのアジェンダ(目的)を有するかも知れない事への更なるもう一つの示唆です。私達は、この2つの宇宙計画と隠された目的のテーマに、後の章において戻ります。

アポロ18号と19号

恐らく最も奇妙な異例中の異例は、月に辿り着くために多大な時間、予算、そして思考を費やした後、どう考えても謎めいた理由で、アポロ計画の最後の2つはキャンセルされました。全体において、10回の月への飛行が計画されていて、そしてアポロ18号と19号のロケットは、「既に費用が支払われていて、宇宙飛行士達は訓練されていて、そして出発のために準備万端でした。」何故、すると、それらの既に支払い済みの計画は中止されたのでしょうか?通説的な説明は常に、最後の4つの計画は、予算上の理由でキャンセルされたと言う事です。ですが、上述された様に、アポロ18号と19号は既に支払い済みだったので、キャンセルの理由には成りません。それが何であれ、その謎の中核にはその他の理由があるはずですが、米国政府とNASAは口をつぐんでいます。もしかすると、UFOの研究者達の幾らかが主張する様に、私達の接近を嫌う誰かによって、私達は戻って来るなと「警告」されたのかも知れません。または、もしかすると、私達は、私達が探していた何かを、既に見つけたのかも知れません。

月の上で飛び跳ねる:秘儀的な象徴

アポロ計画以前に、月面上で人が達成出来る、凄まじいアスリート的な行為を想像するのは、ポピュラーな題材でした。何故なら、重力が6分の1なので、180パウンドの体重の人が、30パウンドの重さ(重力)しか感じないためです。その人は、より高く飛び跳ね、より速く、そしてより遠くに走れ、そしてティーから、ゴルフ・ボールを1マイル以上飛ばせるでしょう。この論議の線は、学校における子供向けのウィークリー・リーダー(週刊の子供向けの出版物)、テレビ、ドキュメンタリー映画、Sci-fi 映画と小説、そして深夜の討論番組や独白番組などで、殆どの考えられる限りの方法で、取り上げられました。アポロ計画の頃に成ると、私達は、正に凄い物事を目撃するために、準備万端でした。

ですが、ウイリアム・ブライアン2世が記述する様に、次から次への任務において、アポロの宇宙飛行士達が月面上で飛び跳ね回る(スキップする)事に、私達がテレビにくぎ付けに成る間、私達は、その様な凄い達成は何も見ませんでした。

「宇宙飛行士の宇宙服を着ていたとしても、もし月の重力が、地球の重力の6分の1であるなら、(アポロ16号の宇宙飛行士、ジョン・ヤングは)6フィート(約180cm)の高さまで飛び跳ねられたはずです。実際には、彼の努力は、彼を地面から18インチ(約45cm)しか跳ね上がらさせませんでした・・・観測が・・・示唆したのは、ヤングは何度か出来る限り高くジャンプしようとしましたが、18インチ以上の高さを達成出来なかったと言う事です。」

この事実は、地球と月の間の重力的な中立地点に関する、ヴォン・ブラウンの明言の示唆に協力証言し、月の重力は、一般大衆がそう伝えられたよりも、もっと更に大きい事を、再び示唆します。

そしてこれは、順を追って、アポロ計画の全体が、詐欺で、テレビのセットの上で撮影されたと、幾人もの再検証主義者達が主張する事に繋がりました。ですが実際に、それらのアポロの着陸の全てにおける、飛び跳ねる宇宙飛行士達によって達成された高さは、私の意見において、私達が(月に)行って、そしてこの場合において少なくとも、NASAは何も隠していない事を強く示唆します。NASAが、テレビや映画のセットの上で、その任務を偽ろうと望んだなら、地球の重力の6分の1である月での、宇宙飛行士達の低すぎる飛び跳ねを見逃さなかったはずです。ですから、何故、全く飛び跳ねる事をしたのでしょう?何故、地球上の人々に、最もあからさまな方法で、月は、アポロ以前の科学が、私達に信じ込ませたよりも、遥かに大きな物体であると見せたのでしょう?

その答えの一部は、私が信じるに、もし月がもっと巨大であるなら、すると私達が、月面探索のモジュル(ポッド)の小さなロケットの方法によって、月から離陸出来る可能性が、とても小さく成る事にあります。ロケットは、私達を其処に連れて行く任務において十分だったかも知れませんが、ですがもし、私達とソヴィエトの初期の衛星の失敗が既に示唆した様に、月の重力はもっと大規模であると既に知られていたのなら、するとその飛び跳ね(離陸)は微妙/繊細ですが、どうであれ、月から離陸する事において、何か他の科学技術が使われていたのかも知れないと言う確かなシグナルです。

ですが、月面上で飛び跳ねる宇宙飛行士において、全体的にもう一つのメッセージがあるかも知れず、そのメッセージは秘儀的な重要性で一杯です:飛び跳ねは、数々の秘儀的な文献の「大いなる飛び跳ねるもの」である、火星に関連されます。実際に、(古代)ローマ帝国のサリイの神官達は、トランペットを吹いて飛び跳ねる事で、ローマの建国と火星の関連性を祝いました。ですから恐らく、宇宙飛行士達が飛び跳ねた事は、科学的な重要性と、儀式的なものの両方を伝える様にデザインされていたのかも知れません。これに関して、アポロの宇宙飛行士達の多くはメイソンで、そして実際に、月面上でメイソン的な儀式をおこなうために、メイソン的な儀式の小道具を、彼等の月の任務において持って行き、その儀式は一般大衆向けには、決して放映され無かった、と頻繁に指摘されます。そして火星上の顔の研究者、リチャード C. ホーグランドが頻繁に指摘した様に、NASAの宇宙任務の多くは、特定の占星学的、そして天体的な配列/配置を満たすために、奇妙にスケジュールされています。

奇妙なのは月の振る舞いだけでは無く、それはまた、その上に置ける私達の宇宙飛行士達の振る舞いでもあります。

LTPs:月の一時的な現象とアポロ以前の再重要機密の望遠鏡計画

人が最初に望遠鏡を月に向け、観測の正確な記録を付け始めて以来、月についての異例な振る舞いは、観測されて来ました。月についての最も奇妙な事実の内の一つは、ある時は其処にあり、またある時は其処に無い、または時間をかけてゆっくりと消滅する、もしくは対照的に、時間をかけて現れる地表の特徴です。最も有名な例の一つは、リニーと名付けられたクレーターの消滅の件です。1843年に、ドイツの天文学者、ヨハン・シュローターによって最初に発見され、リニーはその直径において、約6マイルで、その深さは約1200フィートと推量されました。数年に及ぶ観測と、慎重な月の地図製作の期間、シュローターは、最終的に、リニーが殆ど全体的に消滅した事を目撃しました。

その他の天文学者達も定期的に、プラトン・クレーターにおいて、光を見た事を報告し、それはその後消え、そしてそのしばらく後にまた、現れました。月の一時的な現象、または略して LTPs(Luner Transient Phenomena)は、説明する事の出来ない、月の表面の色の一時的な変化、表面に現れ、消滅する暗いスポット(地点)等々です。

その後、1953年に、月の表面上に現れ始めたのが、有名な天文学者で月学者の H. P. ウィルキンス博士の「ドーム」です。これは、唯一の問題ではありませんでした。ウィルキンスはまた、こう記述しました:

「それらの数は、急速に増大しています。同様の報告は多くの熟練した観測者達によって成されています。ウィルキンスは、それらの突然の現れを説明する事が出来ませんでした。その新たに発見されたドームが、望遠鏡の倍率の限界の近くで、歪んだ特徴が肯定的な結論を阻んだので、その他の天文学者達も説明する事が出来ませんでした。しかしながら、何かが間違いなく、200以上のドームの出現の原因でした。」

実際に、著者デーヴィッド・ハッチャー・チルドレスが、彼の著書、地球外考古学の中で指摘する様に、アポロ15号のミッションの正に目的の一つが、宇宙飛行士達に、「そのマー(海)における物質と、それらの可能な起源を描写させる事」でした。

その様な尊敬された天文学者達と、ウィルキンスによるそれらのドームとその他の一時的な現象の観測は、ワシントンDCのインテリジェンス(諜報工作)の通路(中枢)において何らかの警報を発した様に現れ、ペンタゴンはその後、直ぐにマウント・パロマ―の様な、大型の望遠鏡の計画を幾つも始め、月の表面の詳細を写真撮影し始めました。それらの研究は再重要機密にされました。月の異例は、国家安全保障のガイドラインの題材に成りました。その年、1953年が重要なのは、勿論、その悪名高い前年、1952年に米国の首都、ワシントンDCにUFOが現れ、それにおいてUFOsは、米軍の関係者達によってレーダーで確認され、米国の首都上空で目撃され、そして緊急発進した米空軍の戦闘機によって追跡された、次に年にあたるためです。この出来事は、第二次世界大戦の終了直前、1944年の後期に、ナチス・ドイツで起きた有名な「フー・ファイター」の出来事、1947年のケニス・アーノルドとロズウェルにまつわる出来事の直ぐ後の、主要な UFO 活動の終わりの直後に続きました。

故に、「ドーム」の様な、人工的な起源を暗示する、月の一時的な現象が、ウィルキンスの様な権威によって観測され、カタログされ、そして報告され、その他の信頼のおける天文学者達によって世界中から観測された時、様々な UFO 活動によって既にその神経が擦り減らされていたアメリカの軍部が、背筋を伸ばし注目したのは必然でした。1953年以来、著者ダニエル・ロスはこう観測します、

「国家安全保障局(NSA)が、UFOs に関する情報の公的な隠蔽の背後にいて、そして今、月上のエイリアンによる活動のあらゆる証明に関わるセキュリティー(安全保障)を、彼等が揉みつぶすのは、同等に必要でした。1954年に成ると、月に関するあらゆる写真的な研究、または大規模な天文観測所による公表に関して、ガイドラインと規制が設定されました・・・(地球以外の惑星での)生存の不可能説を否定する事の出来る月、火星、そして金星の天体的な研究は今、国家安全保障の問題に成りました。」

言葉を変えると、地球の最も真近のご近所さん達(惑星)が、住まわれているかも知れないと言う、あらゆるデータと情報は隠蔽されなければなりませんでした。ですがこのアジェンダにはこれだけ以上の事が更にあり、それがまた意味したのが、地球の最もご近所の天体的な環境が、極わずかでも生存可能であると言うあらゆるデータが、隠蔽されなければならなかったためです。そしてそれに続いた、それらの惑星の過去の生存可能性のあらゆる証拠を隠蔽する事を推薦した、ブルッキングス報告もまた、1953年の国家安全保障の枠組みに当てはまりました。

この背景に対して、前述されたアポロ計画の通信の幾つかの奇妙な暗号化された言語が理解可能なのは、アポロ計画に応用された安全保障のプロトコル(ルール)と同種のものが、1950年代の、望遠鏡的な研究と地図製作にも存在したためです。

その理由づけの同じ線を辿ると、それらの惑星上でその昔起こった、間惑星的な戦争のあらゆる証拠を、それらの諜報工作機関が隠蔽する指示の中にまた当てはまり、それはその様な証拠が、(太古の)科学技術の存在を示唆するためです。そして恐らくこれは、究極的に、宇宙計画全般を通した、隠された軍部の存在のための理由です。

欠片、六角形、クレーター、そして塔、対「止めどない隕石的な爆撃」

月の表面は、それら自体が人工的な起源であり、そして恐らく月全体がそうであろう、数々の暗示的な特徴を示します。

それらの内で最も奇妙なものは、月のサイナス・メディイ(Sinus Medii)の南西に位置した「欠片」です。その写真は、月探索機の、III-84M のフレーム(写真)です。その物体の影は、その構造の根元から、その写真の右下の角に向かって伸びているのが、明らかに鮮明です。その構造の真上の奇妙な「星の様な」光りは、そのカメラの登録の印で、実際の構造の一部ではありません。

サイナス・メディイの「欠片」
1shard.jpg

しかしながら、何故、この奇妙な物体を、最初の時点で、「構造」と呼ぶのでしょう?まず最初に、それは、月の表面の上で、約1.5マイル伸びます。それは、言葉を変えると、巨大です。ですが、それが其処にあると言う事実は、特定の問いの全てを浮上させます。基準的なモデル(通説)によると、月は、止めどない隕石の雨の対象であり、その「爆撃」は、月が存在したとされる数十億年を超えて、尖ったエッジや凸凹な山を、スムーズな丸い丘にしたと仮定します。ですが其処にあるのは、その奇妙にも一貫的な「捻られた」または「螺旋状の」幾何学(立体性)です。この止めどない隕石的な雨にも拘らず、その物体は存在するだけで無く、その明らかに基本的で、構造的な幾何学を保ちました。

ですが、基準的な「隕石の爆撃」のモデルによって説明不可能な、もう一つの奇妙な特徴は、隕石的な爆撃は言うまでも無く、基本的な自然の地学的な行程では、説明不可能な、月面上のクレーターと、その他の奇妙にも直線的な形状です。例えば、以下に続く写真の、奇妙にも直線的な多角形の起源を、人はどう説明すれば良いのでしょう?

多角形のスムーズでは無い特徴
2copernicus-copy.jpg

(オリジナルの写真が見つけられなかったので、ネットで見つけた写真で代用。オリジナルは、Epub.ファイルの416ページに見られます。The Cosmic WarのEpub.ファイル:(無料))

特に、その写真の中央左のとても小さな2つのピラミッド的な物体に注目して下さい。ですが更に重要な事に、人はどうやって、中央下の6角形のクレーターを説明すれば良いのでしょう?隕石的な爆撃は、その写真から明らかです。ですが同様に、しかしながら、それらのクレーターの幾つかの、直線的な多角形の形は、土台にある構造と秩序の存在を示唆しています。

類似した直線的な構造は、以下の写真の中にも見つけられます。

月の「パイのスライス」
3moon.jpg

(注:代理の写真。オリジナルは、Epub.ファイルの417ページ。)

その写真の中央左に刻まれたパイの「スライス」、そのすぐ真上の「塔」の様な物体、そしてその写真の右側の「ダブル・クレーター」に注目して下さい。再び、数十億年を超えた、隕石的な爆撃は、その様な特徴を遥か昔に真っ平らにしたはずです。そしてその様な均整の取れた正確な一貫性を説明する様な、地学的なメカニズムは知られていません。その様な特徴の存在は、再び人工的な起源を示唆する様です。

より浅いクレーターのための、様々な説明

ですが、その大多数が、明らかに、宇宙の浮遊物の、その表面に対する衝撃の結果である、月のクレーターにも問題があります。隕石の大きさと速度によって、その衝撃が残すクレーターの深さは変化するはずです。故に、人は最大級のクレーターが、比較的に、より深い深さを有すると予測するでしょう。故に、その月の最も親しみのある特徴は、それらの幾つかはとても大きいですが、皮肉にも、六角形、ピラミッド、ドーム、欠片、そしてパイのスライスに言及するまでも無く、それらの全ての中で最も異例な特徴です。

「それらの凄い大きさにもか拘わらず、最大級の割れた穴でさえ、驚く程、浅いです。その直径が50、または100マイルのクレーターでさえ、その深さは単に、2、3マイルでしかありません・・・科学者達による保守的な見積もりでさえ、直径10マイル、またはそれ以上の隕石は、月の表面を、その直径の4、5倍の深さまで貫通したはずだとしますが;私達が知る最も深い月のクレーター(ガガーリン・クレーター)は、直径186マイルで、その深さは4マイル未満です。幾人かの科学者達が出した結論は、この神秘的な球体を覆う、岩と土の薄い層の下に、深い穴を妨げる、極度に固く強固な何かが、月の表面の浅い処にあると言う事でした。

その148マイルの広さのクレーターの場合、その深さは単に3マイル程度で、その約半分は(衝撃によって)その周りに跳ね上げられた、それを囲む岩の壁によって、簡単に説明されます。更にもっと奇妙なのは、そのクレーターの底が、月の表面のカーブに従い凸型で凹型では無い事実です。

現在の科学にとって、その様な浅いクレーターの原因に成る事の出来る、最も親しみのあるメカニズムは・・・核爆発です

二重のクレーター

月のクレーターのもう一つの奇妙な特徴は、月の写真を慎重に検証した後、リチャード C. ホーグランドによって気付かれました。これはお互いからとても近くにあり、同じ大きさで、そして多かれ少なかれ同じ方向的な(衝撃の)方向性の、「二重のクレーター」の現れでした。数十億年に渡る隕石的な爆撃は、これ等の幾つかを説明するかも知れませんが、月面上のその現れの比較的な頻繁さは説明できません。簡単に言うと、その様な現象の存在は、隕石によるランダム(非一貫的/偶然)な爆撃ではなく、意図的な標的を示唆します。

それはまた、鳴ります!

隕石によって、深く貫通される事を妨げる、月の表面の下の「超固い」物質の層;軌道を旋回している衛星が「沈み」そして加速する原因に成る、強い地域的な重力の、地域的なエリア;隕石的な爆撃に抵抗する様に、月面上でそびえ立つ、突出した高い「欠片」;月面上の「パイのスライス」とその他の異例的に角ばった形状;月が「空洞」である事を示唆する重力的な異例と浅いクレーター、またはそれ自体が固形の惑星の内部の、基準的なモデルとは異なる、最小限でも、その表面よりも遥かに濃縮では無い(軽い)内的な中核:この全てが示唆するのは、もしそれ自体が人工的な体では無いとしても、月は、少なくともその表面の下に、本質的に人工的な要素を有します。

「空洞な月」のアイデアの確認は、地球に帰るための旅のために、2人の宇宙飛行士達を搭乗させた後に、アポロ12号のコマンド・モジュルから、離陸段階の月モジュルが切り離された時、劇的で、予想外の方法でやって来ました。その離陸段階(のモジュル)は、月面に衝突する様に送り返され、其処で、その表面に残された地震測定の特別な機器は、その衝撃波を測定し、そしてそれらを地球に向けてラジオ通信しました。その結果は「NASAの科学者達を驚愕させました。その人工的に創造された月の地震は、55分間続きました!」ですが、これが全てではありませんでした。科学者たちは記録されたシグナルの種類に困惑させられました。その(衝撃)波は、小さく始まり、その後、ピーク(頂点)へとその大きさを広げ、「信じられない程、長い時間の間」続きました。これは、地球上で派生された、地震的な波とは、全く異なった振る舞いです。失敗に終わったアポロ13号と、その後に続いたアポロ14号からの機器による、引き続く実験で派生させられた月の地震は、それぞれにおいて、約3時間と20分続き、それぞれの件において、その波は、深さ22-25マイルまで達しました。

月の地震には、更なるパズルがありました。1972年の1月、ワーナー・ヴォン・ブラウンは、ポピュラー・サイエンス誌に、その波の速度は、月の表面の深さ、約15マイルまで徐々に加速し、その後、突然加速し、その加速は、もしその物質が突然、より濃密に成った際にだけ可能だと明かしました。表面下、約40マイルの地点において、その波は毎秒、約6マイルでした。月の表面のマリア/海は、それらの幾つかがとても希少な金属、または混合物で構成され:鉄、タイタニウム、ベリリウム、モリブデン、そしてイットリウムです。その様な物質を通った音の速度は、ほぼ同じで:毎秒、約6マイルなのは、重要なのかも知れません。これが示唆するのは、月面下の深い地底に、これらの金属の混合物である「特別な超合金」としか表現できない様な厚い層の存在です。

これは何故、実験を行っていた科学者達を驚かせた様に、月が、ベルの様に鳴ったかを、説明するでしょう。

この月の高度な奇妙さを仕上げるのは、アポロによって、そしてソヴィエトの無人衛星によって持ち帰られた月の石の幾つかについて注目された奇妙な特徴です。アポロ16号は、錆びた鉄を含んだ月の石のサンプルを持ち帰りましたが、それは自由(空中の開放された)な酸素と水素の存在が無ければ不可能です。ですが、1976年8月26日号のデトロイト・フリー・プレス紙は、共同通信ワイヤー・サービスからの、驚くべきロシアの発表についての、短い記事を載せました。ロシア人達は、彼等の衛星の一つにおいて、ソヴィエト連邦に持ち帰られた月の鉄の、彼等自身の粒子を発見した様でした。その鉄は、錆びる事が出来なかったし、しなかったし、しないでしょう。その新聞が記述した様に、その様な「錆びの無い」鉄は、「地上で製造される事は出来ず」そして更に、錆び無しに成るためには、何らかの加工の行程が含まれなければなりません。その様な錆びの無い鉄が唯一知られている場所は、インドのニュー・デリーの鉄の柱で、比較出来無い程古いと考えられ、そしてまた、月の錆びない鉄の様に、その柱は野外で何度も、何度も、モンスーン(台風)に見舞われているのに、錆びません。

最後に、アポロ12号と14号によって、地球へと持ち帰られた土と石のサンプルは、「それまで自然界において一度も見つけられていなかった」アイソトープ、ウラニウム236とネプツニウム237の痕跡を含んでいました。勿論、その様なアイソトープは合成する事が出来ますが、それが実に要点です:アポロ計画以前において、それらは合成されなければなりませんでした。

アポロ12号、13号と、その他の月の計画

この月の異例への探求は、アポロ12号と13号の、殆ど大失敗に近い結果に言及する事無しで完璧に成る事は出来ません。アポロ12号は、月に着陸するための第2の有人飛行で、1969年11月に出発しました。しかしながら、離陸から1分もしない内に、その飛行船は、地上から1.5マイルも離れない内に、稲妻に撃たれてしまいました。その全ての電気的なシステムは、シャット・ダウンしてしまいました。宇宙飛行士 - チャールズ・コンラッド、ディック・ゴードン、そしてアラン・ビーンは - 冷静に働き、そしてその機体の全ての電気的な力とシステムを回復しました。その稲妻の起源は、最も近い気象予報の稲妻の報告が、約20マイル離れていたので、謎のままでした。

その後、月に向かう際に、世界中からの観測所から、その宇宙船に先行し、追いかけた、フラッシュする光の目撃が証言されました。1969年11月15日の離陸の1日後、3人の宇宙飛行士達は、ミッション・コントロール(NASAの地上基地)に、彼等が「ブーギー」i.e.(UFO)を見たと無線しました。

アポロ12号の、稲妻-UFOの出来事は、UFO 研究者達とその他の幾人かに、誰かが月への任務を邪魔する事を試みさせ、そしてそうする事を失敗したために、物事を緊密に観測するために、(飛行船)に同行したのではないかと疑わせました。その可能性が全く無いわけでは無い間、もう一つの説明は、ソヴィエト連邦が、それ自体のテスラの様な科学技術の幾つかを、その任務を阻止するために使用していたかも知れないと言う事でした。

悲運だった、アポロ13号の任務に関する、更にもっと背筋の凍る噂は、NASA の内通者で、技術開発者の、モーリス・チャテレインによって伝えられました。チャテレインはこう主張しました:

「その非成功的な任務について、宇宙開発局の中で沢山の話しと推測がありました。アポロ13号は、秘密の積荷を乗せていた様で - 月面上で爆破される予定だった核爆弾でした。その核実験は、月の内部構造的な性質を検証するために、以前の2度のアポロ計画によって残された振動測定の機器を利用する予定でした。その宇宙開発局において飛び交った、圧倒的な意見は、アポロ13号を追跡したUFO が、計画された核爆発を妨げるために、意図的に、サーヴィス・モジュルの酸素タンクの原因不明の爆発の原因に成ったと言う事でした。」

「秘密の核爆弾の積荷」の可能性は低い様に現れる間、「地球外生命体の力」による、意図的な任務の妨害の線は言うまでも無く、NASA の内部の人達がその様な線に沿って推測していた事は高度に興味深い事です。

この全てから浮上させられるのは、最小限でも、月は人工的な起源を高度に示唆する、異例な形成に覆われていると言うアイデアのための、十分なケースがあると言う事です。そしてその最大限において、月の重力的な引力の奇妙な特徴の全て、その説明する事が殆ど不可能な、地球の周りのその軌道のメカニクス、その奇妙にも浅いクレーター、その表面の数マイル下の、固い金属製の「内的なクラスト(殻)」の明らかな存在、そしてその「ベルの様に鳴る」能力は、その惑星全体が巨大な人工的な構造物である事を示唆するかも知れません。

これ全てから、また、何か他のものが浮上し、そしてそれは、宇宙開発計画の中の一貫的な存在で - 1953年のペンタゴンとその他の諜報工作機関による、月の表面の組織化された観測の初期から、宇宙飛行士の団体自体の中の - 重度な軍部の存在 - です。この章の中で、宇宙探索の早期におけるこの軍部の重度な存在の一つの可能な理由は、私達の近隣の天体的なご近所の、以前、または現在の、在住を示唆するデータの隠蔽ではないかと提案されました。このための理由がまた示唆したのは、米国とソヴィエト連邦の「隠された」宇宙計画(i.e.闇予算)は、太古の戦争の証拠を隠蔽するためだけでは無く、その戦争を可能にした、科学技術の回復の可能性のためでは無かったかと言う事です。

この最後の可能性 - 太古の戦争の証拠を隠蔽する間、同時にその戦争の、失われた科学技術を回復する事を求める事は - 次の章の中で、より大きな可能性へと膨らみます。

「もし、火星のこの部分のクレーターが「人工的」であるなら、それを伝える方法(スペルミス)があるはずで - 何故なら、核爆発は、(隕石のクレーターとは対照的に)、より浅く成るためだと提案したのは(ジョン・ブランデンバーグ)でした・・・もう一方で(此処に有るのは決定的な試験だと言う、私の瞬間的な期待を、次の一言で裏切って!)、新たな宇宙防衛のイニシアチヴの試験の一部として実験室で標的の上に産出されたクレーターは深く - 隕石自体のクレーターとは異なり - それらが産出された方法の直接の結果で:特殊な粒子ビームが、標的の中に、それらのエネルギーを深く「埋める」事によって産出されたと彼は述べました。」
- リチャード C. ホーグランド

月と共に、火星は、疑う余地無く、人間の想像力を最も湧き立てる惑星です。占星学的な逸話の中の、その戦争と破壊との一貫的な関連性は、記録された人間の記憶が延長する最も遠くまで遡ります。そして、ヴァイキング火星探索衛星が、その惑星のシドニア(サイドニア)の地域の地表で、有名なスフィンクスの様な顔の写真を撮影して以来、「顔の信者達」と「顔の懐疑論者達」の間の長く続く論議の集中点に成って来ました。前述された、それぞれの章で見せられたのは、太古の神話に関してのみ言えば、火星とその統治者(達)は、太古の宇宙的な戦争における間違いなく決定的なプレーヤー(関係者)であった事です。それに従い人は、その昔、其処に文明があったと言うアイデアに協力証言するための異例の物体を火星上で探し、そしてまた、人は、少なくとも火星の一部は、意図的な破壊を経験したかも知れないと言う証拠を探します。しかしながら、シドニアの顔の物議全体が、とても多くの論議をかもしだしたので、この章の最後で触れられる以外、それについては一切述べられません。此処において、私達の集中は、人工的な起源に暗示的な、火星とその衛星、フォボスの表面の、その他の異例な特徴です。読者に頭に入れておいてもらいたいのは、この章において触れられる事は、その惑星の異例の形成のとても多くのカタログの、極一部のサンプルでしか無いと言う事です。

シドニア
0cydonia_34.jpg

火星の表面の異例

以下に続く、コンピューター処理された写真は、マリナー9号によって撮影されました。それ以来、直角-直線的、そしてその他の秩序的な幾何学(立体性)のデザインを含む、構造的な要素を見せる奇妙な形成は、現代の空港に似ている事から、「空港」と名付けられました。

マリナー9号、#4209、火星の「空港」。位置:南1.9度、西186.4度
1mariner.gif

何らかの地学的な行程が、その様な形成を説明する事が出来ると言うのは考えられます。ですが、これから見られる様に、もしこの場合、そうであったなら、火星はとても特殊な本質の、様々な地学的な行程の本拠で、説明するためには、とても多過ぎる種の異例の宝庫であるためです。

「六角形」

例えば、火星の表面の、以下の六角形的な構造を考えてみて下さい。六角形は、クリスタル(結晶)において、自然的に形成しますが、その様な大規模な構造が、自然的なクリスタルの形成の行程によって派生すると想像するには難しさがあります。以下の写真は、火星のグローバル調査機によって撮られました。

New Cydonia “City” Image Analysis

この写真の中で、実際に、2つの六角形が確認可能で、一つは中央の大きなもので、もう一つは左下の小さなものです。何らかの知られていない地学的な行程が、その様な構造の派性を説明するかも知れませんが、もしそうだった場合、人はどうやって、この地域における、知られていない地学的な行程の、明らかな孤立化、そしてその様な六角形が、たった2つだけ形成された様に現れる事実のために、説明すれば良いのでしょう?

ピラミッド的、そしてその他の直角-直線的な形状

巨大な六角形と「空港」が、何らかの知られざる特殊な地学的な行程によって説明されるかも知れない間、直角/垂直の中軸に沿って、左右対称性を有する、4面のピラミッドは全く別問題です。

ホーグランドのシドニアのリンク参照:

シドニアの地域は、リチャード C. ホーグランド、エロル・トルン、ヴィンセント・デピエトロ、マーク・カーロット、そしてその他多くの御蔭で、有名で大きな5面の D & M ピラミッドを含む、幾つものピラミッド的な構造物に溢れていると、よく知られています。ですが火星の地表におけるその他のエリアの中のその様な構造の存在は、人が共通の文化的なマトリックス(母体)を目の当たりにしている事を強く示唆します。スフィンクスの様な顔、シドニアのピラミッドとその他の構造物、そして今、シドニアでは無いもう一つのピラミッドは、シドニアの形成が自然の偶然では無い可能性を遥かに増大させます。地学的な行程は大規模な六角形や巨大な「空港」を説明するかも知れませんが、それらは、自然に起こる事が知られていない、その様な形状を十分に説明する事が出来ません。この事実は、地球上のその様な構造の存在、そして人工性に暗示的な、月の直角-直線的な奇妙な存在とその他の特徴と共に、私達が共通の文化を目の当たりにしているかも知れない可能性を示唆します。

火星上に見つけられるもう一つの奇妙な特徴は、その地表における窪みの存在で、表面上、クレーターに類似していますが、詳細を検証してみると、それらの根底には、風化した、角張った構造を有する事を明かします。再び、隕石の衝撃の様な、自然の行程が、どうすればその様な特徴を派生させられるのだろうと言う必然的な問いが浮上します。

火星の2重の角張ったクレーター
2重cydonia_8

更にもっと驚きの角張ったクレーターの例は以下です。
3marte_cydonia_30

再び、どんな自然的な行程が、これを説明出来るでしょう?

マーリン宇宙システムによって公表されたもう一つの写真は、目立たない地学的な特徴を持つ、火星の典型的な地域以外の何ものでも無い様に現れます。

4marte_cydonia_21

(代用の写真)

ですが精密な検証は、とても異例な、この「目立たない」形成について、豊富な詳細を明かします。最初に、その膨らみが、殆ど完璧な円形である事に注目して下さい。そしてその膨らみの上の左側のジグザグの直角-直線的な特徴に注目して下さい。その膨らみの右側の、17世紀と18世紀のヴァウバン様式の要塞を想い出させる様な真っ直ぐの線に再び注目して下さい。

ジグザグの線と「膨らみ」と、「ヴァウバン」様式の要塞
5marte_cydonia_20.jpg
(代用の写真)

その異例な特徴の全てと共に、この極度に興味深い特徴は、確かに、地学的な行程で説明可能かも知れませんが、もしそうだとすると、幾つもの微妙で異なった行程が、最も独特なコンビネーションで機能している様に現れます。端的に、自然的な原因は、それらの特徴の幾つかを説明するかも知れませんが、一つの位置に存在するそれらの全てを説明すると言うには、可能性を引き延ばし過ぎの様です。それ以外の唯一の説明は、それらの特徴が知性による創造で、そして人が見ているのは、時間をかけて起こった構造の風化だと言う事です。

単一の巨石(モノリス)

自然の原因によって説明する事がとても困難な一つの特徴は、モノリスとして現れる集合体です。この写真は - 火星のグローバル探査機を指揮していた - マーリン博士によってNASAから実際に公表され、それ自体が驚きでした。

火星のモノリスの集合体
1monolith.jpg

これ等の奇妙な物体は何なのでしょう?そしてどんな地学的な行程が、それらを説明する事を出来るのでしょう?どんな見解であれ、この特徴を単なる自然的な特徴と説明するには難しさがあり、もしそうで無いならば、人は、人工的な構築であると言わざるを得ません。

更なるダブル・クレーター パート1

月に見られる特徴は、火星にも見つけられ:ダブル・クレーターです。リチャード・ホーグランドは、再び、この奇妙な特徴に気付いた最初で、それを説明出来るメカニズムについて、考察し始めました。何故なのかを理解するためには、彼のより広いクレーターについての思考のコンテキスト(文脈)の中にそれを位置付ける事が必要に成ります。

リチャード・ホーグランド:エンタープライズ・ミッション

クレーター自体は - それらが二重であれ、そうでは無くてあれ - 惑星の地表の特徴を年代鑑定するための、重要な地学的なテクニックです。

1)太陽系における全ての固体の惑星的な天体は、その主要な表面の部分が、巨大なクレーター(約20km)で「飽和」されている事を与えられると - 火星は、おおよそ、その半分の半球(南半球)がその様なクレーターに覆われています。

2)それらの肩と肩を並べるクレーターの創造のための中心的な推論において、太陽系の全体において、その歴史の初期の段階に、集中的な(隕石の)爆撃の期間があったとする事を与えられると - 火星の重度にクレーター化された地表はまた、恐らく、この「集中的な爆撃の期間」から起因するのでしょう。

3)月、火星、水星、そしてその他の外側の惑星の、それらの太古のクレーターを付けられた地表の存在は・・・それらの天体的な地表の真空における保存を証言し - 火星における類似した地形の保存は、その惑星の存在の殆どの期間に、濃い大気が全く欠如していたために、風化が殆ど無かった事を強く示唆します。

4)あまり(隕石によって)クレーターを造る様に爆撃されていない月と水星に似た地表を与えられると、火星のもう一つの半球(北半球)の - このクレーターの「二面性」は・・・40億年前の太陽系における、重度な隕石の爆撃の終了と共に、火星におけるクレーター化の率に、劇的な減少があった事に一貫します。

ホーグランドは、此処において、その様なクレーター化は、太陽系の早期の段階における、推定された隕石による激しい爆撃によるものと言う、定説的な線に続き、彼は故に、その様な地表の特徴を、約40億年前の惑星の形成と共に、多かれ少なかれ同時期にする、基準的な年代測定のモデルに続きますが、ホーグランドは、その他の説明の可能性にも、明らかに気付いていて、そして故にそれらの特徴の形成を更にもっと最近の時代にします。

火星の、クレーターに重度に覆われた南半球における、数多くの、水に流された様に現れる川の跡は、しかしながら、問題を示唆します。通説的な論説において、火星はその惑星的な歴史のとても早期に、豊富な水を有していたか、または突然に大量の水によって襲われたかのどちらかであるとします。どちらにしても、これは、火星の古さについて問題を、提示する様に現れます。まず最初に、それが意味するのは、とても早期の期間に、火星から水と大気が奪われた事で、その惑星に存在する知性的な生命体のアイデアを殆ど不可能にします。これと、加えて異例の火星のシドニアの「スフィンクスの顔」とピラミッド的な構造は、明らかに更に後の時代のもので、問題です。どうやって、2つの異なるデータの流れは和解させられるのでしょう?ホーグランドは「クレーター化により年代測定の方法から押し返され、この見解的な視点から、ヴァイキングのシドニアの写真を見直し始めました:

「物体35A72を収めたヴァイキングの単一の写真のエリアは - 1000マイルよりやや小さなエリアで、文献において「クレーター統計」のために使用されるより、1000倍小さなエリアでした。そうであれ、私は、その惑星のその地域における大まかなクレーターの数を私に与え、そして故に、検証下の地表の大まかな古さのアイデアを得るために、この何度も使われた正確な技術を、そのヴァイキングの写真に応用しました。

「そしてその後直ぐに、私に、一つのパラドックス(矛盾)が与えられました:其処にあるクレーターが「多すぎたのです。
・・・
「その写真の中にあった、サイズにおいて1キロを超えるクレーターの実際の数は、公表された(統計の)カーブの3倍から5倍ありました。これは(統計学的な偶然である)「クランピング」によって説明されるか、または事実のどちらかでした・・・

「そうであった場合、シドニアのこの地域は、その惑星における最も古い部分の一つで - 40億年以上の古さを意味しました!」

パンテオン(万神殿)における反乱と宇宙的な戦争の創始的な本質について、以前に此処に記述された事の光の下で、この可能性を吟味するために、一旦、停止するのには価値があります。もし - そしてこれは巨大な「もし」である事が強調されなければなりませんが - シドニアと、その遺物がそれ程、古いなら、それはすると、この創始的で宇宙的な戦争の一応の協力証言的な証拠に成ります。

しかしながら、火星の異例の全てのための、その様な極度な年代測定は、実際にそうで無ければ成らない必要はありません。ヴァン・フランダースの爆発した惑星の論説は、そのヴァージョンのあらゆる種において、火星のその様な重度のクレーター化が何故あるのかを説明し、そして遥かに合理的に、何故それが、大々的にその惑星の南半球に限られているのかを説明します。それは同様に、何故、火星が突然、乱暴に、水によって氾濫させられた数多くのサイン(地形)を見せるのかを説明します。それは流れた川の痕と、重度にクレーター化された部分における、それらの痕を簡単に説明します。ですがこれは、そのクレーター化を、もっと後の、6500万年前、または320万年前に位置付けます。確かにこれは、火星上の生命の存在の可能性に関して、より受け入れやすい年代です。

爆発した惑星論の歴史

ホーグランドは、彼の注意を、二重のクレーターの現象、i.e.規則的で直線的なパターンに位置された、殆ど正確に同じサイズで、内的な特徴を持つ2つのクレーターに向けました。ですが、二重であれ、そうで無くとも、火星のクレーターの多くについて、もう一つの問題がある事に、彼は気付きました:多くは、(隕石の)衝撃によって原因されたにしては、浅過ぎました。これと、加えて、火星の、風化したと認められる「顔」の奇妙な明らかなダメージと、巨大な5面の D&M ピラミッドの、より更なる明らかなダメージは、ホーグランドがした「最も不穏な観測の一つ」を形成し、つまり、「どの様な合理的な時代であったとしても - シドニア(サイドニア)の物体は、「自然的な風化」以上の何かを見せていると言う事でした。そしてそれは、全て、シドニアの(探査衛星)ヴァイキングの写真のための、ホーグランドの異例なクレーターの集計に起因しました。

これは、彼が、以下の重要な問いを提示する事に繋がりました。これと、彼が相談した科学者の返答が、以下に延長して引用されるのは、それが宇宙的な戦争の論説の、重要な協力証言的な証拠であるためです:

「(その(クレーターの)数が一貫的に多過ぎると出てきた後、私は、私自身に大胆に尋ねました)その顔とピラミッドの重度な風化 - そしてその地域において、異常に多い数の1キロメートル(以上の)クレーターの証拠が、何らかの強力で人工的なエージェント(媒体)によるものであると言うのは可能でしょうか・・・?

「言葉を変えると - ローマ(帝国)の「戦争の神」である - 火星上の生命は、全面的な核(兵器)によるホロコーストによって、全滅されたのでしょうか?

「その考えはファンタスティック過ぎましたが・・・しかし、それは多くの物事の説明ができ・・・そのクレーターと・・・そして私が顕微鏡の下で(i.e.詳しく)検証したその街の中のその他の証拠において、私はその街の中の主要なピラミッド上の溶けていてそして流れ出した直接の証拠を見解しました。加えて、その両方の構造の南東の側の殆どには、大規模な破壊が明らかにあり、そして同等に困惑的なのは「要塞」で - そして、元々「その蜜蜂の巣」を覆ていたはずの「屋根」を、どうにかして完全に蒸発させた(または吹き飛ばした)力です!」

「それからまだあるのは、D&M ピラミッドの南東の横に意図的に位置付けられた「衝撃のクレーター」と、その幾何学(立体性)を歪めている、同等に怪しい「ドームの盛り上がり」です。これは - そのピラミッドの内部まで貫通し、その後、爆発し、出入口的な「爆発の穴」の様なクレーターを残し、そして重度な内的な構造の破壊を残した、何らかの「ロケット式の爆弾」の働きだったのでしょうか?

「とても慎重に、私達の2度目の電話の会話の間、私は(プラズマ物理学者、ジョン・ブランデンバーグと共に)核の応酬が残すであろうクレーターの種類と - その顔と D&M ピラミッドの様な - 最も興味深い物体の上のとても多くのクレーターの「統計学的な異例」を検証しました。

「もし火星のこの部分におけるクレーターが「人工的」であるなら、それを伝える方法はあり - 何故なら核爆発は(隕石のクレーターとは対照的に)浅く成るからと言うのは彼の提案でした・・・もう一方で、(確実なテストの方法があると言う、私の一時的な期待を、次の息で裏切って!)新たな宇宙防衛のイニシアチヴの試験の一部として、実験室において標的上に創造されたクレーターは - 隕石自体のクレーターとは異なり - 深く、それらが産出された方法への直接の結果で:その標的の中深くに、それらのエネルギーを埋め込んだ特殊な量子ビームによってであると、彼は言いました。

「今(あるのは)、光線の銃とオーソン・ウェルズの緑色の火星人です!

「更に重要だったのは、大気の中に、核の応酬が残したであろう特殊なアイソトープの種類に関する情報を持つ、研究所の人々に、(ジョン・ブランデンバーグが)接触可能であった事でした・・・」

自然界では通常出くわさない、核の副産物である、キセノンが火星上で発見されたのを覚えていませんか?

ホーグランドが明らかに示唆したのは、シドニアの地域が、戦争において意図的に標的にされ、破壊されたあらゆるサインを見せ、その戦争は、注目されるべく、核爆弾で戦われただけで無く、アンソニー・ペラットのプラズマのディスチャージ(解放/放電)と太古のペトログリフ(岩に刻まれた象形文字)を思い出させる、特殊なエネルギー兵器の使用でした。シドニアは、言い換えると、火星上の文明の強い一応の証拠だけでは無く、また、それを破壊した戦争、その宇宙的な戦争の証拠を構成します。

プラズマのディスチャージ、マリネリス峡谷、そして奇妙なシュメールの神話

ですが何故、其処にいた文明の要素による、唯単純な火星自体の上で戦われた戦争では無く、それが間惑星的な本質であった事を言及する様に、この戦争を「宇宙的」と呼ぶのでしょう?その答えは、第2章の中で見られた様に、奇妙な「間学術的(学際的/他分野)」な証拠の破片にあり、それはマリネリス峡谷と呼ばれる、火星の表面の膨大な切り傷です。

マリネリス峡谷
8Valles_Marineris.jpeg

この火星の独特の特徴への言及は、既に第2章において成され、そして神話、更に占星学的な逸話において、火星が「傷つけられた戦士」の太古の神話的な典型である、地学的な条件を満たし - バビロニアとギリシャにおける彼の別名、ネルガル、エアリー(牡羊座)、ヘラクレス(ギリシャ神話)は - 確かに戦士である事実が言及されました。傷のついた戦士です。

前述された全ての章の後、私達がこの検証において以前に言及した、太古のシュメールの神話、ルガル-エから、この切り傷への、とても奇妙な協力証言の可能性があるのは、私達をもう、驚かせさせ無いでしょう。

ルガル-エについて、以前に述べられた事をまとめると、それはニヌルタに対するアザグ(アンズー?)の反乱を記述し、そしてその後の、ニヌルタによる「石の目録/在庫管理」を記述します。しかしながら、私達は此処で、その他の特徴に注目を寄せます。その神話の中で、アザグは、「恐れの無い戦士」として言及され、その称号は、私達が見た様に、火星との暗示的な関連性を持ちます。ですが最も奇妙なのは、ルガル-エが、アザグを人では無く、以下の文章が示唆する様に、計り知れない力の物体で、ものと同一視する事です:

「アザグは、その戦いの最前線において攻撃するために、立ち上がりました。
その空は、その腰のための兵器として引き下ろされ、手の中にそれを入れ、
それは地上へと、蛇の頭の様な打撃を与え
・・・それは激怒して雄叫びを上げ
それは無敵の蛇の様に、人々の中からシュッシュと音を出し
それは高地において水を一掃させ、タマリスク(シオスギ)を流し去り、
地上の体に傷をつけました。
痛み深い傷を造りました

・・・
そして今日までその場所には、黒い燃え殻があります。

もし人が、「the earth’s body(土/地上/地球の体)」につけられた傷についての明言を、この特定の惑星(i.e.地球)への言及では無く、むしろ単純に、人の足の下の大地への、全体的で惑星的な枠組みへの言及として理解するなら、するとこの文章における、アザグのニヌルタに対する戦争の描写は、ホーグランドやその他によって検証された、火星の特徴にとても上手く当てはまります。

例えば、アザグが兵器として「その空を引き下ろした」と言う明言に加えて、それは、その「腰」のために意図され、「手の中に入れる」事が出来ると言う、その後に続く文章は、剣を示唆します。アザグの兵器は、第2章において論議された、ゼウスの神聖な稲妻、そしてニヌルタの神聖な雷の一種の様に現れます。それは正に、アンソニー・ペラットのプラズマのディスチャージ(解放/放電)の様に聞こえます。故に、それが造った、「その場所に黒い燃え殻が今日まである」切り傷は、惑星規模の割れた傷への言及で、「雷」によって造られた傷で、その焼き払う効果は、未だに目に見えます。マリネリス峡谷は、火星である「戦士の傷」に完璧に相応しく、それは雷、またはプラズマのディスチャージによって原因され、今でも目に見えます。ディスチャージのこの種は、加えて、「空を引き下ろす」と取られる(解釈される)事が簡単にでき、そして蛇の様にクネクネした雷の稲妻として「地上へと」撃たれた剣として理解出来ます。

ルガル-エの少なくともある一部の惑星的なコンテキスト(文脈)は、地球よりもむしろ、火星上の出来事に、上手く当てはまる様に現れます。

火星の「恐れ」:その月、フォボスとそのモノリス(単一巨石)

アザグを「物」とするこのコンテキスト(文脈)の中で、そして火星上で起こったルガル-エの一部のためのコンテキストとして、火星の小さな月である、フォボスの奇妙な特徴について、考えられるべきです。フォボスは、ギリシャ語において、その名前が「恐れ」を意味しますが、それ自体がとても奇妙な物体です。

火星の月、フォボス
1phobos.jpeg

(代用の写真:オリジナル=http://e.bookzz.org/g/Joseph%20Farrellのepub ファイル、443ページ)

火星の表面上に向いている、多かれ少なかれその月の右側に面した、大きなクレーターの部分を、上の写真から、慎重に吟味してみて下さい:

フォボスの大きなクレーターの接近写真
2Phobos.jpg

(代用品)

この写真の慎重な検証は、その大きなクレーターが六角形である事を明かします!

この特徴と、加えてその小さな月の、六角形のクレーターのすぐ下にある奇妙な溝は、再び、火星とその衛星には、唯の自然の地学的な行程以外の何かがある事を示唆します。私達が次の章で見る様に、この特徴の奇妙さは、フォボスから遥かに遠くのもう一つの月の上に、この特徴の正な類推が存在すると言う事実によって強調されています。

その月の奇妙さは、それだけに留まりません。以下の小さな「塔」、そして角張った、明らかに目に見える影はまた、フォボスからの写真です。

フォボス上の、小さな「シリンダー的(筒状の)塔」
3phobosmonolith.jpg

加えて、フォボスはまた、その月自体がまた「空洞」では無いのかと強く示唆する、それ自体の重力的な異例性を有します。実際に、ソヴィエトの人達は、彼等が地球のもっと大きな月に示唆した様に、火星の小さな衛星は、正にその全体性において、人工的な物体なのではないかと示唆しました。

そして、彼等がそう挑もうとも、赤い惑星(火星)とフォボスを探索しようとするロシア人達の試みは、とても大災害的な結果に見舞われ、その究極の例は、1989年5月25日の、彼等の火星探索機、フォボス2号の明らかに意図的な自滅でした。その探査衛星からの配信が、突然に終了する前に、その衛星は、その月、フォボスの直ぐ近くの、火星自体の表面上の影の中の物体の以下の写真を送り返しました。そのロシアの探査衛星はまた、その通信が永遠に失われる前に、今は有名に成った、火星の月の真下の長く、細い筒状の物体の写真を撮影しました。

1989年5月25日に、ロシアのフォボス2号によって撮影された、火星表面上に投影された筒形の物体の影
4phobos2shadow.jpg

言うまでも無く、ソヴィエト連邦は、これ等の写真を最初に、最も高い国家安全保障の機密に分類にしましたが、何らかの理由でこれ等の2つの写真を、米国と分かち合う決心をしました。この事実は、フォボス自体が人工的な月で、彼等の探査衛星は、その衛星の消失の直前に、それが撮影した筒状の物体によって、意図的に攻撃され、中立化(無効化)させられたと、何人ものロシアの科学者達に結論させました。

2つの宇宙計画の論説

任務のタイミングのオカルト(秘儀)的な土台

火星上の、その様な異例の存在と、そしてその小さな月(衛星)フォボスの上と - その周りの - 同等の謎めいた物体の存在は、特定的では無い方法で、一つは公のものであり、もう一つは深く秘密裡であり、隠された、2つの宇宙開発計画の論説に焦点を当てます。

その最も最近の形状において、2つの宇宙計画の論説は、元、宇宙飛行士で、物理学者のブライアン・オリィアリー博士や、そして勿論、リチャード C. ホーグランドの様な著名人達によって、提示されています。オリィアリーは、米国が - そして故に宇宙計画に携わるその他のあらゆるもの(組織)が - 米国政府の様々な諜報工作機関と米国空軍と連動して、<i隠された軍事計画を遂行していると主張します。この計画は、もしそれ以前からでは無いにしても、少なくとも NASA 設立当初から遂行され、そして頻繁に、その計画は NASA の任務の中に覆い隠され、そして時には NASA から全く独立的に単独で、その任務を遂行してきたと主張されます。オリィアリーは、この計画(秘密組織)が、一般大衆の眼からは厳重に隠された、それ独自の発射基地、乗り物(ロケット/宇宙船、etc.)、そして訓練された宇宙飛行士達の部隊を有すると主張します。

ホーグランドのヴァージョンにおいて、しかしながら、2つの宇宙計画は、追加的な要素を取り入れます。ラジオ番組のインタヴューや、彼のウェブサイトに見つけられる様々な論文の中で、宇宙計画の任務の多くが、特定の占星学的な状態、または(惑星的な)配列が起こる時に合わせてスケジュールされている様に現れると、ホーグランドは頻繁に主張します。彼は何十年もかけて、これがそうである、強力な、一応の証拠を収集しました。加えて、ホーグランドはまた、NASA の「黄金期」の宇宙計画の正にその名前 - マーキュリー計画、ジェミニ計画、そしてアポロ計画は - 占星学的、そしてオカルト(秘儀)的な重要性に溢れていると指摘します。ホーグランドとその他は、計画のロゴにおける、様々なメイソン的、そしてオカルト的なシンボリズム(象徴性)の存在、そして宇宙飛行士の部隊の中の、重度なメイソン達の存在、加えて、月面上におけるメイソン的な儀式の行いは、宇宙計画の秘密裡な、またはオカルト的な、隠された要素を示唆すると指摘します。

ホーグランドのエンタープライズ・ミッション

秘密裡の計画の目的:原始物理学と原始科学技術の回復のための探求

この重度なメイソン的な存在に加えて、多くの宇宙計画における、占星学的な配置の存在は、実際に、宇宙計画の背後の、秘密裡な、殆ど知られていない目的を示唆します。実に、著者、ウイリアム・ヘンリーが観測した様に、太古の科学と科学技術の回復のための探求は、以下の様に成ったとします:

「彼等の秘密結社の、本質的な特徴です。1752年11月に、フレデリックスバーグにおいて、ジョージ・ワシントンが、メイソンに成った時、彼は以下の言葉を聞きました:

「メイソンの正しいビジネス(関心事)は、占星学的、化学的、そして道徳科学で、そして更に特定的に、その上に見つけられる謎と昔話の全てと共に、古代人達です。

「私達はその流れを、神官の技術(魔法)から科学へ、神秘/謎から知識へ、例え話から本当の歴史へ変えましょう。」

早期の宇宙飛行士の部隊におけるメイソン的な存在と、そして過剰的で秘密裡の軍事計画の可能性に沿って均整が測られると、2つの宇宙計画の論説には、故に、もう一つの要素がある様に現れ、そしてそれはつまり、原始物理学的なものです。その宇宙的な努力の一つの目的は、上記に言及された、正にメイソン的な感覚における、「流を変える」事で、太古の物理学と、それに関連した科学技術を回復する事だった様に現れます。

もしそうであったなら、すると、それが暗示する事は驚きで、それが意味するのが、宇宙時代の到来の初めから、当時、存在していた証拠に基づいて、誰かが既に決定を下したと言う事で、この証拠はその様な科学技術が存在していたと示唆するには十分で、そして暗示的に、その様な戦争が戦われた事を示唆しました。公の領域においてその様な結論を補佐するあらゆる証拠が、隠蔽されたか、改竄されたのは、すると、合理的です。

端的に、NASA が、シドニアの人工的な本質、またはその他の火星の異例をはっきりと認めない理由は、それらが其処にある、以前の文明の示唆であるためではありません。それはむしろ、それらの(人工)遺物の神話的なコンテキスト(文脈) - 宇宙的な戦争のコンテキストがまた - 知られているためで、そしてそのコンテキストは、回復可能かも知れない、科学と科学技術の存在の可能性を示唆します。

シドニアの原始物理的なメッセージについてのホーグランドの見解

ホーグランドと、彼の同僚の幾人かは - はっきりとした形においてでは無い事は受け入れられなければなりませんが - シドニア(サイドニア)の構造の全体が体現するのは、失われた、「超次元的(hyper-dimensional)」物理学をコード化する幾何学(立体性)であると主張します。シドニアにおいて体現されたと、彼が信じる物理学の重大さについて、彼は言葉を濁しません:「私達が、今、信じるのは、それが含むのは、宇宙の原則的で構成的なエネルギー以外の何ものでも無い事で・・・その存在と - その利用の可能性は - シドニアにおける、「遺跡」の創造の正に主要な理由の一つであった事です。

ホーグランドの見解において、シドニアの構造物はこの物理学のコード(暗号化)されたメッセージで、彼はまた、そのメッセージが、「太古のエジプトの寺院と、此処、地球上の、その他の神聖な構造物において、コード化されている」のが響くと主張します。ですが、ホーグランドと、彼の同僚達がシドニアにおいて見つける、単なる「超次元的な」物理学の記録を超えて、その幾何学のためのもう一つの機能的な理由があるかも知れません。ホーグランド自身が、その地域が戦争において意図的に破壊されたかも知れないと言う、彼自身の提案によって、この機能について示唆します。彼自身が、 D&M ピラミッドに行われた特徴的なダメージを、この意図的な破壊の最良の例であると指摘します。ですから、其処に見つけられるシドニアの幾何学は、グレート・ピラミッドにおける幾何学の様に、その他の何らかの、無害/良性では無い目的があったのでしょうか?その構造物は、私が、私のギザの死の星の3部作の中で論議した様に、大規模で軍事的な構造物で、火星の D&M ピラミッドは、その敵に対して「空を引き下ろす」事が出来た、シュメールのアザグの、火星版だったのでしょうか?それは火星の「ロスタウ(地下トンネル)」の一種だったのでしょうか?

これ等の問いへの答えは、私が信じるに、ためらいがちな「イエス」です。

ですがそれらへの答えが何であれ、ホーグランドは、彼の研究において重要な事をし、その重要性を理解した人はあまりいません。彼が慎重に言った事を吟味する手間を取った人に、彼が指摘したのは、共通の建築的な形状を含み、地球と火星の間には、分かち合われた共通の文化的なマトリックス(母体)が存在すると言う事です。端的に、彼は、其処から見解されるべき、パンテオン(万神殿)的な宇宙戦争に、間惑星的なコンテキスト(文脈)を与えました。

そのシナリオに基づいた、運命のタブレットの、可能な位置:ギザ、イラク、そして火星

2つの宇宙計画の論説に、秘密裡の「原始物理学」的な要素がある可能性は、今、もう一つの重要な問いと可能性を浮上させます。この研究を通して見られた様に、その宇宙的な戦争の論説の「間惑星的なコンテキスト」が含むのは、地球、火星、そして私達が見た様に、土星、木星、そしてその他の衛星、更に最終的に、太陽自体を含む、私達の太陽系の地域的な空間を含みました。

第2章において見られた様に、プラズマのディスチャージ(解放/放電)の方法によって、惑星を大規模に傷つけるために十分な、物理学は存在し、そしてその物理学は、順を追って、より更に強力な物理学に連動される事ができ - そのスカラー(スケイラー)物理学において、惑星と太陽(恒星)は、その媒体(エーテル)におけるストレスの巨大で自然的なレゾネーター(共振器)として振る舞います。そして私達が第8章において推理した様に、運命のタブレットは - その宇宙的な戦争の原因であり、それによってその戦争が戦われた主要な方法であるそれ(運命のタブレット)は - それらの凄まじい資源(エーテル)を利用した科学技術における、究極的な構成要素でした。この研究の第2部に記述された様に、それらのタブレットの構成要素は目録され、そしてその幾つかは、その勝者によって、ある意味、「原始太古のペーパークリップ作戦」の様に、その他の場所に持ち帰られ利用され、その他は、それらの破壊的な力と、それらを破壊する事の不可能性のために意図的に隠され、そして幾つかの構成要素は永遠に破壊されました。その話のそれら全ての特徴に、深遠な真実の響きがあるのは、第二次世界大戦の直後に正にその様な出来事が起こったためで、連合軍がナチスの戦争マシーンの武器庫のエキゾチックな科学技術の目録を造ったためです。それらの幾つかは、その他の場所で応用されるために持ち運ばれ、幾つかは永遠に破壊され、そして失われ、そしてその他の幾つかは、その破壊のための凄い効能のために、隠されました。その平行線(類似性)は驚きで、そして太古の神話の下にある真実味を響かせます。

そしてその太古の神話は、私達の近隣の惑星的なご近所からの異例なデータによって供給された、この間惑星的なコンテキストに対して見解されると、それらの消失している幾つかの構成要素のための、おおよその位置の再構築を許します。以前にも見られた様に、その神話がとても明らかに示唆するのは、現代のイラク、そしてギザ、またはエジプトのその他の「太古の神聖な環境」が、土と砂で何ヤードも埋められた、何時の日かこれ等の構成要素が発見されるかも知れない位置であると言う事です。ですがまた、もう一つの場所であるかも知れないのが火星で、恐らく月もまたそうです。もし2つの宇宙計画の論説が真実であるなら、恐らくこれもまた、その秘密裡の任務の目的の一つでしょう。

失われた科学技術のリモート・ヴューイング(千里眼):ハータックと顔が暗示する事

そしてこれは、最後の可能性を浮上させます。

火星の「顔」と、それを囲む関連した物議の全ては良く知られている間、ヴァイキング探査衛星がシドニア(サイドニア)の地域を最初に写真撮影する以前に、それが見られていた事はあまり知られていません。良く知られた古代研究者で、秘儀主義者のジェームズ J. ハータック(Hurtak)博士は、ヴァイキング探査衛星が火星に着く以前に、正にその様な物体をリモート・ヴュー(遠くに離れた場所から見る)したと主張しました。

私が、その様な教義の、スピリット的な影響力、そして成り行きに、個人的に懐疑的である間、私は、それらの現実性、またはそれらの正確性さえ、疑いません。故に、ハータックが、実際の公の、公表の日付けの遥か以前に、彼に利用可能に成った、科学的な方法によって収集された情報を、唯単に公表していたかも知れないと言う事が可能な間、私はこの説明に懐疑的ですが、それらが、ヴァイキングの写真が取られる以前に、それが一般大衆に知られ、雑誌やラジオのトーク・ショーに取り上げられる以前に、本の中に出版されたので、ハータックの主張を此処で、表面上の価値として受け取ります。

ハータックの火星の顔の見解は、故にもう一つの不穏な可能性を浮上させ、それは様々な国々の軍部、そしてまたエキゾチックな科学技術を研究している大企業によって、現在利用されていると知られているもので、そして、つまり、その様な科学技術が、その様な行程を通して、位置特定されるかも知れないと言う事です。そしてそれは、探査衛星が実際に送られる遥か以前に、その様な行程が、火星の科学技術的な探求を導くために利用されていた可能性を浮上させます。もしそうであるなら、それは2つの宇宙計画の論説に、もう一つの影を落とします。誰かが、何処かで、見解するための同じ行程を使って、その宇宙的な戦争の原因である、運命のタブレットの消失している構成要素を全体的に探す事を試みるのは、時間の問題でしょう。

そしてその後は、唯一、時間の問題に成るでしょう・・・

土星の輪の主

「非常識」とさえ言われる論説を提示する事無しで - 一種の理解可能なストーリーの線(推理的な部分)へと、様々な収集された事実の全てを、一つに編み込む事無しでは - 「科学」は唯単に、リストを生成する事に成ります・・・」
- リチャード C. ホーグランド

この最後から一つ前の章の、主要な集中を形成するのが、シドニアの顔と、火星のその他の異例、そして地球の月でさえも含む、ホーグランド自身が、この太陽系における「最も混乱させられ」、そして「最も重要な題材」とまっとうに呼ぶ事についての彼の思考のために、彼のウェブサイトに投稿された様々な記事から - 実際に小論と呼べますが - この章のための題辞が取られたのは、恐らく公正です。実際に、火星のとても小さな月、フォボスと、地球自体の巨大な月は、人工的な起源の可能性を示唆する異例性を見せる、唯一の衛星ではありません。問われるべき「最も混乱させられる」そして「最も重要な題材」は土星の「月」、イアペタスで、そしてイアペタスを「月」として限定するための理由は豊富に明らかに成るでしょう。

ホーグランドの明言は、景色のある月:アーサーは何を知っていて、そして彼は何時それを知ったのでしょう?と題された論文のシリーズから来ていて、その副題は、国際的に有名で、尊敬されたSci-fi作家、アーサー C. クラークが、土星の多くの衛星の一つについての、異様な事実のカタログについて、そして最もおかしな事実について、最初に推理した、奇妙な事実を反映しています。クラークは、彼のとても有名なフィクション的な小説、2001:宇宙オデッセイの中でそう記述しましたが、その作品は、私達がこの章の中で検証する多くの写真が撮影された約30年以前に、記述されました。ホーグランドの研究は全体的に、土星の「月」イアペタスについてです。

私達は、この本の中で、太古の神話における、火星と土星の奇妙な関連性に、既に出くわしました。ですがその関連性は、通常、これに関して考えられる、占星学的な関係を遥かに超えて行くものです。その関係は、実際に、宇宙的な戦争自体に関係していて、そしてそれにおける土星の役割に関係しています。この役割は、ギリシャ神話の土星を考える事によって、現されるでしょう。

ギリシャ神話における土星:タイタン達との戦争

ホーグランドは、ギリシャ神話における、土星の役割を、以下の方法でまとめます:

「(土星の月)イアペタスは、現在知られている、土星の33個の衛星の17番目で、そして最も大きいものから3番目です。それは、ウラヌスの息子で、プロメテウスとアトラス(その後者は「人類の父」と呼ばれます)の父である、タイタンにちなんで名づけられました。故に、ギリシャ神話において、イアペタスはまた、「ホモ・サピエンス・サピエンス(現代人)」の先祖で・・・創始者でもありました。
・・・
「現在の土星の主要な月の名前は、ギリシャ神話の中で「タイタン達」と呼ばれる「超種族」のグループから取られ、1847年に、サー・ジョン・ハーシェルによって、それらに与えられました。イアペタスとその他の(当時)知られていた6つの月のための、ハーシェルの学名命名法は、土星(ギリシャ語で、クロノス)とタイタン達の理論的な関連性に基づいていて;ハーシェルは、そのパンテオン(万神殿)に敬意を表する儀式を続け、(当時)最大の土星の月を「タイタン」自体と命名しました。」

ですがクロノスは(土星のギリシャ語の名前の文字通りの翻訳を与えると)タイタン達の父だけであったわけではありませんでした。ギリシャ神話の中で彼は、ゼウス以前の「最初の神」で、そして彼は、タイタン達の反乱によって、(王座から)引きずりおろされ、彼等は、注目してもらいたいのは、巨人達の種族であった事です。

ですから言葉を変えると、土星に関する、神話的な概念のマトリックス(母体)の全体は - 少なくともギリシャ神話において - 正に万神殿における太古の宇宙的な戦争で、その戦争はそのギリシャ版の中で、明らかに反乱と、タイタン達と呼ばれる身体的に大きな人間型の種族と関連させられています。そしてイアペタスは、正にこれらのタイタン達の内の一人です。タイタン達は、クロノスに対して反乱し、最終的に彼を引きずりおろし、そして順を追って、ゼウスによって引きずりおろされ、彼(ゼウス/木星)はその後、ギリシャの万神殿における、最も親しみのある主要な神に成ります。人は故に、ホーグランドの論文の副題を、より適切な問い、「太古のギリシャ人達は何を知っていて、そして彼等はそれをいつ知ったのでしょう?」を含むように、公正に変更出来るかも知れません。

ホーグランドは、万神殿における、この太古の宇宙的な市民戦争と、土星とイアペタスの関連性を記述しますが、私達が見る様に、究極的にとても異なった論説を好みます。私の意見においては、しかしながら、タイタン達に対する戦争の、神話的なコンテキスト(文脈)は、それからイアペタスの異例性を見解し、そしてそれからそれらを説明するために、ホーグランドが推進する様々な論説を吟味する、本質的な背景を形成します。

イアペタスの異例な軌道的メカニクス

地球の月の様に、土星の「月」イアペタスは、それが目的も無く太陽系にさ迷い入って、土星の重力によって「捕われて」「月に成った」と言う、物理的なメカニクスを、殆ど不可能にする軌道を有します。そしてイアペタスの場合、その巨大な惑星の形成の歴史の初期の段階において、土星から「融合」または分離しなかったというのは、誰しもが認識する不可能性です。1671年に、天文学者であったカッシーニが最初にその小さな衛星を発見して以来、土星の周りのその軌道は謎でした。土星のその他の知られている衛星とは異なって、イアペタスの軌道だけが、土星の赤道から、約15度傾いていて、土星のその他の衛星は、全て、赤道上で軌道しています。そして地球の月と同様に、土星のイアペタスはまた、土星の周りを公転しながら、それ自体の地軸で自転しますが、一方の半球が常に土星に面し、もう一方が常に土星から逆向きに面する様に軌道します。

ですが、それらはイアペタスの、異例的な軌道のメカニクスの、最も特徴的な異例性ではありません!ホーグランドの驚きの結論的な観測に相応しい様に、より広い物理学的なコンテキスト(文脈)において、彼の結論的な記述を置くために、その軌道的なメカニクスの、その他の奇妙な特徴を、その全体性においてまとめる、ホーグランドの記述を引用するのが最良でしょう:

「イアペタスが人工的な「月」で - そして意図的にその様な軌道に入れられたかも知れないと言う - (驚きの)可能性が、一度、受け入れられると、その特徴的で、鋭い傾き(ディオネ、リア、etc.の、その他の同様なサイズの土星の衛星に比較して)の「偶然(自然)的」な本質は、意味を成さなくなります。

「ですが、同等に「偶然/自然的」なのは、イアペタスの傾いた軌道の形で・・・そして、その土星からの正確な距離です。

「イアペタスの軌道は、極度に円に近く - 」

地球の月の影です(同じです)!

「(イアペタスの軌道は)完全な円から、3%以下の、たった0.028の偏心性です(比較すると、私達の月の軌道の偏心性は・・・0.0549、または6%で、本質的にイアペタスの偏心性の2倍です!)

「殆どまん丸の、とても高度に傾いた軌道が、「偶然の偶発」を通して起こったと言うのは、もしその様な低い偏心性(まん丸)そして高い傾きを達成する媒体が、イアペタスが形成していた時の、「偶然の」衝突的な出来事であると言うなら、本当に(偶然を)言い過ぎです。」

その様な軌道的なメカニズムが、地球の月が人工的な衛星で、現在の位置に「ブレーキ」され「駐車」されたと言う、急進的なアイデアのために、幾人かの科学者達によって推進された、強い意見である事を思い出して下さい。言葉を変えると、もし人が、月の軌道の完璧な円形と、その軌道的なメカニクスがまた、地球に向けて片方の半球(面)しか見せない事実に基づいて、月は地球の周りの軌道に人工的に操縦されたと言う意見を推進するなら、イアペタスと土星の場合は更にそうです!

「そして、更にまだあります。

「鋭い読者は、前述の言及から既に気付いたでしょうが、イアペタスの軌道は、土星から60ラディイ(正確には、59.09ラディイですが)未満、離れていて・・・この0.15%の差異は - 元々意図されたラディイは、正確に60であったとする、人工的なモデルを基にすると - 土星(の周り)の軌道において、イアペタスが(デザインされた「基地」として)「駐車」されてから、どれだけドリフトした(離れた)かを体現します。土星/太陽の(引力?)の波、またはその他の力による、そのドリフト(移動)の率は - クレーターの数を数える事以外の - このシナイリオの全体が、実際にいつ起こったのかの、おおよその推定のもう一つの方法を与えます・・・」

ホーグランドは此処で、イアペタスが土星から約200万マイル離れて軌道する事実に言及し、それは土星の直径の殆ど正確に60倍です。そしてその数字、60は、とても親近感があるべきでしょう:

「土星からの「理想的」な距離がまた、「偶然にも」60に基づいていて - もう一つのテトラヒードロン的な数字で - 約6000年前のシュメール文明において最初に突然、現れました・・・」

言い換えると、イアペタスの軌道的なメカニクスは、大々的に人工的で、そしてシュメールとの関連性さえ有しました!

あたかもこれだけでは十分では無いかの様に、ホーグランドは、イアペタスの軌道が、単純に、あらゆる自然的なモデルでは説明出来無いと言う要点を更に強調するために、更に数字を計算します。

「もし貴方が、イアペタスの軌道の傾き(15度)を取って、土星からのその距離、60ラディイでかけると、その結果はイアペタスの直径の、現在の(カッシーニ探査衛星の)3重軸(triaxial)測定の平均で - ~900マイルです!」

これ等の数字の全て - イアペタスの大きさ、土星からの距離、そして軌道的な傾きは - 「独立的な変数(variables)」です。それが意味するのは、それらの何れも自動的に相互関連しない、または衛星形成のどんな現在の論説にも指定されないと言う事です。ですが、何らかの理由で、土星の周りを軌道する奇妙な「月」、イアペタスにおいて、それらは一緒に存在します。これは単純に理解不可能で、そしてそれが偶然的に起こった可能性は - 特にマイルにおいて表現されたイアペタスの実際の直径の結果している事において、(本当に確率が)「天文学的」で -

「もしそれがデザイン(意図)されていなかったとしたらです。」

ですが自然的な衛星のための、統計学的に不可能な、軌道的なメカニクスは、イアペタスの人工性のために進言される論議の大部分の、最も小さいものです。何故かを理解するために、人は、実際にイアペタス自体を見てみなければならず、その検証は、歴史においてつい最近の、探査衛星、カッシーニの任務と、そしてその「月」の多くの極度に異常な写真によって、唯一可能にされました。

イアペタスの異例な地表の特徴

月の「陰陽」

イアペタスの異例な特徴の、私達の説明は - 私達は、ホーグランドの素晴らしいシリーズの中で、彼によって上げられた幾つかしかカタログしませんが - この「月」が、2つのはっきりと異なった地域、「暗い」地域と、「明るい」地域を持つ事実から始め、つまり、高いアルベド(反射能)と反射力の地域、単なる写真の悪戯では無く、実際に、その小さな「小惑星」に存在する地域です。更にもっと奇妙な事に、これ等の地域は相互的に侵入し合う大まかな日月食で、(探査衛星)カッシーニによって、以下の写真が取られ、科学者達が見た後に、そのパターンはイアペタスに、「陰陽」の月と言う、あだ名を会得させました:

イアペタスの陰陽
1IapetusYinYang2.jpg

そして人工性を示唆するもう一つの特徴があり、それは私達が以前に出くわしたもので、地球の月と、そして再び、更なる大きな度合で、火星と、その小さい月、フォボスにおいてで:六角形のクレーターです。

六角形のクレーターが、何度も、何度も

カッシーニ探査衛星の以下の写真を慎重に検証すると、イアペタスの数々のクレーターは、実際に、風化した六角形である事を明かします。

イアペタスの六角形のクレーター
2iopetus.jpg

イアペタスが明らかに隕石的な爆撃の対象であった間、「その大きな構造的な幾何学(立体性)は - 様々なスケール(規模)において - 文字通り、一体として保たれた事を、反復的に明かした」と、ホーグランドは観測します。

暗黙的に示唆的な偶然?イアペタスの「赤道的な尾根」

土星の「月」の、もう一つのカッシーニの見解(写真)は、「自然的」な物体とされるにしては、更にもっと高度に異例的な特徴を明かし:イアペタスの赤道の全体の長さに連なる尾根、または「壁」で、真っ直ぐな線で、前述の写真の中で、丁度(六角形と知覚可能な)2つの大きなクレーターの真下に見える特徴で、そして以下に続くクローズアップにおいて、もっと更にはっきりとした盛り上がりです。

イアペタスの赤道的な「尾根」のクローズアップ
上記の六角形のクレーターの写真を参照して下さい。

イアペタスの「尾根」の全体像
4iapetuscassinibig.jpg

再び、この写真への繊細な注意は、更なる2つの特徴を明かします:(1)既に以前に記述された六角形のクレーター、そして(2)赤道的な「尾根」が、3つの平行的な構成要素によって構成されている様に現れる事実で、その事実は直ぐに幾つかの重要性を持つでしょう。その尾根自体については、その高さが、約6マイルと推定され、そしてその幅は、それよりも少々大きいとされます。この特徴は、「太陽系における、最大級の直線的な特徴」であると、ホーグランドは注目し、その事実が、何らかの科学的な緊急性を必要とするのは、何故なら「惑星的な半球の全体に伸びる、6,000フィートの高さで、60,000フィートの幅で、4,000,000フィートの長さの「壁」を説明する、実行可能な地学的なモデルが無いためで・・・その赤道上の正確な領域に位置する事は言うまでも無くで、です!」そしてその「尾根」を構成する様に現れる3つの平行的な線についてはどうでしょう?ホーグランドは、言葉を濁しません:「自然が通常、真っ直ぐな線を創造し無いのは、よく知られた決まり文句です。もしそれが本当なら、するとそれ(自然)は、お互いからだけでは無く、その惑星の文字通りの赤道から平行に伸びる、それらの3つ(の線)を創造しません。

イアペタス
3iopetusdathstar.jpg

ホーグランドの小論:Moon with a View:
Or, What Did Arthur Know… and When Did He Know it?
風景のある月:
または、アーサー(C. クラーク)は何を知っていた・・・そしていつ彼はそれを知ったのでしょう?

 

イアペタスの平らな平面/領域のエッジ

あたかもこれが十分では無いかの如く、(探査衛星)カッシーニの写真は、イアペタスが全く球体では無く、「潰れた」球体でも、楕円形でも無い事を明かします。この特徴は、その「月」が、土星からの反射された光によって、照らされた時に、カッシーニによって撮影された時、その異例な栄光は、その明らかな全て(全容)において、撮影されました。

イアペタスの真っ直ぐな平面のエッジ
1iapetusplane.jpg

それらの真っ直ぐなエッジのもう一つの見解は、異なった視点における、クローズアップの写真から見る事が出来ます。

イアペタスの真っ直ぐなエッジ
2Iapetusterminator.jpg

地平線を慎重に見ると、これ等の真っ直ぐなエッジは再び、明らかに観測可能です。イアペタスは、言葉を変えると、球体でも、楕円形でさえもありません。または、ホーグランドが言う様に、「言うまでも無く - 自然的な惑星、または衛星は、鋭く、はっきりとした真っ直ぐなエッジを持って現れません!」そしてそれらの効果は、再び、何らかの写真的な失陥によるものではありません。この様点を強調するために、ホーグランドは、NASA 自体の報道の公表を引用します。

イアペタスが何であれ、それは明らかに月でも無く自然的な衛星でもありません。それは - 膨大なサイズの - 人工的な体で、土星の周りの人工的な軌道に置かれました。NASA が、探査衛星カッシーニに、その「月」の何百枚もの写真を撮らせた事実自体が、私達がたった今、発見した事:つまり、イアペタスは何らかの理由で、「球体的」な月などでは無く・・・実際に・・・それは全く「月」などでは無い事!を、NASA もまた、疑っていたと言う事を示唆すると、ホーグランドは観測します。

ですが、この研究と、それが推進する宇宙的な戦争の論説の見解から、神話自体によって示唆される様に、その戦争における参加者は、土星を含んだと言う協力証言的な証拠として、イアペタスは理解されなければならず、今の処、イアペタスと共に、私達は、破壊的な本質の戦争を行うのに、十分な先進的な科学技術を持つ、明らかな文明の証拠を有します。これは、しかしながら、使用された酷い兵器が何であれ、イアペタスがその構成要素であったとは示唆せず、単に、その働きをするために十分な科学技術がその昔、存在していた事を示唆します。

ホーグランドの、イアペタスを説明するための、3つの論説

1.「アーク(箱舟)」の論説

ホーグランドの風景のある月の論文の、あらゆる検証が、その当否を決定する事が可能では無い間、その論文の中の200ページを超える分析の、彼がとても慎重にカタログした、イアペタスの異例性の検証は、太陽系における全ての異例性の中の、この最も究極な異例性を説明するための、彼自身の論説を、簡単にまとめる事無しで、完全に成る事は出来ません。ホーグランドは、イアペタスの人工的な起源のための、彼の論議の主要な点を、3つの基本的な事実、または、彼がそう呼ぶ様に、「証拠展示」へと煮詰めます:

「証拠展示#1:混乱させられる、高度に幾何学的(立体性)で、正確に赤道的な~60,000フィートの高さの「イアペタスの壁」。

「証拠展示#2:この「月」の表面の全体に渡って見られる - 同等に驚きで、同等に不自然な、直線的な幾何学

「証拠展示#3:疑う余地無く、私達の最も驚きのイアペタスにおける発見で - (今の処・・・)太陽系の全体において独特で:

「(避けがたい重力的な緊縮のために) - その幅が約250マイル以上の自然的な月は、球体でなければならないはずなのに - そう成る代わりにイアペタスの全体的に900マイルの幅を超えるその形状は、高度に幾何学的で・・・特に、風化して、先端を切断された二十面体(isocahedron)であるのは明らかです!」

この惑星的な異例性を、ヴァン・フランダースの、爆発した惑星の論説の背景に対して見解し、ホーグランドは、彼の最初の論説を推進します:

「この驚きの物体は、「箱舟」として意図的に建設され - 人工的で、世界規模の宇宙船で、世界(惑星)全体の迫り来る超次元的(hyperdimensional)な爆発、今はもう存在し無い、以前は太陽系の主要な構成要素であった:惑星 V の破壊から、出来る限り多くを救出しようとデザインされました。その出来事は、必然的に、大災害的に、(私達に比べて)更に極度に先進的に発達した、太陽系の全体規模の文明の、正にその存在さえも脅かし、それ(その文明)は、私達(とその他)が - 数々の蓄積された証拠から - 私達(の文明)より、文字通り数百万年以前に、台頭した)と提案しました。

ですが、もう一つの、更に不穏な可能性があり、それは恐らく、読者も既に気付たでしょうが、そのイメージは、私達自身の、現代の「神話」と、映画製作の最も有名なプロデューサーと映画監督の一つの、豊かな話を伝える想像力から来ています・・・

2.「死の星」の論説

ホーグランドは、この驚きの類似性に全く気付いていなかったわけでは無く、そして実際に、とても忘れられない視覚的な比較で、彼の次の論説の、驚きの本質を捕えました:

ホーグランドのイアペタス-死の星の比較
3iopetusdathstar.jpg

5deathstar.jpg

私が最初にホーグランドのウェブサイトで、この比較を見た時、私は文字通りにあっけにとられてしまった、と告白しなければなりません。ホーグランドでさえ、この時点で、何をアーサー C. クラークは知っていて、そして彼は、何時それを知ったのかを、不思議に思うだけで無く、スター・ウォーズのプロデューサーで、映画監督のジョージ・ルーカスが何を知っていて、彼は何時それを知ったのかと言う、過剰の問いを尋ねなければなりませんでした。私がその他の場所で記述した様に、スター・ウォーズの「神話」と、太古の神話自体の間には、数々の平行線が存在しています。「アナケン・スカイウォーカー」の名前でさえ、シュメールの用語、「アヌンナキ」の大まかな類韻(音の類似)で、シュメールの神話において、天界から降臨し、そして人類を創造し、そしてその後、彼(人類)に、文明を教えたとされる存在です。

ホーグランドは、彼の第2の論説のケース、彼の「死の星」の論説を、この方法で推進します:イアペタスは

「実に「死の星の世界」で - その同じ文明によって、戦争の道具として創造され(それ(戦争)は今でも人間達の主要な職業で、そうでしょう?) - その「道具」は、昔、昔の、大昔に、太陽系における何らかの想像しがたい戦争において使用されました・・・

「イアペタスは、殆ど想像不可能な - 文字通りの「天界の戦争」である - ホロコーストを創造するにおいて、何らかの道具であったかも知れず、それは究極的に、その同じ運の尽きた世界の意図的な破壊に結果したのかも知れず・・・イアペタス自体もその結果によって囚われたのかも知れません。永遠に沈黙した墓として、土星の周りの、永続的で、独特の軌道において、今は永遠に囚われているのかも知れません・・・」

この時点で、ホーグランドは、彼が最も好む、彼の第3の論説を提示し、それらの十分な説明力の欠如のために、その他2つ(の論説)を却下します。

3.「寺院」の論説

この第3の論説は、イアペタスが一種の「寺院世界(temple world)」とデザインされ、様々な「超次元(hyper-dimensional)」的な物理学と、数学を「神聖化」するモデルの、その正確で軌道的な位置に置かれた(配置された)とします。端的に、それは、「レスキューのアーク(箱舟)」と「死の星」の論説が説明出来無い、イアペタス上の幾何学(立体性)と、その軌道的なメカニクス(機械性)の存在です。

この最後の論説を推賞する多くの理由があり、ホーグランドの論文の全体を通して、彼の十分に詳細な記述から明らかに示唆されますが、彼が特定的に記述しない何かを含み、それは、彼がこの論説を提示した際に、確かに彼のマインドの中にあったはずで、それはつまり、その「寺院の論説」が、私達がこの本の中で吟味した、太古の神話において見られる、宗教的な世界観の一種と確かに重なり、その様な数学的な関連性を正確に体現する、メソポタミア、エジプト、そしてその後のグレコ-ローマン(ギリシャ-ローマ)の没頭と平行します。これは、「箱舟の論説」が(説明)出来ない事です。

ですが、私は大胆にも、「死の星」の論説が、これ等の幾何学を説明出来ると提案し、何故なら、此処においてでだけで無く、私の以前の著書の中で、繰り返し論議された様に、スカラー(スケイラー)物理学に基づいた、あらゆる兵器システムは、それらの地域的な時空間(space-time)の幾何学の、最も効果的なレゾネーター(振動/共振器)に成るために、可能な限りその構造の中に、出来る限り多くの、地域的で天体的なシステムの、幾何学的な類推と、それらのメカニクスを取り入れるためです。人が、その様な余剰と、その様な軌道的なメカニクスを予測するのは、それらが兵器システムのための、機能的な目的を果たすためです。同様に、私達がこの本の中で指摘した様に、その様な物理学は、一つで同じシステムの中で、強力な間惑星的な通信の土台にする事もまた、出来ると言う事です。ですから、もう一つの可能性は、イアペタスがその様なネットワークの、何らかの構成要素、または「機能の土台」を形成するかも知れないと言う事です。

加えて、ホーグランドの「死の星」の論説は、彼の「寺院の論説」とある共通性を分かち合い、つまり、それが完璧な意味を成す神話的なコンテキスト(文脈)が存在する事で:大昔の巨人達で、「最初の神」クロノス、土星を、引き摺り下ろす、タイタン達の戦争です。この事実は、この本の前述で観測された様に、土星は頻繁に、何らかの理由で、歴史において忘れ去られてしまった何らかの理由で、戦争の神である、火星と連携されて描写されます。この光の下で見解されると、恐らくホーグランドは、彼の「死の星」の論説を素早く却下し過ぎたのかも知れません。

何であれ、太古の間惑星的な文明と、戦争のための、地球外生命体的な証拠の、私達の検証は、今、完結しました。唯一、最後の一つの問題が残ります:その(出来事の)観測者達/目撃者達と、(その戦争の)戦闘員達の古さです・・・

(インドの)ヴィーディックの文学(記述)から、私達は人類がとてつもない古さであると言うアイデアを得ます。人間の古さについて、存在する化学的な文学の中における徹底的な調査を行う目的のために、とてつもない時間の期間の間、様々な人間の様な、そして猿人の様な存在があったと言う、ヴィーディック的なアイデアを、論説の形状で表現しました。
- マイケル・クリモー

禁じられた考古学:マイケル・クリモー
http://www.mcremo.com/
http://www.forbiddenarcheology.com/

マイケル A. クリモーとリチャード L. トンプソンの、大量で、有名な研究を、一つの短い章の中にまとめる試みは、始めから失敗すると解っています。オルタナティヴな先史学と人類学の、彼等の権威ある研究、禁じられた考古学は、900ページ以上にも及びます。その「短縮された」ヴァージョンの、人類の隠された歴史自体でさえ、300ページを優に超えます。

しかしながら、人は、宇宙的な戦争の論説、そして彼等自身のテーゼのために、それが何を示唆するのかの立ち位置から、彼等の研究に近づけるかも知れません。クリモーとトンプソンは、人間の起源と古さに応用された科学的な手法の、「社会学的、哲学的、そして歴史学的な批評の」最も広い感覚において、彼等の研究に取り組みました。彼等の基本的なテーゼは、基準的で学術的なモデルが許す以上に、人類は更に遥か、古く、故に、これは現代の進化論との直接的な対極に彼等を位置付けます。再び、此処はその論説(i.e.進化論)への、彼等の批評を検証する場所ではありませんが;しかしながら、その文献において、頻繁に数世紀、またはそれ以上遡る、考古学的な証拠の彼等の詳細な再検証の結果として、「進化的な論説の「事実」」とされるものは、論議と観測的な主張のネットワークでしかないと、彼等は結論します。

その赤道上に、3本の平行線の溝がある、南アフリカから出土した、金属製の球体(写真:ロエルフ・マルクス)。その球体は、28億年の古さと言われる、先カンブリア時代のミネラルの堆積の中で発見されました。[禁じられた考古学、813ページ]
1sphere.jpg

このコインの様な物体は、イリノイ州のロウン・リッジ付近の井戸の掘り下げの中から、地表から約114フィートの深さで発見されたと報告されました(ウィンチェル、1881年、170ページ)。イリノイ州地学調査によって供給された情報によると、そのコインを含んでいた地層は、200,000年前から400,000年前の間の古さです。[禁じられた考古学、801ページ]
2cents.jpg

ペンシルヴァニア州のフィラデルフィア近郊の採石場からの、大理石の塊の中から発見された、浮彫りにされた文字の様な形です(コーリス、1978年第19巻、361ページ)。その大理石の塊は60-70フィートの深さの、5-6億年の古さと年代測定される地層から出土しました。[禁じられた考古学、797ページ]
3lettr.jpg

レックの頭蓋骨
人間の起源に関係した最初の重要なアフリカの発見は、1913年に、ベルリン大学のハンツ・レック教授が、タンザニアのオルデュヴァイ渓谷の、第2層の上部から、人間の頭蓋を発見した時に起こりました。近代的な根代測定の方法は、この現場に、約115万年前の、前期更新世後期の年代を与えます。「その人骨が発見された層は、(穴などを掘って)乱されたサインは一つも見せなかった、」とレックは述べました。

その頭蓋は、上に重なった堆積土の蓄積の多大な重さから、圧力によって歪められました。1933年に記述していた、W. O. ディートリックは、その頭蓋のこの(歪められた)特長は、それが最近の浅い埋葬である事に反対して主張すると明言しました。イェール大学の、代表的な人類学者、ジョージ・グラント・マッカーディーは、レックの発見が、正真正銘と考えました。[禁じられた考古学、630-631ページ]
4reckless.jpg

この解剖学的に近代人の頭蓋(サージ、1884年、プレート1)は、1880年に、イタリアのカステネドロで発見されました。それが発掘された地層は第三紀最新世のアスティアン段階と年代測定されました(オークリー、1980年、46ページ)。現代の権威(ハーランド et al, 1982年、110ページ)によると、アスティアンは第三紀最新世の中期に帰属し、それはその頭蓋に300-400万年前の古さを与えます。[禁じられた考古学、424ページ]
5cdolo.jpg

1892年の8月、ユージーン・デュボアは、中央ジャワのトリニル村の近くの、ソロ河の土手で、化石化された、人間の腿の様な骨を発見しました。この場所から45フィート離れた処で、彼は頭蓋の天辺と奥歯を発見しました。デュボアは、その奥歯と、頭蓋と、腿が、全て同一の存在から来ていると信じました。しかしながら、それらの骨が、多くのその他の動物の骨が見つかった層において、頭蓋が発掘された場所から45フィート離れている事実は、その腿の骨と頭蓋が、同じ生き物、または同種の生き物のものであったと言う主張を疑わしくします。1895年に、デュボアは、彼の発見を、ベルリンの人類学、民俗学、そして先史学の学界で公表しました。その学界の会長、ヴァーチョウ博士は、その腿は人間で、その頭蓋は猿人に帰属すると宣言しました。彼の人生の後期に、デュボアは、その頭蓋が、進化論者達によって、人間に親密に関係しているとは考えられていない霊長類である、大型のギボンに帰属すると考えました。ですがこの「ミッシング・リンク(消失している中間)」の概念は、今日でも推進されています![禁じられた考古学、464-465ページ]
6javman.jpg

クリモーとトンプソンの、進化論に対する批評の端的な再検証

基準的なモデル(通説)のドグマ(教義)に関する発見の一つはジャワ「原人」の発見でした。

「一般的に、800,000年前の時代を与えられる、更新世の中期です。その発見はベンチマーク(規定指数)と成りました。その後、科学者達は、同等の古さ、またはそれより古い地層から、解剖学的に現代人の人工的な化石、または遺物を見つけ無いと推測しました。もし、彼等(または、彼等より賢い誰か)がそうした(遺物を見つけた)なら、それは不可能で、その発見を何らかの過ちであり、幻想であり、または詐欺であると、結論したでしょう。ジャワ原人の以前に、しかしながら、著名な19世紀の科学者達が、とても太古の地層の中で、解剖学的に現代人の頭蓋骨的な遺産の幾つもの例を発見しました。」

ジャワ原人の「進化的なベンチマーク(基準)」以前からの人間の遺骸に関する科学者達からの報告や論文を指摘した後、クリモーとトンプソンは、基準的(通説的)な論説を補佐する同様な論文や報告が存在する事を、観測します。

「しかしながら、もし人が、その報告の最初のセットを受け入れるなら、

「すると、私達は、始新世や中新世の様な、遥か昔の地学的な時代における、知性的で道具を造る存在(原始の人間)の存在を認めなければなりません。もし、これ等の報告の中で表された人骨的な証拠が受け入れられるなら、私達は更に追求し、それらの遥か遠くの期間における、近代的な人間の存在を認めなければなりません。これは、人類の進化の近代的な理論に反するだけで無く、新生代における哺乳類の進化の全体の構図に、大きな疑いの影をおろします。

中新世の時代は一般的に、約、2,500万年前から500万年前までとされ、そして始新世の時代は、5,000万年前、または5,500万年前から4,500万年前までとされます。故に、クリモーとトンプソンの研究は、当初は,文献において広く報告され、その後、忘れ去られた、または最悪には隠蔽された、「進化論以前」の証拠の確認可能なカタログの、幸いな利点を、その読者達に供給します。何にせよ、彼等は、現代の基準的なモデルが支持するよりも、実に遥かにもっと古い人類の起源の大量の証拠を概要します。

宇宙的な戦争の論説に取って、しかしながら、人類の古さは必然です。説明されなければならないものはむしろ、この「原始太古的な人」の文化的な達成の有無で、私達が既に見た様に、もし人がヴァン・フランダースの爆発した惑星の論説の日付けを、年代的なベンチマークとして受け入れるなら、3,200,000年前と65,000,000年前の間のある地点において、戦争を行うために - 人間であれ、それ以外であれ - 十分に発達した文明が存在していた事を、その戦争の論説が必要とするためです。この問題は、クリモーとトンプソンは、その宇宙的な戦争の論説のあらゆる種に、全く関心が無いけれども、彼等自身によって間違い無く認識されます。

「この時点まで、私達が検証した証拠の殆どは、もし人間達が、それ程遠い昔に存在していたとしても、彼等は、文化的で科学的な達成において、ある意、味未発達であったと言う印象を与えました。人は、以下の問いを上手く尋ねるかも知れません。もし人間達が、彼等の技術を完璧化するために、長い時間を有していたなら、何故、私達は、台頭してきている文明の、示唆的な太古の遺物を発見しないのでしょう?

「1863年に、チャールズ・ライルは、彼の本人間の古さの中で、この疑いを表現しました:「最も未発達な土器や黒曜石の道具の代わりに・・・美において、フィディアスやプラクシテレスの傑作を超えた、彫刻された形状;私達の時代の技術開発者達が、かけがえのないヒントを得られる様な、埋められた鉄道の線、または電気的な電報;ヨーロッパにおいて知られているあらゆるものよりも、更に先進的な構造の天文学的な道具や顕微鏡、そして芸術と科学におけるその他の示唆を、私達は今、発見しているべきです。」

クリモーとトンプソンはそれから、もし「天文学的」または「顕微鏡的」では無いにしても、何らかの科学技術的なレベルの複雑性を示唆する様に見える、異例で考古学的な遺物の、とても示唆的なカタログをリストしますが、彼等が観測した様に、その様な遺物はとても希少で、世界中に散らばっています。

科学技術の存在を示唆している、とても大昔の異例な発見

アイクス-エン-プロヴァンスでの発見

クリモーとトンプソンが関連させる、その様な発見の一つは、1786年と1788年の間にアイクス-エン-プロヴァンス(南フランス)において、フランス人の労働者達によって成され、バーノン卿によって記録されました。固い石灰岩を通して、50フィートの深さまで掘った後、その労働者達は一つの室に辿り着き、その中で彼等が発見したのは道具で、ハンマーやコイン、そしてその他の基準的な石工(メイソン)の道具でした。その室の中で発見された石の幾つかは、既に加工されていました。1820年に、科学のアメリカン・ジャーナル誌は、この発見の示唆に関するバーノン卿の結論の言葉を載せました:「人の存在は、この石(石灰岩)の形成の遥かに以前からあり、そして、石を切り出し、柱を形成する芸術(技術)が既に彼に知られていたので、彼が既にその様な段階の文明に到達していたのは、とても重大な事です。」

アメリカの科学ジャーナルに報告された発見

1831年に、科学のアメリカン・ジャーナル誌は再び、フィラデルフィア近郊の石の採掘所の、60-70フィートの深さから採掘された、大理石の塊の上に、浮彫りにされた文字の発見を報告しました。その文字は、再び、遥か大昔にその石が人間によって加工された起源を暗示しました。

浮彫理の文字?
3lettr.jpg

当時は、不都合な発見をした、考古学的なガリレオ達を、隠蔽する進化論的なカルトが存在していなかったので、科学的なアメリカンの様な、権威ある雑誌でさえ、報告する事が出来ました。その1852年6月5日号の中で、その雑誌は、正に「原始太古的」な規模の発見の説明を載せました:

「数日前、レヴの南、数ロッド(距離の単位)の、ドーチェスターのミーティング・ハウス・ヒルの岩の中で、強力な爆破が行われました。その爆破は、全ての方向に膨大な質量の残骸を飛び散らせ、それらの幾つかは、数トンの重さでした。それらの中から拾われたのは、その爆発で真っ二つにされた金属製の器でした。その2つの破片をくっ付けてみると、ベルの形をした器を形成し、その高さは4.5インチで、その幅は根本で6.5インチ、そして天辺で、2.5インチで、そしてその厚さは約1/8インチでした。この器の